絶対零度 シーズン4。 絶対零度シーズン4のキャスト一覧!上戸彩や伊藤淳史は降板?

絶対零度シーズン4見逃し動画1話〜最終話はこちら!再放送情報も!

絶対零度 シーズン4

ドラマ「絶対零度 シーズン4」第8話の感想、第9話のネタバレと展開予想、考察を含む内容をご紹介します。 最新話の動画や見逃し配信を無料で見たい場合はFODの公式サイトをチェックしてください。 PR 登場人物の関係がわかる相関図をまとめていますので、整理してみたいという方はこちらをチェックしてみてください。 それではドラマ「絶対零度シーズン4」第8話の感想、第9話のネタバレや考察を紹介していきます。 PR 目次• ドラマ 絶対零度 シーズン4 最新話 インスタ 本田翼さんの公式インスタより。 ドラマ 絶対零度 シーズン4 第9話 動画 絶対零度公式ツイッターより。 予告動画です。 井沢は、山内(横山裕)や小田切(本田翼)らに、香坂の父が26年前に映画館で神経ガスを撒いて多くの死傷者を出したこと、法務省の官僚と再婚した母親に引き取られていたこと、そして弟が激しいバッシングに耐えかねて自殺していたことを話す。 そんな過去を抱えた香坂がなぜ爆弾テロに関わっているのか? そんな中、加賀美(柄本明)が、香坂がミハンで何かを調べていた形跡を発見。 そこには、海外の紛争地帯を渡り歩いてきた元傭兵の里谷隆一(高岩成二)らテロ実行部隊と思われる人物の情報があった。 一方、警視庁には、副総監の指揮の下、緊急特別捜査本部が設置され、テロリストの潜伏先候補を徹底的に調べていた。 井沢は、里谷が公安のトップしかその存在を知らない「マルトク」と呼ばれる協力者であったことを掴み、曽根崎(浜田学)のもとへと向かう。 広告 ドラマ 絶対零度 シーズン4 第8話 感想 第9話 ネタバレ考察 ここからは第8話の展開と第9話の予告動画をうけて、この先の展開を考察していきたいと思います。 当たっていたらネタバレになってしまうかもしれません。 高岩成二が出演 仮面ライダーのスーツアクターを長年務めてきたことで知られる高岩成二さんが、顔出しで出演です。 高齢のため仮面ライダーのスーツアクターを降りた高岩成二さんですが、その後は顔出しで出演されるようになっていますね。 今回の月9は、沢村一樹さんや横山裕さん、水野美紀さんらが派手なアクションを見せることでも話題のドラマなので、ここにきて高岩成二さんが登場するというのは、やっぱりそれなりに派手なアクションを期待してしまいますよね。 仮面ライダーのような特殊効果は見られないと思いますが、それでもワイヤーアクションくらいはやってくれないかなと思います。 おそらく、どこかで沢村一樹さんと対決することになると思われるので、どんな戦いを見せてくれるのか期待してみたいと思います。 曾根崎と香坂は共犯説 北見が逮捕されてしまったことを報告しに来た様子の香坂に対して、曾根崎が「北見は一体何を考えているんだ!どう責任取るつもりだ?」と言っていましたよね。 これって、普通に聞いていたら、曾根崎は部下の監督不行き届きである香坂を叱っているように思いますよね。 でも、香坂がこのタイミングで曾根崎のところへ来ていたということを考えると別の意味にも聞こえてきます。 つまり、曾根崎は爆弾テロの犯人側で、香坂と共犯関係にある人物だったということです。 北見が捕まって爆弾テロのことがバレてしまうのではないかということを「万が一の場合は」という言葉で語っていたのではないでしょうか? 広告 ドラマ 絶対零度 シーズン4 関連情報まとめ 過去の放送回や関連情報をまとめました。 出演者情報などをご紹介します。 広告 tetsutylor.

次の

絶対零度シーズン4のキャスト一覧!上戸彩や伊藤淳史は降板?

