高橋 真梨子。 高橋真梨子のライブチケット一覧│チケット流通センター

高橋真梨子、全国ツアーは今年でラスト 引退は否定

高橋 真梨子

CD4枚組67曲を収録した、歌手・髙橋真梨子の集大成。 ペドロ&カプリシャス時代から書き下ろし新曲まで、 48年間にわたるオールタイム・ベストアルバム発売決定! 新録セルフカバー3曲をはじめ、名曲「ジョニィへの伝言」「五番街のマリーへ」などのペドロ&カプリシャス、ソロ初期3作品を擁し、長らく入手が困難であった幻のソロ2ndシングル「夢ゆらり」とカップリング「誕生日」などの70年代を収めたディスク1。 「for you... 」「桃色吐息」「グランパ」など、ライブの定番であり、歌手・髙橋真梨子の人気を決定づけた80年代のディスク2。 90年代を収録したディスク3は、「はがゆい唇」、「ごめんね…」「フレンズ」など、邦楽界を代表する特大ヒット曲を中心にセレクト。 2000年代の楽曲が詰まったディスク4には、ファンからの人気曲はもちろん、最新オリジナルアルバムから「雲母の海」「逢いにゆくよ」、今作だけのために髙橋真梨子が詞を書き下ろし、盟友2人の楽曲と共に録音された新曲「愛する人へのメッセージ」 作曲:鈴木キサブロー 、 「やさしい夢」 作曲:松田良 など、近年の髙橋真梨子を堪能することができる。 大ヒット曲「for you... 」「ごめんね…」「桃色吐息」「はがゆい唇」はもちろん、ペドロ&カプリシャス時代の「ジョニィへの伝言」から最新楽曲より「逢いにゆくよ」「キレイな女」まで、キャリアを総括したオリジナル楽曲だけのセットリストで喝采を浴びた2019年ツアー(11. 23@東京国際フォーラムホールA)を映像作品化。 昨年発売となった初セルフカバー作品『MariCovers』からも、キャリア初となった作詞・作曲楽曲「Mary's Song」、ファンからのリクエストが多かった「祭ばやしが終わるまで」、会場中が湧いた「この気分が好きよ」など、初期の楽曲を今の髙橋真梨子が歌い上げた、ファンの記憶に残るツアー映像最新作!.

次の

高橋真梨子オフィシャルサイト

高橋 真梨子

ファッションモデル・女優の「」とは異なります。 本来の表記は「 髙橋真梨子」です。 この記事に付けられた題名はまたはにより不正確なものとなっています。 髙橋 真梨子 出生名 森岡 まり子 別名 高橋 まり(旧芸名) 出身地 1949-03-06 (71歳) ・ 学歴 卒業 ジャンル 職業 活動期間 - レーベル 事務所 ザ・ミュージックス 共同作業者 公式サイト 髙橋 真梨子(たかはし まりこ、 - )は、の、。 本名は 広瀬 まり子(ひろせ まりこ)。 旧姓は 髙橋。 生まれ、育ち。 夫はの。 スポーツ観戦を趣味とする。 所属は。 所属はザ・ミュージックス。 公式は Paper Moon(ペーパームーン)。 略歴 [ ] 幼少期 [ ] 父・森岡月夫は、母・髙橋千鶴子は内の銀行に、それぞれ勤務時の、。 母はでもあり、広島ので両親は出会い結婚し、真梨子が生まれた。 戦後、国鉄を辞めてプロの奏者を目指した父は、下でが多くが盛んであった福岡に移り 、まもなく当時1歳だった真梨子も母に連れられて博多に転居した。 しかし父にの症状が出て病状が悪化し、働くことが出来なくなった父に代わり、母はでとして働き家計を支えた。 母の収入は高額な痛み止めなど、父親の治療費に消えた。 夫婦ゲンカが絶えなくなり5歳の時に両親は別居、真梨子は母と博多に残る。 小学校3年10歳の時に父母の離婚成立で、母親の「髙橋」姓となる。 真梨子はこの時不倫をした母が許せず長い間に渡って恨み続けた。 中高生時代には母が自分に触れることすら許せなかったという。 父は広島に戻り、広島市内のでジャズプレイヤーとして働いたが 、が原因で長らくに苦しんだのち37歳で亡くなった。 この時も母は真梨子に泣きながら抱きついたらしいがそれをも振り切ったという。 音楽を目指した父の影響を受け芸能界に憧れ、自らもジャズボーカルの勉強を始める。 