コンテ イジョン 意味。 コンテイジョン : 作品情報

コンテイジョン

コンテ イジョン 意味

A post shared by bp. 1963 on Mar 29, 2017 at 5:34am PDT 映画「コンテイジョン」を 面白いと感じる人の感想を集めていきます。 コンテイジョンが面白い派の感想評価・口コミ 「コンテイジョン」2011年のすごく出来のいいパンデミックムービー。 今の情勢から需要が上がるかなと思ったけどやっぱり観る人増えてるんだな。 私も最近この作品思い出してた。 発生、拡大、終息、原因まできちんと描かれててシンプルに映画として面白い。 Netflixで観れる。 古い映画だけど「コンテイジョン」というのが、今の世相とマッチしていて面白いです。 感染も怖いけど、悪質なデマによるパニックとかもうまく表現されてます。 接触で人から人へ感染する新種で高い致死率のウイルスが世界中に拡散しパニックが広がっていくパンデミック作品。 私は心底つまらないので好きではありませんが、豪華俳優陣だけで見られます。 2020 FilmSaya 続けて、コンテイジョンを鑑賞。 この手のバンデミックものは、ワンパターンで、先が読めて、やっぱりつまらない。 — Hiyoyo hiyoyo907tanaka 『コンテイジョン』は正直かなりつまらない映画。 ずっと平坦で、パニック映画だと思って身構えていたらがっかりする。 ただ、最後に明かされる最初の感染経路はリアル。 コンテイジョンが怖い派の感想評価・口コミ 『コンテイジョン』 怖い怖い怖い。 未知のウイルスの猛威に晒された世界のリアリティ と豪華キャスト に目眩を覚えるほどのソダーバーグ演出冴え渡る群像劇。 ソダーバーグ監督なので例によってキャスト超豪華な群像劇。 ジュード・ロウが記者崩れの藁をも掴む思いの民衆にデマ撒き散らすクソブロガーです。 しかし未知の病原体って怖い。 と、現実感を持って考えてしまう。 — 外は雨 amecolra 心が折れる作品、二度とみません 映画、コンテイジョンが怖いと感じた人の多くは純粋なパニックではなく、 明日は我が身と感じるリアルすぎる描写にあるようです。 2020年猛威をふるう コロナウイルスの感染分布などを考えると今の時代最も怖い作品といっても過言ではないのかもしれませんね。 では、具体的にどのようなシーンが怖いと感じたのか、グロいシーンはあるのかについてまとめていきます。 コンテイジョンに怖い・グロいシーンはある? 映画、コンテイジョンにグロいシーンがあるのか 結論をいうと想像しているようなグロいシーンはありません。 しかし、 物語全体でいえばグロい話であり、怖い話でもあります。 シーン一つずつ切り取っても他のパニック映画にはかないませんが、 脳が壊死してしまうような強力すぎるウイルス、しかも 飛沫感染という極めて悪質な感染経路。 それに 便乗して詐欺を働き多額の金銭を荒稼ぎするフリージャーナリストなど実際にありえる話なだけに怖いと感じる人も多いようです。 個人的に最も怖いシーンを一つ上げるとすれば、 最後のエピローグで明かされるウイルスの感染源が出来た経緯です。 私もこれを見た時は 納得と共にありえる話なだけに背筋が凍る思いをしました。 ウイルスのパンデミックが世界で起こる様子を描いた映画、コンテイジョン。 オチが効いてて良かった記憶。。 — ダイチ Pまんの29づめ plumplum1484 昨夜ヒロキ君が教えてくれたソダーバーグ「コンテイジョン」新型コロナウイルスで沸いてる今の世情をそのまま描いたような作品でした。 証券会社と結託してデマを流す有名ブロガーとか、いるよね〜そういう人。 でもってなんせオチの付け方が良かった。 instagram. また、評価、評判を落としている理由の多くはパニック映画として純粋に楽しみたい人の落胆の声のようで、映画そのものを貶める感想が少なかった事が印象的でした。 映画、コンテイジョンですが、まだまだ見ていない方も多いようなのでこれを期にウイルスの恐怖を再認識する為にも一度視聴してみるのも良いのではないでしょうか。

