辻仁成 フランス ブログ。 辻仁成 叱責がヤバい!フランスで人種差別受けた息子への言葉

南果歩が離婚した辻仁成の不倫相手がすごい!子供の現在は?

辻仁成 フランス ブログ

辻仁成氏って、作家の時は、 つじ ひとなり。 ミュージシャンの時は、 つじ じんせい と読ませることは広く知られていると思うのですが… 作家の時の つじ の しんにょうの点が2つで、 ミュージシャンの時の つじ の しんにょうの点は1つだって、ご存知でしたか? 前回の続きです。 〈ドイツで〉 麦家が暮らすデュッセルドルフには、日本人がたーくさん暮らしています。 ドイツの都会には、それはもぅありとあらゆる国にルーツを持つ人々が暮らしています。 デュッセルドルフもドイツの中では都会の方なので、(ドイツ人から見れば)外人だらけ。 色んな外見の人を見慣れています。 見慣れていると、やはり差別は起きにくいようですね💡 レストランで何かを食べていても、お店で物を選んでいても、 視線を感じることもありません。 じろじろ見られるのは、ちょっと気になりますものね。 一度、ものすごく自分への 視線を感じる日がありました。 今日は一体どうしたのだろうかと、自分の身なりを改めて確認しましたところ、麦は 笑ゥせぇるすまんの漫画が一面にプリントされたTシャツを着ておりました。 納得しました。 前身頃 地域的な特色もあります。 ドイツでは、右派が躍進している地域でアジア人(他の国の人も)がぽけーと歩き回ると、ちょっと危ないかもしれません。 差別くらいで済んだらラッキーだったりして。 選挙でその地域をとった政党がどこだったかを把握しておくことは、結構重要かもしれません。 差別され得る機会を積極的に減らすことも大切でしょう。 これは、危ない場所やヤバそうな人には近づかないという、日常の危機管理がそのまま適用出来そうです。 ただし、危機管理をしていても、突然アチラから飛び込んでくるケースもありましたね。 それでも、自分がアジア人であることを、常に 意識し過ぎることなく暮らすことができるドイツ。 私はワタシ、と思っていられるドイツ。 ドイツは、差別に関しては マシな方だと、麦は思っています。 〈麦家の鬼門はベルギー〉 麦がこれまでに訪れたヨーロッパの国は、多分13か国。 その中で、ブッチギリで不快な思いをする国…それは、 ベルギー。 偶然かもしれません。 タイミングが悪かっただけかもしれません。 しかし、やっぱり ブッチギリなのです。 大人には、 軽んじた扱いを受けます。 若者(集団)にも、 あからさまにバカにされます。 鈍感な麦が気付くくらいなのですから、よっぽどのことです。 その中でも麦が 震えたのは、お母さんと一緒にいた 小さな子ども(5歳くらいか?)が、明らかにアジア人である我々を侮辱した時です。 夫は手加減せず、大人に向かってするのと同じようにその子どもをギロリ👁と睨みつけました。 お母さんはとても慌てて、子どもを叱っていました。 ベルギーは、美味しいし、オシャレだし、パリみたいに広すぎなくて、とても好きなのです。 でも行くのには、少しの覚悟とエネルギーが必要。 国境付近はまだイイのだけれど、ブリュッセルは…キッツイわー。 〈差別の向こう側にある怖さ〉 大人が小バカにしてくる事には、ムッとする程度で心は乱されないのですが、 子どもがあからさまな差別をする場面を見てしまった時。 麦は 暗澹たる気持ちになります。 ベルギーのクソガキ(悪い言葉で失礼…ちなみに女児)もそうですが、生まれた時から こういう見た目の人は偉い、こういう人たちはバカにして良し とか、思っていたわけではないのですよね(当然)。 ということは、 親だったり、 環境だったりが、 「アジア人をバカにしましょう」ということを彼女に伝えてきたわけです。 (女児の母親、慌ててる場合ぢゃないぞ) お寺の前に貼ってある標語みたいなやつで、 「子は親の言うようには育たない、親のするように育つ」みたいなのを見たことがありますが、ソレです。 💡 たくさんの大人が、知らないうちに自然と身につけた差別が、子どもにしっかりと受け継がれている。 その大人たちも、生まれた瞬間には差別なんてしていなかったわけで… 「今、目に見える形で存在する差別」の向こう側にある、そういう 負の連鎖こそが、麦はとても恐ろしいのです。 目の前の差別は、された方が 気にしなけりゃ終わりですが、その出発点と行く先に思いを巡らせたとき。 太刀打ちできない大きな物に直面して、諦めたような、がっかりしたような、そんな気持ちになるのです。 〈アジアから出て直面する、アジア内の軋轢〉 差別というのは、違う人種間、違う性的嗜好を持つ人の間なんかで発生しやすいようですが、同じ人種間でも発生しますね。 そして、同じ人種間の差別の方が、 根深い。 息子はドイツの現地校に通っております。 学校には、まだドイツ語が達者でない子どもたちが集まって受ける ドイツ語訓練クラスがあります。 最近まで、それぞれの母国で育ってきた子どもたちが集合します。 息子の学年は、 日本、中国、韓国から各1名ずつが参加しました。 日本の1名の母である麦は、危険な予感がしました。 そしてその予感は、想像以上の形で現実のものとなりました。 オレも色々言ってやりたかったけど、ドイツ語じゃうまく言えないし、とりあえずムカつくから、殴り合いになったよね ………色々とヒドいです。 そりゃあ殴り合いにもなります。 (麦家では、慰安婦問題については、息子にお伝え済みです。 日本はこう考えている、韓国ではこう考えられているらしい。 日本の記録ではこうなっているらしい。 韓国の人はこう言っている。 国際法的?には解決しているけれど、韓国の気持ちは解決していないらしい。 しかし、麦はもちろん戦後生まれであるので、何が本当のことかはわからない。 実際に見たわけじゃないし。 という感じで、日韓双方の思惑と現実を、麦家なりに率直にお伝えしてきたつもり…) オレに言われてもね。 息子、平成生まれですしね。 ドイツ育ちの韓国人の友人も、息子には何人かおりますが、その子たちとは仲良くやっているのです。 しかし、韓国育ちのその彼は、 息子が日本人であるという理由で攻撃の手を緩めません。 中国からのもう1名も、何かと 歴史問題に絡めて味方につけようとしている様子。 韓国育ちの彼はある日、ついに息子の万年筆(学校ではみんな万年筆を使うのだ🖋)をワザと床に落として壊します。 どうやら、日本人相手なら何を言っても、何をやってもいいと思っている様子。 麦は、韓国育ちの彼が背負わされている 負の連鎖に思いを馳せました。 彼が今息子にしている数々の仕打ちも、環境や教育が基になっているのだろうなぁ…彼のご両親もまた、そういう環境で教育を受けたわけで… はぁぁ。 ため息。 いや、韓国から見たら、全然負の連鎖ではなくて、真っ当に、当然のことを子どもたちに伝え続けているのだろうけど… いつまでも続く嫌がらせに、呑気な息子もさすがに困っていました。 日本が何を考えていようが、韓国がどう思っていようが、それぞれの環境がどんなだろうが、息子が受けているのは正に ヘイトそのものです。 放っておくわけにはいきませんでした。 …気が進みませんが、親が学校に相談するしかなさそうです。 日本がどうとか、韓国がどうとか言いたいわけでもありません。 Mugichama.