16歳になるとプロ歌手を目指してより駒沢学園女子高等学校へ転入のため上京。 のもとで本格的なレッスンを受けた後、に「」の一員として芸能界デビュー。 しかし自身の求めているアーティスト路線でなかったこともあり、高校を卒業すると渡辺プロを脱退し 、博多に戻りやクラブでの活動を始めた。 同年に「」が大ヒットしながらも突如離脱した先代・に次ぐ、二代目ボーカルとして参加。 カプリシャス時代の芸名は「高橋まり」。 翌には「」「」などが。 翌の『』に「ジョニィへの伝言」で初出場を果たした。 同年11月、「」で。 に発売の「」は「」にて金賞を獲得、のち多数のにされる名曲となった。 以降もの「」、の「」、の「」など数々の曲を披露、また髙橋自らを手掛けたりするなど、「実力派女性歌手」としての地位を確立した。 年1回のペースでアルバムを制作・発表し、それに伴うコンサートツアーを行っている。 コンサート活動は50回を越え、米や英など海外での舞台実績もあり、現地在留邦人の支持も高い。 中高年(特に同年代の女性)層で人気の高い発売の「」は、系列『』のとして同番組のターゲットである主婦層から多数の支持を得る。 カラオケ・チャートでも40-50代女性の中で1位となった。 また清酒「」のCMソングに起用され、本人も同商品のCMに出演。 さらに、中高年向け高級化粧品「」のイメージキャラクターにも選出された。 「for you…」など、シングルは爆発的には売れないがシングル曲を収録したアルバムはヒットする例が多いことから、自身のコンサートで自虐的に「シングルの売れない高橋真梨子です」と発言することがある。 実際には「桃色吐息」「はがゆい唇」「遥かな人へ」「ごめんね…」などシングルヒットもある。 むしろシングルヒットがない時期でもアルバムはコンスタントに売れるというのが実態に近いとされる。 末の『』は、ソロ歌手として29年ぶり2回目の出場を果たす。 自身初めての紅組トリを務め、圧巻のステージをみせた。 それから2年後、2015年末の『』はソロ歌手で2年ぶり3回目の出場、紅組トリ前で「五番街のマリーへ」を歌唱。 末の『』へ、ソロで2年連続4回目の出場となり、自身最大のヒット曲である「ごめんね…」を披露。 なお、当時髙橋の年齢は67歳9か月だったが、これはNHK紅白歌合戦において紅組の出場歌手としては最年長記録となる(それまでの記録は、末の『』でが、当時66歳9か月の年齢で出場)。 翌末の『』もソロで3年連続5回目の出場、紅白では4年振り2度目の「for you…」を歌唱。 紅白の紅組歌手として年齢は68歳9か月と、髙橋自身が持つ最年長記録を更新した。 ・放映の『』には、現在髙橋が最多出場回数を誇っている。 通算11回目の同番組出演となったの放送では『髙橋真梨子 オールタイムリクエスト』と銘打ち、視聴者からのリクエストを募って、リクエストの多かった上位4曲(実際は5曲。 4位「桃色吐息」、3位「五番街のマリーへ」。 ヘンリーバンド [ ] 夫のがを務め、やテレビ出演時に高橋真梨子をサポートする男性8人組。 ヘンリー広瀬 、担当 、キーボード担当 キーボード担当 担当 長男はアイドルグループメンバーの野々田奏 担当 担当 担当 担当 ディスコグラフィ [ ] シングル [ ]• (・「白鶴」 イメージソング)• 『』 ()• 『』 ()• 『』 (1980年)• 『』 ()• 『』 (1981年)• 『』 ()• 『』 (1982年)• 『』 ()• 『』 ()• 『』 ()• 『』 ()• 『』 ()• 『』 ()• 『』 ()• 『』 ()• 『』 ()• 『』 ()• 『』()• 『』 ()• 『』 ()• 『』 ()• 『』 ()• 『』 ()• 『』 ()• 『』 ()• 『』 ()• 『』 ()• 『』 ()• 『』 ()• 『』 ()• 『』 ()• 『』 () ベストアルバム [ ]• 『』 VDR-54• 『』 VDR-1039• 『』 VDR-1040• 『』 VDR-1184• 『』 VDR-1337• 『』 VDR-1448• 『』 VDR-1555• 『』 VDRY-30023• 『』 VICL-40016~8• 『』 自身が作詞した作品からの選曲。 