プロバイダ 変更 手続き。 フレッツ光のプロバイダを乗り換え手続き方法。工事は必要?キャンペーンや違約金を比較

ドコモ光プロバイダの変更方法を解説!必要な費用と注意点もまとめて紹介

プロバイダ 変更 手続き

ドコモ光のプロバイダの選択と役割 まず、ドコモ光のプロバイダ変更について詳しく調査する前にドコモ光のプロバイダについて簡単におさらいしておきましょう。 プロバイダは2つのタイプに分かれ月額料金が違う ドコモ光を契約する際には利用する対応プロバイダを選択しなければなりません。 ドコモ光のプロバイダは 「タイプA」と「タイプB」と2つのタイプに分かれており、ドコモ光の 月額料金に違いがあります。 タイプA タイプB 対応 プロバイダ• ドコモnet• plala• GMOとくとくBB• nifty• DTI• BIGLOBE• andline• Tigers-net. com• エディオンネット• excite• hi-ho• SIS• ic-net• SYNAPSE• 楽天ブロードバンド• ネスク• TikiTiki• COARA• TCOM• OCN• TNC• Asahi Net• WAKWAK• ちゃんぷるネット マンションタイプ 月額料金 4,000円 4,200円 戸建てタイプ 月額料金 5,200円 5,400円 出典: 例えば、マンションタイプでプロバイダをplalaに選択した場合はタイプAなのでドコモ光の月額料金は4,000円、OCNを選択した場合はタイプBなので月額料金は4,200円という事になります。 どのプロバイダを利用するか選択できる 上記表でご紹介したように、ドコモ光を契約時には 対応しているプロバイダの中から あなたが利用したいをプロバイダを選択する事が出来るのです。 プロバイダの役割 そもそもプロバイダとは日本語に訳せば「インターネット接続事業者」です。 そのままですが、プロバイダは あなたの代わりにインターネットに接続してくれる業者の事なのです。 プロバイダはインターネット接続業者 自宅とプロバイダは光回線で結ばれています。 例えば、ドコモ光のプロバイダを「ドコモnet」に選択した場合は、自宅とドコモnetが光回線で結ばれ、ドコモnetがインターネットに接続してくれています。 という事は、 ドコモ光を契約した後でも 選択していたプロバイダから違うプロバイダへ変更する事が可能なのです。 ドコモ光は月額料金が違うプロバイダ「タイプA」と「タイプB」に分かれていますが、ドコモ光に対応しているプロバイダであれば、契約時に選択して利用してきたプロバイダから違うプロバイダへ変更する事ができる訳ですね。 ドコモ光のプロバイダ変更可能! 上記でもご紹介したように、 ドコモ光に対応しているプロバイダであれば 利用中のプロバイダから違うプロバイダへの変更は可能です。 では、ここからドコモ光を契約した時に選択したプロバイダから違うプロバイダへの変更方法や流れ、変更タイミングや日数、解約金などの料金について調べてみたいと思います。 プロバイダの変更方法 利用中のプロバイダや変更したいプロバイダへ連絡するのではなく、 ドコモのみでプロバイダ変更手続きを受け付けています。 契約中のドコモ光で利用しているプロバイダから違うプロバイダへの変更のやり方が面倒に思っている人もいるかもしれませんが 意外に簡単です。 変更方法は以下の2つです。 ドコモへ電話する• ドコモショップへ行く プロバイダ変更手続きにドコモショップへ行くのが面倒な人は電話でも プロバイダ変更手続き可能です。 