絶対零度 シーズン4

Contents• この特命班のリーダーを務める井沢範人(沢村一樹)は、元公安のエリート刑事だが、ミハンシステムによるテストケース『0号』の冤罪事件が原因で、妻と娘を無残に殺された過去を持つ。 普段は物腰も柔らかく、飄々としていてつかみどころがない井沢だったが、その裏側には刑事としての一線を超えてしまいそうな凶暴性も内包しており、警察上層部からも危険視されていた。 井沢は、ミハンが割り出した麻薬組織同士の争いを抑止するため、メンバーの山内徹(横山裕)や小田切唯(本田翼)らとともに東京と香港を結ぶクルーズ船に潜入。 新たに加わった伝説のハッカー・加賀美聡介(柄本明)の支援もあり、事前に犯行を防ぐことに成功する。 別の日、井沢は、山内や小田切、新メンバーのキャリア・吉岡拓海(森永悠希)とともに、ミハンの新たな拠点となる施設に集まる。 そこは、移転が決まっている公営卸売市場の地下だ。 香坂は、皆の前で井沢の過去とその危険性に言及し、改めて人員の見直しをするとしながらも、さっそく捜査の指示を出す。 それは、ミハンが同時にふたりの危険人物を探知するという、初めてのケースだった。 出典: 絶対零度(2020)初回ゲストに柄本時生が登場! 2020年1月6日に放送された「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」シーズン4第1話に、 柄本時生さんが登場しました。 初回のみ登場で、今後の予定はないようです。 その代わりと言ってはなんですが、 父親の 塚本明さんが新たにミハンメンバーとして加わった 加賀美聡介 かがみそうすけ役としてレギュラー出演することになっています。 親子出演に対するTwitterの反応 柄本明と柄本時生の親子共演にニンマリ。 「貴方、どこかで…?」 そりゃ、親父だからな!っと突っ込んでしまった(笑)。 — YOSHI passingbell 新しく始まった絶対零度、一応前回の話と繋がってるっぽいけど各キャラの設定を忘れてるからあんまついていけてない。 スポンサーリンク 絶対零度(2020)1話ネタバレ 血痕と拳銃を握りしめた井沢!香坂を殺害したのは…? 東京サミットの日、爆発物が仕掛けられたと通達を受けた 小田切唯( 本田翼)、 山内徹( 横山裕)らは機動隊とともに現場へ駆けつけます。 銃声を聞き、現場に到着した小田切が見たのは右手と右頬を血で染めた 井沢範人( 沢村一樹)の後ろ姿。 井沢の右手には拳銃が握られ、その足元には胸を撃ち抜かれた女性が倒れていました。 女性はミハン統括責任者の 香坂朱里 こうさかあかり( 水野美紀)。 井沢が殺した犯人なのか、居合わせただけなのかは不明なまま映像は終わります。 ちなみに管理人は井沢が犯人だとは思っていません。 血がついていた理由や殺害理由についての考察は以下記事でまとめています。 ミハンに新メンバーが加わる ミハンには、新しいメンバーが加わります。 まず1人目が 法務省官僚のミハン統括責任者・香坂朱里。 親子共演 正に『エモい』 — 勇者ヨシヒロ🐶 愛犬Qooちゃん marlboroman1217 新人研修でミハンに配属された キャリア警察官・吉岡拓海(森永悠希)。 いよいよ本日からですね~! よる9時からです!お見逃しなきよう…! そしてそして、19時から、本編放送前に の方にもお邪魔させて頂いておりますので、そちらも是非…! — 森永悠希 morry0629 香坂はミハンの法制化を目的に、自ら志願したようです。 井沢を外して自分がリーダーになることも視野に入れていると話し、バチバチした関係に……。 香坂は井沢の妻子の殺害犯として服役中の 宇佐美( 奥野瑛太)のもとへも面会に行っており、そのことで井沢は不信感を抱いています。 また吉岡もキャリア出身の自分がなぜミハンに……と不満げ。 ミハンの違法捜査に関わっては、自分の経歴に傷がつくと消極的な態度を取り続けます。 今回の危険人物は対局的な2人 今回、ミハンが割り出した危険人物は正反対の男2人。 弁護士/ 田代智之( 中林大樹)• 刑務所から出所したばかりの風俗店店員/ 藤倉尚也( 篠原篤) 同時に2人の危険人物が割り出されるのは、ミハン史上初めてのケースで動揺が走ります。 