書き下ろし新曲「航海のヴァドゥーラ」収録• 『』 「ジョニーへの伝言」「五番街のマリーへ」「桃色吐息」「for you…」「陽かげりの街」のニューレコーディングバージョンを収録• 『』 「あなたの空を翔びたい」「蜃気楼」「グランパ」「裏窓」「Brown Joe」「ランナー」のニューレコーディングバージョンを収録• 『』 初回限定カラオケ付(1. ジョニーへの伝言 2. 五番街のマリーへ 3. 蜃気楼 4. グランパ)• 『』() 『』() ジャケット新装限定盤 『』() 収録曲およびジャケットを変更した新装盤 『the best ~new edition~ 』() 『』()• 『』 11枚組CD-BOX• 『』()• 『』 12枚組CD-BOX• 『』() 芸能生活40周年記念シリアルナンバー付期間限定盤 『Single Collection New Edition』() 「僕の嘘」を追加収録した限定解除盤• 『』()• 『』()• 『』()• 『』()• 『』 ()• 『』() カバーアルバム [ ]• 『』 (1989年5月21日)• 『』 (1990年5月21日) 両アルバムにオリジナル・カラオケ(但しガイド・メロディ入り)が1990年9月21日に発売されている。 『』 (1996年12月18日)• 『』 (2009年5月20日)• 『』 (2010年5月12日)• 『』 (2012年9月12日)• 『』 (2015年5月27日)• 『』 (2016年6月1日) 映像作品 [ ] DVD [ ]• 髙橋真梨子 フレンズまつり at 武道館 ()• 髙橋真梨子 海外コンプリートライヴDVDボックス ()• 髙橋真梨子 Live for you… (2002年)• 髙橋真梨子 LIVE TOUR'95"PURE CONNECTION" (2002年12月18日)• 髙橋真梨子 フレンズまつり at 武道館 (2002年12月18日)• LIVE method ()• 髙橋真梨子 at CARNEGIE HALL N. Y()• 髙橋真梨子 at ROYAL ALBERT HALL in LONDON(2005年2月23日)• LIVE cinema(2005年)• LIVE 戯れの季節を残して ()• LIVE fiesta(2007年)• LIVE 優美彩唱(2008年)• LIVE No Reason(2010年)• LIVE Sing it! (2011年)• LIVE Re:So fine(2013年)• LIVE Premium40(2014年)• LIVE Adultica(2015年) NHK紅白歌合戦出場歴 [ ]• 『』夫・ヘンリー広瀬と共演 系列・)• 『』 系列・• 『』(NHK・)• 『』(TBS系・) など 関連項目 [ ]• (二十三夜)• 脚注 [ ] []• SONGSスペシャル 高橋真梨子. 2013年12月28日. 2015年4月29日時点のよりアーカイブ。 2014年6月2日閲覧。 公式サイト. 2014年6月1日. 2015年8月9日時点のよりアーカイブ。 2014年6月2日閲覧。 江川裕介・永山啓一 2017年8月3日. ヒロシマ平和メディアセンター. の2018年1月20日時点におけるアーカイブ。 2018年1月20日閲覧。 『』(2015年版) 発行:VIPタイムズ社• スポーツニッポン新聞社. 2016年6月17日. の2018年1月20日時点におけるアーカイブ。 2018年1月20日閲覧。 日刊スポーツ新聞社. 2014年6月1日. の2018年1月20日時点におけるアーカイブ。 2018年1月20日閲覧。 週刊女性「人間ドキュメント」アーカイブス 週刊女性note. 2014年9月2日. 2018年6月7日閲覧。 産業経済新聞社. 2013年5月6日. の2018年1月20日時点におけるアーカイブ。 2018年1月20日閲覧。 九州近代歌謡遺聞. 2017年11月20日. 2018年1月20日時点のよりアーカイブ。 2018年1月20日閲覧。 2010年5月22日--b4. なお『SONG』内では、5位以下の合計上位10曲の順位も発表される。 5位「グランパ」、6位「フレンズ」、7位「ジョニィへの伝言」、8位「遥かな人へ」、9位「無伴奏」、10位「はがゆい唇」がランク。 また特別にリクエストが多かったの「」をで披露した。 外部リンク [ ]•