ドコモの携帯電話の場合 (局番なし) 151 一般電話の場合 0120-800-000 (受付時間)年中無休で午前9時~午後8時 出典: 上記の電話番号へ電話をしてドコモ光のプロバイダを変更したい旨をオペレーターへ伝えると手続き可能です。 変更手続きにはドコモ光の契約者がドコモの携帯やスマホも契約していれば本人確認は不要です。 しかし、ドコモの携帯やスマホを契約していない人は契約ID(お客さまID)などで本人確認が必要ですので準備しておきましょう。 プロバイダ変更には解約金などの費用は必要? フレッツ光などの他社サービスの場合、プロバイダを変更(乗り換え)するとプロバイダの契約によっては解約金や違約金などを徴収される場合がありますが、 ドコモ光の場合はプロバイダ変更に伴う 解約金は必要ありません。 「タイプA」のプロバイダから「タイプA」のプロバイダへ変更• 「タイプB」のプロバイダから「タイプB」のプロバイダへ変更• 「タイプA」のプロバイダから「タイプB」のプロバイダへ変更• 「タイプB」のプロバイダから「タイプA」のプロバイダへ変更 上記のようなプロバイダ変更に伴う解約金は発生しません。 ただし、ドコモがプロバイダを変更するための手続きとして 「事務手数料」の支払いが必要です。 事務手数料 3,000円(税抜) 出典: プロバイダ変更には工事は必要なし 上記でご説明したようにドコモの電話番号へ直接プロバイダの変更手続きを行い、事務手数料を支払えば違うプロバイダへ変更する事が可能です。 しかし、 気になるのがプロバイダ変更に工事が必要かという点ですが、 工事は一切必要ありません。 プロバイダの変更はドコモが遠隔で行う プロバイダ変更手続きを行うと、 ドコモがあなたの代わりに利用してきたプロバイダを解約して、変更するプロバイダへ切り替える 変更手続きを行うだけなので、工事業者が来て工事をするような事は一切ありません。 例えば「ドコモnet」から「GMOとくとくBB」へプロバイダ変更手続きをすると、ドコモがプロバイダの変更作業を遠隔でやってくれるから工事などは不要なんだね。 ドコモ光のプロバイダ変更はいつから可能?期間はある? ドコモ光でインターネットが利用できるようになってから、プロバイダ変更をしたいと考えた場合、いつから変更することが可能になるのでしょうか?プロバイダの最低利用期間などはあるのでしょうか? プロバイダ変更は期間なくいつでも可能 ドコモ光を契約時に選択したプロバイダには 最低利用期間などはなく いつでも変更する事が可能です。 ただし、上記でもご紹介したようにプロバイダ変更には事務手数料3,000円 税別 が必要です。 また、プロバイダでウイルスソフトや無線LANルーター Wi-Fiルーター などの オプションに別途加入している場合は解約金の支払いが必要な場合があります。 開通前や工事前にプロバイダ変更は可能? ドコモ光の申し込みの際に利用するプロバイダを選択した後の「開通前」や「工事前」などで気持ちが変わって違うプロバイダへ変更可能なのでしょうか? 開通前や工事前のプロバイダ変更は可能です。 ただし、事務手数料3,000円 税別 が必要です。 出典: ドコモ光の開通前や工事前のプロバイダ変更は一度、ドコモ光のコールセンターで相談してみてください。 事務手数料まで支払って開通前・工事前にプロバイダ変更するよりも、一定期間利用してみてそれでも不満があった場合に事務手数料3,000円を支払ってプロバイダ変更する事をおすすめします。 