田代は拳銃、藤倉は青酸カリを購入していて「互いに殺そうとしている?」といった疑惑が浮上。 しかし過去の経歴などからも関係性が見えず、動機がわかりません。 そこでミハンは、まず2人の接点を洗い出すことに。 田代と藤倉を繋ぐのは1人の女性 田代と藤倉を繋ぐのは、 澤本歩美という1人の女性でした。 しかし、それが「なぜ殺しに繋がるのか」は謎のまま……。 藤倉の働く風俗店に潜入捜査していた山内は、店の近くの物影で口論する田代と藤倉を目撃します。 田代は「殺してやる!」と震える声で叫び、それを藤倉が押さえつけていました。 そこで風俗客になりきった 加賀美聡介( 柄本明)は、店で働く女の子にうまく取り入り藤倉の人柄について話しを聞き出します。 藤倉は 近藤という人物に気に入られ、店の用心棒として雇われているようでした。 小田切は田代について探るため、田代が通っている心的外傷のためのグループセラピーに潜入します。 設定をどうしようかと悩む小田切に、吉岡は「自分の過去を話せばいい」とアドバイスしますが、いざ順番が回ってくると「わたしは……」と言葉につまってしまいました。 「どうしましたか?」とセラピストに聞かれて困る小田切。 すると横に座っていた男性( 篠田浩輝/ 高杉真宙)が「誰だって自分のことはなかなか話せない」と助け船を出してくれ、事なきを得ます。 セラピーは続き、田代の番がやってきました。 田代は薬害訴訟の弁護で知り合った看護師とお付き合いの末に結婚する予定でしたが、 鉄道の脱線事故で亡くなったことを打ち明けます。 過去の事故と真実が複雑に絡み合う 脱線事故も今回の事件と何か関係あるかもしれないと感じたミハンは、詳細を調べはじめます。 近藤はミハンが先日逮捕した麻薬組織の男・ 垣内と繋がっていたことも明らかになり、藤倉も何らかの形で関与していると考える井沢たち。 さっそく近藤たちに動きがあり、高級料亭で密談が行われます。 そこには藤倉も同席。 加賀美が密談相手を顔からサーチすると、 厚労省の麻薬取締官の岸本だと判明します。 麻薬を取り締まるはずの人間が、麻薬組織と繋がっている…。 まさかの事態に驚くミハンのメンバーたち。 さらに調査を進めた結果、 脱線事故の被害者の中に岸本の同僚の麻薬取締官もいたことも突き止めます。 麻薬取締官=通称「マトリ」とも略されるよ! 垣内の部下だった佐川という男が藤倉と同じ刑務所に入っていた情報を手にした吉岡は、同郷のふりをして佐川に近づきます。 吉岡は 天才子役だった過去があり、方言なども完璧にコピー。 すっかり騙された佐川は、あっという間に心を開き藤倉の情報を喋りはじめました。 脱線事故は事故に見せかけた殺人だった 澤本歩美が亡くなった脱線事故は麻薬取締官の同僚に、麻薬組織と繋がっていると気付かれた岸本が仕組んだ 殺人事件でした。 列車は自動走行システムを導入していたことも判明し、ハッキングで事故を起こしたのだろうと加賀美は推察します。 その話を佐川に聞いて知った藤倉は、真相を知るために近藤に近づいたのです。 ついに殺害計画が始動! 田代を見張っていたミハンメンバーが、「田代が動いた」と知らせます。 拳銃を鞄につめた田代は、車から降りた岸本めがけて歩み寄っていきます。 しかし井沢たちが止める前に、藤倉が田代を連れ去ってしまいました。 路地裏でもみ合う2人。 「何やってんだよ!」と怒る藤倉に、田代は「俺の気持ちは変わらない」と訴えます。 「止めたきゃ殺せ」とまで言い出す田代を見た藤倉は、「やるなら一緒にやろう」と提案するのでした。 その様子をうかがっていた井沢は、「そうか明日で事故から5年か…」とつぶやきます。 殺そうとした後悔、殺せなかった後悔 事故現場には、遺族たちが集まっていました。 位牌のまえで手を合わせる田代と藤倉。 それから藤倉は「3日後に近藤と岸本が店にくる。 そのときに殺れ」と田代に伝えます。 少し離れた場所で様子をうかがっていた井沢は、通りすがりのふりをして位牌に手を合わせます。 「遺族ですか?」と声をかけられた井沢は「通りすがりです」と答え、「大切な人を亡くした痛みは、失った人にしかわからない」と続けました。 そして妻子を殺されたことを打ち明け、「 殺そうとしたことを後悔してる。 殺せなかったことも後悔してる」と伝えます。 「正解はないってことですか?