次の

映画「コンテイジョン」がすごい。特効薬デマ、買い占め、暴動……新型コロナウイルスの現状を予見【熱烈鑑賞Netflix】

コンテ イジョン 意味

どーも、スルメ です。 今回は久しぶりに旧作レビューになります!普段から映画は観ているのですが、なかなか感想を書く気にはなれないんですね。 しかし!この記事で取り上げる 『コンテイジョン』に関しては書く意味があるのではないかと。 というか自分が書きたいだけなんだけど。 というのも最近武漢市で発生したコロナウイルスが世界で猛威を振るっているじゃないですか。 日本でも二次感染が起きていますし、クルーズ船で大量感染が予想されるなどかなり深刻な状況になっています。 『コンテイジョン』はそんなパンデミックが起きた世界を描いた作品であり、今観るからこそ真に迫るものがあるんじゃないかと考えたんです。 ってことでそこそこ古い映画だし、この記事を読んでくれる人も少ないでしょうが、レビューを書きたいと思います。 感染は瞬く間に世界中に拡大していく。 見えないウィルスの脅威に人々はパニックに襲われ、その恐怖の中で生き残るための道を探っていく。 監督 本作のメガホンを取ったのは 『オーシャンズ』シリーズでおなじみの スティーブン・ソダーバーグ。 『オーシャンズ』同様に本作でもかなり多くの大物俳優が共演しており、豪華な顔ぶれが揃っています。 製作費が多いだけじゃこんなに揃わないんで、ソダーバーグなりの方法があるのでしょうか。 同じシーンに登場することはないのですが、なかなか共演が珍しい二人だと思います。 共演するのも99年の 『リブリー』以来だったとか。 そもそもマット・デイモンはソダーバーグ監督作の常連でしたね。 本作ではウイルスの危険に晒される父親役で、『オーシャンズ』とは違った演技が見どころ。 その他の出演者は ローレンス・フィッシュバーン、グウィネス・パルトロー、ケイト・ウィンスレットなどなど。 落ち着いてと言われてもね。 パンデミックが起きたらみんな命がけ。 これに尽きますね。 不謹慎かもしれないけどコロナウイルスが蔓延している今だからこそ、現実感があるというかさ。 もちろん本作はフィクションだから現実との関連性はありませんし、実際にここまでのパニックになるとは思えませんが、ウイルスが広がっていく様はリンクするんじゃないかと。 そしてこの映画を公開当時 2011 年に観ていたらどうだっただろう。 その年は東日本大震災が起きていて、私自身も全然映画を観られなかった時期だったんだけど……。 少なくとも災害後だとしても今とは違った印象を持ったことは確かでしょう。 私としては大学時代からかなり多くの国に旅行に行くようになったんで、感染症に関しての知識も2011年とは段違いですからね。 さらに日本にはないような感染症が流行る国とかも訪れて現地の雰囲気も堪能しているんで、コロナを抜きにしても私個人の状態が全然違う。 『アウトブレイク』とかも今観たら全然違う印象を持つんだろうな。 ここから先は『コンテイジョン』のネタバレを含みます! まだご覧になっていない方はご注意を!! 感想 ネタバレ 劇中のウイルス ウイルスについては詳しくありませんが、劇中に登場するのは致死率30%以上で感染力も非常に高いもの。 韓国や中東で流行したMARSが致死率30%前後だったので、それがさらに感染力強くなったと思えばわかりやすいかもしれない。 そんな凶悪なウイルスがアメリカ中で蔓延してしまうものだから、国民は大パニック。 怪しいブロガーの信用ならない情報が拡散され、街では薬局を襲う人が現れるほどパニックに。 一方香港ではアメリカの優秀な学者を誘拐。 人質を取り、自分の村の人たちにワクチン接種を要求する人まで現れます。 そもそもフィクションだからかワクチン開発までの時間が短すぎるっていうのもある。 それによって予想以上に早く終焉を迎えるんだけど。 そういえばネット上で今回のコロナウイルスと 『コンテイジョン』が共通点多い的な記事を見つけたのですが、それはラストシーンにあると思います。 本作のラストはウイルスがどのようにして人間に広まっていったのかを解説しているのです。 まずはウイルスを持っているコウモリがバナナを食べ、口に咥えたまま豚小屋の天井に。 そして咥えたバナナを豚小屋に落としてしまい、豚が食べてしまいます。 その豚を買い付けに来た業者が購入し、ホテルの厨房で解体。 シェフが豚の血を付けたまま、グウィネス・パルトロー演じるベスと握手し、そこから感染が広まっていく……というもの。 コウモリは非常に多くのウイルスを保有していることで知られていますから、劇中のウイルスもコウモリ由来であることは納得。 武漢で流行っているコロナもコウモリが感染源ではないかとの情報もありますし、SARSも元を辿ればコウモリが原因でした。 なので今回のウイルスとの共通点というよりは、SARSに影響を受けて架空のウイルスを作り出したのではないかと。 どちらにしろ東アジアの国が感染源となってしまうのはSARSもコロナも架空のウイルスも同じですね。 ウイルスに怯える恐怖 身近に迫るウイルスに怯えたことってありますでしょうか? インフルエンザやノロウイルス、それこそ今回のコロナウイルス。 ちょっと前なら日本に入ってくるかもしれなかったSARSやMARS。 日本に住んでいてもウイルスはごく身近に存在しているし、ある程度の危機感を持ったことは誰しもあると思います。 私も小さい頃は病気しがちな子供だったんで、ノロウイルスで点滴したり、毎年訪れるインフルエンザの予防接種に怯えたりと幼いときから病気に対する恐怖が人一倍ありました。 そして今。 毎年多くの国へ旅行に行くのですが、その度に毎回恐れているのが飛行機と伝染病。 「そんなに怖いならば行かなければいいじゃないか」との声が聞こえてきそうですが、その恐怖以上に行くべき目的があるんで毎年少なくとも3回以上は海外に行くことにしています。 で、日本にはない伝染病の中で最も怖いのが狂犬病です。 あれは主に犬に噛まれて感染する病気で、発症したらほぼ確実に死にます。 30%とか10%とかそんな話じゃないです。 100%です。 助かった人はこの長い歴史の中で10人以下しか確認されていません。 幸いなことに発症まで数ヶ月、もしかしたら1年以上かかるので、その間にワクチンを打てば発症せずに済むそうですが……。 そんな恐怖を味わいたくはありません。 日本ならば野良犬をみかけることはありませんが、海外なら野良犬がたくさんいる国は結構あるのよ。 特にタイとかインドとか。 そういう国は野良犬を放置しているんですね。 飼い犬にも狂犬病ワクチンを打たない人も多かったりと、狂犬病の心配がない日本とは完全に意識が違います。 私そんなわけで犬が本当に嫌いなんですよ。 ネコもアレルギーで嫌いなんですけどね。 日本でも殺処分とかが問題になっていますが、保健所がキチンと機能してくれていて、狂犬病がない国にいるのは本当に幸運です。 道を歩ていて野良犬とすれ違うだけでビクビクしなきゃいけないなんて……。 現地の人なら慣れちゃうだろうけどさ。 という経験があるんで、たぶん『コンテイジョン』のようなパンデミックが起きたら、マット・デイモンのようになっていると思う。 現在のコロナウイルスも日本で感染が拡大してから電車乗らなくなったしね。 とにかく心配性なスルメなのでした。 『コンテイジョン』を無料で観るなら では映画やアニメ、ドラマなど多数の作品を配信しています! 登録が初めての方なら31日間のお試し期間が付くので、 レンタルするよりもお得に観ることができるのです。 『コンテイジョン』は見放題作品に分類されているので、クレジットカードさえ持っていれば追加料金なしで鑑賞することが出来ます! 観終わって追 加契約が必要なければ期限内に解約してくださいね。 翌月以降は料金が発生してしまうので。

