ふるさと 納税 わかり やすく。 【保存版】会社員(サラリーマン)のふるさと納税のやり方まとめ

ふるさと納税は節税になる?仕組みをわかりやすく解説

ふるさと 納税 わかり やすく

ふるさと納税がお得ってのはきいたことあるけど、なんもわからんわ… などと思っていませんか? ふるさと納税は実質負担額2000円で欲しいものがゲットできるお得な制度です!!まさに ローリスクでハイリターンを得られる制度が、ふるさと納税なのです!ふるさと納税は難しく思われがちですが、とても簡単です。 自分の故郷や、応援したい街など、好きな自治体へ寄附することが出来ます。 ふるさと納税をすると その地域の特産品(いわゆる返礼品)が受け取れます。 また、それとは別に、ふるさと納税をすると 税金の控除が受けられます。 例えば、10,000円寄附すると2,000円を引いた8,000円が主に翌年度の住民税から差し引かれます。 ふるさと納税は、本来支払うはずの税金が控除されるという制度なので、税金を沢山払っている人(収入の多い人)ほどお得に利用できます。 税金を払っていない方(非課税の方)は、ただ地方自治体へ寄附をするだけになってしまいますので、ご注意を! ふるさと納税の手続きの方法 ふるさと納税は、自治体と返礼品を選んで寄附するだけで利用できますが、控除を受けるには手続きが必要です。 手続の方法は、下記の2種類。 ワンストップ特例制度を利用する方法• 確定申告する方法 ワンストップ特例制度を利用する方法 ワンストップ特例制度は確定申告をしない人のための手続きで、税関係の手続きは毎年、年末調整で済ませているという人のための制度です。 ワンストップ特例制度は、下記の条件を満たす方のみ利用可能。 寄附を行った年の所得について、確定申告する必要がない• 寄附を行った自治体が5自治体以下 一般的なサラリーマンなら確定申告は必要ないので、多くの方が利用出来ます。 しかし、住宅ローン控除を初めて申請する年の場合や、医療費控除を受ける場合などは確定申告が必要になるため、ワンストップ特例制度を利用することは出来ません。 ほかにも、給与の収入金額が2,000万円を超える方、給与所得以外の副業所得が20万円を超える方等も確定申告が必要になりますので、ワンストップ特例制度を利用することは出来ません。 ふるさと納税を同時に申告していなければ、ふるさと納税による税金の控除が受けられなくなりますのでご注意ください。 具体的な手続きは、「ワンストップ特例申請書」を寄附した自治体に提出するだけでOKです!一部WEBで受け付けている自治体もありますが、基本的には郵送となります。 ワンストップ特例制度を利用した場合、翌年度の住民税から税金が控除されます。 確定申告する方法 ワンストップ特例制度が利用できない場合は、確定申告をすることで控除を受けることが出来ます。 寄附をすれば自治体から送られてくる「寄附金受領証明書」を確定申告書に添付すればOKです。 その際に気を付けるべき点としては、 確定申告書の2表の右下の住民税欄に、寄附金の内容の記載を忘れずして下さい。 ここの記入が漏れているだけで税金の控除が受けられなくなります。 詳しくは最寄りの税務署にお尋ねください。 確定申告した場合は、 所得税の還付+翌年度の住民税の控除という形になりますが、ワンストップ特例制度を利用した場合と同額がお得になりますので、お得になる結果は変わりません。 ふるさと納税の控除限度額を知ろう! ふるさと納税の控除限度額(自己負担2,000円に抑えることができる金額)は収入によりみんな異なります。 控除限度額を考慮せずに、寄附してしまうと• Aさんは30,000円寄附して、28,000円の控除を受けられるので実質自己負担は2,000円。 Bさんは30,000円寄附しても、20,000円しか控除を受けられないので実質自己負担は10,000円。 ということになりかねません。 ふるさと納税は、きちんと「得する限度額」を知り、自己負担2,000円にすることで、最大限お得に利用することが出来ます。 下記の控除限度額シミュレーションで、自身の限度額をあらかじめチェックしておきましょう! ふるさと納税の申し込みの方法 自治体へ寄附する方法は、寄附したい自治体のホームページから申し込むほか、「さとふる」などのサイトから簡単に申し込むことが出来ます。 ふるさと納税申し込み後 寄附が完了すると後日、寄附をした自治体から• 寄附金受領証明書• 返礼品• ワンストップ特例申請書(希望した場合のみ) が送られてきます。 ワ ンストップ特例制度を利用する場合は、ワンストップ特例申請書に記入・捺印して必要書類(マイナンバー等)とともに返送します。 会社から6月頃に配布される「住民税決定通知書」に「寄附金控除」として記載されています。 万が一、記載のない場合は、お住いの自治体へ問い合わせしてみましょう。 確定申告した場合は、お住いの自治体から6月頃に届く「住民税決定通知書」に「寄附金控除」として記載されています。 こちらも、万が一記載のない場合は、お住いの自治体へ問い合わせしてみましょう。