ドコモ光のプロバイダを変更すると特典はある? ドコモ光を新規契約する際にはドコモやプロバイダなどからキャッシュバックやポイント還元などの特典がもらえるキャンペーンを実施している場合が多いです。 しかし、ドコモ光を既に契約中の人がプロバイダへ変更した場合、特典やキャンペーンはあるのかを調査してみたいと思います。 キャッシュバックなどキャンペーンはない 例えば、〇〇〇というプロバイダをドコモ光で利用してきたとします。 しかし、 契約中のドコモ光のプロバイダ変更に伴う キャンペーンや特典は残念ながら実施していません。 プロバイダよっては特典はある ドコモ光に対応しているプロバイダを変更した場合、プロバイダによっては利用してくれている人(変更してくれた人)に対して 特典を付けているプロバイダもあります。 おすすめのドコモ光のプロバイダ変更先はGMO これからドコモ光を新規で契約している人や、既に契約中でプロバイダ変更を考えている人にも おすすめのドコモ光対応プロバイダは「GMOとくとくBB」です。 GMOとくとくBBをおすすめする理由としては2つあります。 1つ目が「IPv6に対応している」点と2つ目が「Wi-Fiルーターが無料でレンタル出来る」点です。 次世代技術IPv6(v6プラス)で速度が速い ドコモ光のプロバイダである GMOとくとくBBはIPv6 v6プラス に対応しているので 速度が速いんです。 IPv6(v6プラス)を詳しく説明してしまうと専門的過ぎるので訳が分からなくるため避けておきます。 簡単に説明すれば以下のようになります。 興味がある人だけ読んでください。 インターネットに接続するにはIPアドレスという数字で羅列された識別番号が割り当てられています。 今まで一般的だったのがIPv4(IPアドレスのバージョン4)だったのですが、GMOとくとくBBではIPv4より進化した通信技術IPv6(IPアドレスのバージョン6)を採用しています。 IPv6の利用者が少ないため速度が速いとされています。 GMOとくとくBB全国平均速度 GMOとくとくBB東京都平均速度 ドコモ光の速度やスピードに不満がある人はGMOとくとくBBへプロバイダ変更してみても良いかもしれませんよ。 Wi-Fiルーターが無料でレンタル 上記でもご紹介しましたが、プロバイダ独自の特典としてドコモ光のプロバイダをGMOとくとくBBにする事で、 GMOから 無料で高機能Wi-Fiルーターがレンタル出来ます。 GMOとくとくBBならWi-Fiルーターが無料レンタル GMOとくとくBBというプロバイダはIPv6(v6プラス)という新しい技術を用いてインターネットに接続してくれます。 が、自宅に設置するWi-FiルーターもIPv6に対応していなければ意味がありません。 GMOとくとくBBで 無料レンタルしてくれるWi-Fiルーターは IPv6にも対応した混雑に強いWi-Fiルーターなんです。 ドコモ光プロバイダ変更まとめ この記事では契約中のドコモ光で利用しているプロバイダ変更方法や変更に伴う料金などをご紹介してきましたがいかがだったでしょうか? フレッツ光などはプロバイダ変更する場合は違約金・解約金を支払って乗り換える必要がありましたが、ドコモ光の場合は事務手数料を支払えばいつでもプロバイダ変更できる事が解りましたよね。 手続きもドコモへ電話するだけで意外に簡単だという事がご理解いただけたと思います。 私のおすすめは速度も速く人気があるGMOとくとくBBです。 これからドコモ光を申し込む人はプロバイダをGMOにしてみてもし不満ならプロバイダ変更してみてください。

