デリケート ゾーン かぶれ。 宋先生が伝授する「デリケートゾーンの正しいお手入れ」

デリケートゾーンのかぶれは、皮膚科を受診していいのですか?

デリケート ゾーン かぶれ

かぶれは、正式には「接触皮膚炎」と呼ばれ、外部からの刺激によって炎症を起こした状態です。 皮膚は表皮、真皮、皮下組織の3つの層からできており、一番外側の表皮が刺激から体を守るバリアの役割を果たしているのですが、このバリア機能をもってしても防ぎきれない刺激があると、かぶれが起こってしまいます。 原因となる刺激には、皮脂や汗、温熱、乾燥などの他、体質によっては特定の物質に接触することによって起こるアレルギー性のものもあります。 かぶれについて詳しくはを参照してください。 女性の場合、生理中のナプキンやタンポンのヒモなどによる接触や経血による蒸れなどがかぶれの原因になります。 男性の場合は、衣服による蒸れや、性行為のときに使用するコンドームが合わずアレルギーを起こすことなどが原因として考えられます。 「性感染症(STD)」を含む感染症もデリケートゾーンにかゆみを起こす原因になります。 性感染症とは、性的な接触によって感染する病気のことです。 粘膜は皮膚と違ってバリア機能が弱いため、感染症を起こす細菌やウイルス、真菌(カビ)などが入り込みやすい部位です。 またこれらの病原体にとって、高温多湿になりやすく、えさとなる皮脂や汚れがたまりやすいデリケートゾーンは、繁殖するのにうってつけの環境です。 そのため、デリケートゾーンが性行為などで感染者の粘膜と接触したりすると、感染症にかかるリスクが高くなるのです。 デリケートゾーンが菌などに感染する経路は性行為に限りません。 カンジダのように常在菌として体内に潜んでいる場合や、白癬菌のように公共の浴場などでもうつる場合があります。 デリケートゾーンにかゆみを引き起こす感染症には、次のようなものがあります。 性器ヘルペス 「単純ヘルペス」というウイルスによる感染症です。 一度感染すると腰部付近の神経の中で生き続け、免疫力が低下したときなどに再発します。 男女ともに、強い痛みが出たり、水泡、潰瘍(ただれ)ができます。 性器クラミジア 「クラミジア・トラコマティス」という細菌による感染症です。 日本では最も多い性感染症といわれています。 感染すると、男性では尿道炎や精巣上体炎、女性では子宮頸管炎などを起こし、不妊の原因にもなります。 膣トリコモナス症 「膣トリコモナス」という原虫(単細胞の微生物)による感染症です。 男性では無症状であることが多いのですが、女性では悪臭のあるおりものの増加や激しいかゆみが起こります。 性行為をしなくても、タオル、シーツなどを介してうつることがまれにあります。 性器カンジダ症 「カンジダ」という真菌(カビ)による感染症です。 カンジダは健康な人でも男女ともに体内にもともと常在菌として持っていることの多い菌です。 感染経路は性行為に限らずさまざまで、いつ感染したかわからない場合がほとんどです。 感染しても必ず発症するわけではなく、免疫力が低下したときなどに菌が増殖して発症します。 男性では症状が出ることが少ないのですが、女性はヨーグルト状のおりものの増加やかゆみが起こります。 いんきんたむし 「白癬菌」という真菌(カビ)による感染症です。 10代後半から20代の男性に多く、強いかゆみが起こります。 性行為をしなくても、感染した人の皮膚から剥がれ落ちた角質に触れるだけでもうつることもあります。 ペットの毛に感染する種類の白癬菌もおり、感染したペットを抱いたりすると、触れた部分の皮膚にうつりかゆみをともなう湿疹ができることがあります。 白癬菌についてはを参照してください。 毛ジラミ症 「毛ジラミ」という吸血昆虫が陰毛に寄生して起こる感染症です。 感染すると、男女ともに強いかゆみが起こります。 性行為をしなくても、タオルやシーツなどを介してうつることがあります。 かゆみを起こす主な感染症.

次の

デリケートゾーンがかゆい!かぶれの症状や原因、性器の悩み解決法は?