次の

【完全図解】3分で簡単わかりやすい!ふるさと納税の仕組み

ふるさと 納税 わかり やすく

ふるさと納税の仕組みが複雑すぎてわからん! どうも、Linです。 エンジン、ふかしてます。 地方自治体にお金を寄付すると、2,000円以上の価値がある返礼品を実質2,000円負担でもらえるという人気のふるさと納税。 その甘い言葉をきくと利用したくなるのですが、ふるさと納税の仕組みは結構複雑。 なかなか理解しずらい のが現状です。 そこで今日は、、実際にふるさと納税してみた僕が、 ふるさと納税の仕組みを完全図解で解説していきます。 3分で簡単わかりやすい!ふるさと納税の仕組み まずふるさと納税の流れからですね。 ふるさと納税は好きな地方自治体にお金を寄付することから始まります。 そのお返しとして「返礼品」が、その寄付先の地方自治体からもらえます。 しかし、これで放置してしまうと、ただ寄付して返礼品をもらっただけになってしまいます。 ここでやらなければいけないのが確定申告。 寄付した金額を申告してアピールする必要で、確定申告はお住まいの市区町村の税務署でおこないます。 1年間で5自治体内の寄付であれば を使って確定申告が不要になります 確定申告でふるさと納税の寄附金控除を適用してやると、所得控除額が増えて自分の「所得」が減ります。 所得が減ると、所得税が減ることになりますね? この所得税が減って得する金額をふるさと納税の「所得控除」と呼んでいるわけです。 で、さらに所得が減ることで恩恵を受けるのは所得税だけではなく、住民税もです。 この住民税の控除を「住民税控除の基本分」と呼んでいます。 さらに、ここだけで終わらないのがふるさと納税。 住民税の控除に関しては基本分だけではなく、「特例分」というものが存在しています。 これらすべての• 所得税控除• 住民税控除(基本分)• 住民税控除(特例分) をすべて合わせると、ちょうど寄附金控除額になるというわけです。 で、この寄附金控除額になるのは、ふるさと納税で寄付したお金すべてというわけではなく、 寄付金額から2,000円引いたもの というルールがありますので、 「ふるさと納税では実質2,000円で返礼をゲットできるよ?」 とうたっているわけです。 寄付した地方自治体• 自分が住んでる地方自治体• 自分が住んでいる市区町村の税務署 などなどができますので複雑ですが、一旦整理してやれば意外にわかりやすいと思います。 ふるさと納税は寄付しまくればいいわけではない! ただし、ふるさと納税の限度額に注意です。 と書いてありますので、実質2,000円で返礼品が受け取るには条件があり、 「住民税の控除の特例分」が「住民税所得額の2割」以下になる を満たしていないといけません。 限度額よりも多く寄付してしまうと、実質2,000円で返戻金を受け取れるという特典はなくなってしまうので要注意です。 詳しくはこちらの「」を読んでみてくださいね。 これは寄付金6万円から2,000円を引いた寄付金控除額58,000円と同じですね。 したがって、彼は6万円岐阜県美濃加茂市にふるさと納税で寄付して、58,000円の控除を受け、実質2,000円で京風おせち2段セットを手に入れたことになります。 ふるさと納税ははたしてお得なのか?? なるほど。 実質2,000円でふるさと納税の返礼品がゲットできることはわかりました(限度額を超えなければ)。 しかしながら、このふるさと納税というのは本当にお得なのでしょうか? やはり美味しい話があると疑ってみたくなるのが人間の本能です。 こうやって仕組みを見ていますと、最大のポイントは ふるさと納税した瞬間に今すぐ寄付金控除を受けられない っていうところだと思います。 つまり、このふるさと納税の金額が返ってくるのは、ちょっと先の話になるということですね。 具体的に言うと、ふるさと納税の控除が自分に戻ってくるのは、• 確定申告で所得税を納める翌年3月(会社員の方は翌年の毎月の源泉徴収額)• 前年度の所得をもとに住民税の支払いが始まる翌年6月以降 になります。 さらに住民税を分割で払っている方は翌年6月から翌々年1月にかけての長期戦となることが予想されます。 ふるさと納税の寄付金控除は返ってくるには時間がかかるというわけですね。 そのため、ふるさと納税をする際に知っておきたいのは ふるさと納税をするお金の機会費用です。 利率が高い投資には回さず、ふるさと納税で寄付して、未来の控除を待つことを選択したため、今すぐできる投資の機会を損失しているということになります。 今の1万円は未来の1万円とは同じ価値ではない ということを肝に銘じてふるさと納税をするようにしましょう。 ふるさと納税に興味が出てきた方は で返礼品を探してみてくださいね。 それでは! Lin.