次の

引っ越しでフレッツ光などのインターネット回線やプロバイダの解約・手続き方法まとめ|引越し見積りサイト【引越し侍】

プロバイダ 変更 手続き

「もっと通信速度のよいプロバイダーを利用したい!」「もっと安い料金でプロバイダーを利用したい!」「もっとセキュリティサービスが充実したプロバイダーを利用したい!」そんな思いからプロバイダーの乗り換えを考えたことはありませんか? 「でも、乗り換えのために工事をするのは面倒だし……」と考えているのなら、それはちょっと違います。 プロバイダーの乗り換えをする際、工事が必要ない場合があるってご存知でしたか?今回はプロバイダーを乗り換える方法とその手順をお伝えします。 プロバイダーの乗り換えとは? プロバイダーとはインターネット接続業者のことです。 つまり、ADSLや光回線などの回線を利用してインターネットに接続するためのサービスを提供している業者です。 プロバイダーの乗り換えとは、その業者を変えることです。 回線を変えることとは別なので、それまで利用していたADSLや光回線はそのまま使えます。 たとえばインターネットに接続するために新規にフレッツ光を利用するとなると、プロバイダーと新規に契約するのと同時に、NTT東日本・西日本と回線を利用するための契約もします。 この状態からプロバイダーを乗り換える場合、すでに回線はつながっているので、新しく回線の契約をする必要も、工事をする必要もありません。 プロバイダーを乗り換えても、インターネットの設定を変更するだけで以前と同じ回線がそのまま使えます。 プロバイダーを乗り換える手順 プロバイダーを乗り換える際の手順ですが、まずは乗り換え先のプロバイダーに申し込みをします。 インターネットから申し込めば、だいたい申し込みから3日~1週間程度で利用できるようになります。 次に現在使用しているプロバイダーの解約手続きをしましょう。 解約はインターネット上で行えるプロバイダーもありますが、解約窓口に電話をしなければならないプロバイダーも多いです。 その場合、電話をして書類を送ってもらい、それを返送して解約完了となります。 最後に、乗り換え先のプロバイダーからプロバイダーカウントのIDとパスワードが届いたら、パソコンでインターネットに接続するための設定をします。 プロバイダーを乗り換える際の注意点 まずプロバイダーを乗り換えるとそれまで使用していたプロバイダーのメールアドレスが変わります。 メールアドレスだけを利用できる契約もありますが、その分の料金はかかることになります。 また、乗り換え前のプロバイダーの解約日と、乗り換え先のプロバイダーでインターネット接続ができるようになる日をうまく調整しないと、インターネットに接続できない空白期間ができてしまいます。 日常的にインターネットを使っている人は空白期間ができないように各プロバイダーにスケジュールを確認して、うまくスケジュールを調整しましょう。 実は重要!プロバイダーを乗り換える時に考えたいルーターのスペック プロバイダーを乗り換える時に気になるのが通信速度です。 しかし、プロバイダーを乗り換えただけでは、せっかくの新しいプロバイダーのポテンシャルを活かしきれていないかもしれません。 実は通信速度に大きく影響するのがルーターのスペック。 特に注目すべきポイントは4つです。 通信規格は高速通信に対応しているか?• 最大通信速度は高速か?• ルーターのアンテナ性能(電波強度)は十分か?• 接続方式はIPv6 IPoEか? あなたがお使いのルーターは上記の要件を十分に満たしていますか? 新たに光回線の開通を検討している方に朗報! をご存知でしょうか?国内で500万回線を突破しているドコモ光の特徴は安定したドコモ光の回線スピードと、それを活かす最新鋭のルーターがずっと無料で使えることです。 通常の光回線サービスですとルーターが付属していない、もしくは付いていたとしても光回線が開通した後にルーターが送られてきます。 この最新鋭のルーターの接続方式は、もちろんIPv6 IPoE。 従来の接続方式IPv4 PPPoEでは経由しなければならなかったNTTの基地局からプロバイダへの回線経路「網終端装置」を通らずともインターネットへ接続できるため、光回線が本来持っている速度を引き出しやすくなります。 そして、このルーターはIPv4にしか対応していない、Webサイトにも接続可能です。 さらに、ドコモのスマホ回線を契約している方は毎月最大2,251円も通信費用を抑えることが可能です。 また、ドコモ光では、15,000円のキャッシュバック特典や、工事費最大18,000円が無料になる特典もございます。 この機会に是非一度、特典内容をご確認ください。