デリケート ゾーン かぶれ

この時 掻きむしってしまうと、さらに悪化したり「黒ずみ」「臭い」の原因を引き起こす場合もあります。 特に、ナプキンの場合はふちの部分がナイロン素材などでできていることが多いです。 ポリエステルやナイロンなどの石油系素材を使用して作られていることで、肌が敏感になっているときには「かぶれ」を引き起こしやすくなります。 さらに、吸収性を追求したナプキンは、デリケートゾーンのお肌の必要な水分や皮脂まで吸い取ってしまう場合があります。 お肌に必要な皮脂や水分が失われることは、お肌のバリア機能を低下させてしまいます。 すると、 デリケートゾーンのお肌はほんの少しの刺激でも炎症やかぶれを起こしたり、ナプキンが肌に張り付いてかゆくなることがあるのです。 しかも!! 自己処理をする場合は、デリケートゾーンを傷つけたり、過度な刺激を与えすぎないように気を付けましょう。 カミソリなどによる刺激は「黒ずみ」や「かゆみ」を悪化させる可能性があります。 きちんと保湿を行いながら、適度な頻度で処理を行うことが大切です。 そういったリスクを減らすためにも「脱毛」に通うこともおススメです。 アンダーヘアの量を薄く、密度を減らすことによって、デリケートゾーンのムレやかぶれを予防できます。 完全にツルツルにすることもできますが、完全にツルツルにしなくても、 量を減らすことを目的に脱毛をすることで予防になります。 デリケートゾーン【ナプキンによるかぶれ】を改善する、正しい対処方法 かゆくなったら、我慢しないで早めにケアと改善するようにしましょう。 1 おりものシートをやめる おりものシートを使っている場合は、ナイロンやポリエステルが「かゆみ」「かぶれ」の原因になっている場合があります。 そのため、一度使用をやめて、様子を見てみましょう。 できるだけ刺激の少ない「綿」や「コットン」でできた素材の下着をはいて、デリケートゾーンへの刺激を減らします。 2 ナプキン・おりものシートをこまめに交換する 生理中は、どうしてもナプキンやおりものシートが手放せなくなりますよね。 その場合は、できるだけこまめに交換します。 過度に拭きすぎたり、洗いすぎると、必要な皮脂まで洗い流してしまいます。 必要な皮脂まで流れてしまうと、さらに「かゆみ」や「黒ずみ」を引き起こす原因になります。 シートで拭く場合は優しく適度に、ウォシュレットを使う場合も使いすぎないようにしましょう。 洗いすぎて、乾燥して肌がカサカサになっている場合は、きちんと保湿を行うことで肌トラブルの悪化を防ぐことができます。 オイルやクリームなどを使って、きちんと保湿をしておくことも、肌トラブルの予防につながります。 4 ナプキンの種類を見直す ナプキンの素材がお肌に合っていない場合も、「かぶれ」「かゆみ」を引き起こす場合があります。 ナイロンやポリエステルといった化学物質ももちろん、肌トラブルの原因になりやすいです。 それ以外にも、ナプキンの種類によって合う、合わないがあります。 使用するナプキンの種類を変えてみたり、タンポンを使用することで解決することもあります。 タンポンをう場合は、夜寝ている間など長時間入れっぱなしにすると、細菌が繁殖しやすくなります。 膣内部のかゆみの原因になることがありるので、寝る前などは取り出すようにしましょう。 あるいは、 布ナプキンの使用もおススメです。 天然素材で作られたオーガニックのものが多いため、デリケートゾーンにとって優しいナプキンがたくさんあります。 洗ったりするのは大変ですが、体へのトラブルを考えると布ナプキンはデリケートゾーンへの負担を減らすことができます。 5 刺激の少ない石鹸で洗う デリケートゾーンは、生理中や生理前後は「経血」や「おりもの」によってかぶれやすくなります。 特にナプキンをしていると、デリケートゾーンを清潔に保つことは大変です。 デリケートゾーンは、刺激の少ない洗い方で洗うことがとっても大切! 指を使ってぬるま湯で洗うだけでもOK、という産婦人科の先生がいるほどです。 しかし、指であらうだけだと「汚れ」がきちんと落ちているか心配になりますよね。 そこで、 刺激を与えずに清潔な状態を保つには「デリケートゾーン専用」の石鹸がおススメです。 デリケートゾーン専用の石鹸は刺激が少ないうえに、保湿作用の含まれたものもあります。 この石鹸を使って、 正しい洗い方をすることで、デリケートゾーンの状態を正しく清潔に保つことができます。 デリケートゾーンのかぶれ、治らない場合は病院へ! デリケートゾーンはその名の通りとてもデリケートな部位です。 そのため、ちょっとした刺激や原因でトラブルを起こしやすい傾向にあります。 生理中のナプキンだけでなく、「かゆみ」を引き起こす原因は他にもあります。 少しでも気になる場合は、こちらを参考にしてみてください。 また、デリケートゾーンのトラブルを感じている場合、感染症の可能性も疑いましょう。 単なる皮膚炎だけでなく、自覚症状の少ない病気もあります。 早めの治療を行うことによって、不快な症状を抑えるだけでなく、性器のただれ、黒ずみなども防ぐことができます。 ちょっとでも「怪しい」「不安」と思った場合は、産婦人科の先生に相談してみてくださいね。