次の

高橋真梨子おすすめの曲ランキング

高橋 真梨子

高橋真梨子おすすめの曲ランキング 8位タイ. 高橋真梨子 「ジョニィへの伝言」(2票) 高橋真梨子「ジョニィへの伝言」がおすすめの理由 会社員時代に憧れの先輩が歌っているのを聞いて、大人の歌で心に響きました。 高橋真梨子さんの伸びのある声も魅力です。 (50代男性) 8位タイ. 高橋真梨子 「フレンズ」(2票) 高橋真梨子「フレンズ」がおすすめの理由 好きな人への思いが、優しく激しく伝わってくる曲です。 真梨子さんの歌詞はいつも切なくキュンとして、何度も聴きたくなります。 (40代女性) オーケストラをバックに歌っていて、フレンズに語りかけるように歌う高橋さんが、とても切なくてステキでキュンとします。 (40代女性) 8位タイ. 高橋真梨子 「涙の街角」(2票) 高橋真梨子「涙の街角」がおすすめの理由 高橋真梨子さんと言えば高い歌唱力です。 それが存分に活かされている曲です。 軽快なメロディが楽しく、思わず口ずさんでしまう曲です。 (30代女性) ドラマ「おかみ三代女の戦い」主題歌として発売しています。 学校の合唱コンクールで歌った曲でとってもいい曲でした。 (50代男性) 7位. 高橋真梨子 「あなたの空を翔びたい」(3票) 高橋真梨子「遥かな人へ」がおすすめの理由 彼女は昔から粋に歌う人という感じがします。 とてもカッコいいです。 人を愛するため人は生まれた、良い歌詞だと思います。 (40代女性) とてもステキなメロディで歌詞も心にしみます。 特に、人は人を愛するため生まれてきた、というところが好きです。 (40代女性) 懐かしい歌うですが、メロディも歌詞もとても良く素敵な曲です。 人は人を愛するため生まれてきたという歌詞が好きです(40代女性) リレハンメルオリンピックのNHKテーマソングとして使用され、1993年12月6日からサビの部分がNHKでオンエアされていたが、中高生から卒業式で歌うために楽譜の要望が殺到した。 (50代男性) 5位. 高橋真梨子 「はがゆい唇」(6票) 高橋真梨子「はがゆい唇」がおすすめの理由 とにかく色っぽい唄い方をする人で、とても艶っぽい歌だと思います。 歌詞もとても良く女心が良く現てる素敵な歌に感じます。 (30代男性) 真梨子さんの書く歌詞はどれもステキですか、この曲は特にステキです。 シンプルなのにドラマティックで、歌いたくなります。 (40代女性) 最新の曲は幼すぎて受け入れにくい。 ダンスがメインの曲ばかり。 20年30年経ってもこういう大人の気持ちを歌い上げることが出来る歌手こそが本物。 (40代男性) どれも好きなんですけど特にこの歌が大好きです。 昔、CMで流れてていい曲だなって思っていて耳にずっと残っていました。 カラオケにいったときに友が歌っていて高橋真梨子さんの歌だって分かって私も覚えてカラオケでよく歌うようになりました。 (40代女性) 子供の時に聴いて、歌詞が大人すぎてすごいなーと思った記憶があります。 大人になってから聴くとセクシーで妖艶な歌声にハマりました。 (30代女性) ゆったりとしたメロディに、しっとりとした歌唱。 彼女のバラード歌手としての魅力が最大限に発揮されている。 意味深な歌詞の曲が多い彼女にあって、サビのエロティックな意味深さでは群を抜く92年発表のシングルです。 (50代男性) 4位. 高橋真梨子 「五番街のマリーへ」(7票) 高橋真梨子「五番街のマリーへ」がおすすめの理由 メロディーがまずいいです。 