次の

コンテイジョンとは

コンテ イジョン 意味

【ネタバレ】コンテイジョンの感染源は? 劇中、マリオン・コティヤール演じるオランテス医師がウイルスの感染源について調査。 彼女の調べで、香港に訪れていたベス グウィネス・パルトロウ がカジノの場で複数の人と接触していたことが判明します。 同じテーブルでメガネをかけた日本人男性の手に顔を近づける• ウクライナの女性に携帯を渡される• ウエイターがベスが使用していたグラスに触れる ウエイターがウクライナの女性と接触していないことから、 ベスが第一感染者と断定しました。 ウクライナの女性は、映画冒頭でロンドンのホテル内で死亡していたのが確認されます。 その他ベスに接触した人たちがいろいろな公共機関を使い感染を拡大していた様子が映画のはじめに描かれていました。 しかし映画ラストになるまで、なぜベスはウイルスに感染したのわからず… コンテイジョンのラストシーン そして、事態が収束した映画のラストで真実が明らかになります。 ベスがウイルスに感染する何日も前、アルダーソン社のブルドーザーがヤシの木をなぎ倒し、代わりにバナナを栽培。 ある日バナナをくわえた一匹のコウモリが豚小屋に入り込み、バナナのかけらを落とします。 コウモリの糞ではないと思われます そのかけらを食べた豚を処理する過程で、調理していたシェフが手を洗わずにベスと握手。 ここでウイルスがベスに感染しました。 アルダーソン社は第一感染者のベスや黒縁メガネの日本人が勤務していた会社。 もしかしたら、森林破壊に対する監督からのメッセージだったのかもしれません。 感染源はコウモリと言っていいでしょう。 現実世界で起こっているサーズやエボラ出血熱に加え、現在蔓延していうる新型コロナウイルスの発生源もコウモリではないかと噂されていますね。

次の