次の

年齢とともにデリケートゾーンも変化する|フェミニーナ®|小林製薬

デリケート ゾーン かぶれ

「かぶれ」による刺激• カンジダ症による症状• 乾癬 これらによって「皮が剥ける」といった症状になる理由を、もう少し詳しくみていきましょう。 すると、ついつい掻きむしってしまったり、肌自体が刺激に弱くなって下着との摩擦で皮が剥けるということがあるのです。 デリケートゾーンはもともと下着や衣類でしっかりと守られている部位です。 そのため、他の体の部位と比べても「高温多湿」になりやすい特徴があります。 そして、衣類や下着、ナプキンと触れることが多い場所です。 デリケートゾーンが高温多湿によって「かぶれ」を引き起こしている時は、細菌などの影響ではなく「皮膚の炎症」が原因です。 そのため、下着やナプキンなどの触れる摩擦で、より強いかゆみや悪化を招きかねません。 特に生理中や生理前にこういった症状が起こりやすい特徴があります。 カンジダ菌は、もともと人の体に存在している菌です。 しかし、免疫力が低下したり、疲れている時に「カンジダ症」の症状を発症する傾向があります。 カンジダ症にかかると、次のような症状が感じられます• かゆみ• 赤くなる• おりものが増える• ジクジクして皮が剥けることがある 主にこういった特徴があります。 かゆみも強いので、ついつい掻いてしまうことも多いです。 すると、さらに皮が剥けてしまうことも・・・。 主にデリケートゾーンに発症するカンジダ症ですが、他にも脇や手の指の間などにも感染することがあります。 カンジダ症にかかった場合は、医療機関での治療が必要です。 人にうつることはなく、ウィルスやカビなどとは全く関係のない病気。 そのため、原因がハッキリわからないという難点のある病気でもあります。 デリケートゾーンにできることもあり、原因としてはストレスや免疫力の低下、糖尿病や妊娠といった様々なことが影響して起ると言われています。 ただ、自己診断ではハッキリとしたことは断定できません。 また、長期的な診察を受けることが必要になるので、医療機関を受診する必要があります。 デリケートゾーンの皮が剥ける、正しく治す方法とは? デリケートゾーンの皮が剥ける場合は、「かぶれ」による症状以外の治療は医療機関で行いましょう。 ただ、「かぶれ」と思っていたら感染症だった!ということがあります。 強いかゆみを感じている場合は、念のために医療機関を受診することも必要です。 私自身も「かぶれ」によって皮が剥けたり、かぶれてしまった時には「塗り薬」を使っています。 医療機関を受診した際に塗り薬を処方されたので、それを塗っているとすぐに治りました。 ただ、何度もこういったことが起こるのであれば、「市販の塗り薬でもいいよ」と通っていた婦人科の先生は言ってくれました。 いろいろな種類のものがありますが「かゆみ」「かぶれ」を対象にしているものを選ぶように、とのこと。 どうしても何を使ったらいいか分からない場合は、医療機関を受診した方が確実かもしれません。 また、軟膏で症状が治らない、悪化する、といった場合は医療機関を受診しましょう。 あくまでも自己判断は危険なので、早く治すためにもプロの意見を聞くのが1番です。 デリケートゾーンの皮が剥けるのを予防するためにできること デリケートゾーンの皮剥けを予防するためには、デリケートゾーンの状態を清潔で通気性の良い状態を保つことです。 要するに「高温多湿」によって、肌がかぶれることを予防するのです。 気をつける項目が多いですが、これらのことを気をつけるだけでデリケートゾーンの状態は大きく異なります。 私自身も、以前は「かゆみ」や「カンジダ症」になってしまうことが多かったのですが、こういったことに気をつけ始めてはら状態は大きく変わりました。 また、「かゆみ」以外にも「臭い」や「黒ずみ」に対しても効果が期待できます。 デリケートゾーンにトラブルが1つでもある場合、他にもトラブルが同時に起る可能性は高くなります。 そのため、1つのトラブルをしっかりと意識して予防すれば、他のトラブルも自然と予防しやすくなるのです。

次の