次の

インターネットの引越し移転・解約手続きまとめ【LIFULL引越し(旧HOME'S引越し)】

プロバイダ 変更 手続き

引っ越し先で利用するプロバイダ 会社の転勤や実家へ戻るなど、何らかの理由で引っ越しをする際にはプロバイダとインターネット回線の引っ越し手続きをしなくてはいけません。 基本的には2パターンあり、今のプロバイダを継続して、引っ越し先でも利用する方と、プロバイダを解約し別の会社のプロバイダに乗り換えるといった方法です。 プロバイダの契約を継続するのか、それとも新規継続するのかは、使用者や環境によってどちらが良いのか意見が分かれます。 それぞれのメリットとデメリットをしっかりと認識したうえで、自分に合った方法を選びましょう。 継続してプロバイダーを利用する場合の手続き方法 継続してプロバイダを利用する場合には住所変更などの手続きの申請が必要になりますが、この方法はプロバイダ毎で手順が違うため、まずはサポートセンターに連絡してみるのが良いでしょう。 会員IDやパスワードなどあらかじめ揃えておくとスムーズに移転手続きを進められます。 主なプロバイダーの問い合わせ先URLは以下の通りです。 契約中のプロバイダを確認し、手続き方法を確認してください。 So-net:• OCN:• BIGLOBE:• ぷらら: インターネット回線会社やプロバイダの移転手続きはいつまでに行うべきか 引っ越し日が決まっている場合、引っ越し日の1~2か月前に手続きを始めると、引越後すぐインターネットを利用できます。 インターネット回線の引越し手続きには早くても2~3週間、繁忙期の2~4月だと2か月以上かかかってしまうことがあります。 4月に引っ越しする予定であれば、1月下旬から準備を始めておくことをオススメします。 早めの手続きを心がけましょう。 プロバイダーを乗り換える場合の手続き方法 別会社へプロバイダを乗り換える場合、現在使用しているプロバイダへ解約の旨を伝え、解約手続きが終わったら、新規プロバイダへ契約手続きをします。 プロバイダの新規契約の手続き方法は、インターネットや電話から簡単に行えます。 手続きに早くても一週間程はかかります。 引っ越し後すぐにインターネットを利用したい人は早めに契約を進めておきましょう。 引っ越しを機にインターネット回線を乗り換えするメリット 引っ越しの際に、一旦インターネット回線を解約して再び新規契約をすることで、継続するよりもお得になる場合があります。 ただしこの方法にはメリットとデメリットがあるため、それぞれについて説明します。 インターネットを乗換えるメリット インターネット回線の乗換えをするメリットは、乗り換え先の事業者が用意している新規契約者に向けたキャンペーンや特典をうけとれる点です。 以下は新規契約者向けのキャンペーンの一例です。 テレビ・ノートPCなど豪華特典プレゼント• キャッシュバックキャンペーン• 利用料金を一定期間割引or無料 など 乗り換えには解約の手間はかかりますがその時々に実施されているキャンペーンを利用することで金銭的なメリットが得られます。 引っ越しでインターネット回線を乗り換えるデメリット 引っ越しでインターネット回線を乗り換えるデメリットは、人によっては違約金が発生してしまう事です。 インターネット回線は事業者やプランごとにそれぞれ契約期間が設けられており、 解約する時期によっては違約金(契約解除料)が発生します。 違約金の相場は5,000円~18,000円程度です。 また、違約金以外にも解約に伴い以下の料金が発生する場合があります。 回線撤去工事費用• モデムやアダプタ等のレンタル機器の返却送料• 機器の破損または紛失があった場合の修復費用 規定日までに解約手続きが完了してない場合には翌月分の利用料金が掛かかります。 インターネット回線を乗り換えするのには、違約金の発生時期と金額を確認したうえで決めてみましょう。 インターネット回線の乗り換えで得をするかどうかは、各インターネット回線会社の契約やキャンペーン内容によっても異なります。 下記の記事ではキャリア別の乗り換えについて説明しています。 乗り換えについて詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。 プロバイダ解約時に生じる違約金 プロバイダを解約もインターネット回線と同様に、解約時期によっては違約金が発生します。 プロバイダ毎に違約金の額が違うため、契約する際には他社との比較・確認をしっかりとしておく事をおすすめします。 インターネット回線を長期間使い続けるメリット インターネット回線は長期間利用することで月々の料金が割り引きされていくプランがあります。 例えば、NTT西日本ののファミリータイプでは以下のように年次を重ねるごとに月額料金が割引されます。 