だったら、どうすればいいんですか?」 と困惑する藤倉たちに、井沢は「正解がないのなら、自分が正しいと思った道を選ぶしかない」と答えて立ち去るのでした。 会話を聞いていた他のミハンメンバーは背中を押そうとしているのか、止めようとしているのか微妙な内容に困惑します。 その後、山内を呼びだした小田切は「なぜ銃を持っているのか」と問いただします。 内山は井沢を監視し、一線を超えそうになったら射殺せよとの命令をうけてミハンに出向していたのでした。 井沢がかつて殺そうとした復讐相手・ 町田が保釈されたことを、上層部は危険視しているようです。 保釈された町田が行方不明に 保釈された元警視庁次長の町田は、奥多摩の別荘で悠々自適な暮らしをしていました。 その別荘へもぐりこんだ井沢は、最近になって差出人不明で自宅に送られてきた凶器を見せます。 その凶器は井沢の妻子が殺されたとき使われた刃物で、捜査では発見されていないものでした。 「誰が送ってきたのかなぁ……」 恐怖で座りこむ町田を追いつめた井沢は、「すべてを話せ」と迫ります。 後日、香坂に呼びだされた井沢は元警察庁次長が行方不明になったことを知ります。 香坂は井沢を疑っているようでした。 井沢も香坂に「なぜ宇佐美に会いに行ったんですか?」と面会理由をたずねます。 答えようとしない香坂を見て、言えない何かがあると確信する井沢。 藤倉の決意 探り合う井沢と香坂。 そこへ、メンバーから連絡が入り「田代と藤倉が自宅でもみあっている」と伝えられます。 井沢たちが田代の自宅に駆けつけると、田代は部屋で拘束されていました。 藤倉は澤本歩美を深く愛していて、彼女が愛した男を殺人犯にするわけにはいかないと 最初から1人で岸本を殺すつもりだったのです。 青酸カリは、すべてが終わったあと自ら命を絶つために用意したものでした。 密会場所についた藤倉は、青酸カリを飲んで岸本に襲いかかります。 しかし護衛に取り押さえられてしまい、逆リンチに…。 井沢たちが現場に駆けつけると、そこに藤倉の姿はなく血痕だけが残されていました。 「あなたを人殺しにはさせない」 工場跡のような場所に連れて行かれ、暴行を受けていた藤倉。 岸本は田代のことも掴んでいて、藤倉を殺したあとに処理するのだと話します。 それを聞いた藤倉は「歩美が報われない、それだけはやめてくれ」と懇願。 岸本は不思議そうに「あゆみ?誰ですか?あれは事故なんですよ」と言い、スクラップの機械を下ろしました。 スクラップの下敷きになる寸前に、電源が落ちて止まる機械。 駆けつけた井沢たちが震える藤倉を救出し、岸本たちと対峙します。 「保身のために多くの命を犠牲にした。 これは最悪のテロだ」 と怒りをあらわにする井沢。 外へ逃げる岸本を追いかけると、岸本は通りすがりの親子を襲い人質にとります。 母親を刺し、娘の首にナイフをつきつける岸本。 その光景が自分の妻子と重なった井沢は、要求通り持っていた拳銃を投げ捨てます。 拳銃を拾った岸本が銃を構え、撃とうとした寸前で後を追ってきた山内が発砲。 撃たれた岸本はその場にうずくまりました。 小田切が親子を保護し、救急隊を要請したことで我に返った井沢は岸本に馬乗りになってボコボコにします。 そして山内が止めるのも聞かず、銃を構えた井沢。 内山は携帯している銃を握りしめます。 パンっと発砲音がして息を飲む小田切。 しかし山内が岸本に覆いかぶさり、弾は山内の腕に当たりました。 山内は「 あなたを人殺しにはさせない。 あなたが一線を超えるなら、俺が止める」と井沢に宣言します。 事件のその後 大けがをおった藤倉は、病院に入院していました。 病室には見舞いにきた田代、そして小田切たちの姿が。 小田切は脱線事故が改めて捜査されること、藤倉には執行猶予がつくはずだということを伝えます。 藤倉は田代に「弁護士を続けろよ」と言い、田代は「君は陶芸を。 あゆみはいってた、君の作る陶芸が好きだって」とほほ笑むのでした。 家に帰った井沢は、妻子の幻を見ていました。 帰ってきた井沢に「ご飯を食べよう」と言い、腕を引く娘。 しかし真っ暗なリビングを見て、井沢は現実に返ります。 香坂は電話で 次長が遺体で発見され、証拠が残っていないことを聞かされます。 遺体発見現場の捜査にあたった 門田駿( 粗品)は「井沢……」とつぶやくのでした。