あと、友達に過去に付き合っていた女性の現状を見てきてほしいという物語と解釈しているのですが、何とも言えない切なさが胸を打ちます。 (20代女性) とても懐かしい曲ですが、ゆったりとした曲調でいい歌です。 カラオケで歌うとしみじみとした雰囲気になります。 (40代女性) エキゾチックなムードのメロディーも素敵ですが、歌詞も好きです。 昔一緒に暮らしていて悲しい思いをさせてしまった人が幸せになっているか気にかけている感じが伝わってきます。 (60代女性) 詞がよく、考えてみれば一番始めに聴いたドラマのような歌です。 彼女の感情を込めずなりきらず淡々と歌う感じが曲の良さを引き立てています。 (40代女性) ペドロ&カプリシャス時代からの名曲で、一番真理子さんらしい曲だと思います。 この曲は聞いていてもカラオケで歌っても非常に気持ちいい曲です。 メロディーがいいんでしょうね。 (40代男性) ペドロ&カプリシャスの時代から高橋真梨子の歌声は好きでした。 特にこの五番街のマリーへ は高校時代の思いである曲です。 (50代男性) 3位. 高橋真梨子 「ごめんね」(18票) 高橋真梨子「ごめんね」がおすすめの理由 とにかくせつない!泣きたいときはこれを聞きます!高橋真梨子さんの曲は全部いいけど、一番せつなく、悲しい曲。 (30代女性) 親が高橋真梨子さんのファンで昔から知っていました。 子供の頃から聴いていましたがこの歳になってこの歌詞や高橋真梨子さんの色気がわかってきました。 胸がキュンとなる曲です。 (20代女性) とても切ない思いの歌詞が心にひびきました。 寂しさから他の人に心が動いただけな事に気づいてしまった感じに思えた切ない気持ち。 罪悪感はありつつも委ねてしまった自分に胸が痛く心の中で過ちを打ち明ける苛立つ気持ちにも聞こえてしまいます。 (40代女性) とても強い歌声で歌う高橋さんのごめんねはとても癒される曲だと思っています。 あったかくて家族的な歌なのでオススメですよ。 (20代男性) 高橋真梨子さんの歌を初めて聴いたのがこの曲でした。 沢山素敵な歌がありますがやっぱりこの曲が一番好きです。 世代を問わず響く歌だと思います(20代女性) この曲は、2時間放送のサスペンスドラマで知りました。 その当時はただ漠然と聞いていて、罪を犯して後悔している曲にはピッタリだと思っていました。 まさにサスペンス向けだと。 でも後になってよく歌詞をみると、浮気して後悔している曲だと気付き、ビックリした記憶があります。 この歌詞と高橋真梨子さんの歌声がとても合っていて、素敵な曲だと思います。 カラオケでもよく歌う曲です。 (30代女性) 子供の頃見ていた火曜サスペンス劇場の主題歌で印象に残っています。 上の世代の人とスナックに行くときなどにチョイスすると大抵喜ばれる定番曲です。 (30代男性) 母親がよく車の中でカセットテープ時代の時に聴いていたのを覚えています。 タイトルの通り、ごめんね。 の気持ちがすごくこもっている歌です。 大人になってから聴くと、ある男の人に対する歌詞で、元彼を思い出し泣けてきます。 (30代女性) 浮気して罪悪感にかられ、彼を失ってはじめて彼の大事さを痛感する、それももう遅いということに気づくという感じの曲。 切ないです。 (20代女性) 火サスのエンディングの曲で好きになりました。 言えない過ちってフレーズが心に残っています。 火サスにぴったりで心にズシンとくる曲です。 (30代女性) 歌詞は男にすごい酷いことをした、最低の人の事を歌っているが、曲が付いて凄く良い歌に仕上がっている。 友達は許せない女の歌だから嫌いと言うが、私は大好き。 (50代男性) 1996年から火曜サスペンス劇場の主題歌に。 火サスファンの女性の中ではカラオケの定番曲となりました。 時を隔てて2016年紅白歌合戦、高橋真梨子はこの曲で出演しました。 一夜の過ちで大切な人を失った悲しみと後悔を大人の魅力たっぷりに歌い上げたラブバラードです。 (40代女性) ほかの男の人とあやまちを犯してしまった女性の歌ですが、高橋真梨子さんが歌うと大人の切なさが伝わります。 (40代女性) このタイトルの点々に全ての意味がある。 もう2度とこの世で会うことの出来ない人への思いと後悔、わがままや思わずきつい言葉を言ってしまったあの頃。 全ての思い出と共に伝えたかった一言、それが「ごめんね…」である。 (40代男性) 高橋真梨子さんの歌唱力の高さがわかる曲だからです。 また、傷つけ別れてしまった恋人への後悔の念を歌った同曲は、時代が変わっても共感が得やすい曲だからです。 (30代女性) 女性が男性へと切々と謝る歌詞のせいか、女性よりも男性、それも中年層にすこぶるウケが良いと思います。 浮気の弁明をしていると思しき歌詞を読めば読むほど、ごめんね…では済まない気がしてくる95年発表の25枚目のシングル曲です。 (50代男性) 私のカラオケの十八番です。 歌いやすいのもあるけど、歌詞も素敵で昔から良く聞いてましたね。 今でも良くうたいます。 (30代女性) 別れたくない思いを切なく歌っています。 歌詞に真梨子さんの声がぴったりで、キュンとします。 歌いたくなります。 (40代女性) 2位. 高橋真梨子 「桃色吐息」(19票) 高橋真梨子「桃色吐息」がおすすめの理由 高橋真理子の代表する曲だと思います、彼女が最も彼女らしい歌で。 色っぽさと艶っぽさが全体に表された大好きな曲です。 (60代男性) 歌詞は日本語なのに、聴いていると外国の雰囲気があり、ドラマティックな曲です。 相手に対する思いが伝わります。 (40代女性) 30数年前のヒット曲ですが、当時私もまだ若く、恋だの愛だのに浮かれていた時代に流れていた曲です。 濃厚な男女の関係を語っているような内容に、思わずドキッとした記憶があります。 高橋真梨子さんの声質にぴったりで、けだるそうで甘い雰囲気が漂ってくるところが魅力です。 (50代女性) かなり古い曲ですが、メロディがなんともいい感じで大好きな歌です。 カラオケでも良く歌い意外と盛り上がります。 (40代女性) 1984年にヒットした大人のムードたっぷりの高橋真梨子の代表曲。 最近ではJUJUがこの曲をカバーしています。 (40代女性) ものすごく色気がある歌です。 歌詞はもちろん、曲もだし高橋真梨子さんの少しハスキーな声がまたセクシーで曲の世界観にピッタリです。 カラオケで歌えたらカッコイイ歌です。 (40代女性) 初めに惹かれた理由はメロディでした。 若い女性の儚さと、憂いを感じられる曲と歌詞に引き込まれました。 世代を超えて親しまれる名曲だと思います。 (20代女性) 小さい頃に両親が聴いていたので知りました。 小さいながら大人の歌詞がなんだか妙に頭に残ってました。 この歳になって聴くと、艶っぽくて色っぽくて、上手いこと表現されていて、メロディーも哀愁漂う感じで大好きです。 (40代女性) 職場の飲み会後、カラオケに行く時は必ず歌います。 こらを歌うと、歳上の上司は必ず喜んでくれます。 むしろ上司から「また歌って」と、言われます。 幼い頃、母が口ずさんでいたのを覚えていますし、名曲ですし、少し気だるく歌うところが好きです。 (30代女性) とにかく高橋真梨子さんは歌が上手い!特にこの桃色吐息は名作中の名作だと思います。 メロディーもですが、女の色気を歌詞でうまく表現してて聞き惚れてしまいます。 (40代女性) この曲は大人な雰囲気を持ち歌詞に出てるくる言葉が一つ一つ色っぽく神秘的な感じがします。 また高橋真梨子さんの歌声にグッとくる1曲です。 (30代女性) めちゃくちゃカッコイイんです。 ちょっとハスキーな声がとっても心地よくて引きつけられます。 男性の声でも歌い安いキ-ですので、カラオケで歌うとスッキリするんです。 気持ちいいですよ!(50代男性) 「桃色吐息」は不思議な歌詞と、怪しいメロディーがクセになるため好きな楽曲です。 不協和音がこれほど良いと思えるのは、高橋真梨子さんの歌唱力があってこそなのでしょう。 (30代女性) ややハスキーで高音の歌声、聞いているだけで哀愁を感じ魂を揺さぶられます。 