次の

【完全図解】3分で簡単わかりやすい!ふるさと納税の仕組み

ふるさと 納税 わかり やすく

ふるさと納税とは何か 総務省がふるさと納税の導入を決めたときから、「ふるさと納税で地方創生」とうたっています。 ふるさと納税という名前ですが、納税ではなく寄付です。 ここではふるさと納税の意義の3つを解説いたします。 ふるさと納税をする人が寄付先を決められる 名前には「ふるさと」とついていますが、 実際にはふるさと納税をする人が好きな自治体を選べるのがふるさと納税です。 意図としては、ふるさと納税をきっかけに寄付をする自治体を選ぶことで、その税金の使い道を考え、 税金の大切さ、納税の意識が高めることを目的とされます。 ふるさと納税で住んでいない地域にも貢献できる 寄付先はどこでも選択できます。 ふるさとはもちろん、応援したい自治体や、ゆかりのある自治体を選ぶことで、間接的に支援ができます。 また、自治体によっては、使い道を指定する制度もあります。 自治体がふるさと納税で全国にアピールできる ふるさと納税を上手くアピールすることで、税収アップだけでなく、名産品のPRや観光誘致にも活用でき、自治体間の競争が生まれます。 利用する人が地域について知るきっかけや考えるきっかけになる可能性もありますし、自治体が成長するきっかけにもなります。 ふるさと納税のメリット そのようなふるさと納税の意義や目的に賛同して、ふるさと納税をする人もいるでしょう。 しかし、実際にはもっとわかりやすいメリットがなければ、ここまでふるさと納税は広がりませんでした。 ふるさと納税をする人にとってのメリットは、以下の2点です。 ふるさと納税には返礼品がある ふるさと納税の楽しいメリットには、自治体自慢の返礼品です。 もともとは、ふるさと納税に必ずあるわけではありませんでした。 ふるさと納税の盛り上がりに比例して、返礼品を送ってくれる自治体はどんどん増え、今では自治体が、それぞれの金額に合わせて魅力的な返礼品を用意しています。 また、金額に対しての返礼品の原価の割合=還元率は、それぞれの自治体が決められます。 ふるさと納税をする自治体を選ぶとき、返礼品の還元率から選ぶ人も少なくありません。 還元率が高い方が、利用者にはお得です。 確定申告で税金還付・控除がある ふるさと納税した寄付金分、所得税の還付と住民税の控除を受けられます。 ただし、自己負担額は2000円ほど発生、場合によって確定申告が必要になるなどのいくつかの条件があります。 また、会社員にはかなりお得なふるさと納税ですが、自営業者やフリーランスなど事業所得がある人や不動産収入がある人などには、メリット感が会社員の人に比較して薄いでしょう。 ふるさと納税しても確定申告が要らない「ワンストップ特例」 ふるさと納税をしてみたいと思っても、確定申告の煩わしさから迷っている人もいるでしょう。 そんなときには、2つの条件を満たせば確定申告をしなくてもいい「ワンストップ特例」制度がおすすめです。 ワンストップ納税を利用するには、以下の2つの条件を満たしている事が条件です。 寄付を行った年の所得について確定申告をする必要が無い人• 1年間のふるさと納税納付先自治体が5つまでの人 ワンストップ特例の申請書類 条件を満たしていれば、以下の書類で簡単に申請ができます。 ワンストップ特例申請用の申請用紙• マイナンバーおよび本人を確認できる書類の写し (マイナンバーカード両面の写し、マイナンバー通知カードの写し+運転免許証など) これらの書類を翌年の1月10日(必着)までに、ふるさと納税をした自治体に送付します。 また、ふるさと納税のをするたびに送付しなければならないので、複数回ふるさと納税をする人は忘れないようにしましょう。

次の