契約年数 月額料金 サービスの利用無し 5,400円 1年~2年目 4,300円 3年目 4,110円 4年目 4,010円 5年目 3,910円 6年目 3,810円 7年目 3,710円 8年目 3,610円 長期間の契約を検討している人は引っ越し後も継続して利用する形で良いでしょう。 インターネット回線の解約 インターネット回線の解約は、基本的に電話で手続きを進めます。 プロバイダの解約専用窓口に連絡をすると、オペレーターの案内に従い話を進めていけば解約できます。 電話の前に「お客様ID」や「契約ID、ユーザーID」といった本人確認ができる情報を手元用意しておくと解約の手続きをスムーズに進められます。 ID情報は申し込み時の書類もしくはメール等で確認できます。 プロバイダとインターネット回線業者の違い プロバイダとは、インターネットサービスプロバイダの略であり、別名ISPとも呼ばれています。 これは接続業者の事で、実際にインターネット回線は提供していません。 so-netやocn、biglobeなどがプロバイダの一種です。 インターネットを利用するには回線業者とプロバイダ双方と契約する必要があります。 基本的にプロバイダと回線業者は別ですが、両方セットで提供している事業者もあります。 引っ越しでの解約手続きの注意点 解約したからといって、ホッとするのはまだ早いです。 解約後の注意点をいくつか紹介します。 まず、モデムやルーターなどレンタルしている機器があれば返却します。 解約してから返却用のキットが送られてくるので、この袋の中に借りている機器をいれて返却しましょう。 (契約時に返却用のキットや宅配用の伝票が受け渡されている場合もあります) 返却の規定日を超過すると延滞料金が発生するケースもあるため忘れずに返却しましょう。 他にも、プロバイダの解約手続き忘れにも注意が必要です。 インターネットの解約手続きではインターネット回線業者とプロバイダに申請する必要がります。 インターネットを利用していない状態でも解約手続きを行うまでは毎月の利用料が請求されます。 口座振り込みやクレジット払いの方は引き落とされている事に気づかず何年もプロバイダに料金を払い続けていた。 なんて事もあるようです。 フレッツ光や回線などの解約新規とは? 解約新規とは、現在契約している回線事業者を解約し、新たに同じ回線事業者と契約を結びなおす行為を指します。 「解約新規をする事で、新規契約時と同じように利用料金の割引やキャッシュバック等のキャンペーンを改めて受ける事ができる」と書かれているサイトを見た方もいるのではないでしょうか。 しかし、この解約新規という方法は禁止されています。 新規のキャンペーンを受けたい場合には、現在のインターネットを解約して、他のインターネットに乗り換えるしかありません。 新規のキャンペーンを利用したい方は、前述の【】をご覧ください。 引っ越し先ですぐ使いたい場合 新居に引っ越しをしてすぐにインターネットを利用したくても回線が開通していないため利用できない場合があります。 しかし、仕事の都合で、インターネットを使わなければならないこともありますよね?そんな時、 すぐにでもインターネットを使えるように出来るのがモバイルWi-Fiと呼ばれるものです。 モバイルWi-Fiとは、開通工事が不要で契約をしたその日からインターネットが使用可能となります。 固定回線と比較すると通信速度は落ちますがそのまま持ち運びもできるため家の外でインターネットを利用したい人に向いています。 新規プロバイダの選び方は? まずは、フレッツ光などの固定回線もしくはモバイルWi-Fiのどちらと契約を行うか決めましょう。 以下は、固定回線とモバイルWi-Fiの特長です。 固定回線 固定回線とは、地中に設置されている回線ケーブルを利用してインターネットに接続をします。 家の中で高速で安定な通信を受信する事ができます。 最近はフレッツ光の光回線を共用し、サービスを提供する「光コラボ」の契約数が増えています。 このほかにもauひかりやNURO光のように、独自回線を使う光回線サービスも人気です。 モバイルWi-Fi モバイルWi-Fiとは、無線Wi-Fiと呼ばれる小型の通信機器を用いてインターネットに接続します。 基本的に持ち運びができるので外出先でもネットを利用できます。 場所を選ばないので、利便性が非常に高いですが、エリアや時間によって通信が不安定な場合があります。 通信量に上限があるプランも多く、上限を超えると通信速度に制限がかかります。 無制限のプランもあります。 WimaxやLTEなどもモバイル回線の一種です。 自宅のみで動画をよく見る人は固定回線、出先でもネットを利用したい人はポケットWi-Fiがおすすめです。

次の