次の

辻仁成の息子(名前は十斗)愛が素敵!南果歩との子供も早や成人に

辻仁成 フランス ブログ

隼人が亡くなったと聞いた鐡造は隼人が通っていた遊郭で女を抱いたが、稔は抱けなかった。 ここでは、遊女を抱くことで隼人の死を受け入れることになるはずだが、それが出来ない稔は死と向き合うのを恐れたのだろう。 また、初恋相手の緒永久の幻想を忘れられないのも死を受け入れられずにいることを表している。 そう考えると、骨仏の建立に至ったのは死を受け入れることが出来たからだが、それは隠し持っていた銃を捨てることで表現されていた。 銃は殺人のための武器であり、また自分の身を守る道具でもあることを稔は戦争を通して実感している。 その銃を捨てるということは、生への執着を捨てると読めるのではないか。 しかし、それは生を蔑ろにするということではない。 縁側から落ちかけていた金子を助けたことから分かるように、死と向き合い尊重することで生の意義が見えてくるのだ。 主人公、稔は辻さんの祖父がモデルとされています。 幼いころから死が身近にあり、不思議な既視感を感じることが多かった稔。 戦争を体験し、そこでの壮絶な経験がその後もずっと彼を苦しめ続けます。 なぜ稔は白仏を作るにいたったのか。 戦争や生と死について多くのことを自分に問いかけ続け悩み苦しんだ 稔の心境が胸を打ちます。 大川弁がものすごくリアルなところがいいんだけど、一般人に理解できるのかちょっと心配(笑) フェミナ賞受賞作品だけど、どんな風にフランス語に訳されたのかも気になるところです。 余談 私は文春文庫の表紙の方が好きでそちらを購入しましたが、集英社文庫の表紙を見て初めて白仏が「はくぶつ」であることを知りました。 ずっと「しろぼとけ」と読んでいました(恥).

次の

辻仁成 叱責がヤバい!フランスで人種差別受けた息子への言葉

辻仁成 フランス ブログ

新型コロナの感染爆発を受け、されて3週間が経過した。 そんな中、辻は電話出演で、フジテレビのスタジオにいる坂上忍とやり取りを交わした。 まず辻は「(日本の)3週間後に僕らがいると思ってください」と切り出した。 つまり日本は3週間後、パリのような状況になると言及。 その上で「1か月前までの僕たちは、カフェに行って友達とお茶を飲んだり、お酒を飲んだり楽しむといった世界にいた」と振り返り、「今はカフェもレストランもまったくやっていない。 ロックダウンがいつ終わるのかが分からない」と、感染の終息の見えないフランスを憂慮した。 また辻は、さる7日、日本政府から発令された7都府県を対象とした「」についても「今の緊急事態宣言のような緩やかなもので本当に大丈夫なのか」と不安を吐露。 さらに彼は最後に、日本国民に向けて「リーダーを信じることは大事だが、政府に任せるだけでは駄目。 一人一人の心の構えと備えを持って人に会わない、接触しないことをできる限りのことをする」と主張。 さらに「一人ひとりの価値感が変わったんだ、もう、かつての時代には戻れないんだと考えながら、生きていく、生き抜いていく」と、熱く呼びかけていた。 《杉山実》.

次の