何回もリピートしたくなる歌手です。 音域も広く実力歌手として長く歌って頂きたいと思います。 (70代女性) まずはイントロ部分のミステリアスな雰囲気に、この曲の世界観を感じます。 異国をイメージさせる美しい歌詞を高橋さんの高い歌唱力でさらに引き立たせています。 シンプルなのに心を打つこの曲は、まさに現在でも色褪せない昭和歌謡の代表曲だと思います。 (50代女性) 艶っぽい歌声で聞かせてくれる有名な曲です。 歌詞も女性の吐息とはどういう物かが良く表現されているのも特徴です。 切なさを感じられる名曲です。 (30代男性) 高橋真梨子さんの世代ではないんですが、親がよく桃色吐息を聴いていたので好きになりました。 妖艶さがあり素敵です。 (30代女性) 子育て中にお風呂の中で歌っていたのを覚えています。 しっとりとした歌詞でしたが、歌っていると落ち着いた気持ちになる歌でした。 (40代女性) エキゾティックな地中海ムードに、彼女の大人ムードの歌唱が最上級に合致。 抑揚も起伏も少なめの個性的なメロディに、桃色以外の色彩も与えてのける歌唱が圧巻です。 (50代男性) 1位. 高橋真梨子 「for you」(25票) 高橋真梨子「for you」がおすすめの理由 昔、皆んなが一度経験するような歌詞の内容で歌を聴いてるうちに自分のことと重ねてしまい懐かしいような悲しいような気持ちになれる所です。 (50代女性) しっとりとした曲で歌詞がとても切なく、聴いているだけで胸が痛くなります。 あなたが欲しいあなたが欲しいと言って見たいです。 (40代女性) サビの部分が有名なこちらの曲は、高橋真梨子の代表曲の一つです。 サビに入るまでは情景が思い浮かぶような歌詞でしっとりと、そしてサビで一気に盛り上がる、カラオケでも歌い継がれる曲です。 (30代女性) さびの、何度も繰り返される「あなたがほしい」というフレーズが心にグッとくる、究極の大人のラブソングなので、おすすめです。 (50代女性) 昔に付き合っていた人は、既婚者でした。 つまり不倫の恋でした。 ですから、あなたがほしいという歌詞に重ね合わせ、本当に彼がほしいと思いました。 (40代女性) この時代に、女性がストレートに『あなたが欲しい』という感情を歌にのせて歌われることがなかったので、新鮮かつ斬新で、とても美しく心に響く一曲だと思います。 (40代女性) 別れた人を忘れられず、色々な後悔やもう一度やり直したいと思う感情などが入り交じってとても切ない歌詞に当時とても衝撃を受けました。 (40代女性) 高橋真梨子さんのハスキーな声がとてもすきで、この歌はカラオケでよく歌っています。 歌詞が夜にセンチメンタルなときにとてもひびきます。 (40代女性) 両親がとちらも高橋真梨子の曲が好きで実家へ帰るとよく流れていてどの曲も素敵なのですが、この曲が特に高橋真梨子らしい印象に残る曲なので。 (40代女性) サビにくるまえにサビが来るぞ! という期待感があります。 恋愛中に聞いて涙がでた曲です。 昔からずっと変わらない気持ちいい歌声です。 (20代女性) このバラードは最高にいいです。 男と女の関係を歌です。 また、高橋真理子さんの感情が歌に出ていてとてもいいです。 (40代男性) 初めて聞いたときに心に響く歌声とでCDショップですぐにCDを聞きますます好きになりました。 歌詞が良いですね。 「もしも 逢えずにいたら歩いて行けなかったわ…」のところが特に好きです。 主人と付き合っているときにカラオケで歌った思い出の曲です。 (50代女性) 若い頃は歌詞は意識せず綺麗な曲だなぁと思い、母のCDを聞き流しておりましたが大人になり歌詞の意味を理解しながら聞けるようになった時、心に染み入る歌でした。 (40代女性) 類まれな歌唱力に圧倒されます。 ドラマチックな歌詞に自分が主人公になった気分になれます。 徐々に盛り上がるサビのメロディーが圧巻です。 (50代女性) この曲を聞いた時、結構衝撃でした。 あなたが欲しい。 愛が全てが欲しいという歌詞が耳から離れなかったです。 