次の

絶対零度【2020】シーズン4最終回ネタバレ予想!ラストは井沢が犯人?

絶対零度 シーズン4

大学病院の医師が刺される 大学病院に潜入する井沢たち。 その頃ミハンには、警視庁や法務省の上層部に人間が視察にやってくる。 香坂が案内をし、現在も大学病院の医師、真田がサバイバルナイフを購入していて、同じ病院の医師、益子への中傷をネットに書き込んでいる事も説明する。 真田は益子から厳しい指導を受けていて、来月には病院を追い出されることになっていた。 病院内で目撃した不審な男が白衣を着ているのを見た山内は、その男を追跡するが見失ってしまう。 その時、カンファレンスルームから叫び声が聞こえ、中に入ると益子が刺されていた。 そばには真田がいた。 膵臓を損傷し、緊急オペが行われる中、任意同行される真田。 益子のことは許せないが殺していないと言い、ネットへの書き込みやナイフを購入したことも否認する。 取調べを見ていた井沢たちのところに、曽根崎がやってくる。 視察中の失態を指摘する曽根崎に、真田はハメられたと言う井沢。 本当のターゲット ミハンのデータがねつ造されていると考えた井沢たちは、医療関係の情報を扱う機関を訪れる。 そこには東堂がいた。 ミハンの初期から携わっていた加賀美と東堂。 東堂は真田の個人情報を提供し、捜査に協力する。 真田のデータを検索した人物がいることは分かったものの、入室記録が記されていなかった。 厳重なセキュリティのラボにも関わらず、侵入してデータを盗むリスクを負ったことに疑問を抱く井沢。 東堂は気になることがあると言い、ラボで行われている医師が担当する手術予定の患者に対するシュミレーション結果を見せる。 益子が成功率93%の結果を出した患者は、元総理の南雲だった。 通常では手術不可能とされる病だったが、益子が手術を行う予定になっていた。 南雲のそばにはSPが常駐していて狙うのは困難なため、益子を狙ったのだった。 ミハンのデータから、南雲の関連人物を探ると、児島代議士が浮かぶ。 児島は南雲から目をつけられて、長年冷遇されていた。 益子の思いを知る真田 早川から連絡があり、門田が真田を追い込んでいるため、早くしないと落ちると言ってくる。 井沢と香坂が真田の元を訪れ、刺された益子が「早く戻ってきなさい」と伝えて欲しいと言っていたことを伝える。 益子は真田の腕をかっていたため、わざと厳しく指導していたのだった。 地方に飛ばそうとしていたのも、益子が目指す遠隔医療を確立させるためだった。 児島を張り込む井沢たち。 児島に聞こえるように、南雲の命が狙われたことを話す井沢と吉岡。 慌てた児島は、実行犯と連絡を取る。 それを加賀美が探っていたが、凄腕のクラッカーによって妨害されてしまう。 児島が雇ったと思われるクラッカーは、遠隔操作で益子を殺そうとしていた。 最初にそれをしなかったのはできなかったからで、今回はできると言う意味を考える井沢たち。 遠隔殺人? 益子の容態が急変したことを知らせる警告音が鳴る。 その頃井沢と加賀美は、ある人物の部屋の前にいた。 その人物は東京医療情報ラボの警備員だった。 膵臓を刺された益子は、インスリンポンプによって血糖値を管理されていた。 そのシステムに入り込み、インスリンが大量投与されるようにしたのだった。 もう既に投与したと言う警備員だったが、事前にインスリンポンプは交換していたため、益子は無事だった。 児島の首を絞めて殺そうとする不審な男を取り押さえる山内。 自殺に見せかけて口封じしようとしていたが、男も児島も捕まるのだった。 だが警備員は本当のクラッカーではなく、その裏にまだ真犯人がいることを感じる井沢と加賀美。 29日後、加賀美の後頭部に銃口を向ける男がいた。 その男に、26年前の映画館の事件を話す加賀美。 加賀美が「僕の犯した罪を知っているね」と言い後ろを向くと、そこに立っていたのは北見だった。 誰かにはめらたのなら、誰にはめらたのかまで予測できないと、ミハンの意味はないのでは、と思ってしまう…。 テセウスの船• 恋はつづくよどこまでも• シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 絶対零度~未然犯罪潜入捜査~• 知らなくていいコト• 病室で念仏を唱えないでください• 10の秘密• 麒麟がくる• スカーレット• 相棒18• ケイジとケンジ• アライブ がん専門医のカルテ• アリバイ崩し承ります• 科捜研の女19• 病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~• パパがも一度恋をした• ランチ合コン探偵~恋とグルメと謎解きと~• 女子高生の無駄づかい• あなたの番です3• ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~• この男は人生最大の過ちです• 心の傷を癒すということ• コタキ兄弟と四苦八苦• やめるときも、すこやかなるときも• 伝説のお母さん• グラン• メゾン東京• ホームルーム• 僕はどこから• 駐在刑事 Season2• 来世ではちゃんとします• 絶メシロード• カエル男• ハイポジ• 今夜はコの字で• LINEの答え合わせ• 鈍色の箱の中で• シャーロック• SEDAI WARS(セダイウォーズ)• おしん• 相棒17• 田園ボーイズ• 面白南極料理人• 捜査会議はリビングで!おかわり• 大江戸スチームパンク• 大岡越前•

次の