女性の強い恋愛を感じた曲でした。 (40代男性) 歌詞が素晴らしい。 そして高橋真梨子の歌の上手さを十二分に引き出している曲。 今も昔も歌声が変わらないこともすごいです。 (40代男性) 力強い低音ボイスで、パワーをもらえた気になります。 あなたがほしいというフレーズは、想いをストレートに伝えていてステキな歌詞だと思います。 (30代女性) 自分が生まれてすぐくらいの曲ですが、祖父が好きでよく聞きました。 少しハスキーな声が素敵で印象的です。 (20代女性) 大好きな人への思いが伝わってくる。 高橋真梨子さんが歌っている姿が 年齢を重ね深みを感じる。 コンサートで聞いてますます好きになった。 (50代女性) この方の歌は、耳よりも心に直接心に届いてくるような気がします。 高橋真梨子の中ではベスト3に入る名バラード曲なので聞いた事ない人は是非。 (30代男性) 高橋真梨子さんの伸び伸びした歌声にぴったりのバラードの一曲で、熱唱している姿に感動します。 またカラオケにも最高です。 (50代女性) 「あなたが欲しい」「あなたが欲しい」の率直な言葉がいやらしくなく、とても心に響きます。 高橋真梨子さんが歌っているから、とても素敵な歌になっています。 (50代女性) 彼女クラスの歌唱力がないとまず歌いこなせないハイレベルな楽曲で、冒頭2分ほどを語るように歌ったかと思えば、その後は「あなたが欲しい」の連呼で高揚に次ぐ高揚を降り注ぐ名バラードです。 (50代男性) 大人の雰囲気たっぷりの恋愛から破局をとおして身近で支えてくれている存在に気付かされる歌詞がグッときます。 数十年たってもこの曲を聞くと学生から大人になっていく自分を思い出させてくれる一曲です。 (40代女性) 高橋真梨子さんの代表曲の一つです。 カラオケで、サビの「あなたが欲しい」の部分を熱唱するととても気持ちがいいです。 (40代女性) 1票入った高橋真梨子おすすめの曲も紹介 高橋真梨子 「グランパ」 高橋真梨子「グランパ」がおすすめの理由 何故なのか彼女の歌にはドラマ性があります。 クラシカルで渋い、そしてとても温かみのある曲です。 喉が痛くて声がでないといったことが一度もないというのも驚きです。 お勧めです。 (40代女性) 高橋真梨子 「ジュン」 高橋真梨子「ジュン」がおすすめの理由 いつ聴いても、横浜の風が吹いてくるような、ブルージーな気分に浸ることができます。 そして、必ず少し涙目になってしまう、そんな曲です。 (50代女性) 高橋真梨子 「ラストメール」 高橋真梨子「ラストメール」がおすすめの理由 高橋真梨子の隠れファンで退職後ユーチューブで視聴していました。 ラストメールは割と軽快なリズムで僕でも一緒に口ずさめる点が大好きです。 又ヘンリーバンドの演奏の巧みさも感じられるのがお勧めです。 (60代男性) 高橋真梨子 「君がくれた夏」 高橋真梨子「君がくれた夏」がおすすめの理由 ドラマの主題歌で使われていましたが、ドラマの世界観に彼女の透き通った切ない歌声がよく合っていて、夏の終わりに聴きたくなるような曲です。 (40代女性) 高橋真梨子 「時間よ止まれ」 高橋真梨子「時間よ止まれ」がおすすめの理由 矢沢永吉も歌っている曲ですが、高橋真梨子も上手いです。 男歌がよく似合うし、彼女の曲の解釈の仕方がいつも思うのですがとても粋です。 (40代女性) 高橋真梨子 「息も出来ないキスをして」 高橋真梨子「息も出来ないキスをして」がおすすめの理由 カッコいいです。 派手なステージ装置は全くなく、生バンドと歌のみで勝負していて聴きに行けるライブをしています。 (40代女性) 高橋真梨子 「淡き恋人」 高橋真梨子「淡き恋人」がおすすめの理由 この人はこれをするために生まれてきたと思える人は時々現れますが、まさに彼女は歌うために生まれてきたといってもいいと思います。 声も枯れたことがないとのこと。 素晴らしいです。 蜃気楼と書いてまぼろしと歌うこの曲は、都会と書いてまちと読ませたくなるアーバンな雰囲気でいっぱいです。 (50代男性).

次の