消費 税 コロナ。 コロナ・ショック 日本経済V字回復の鍵は「消費税ゼロ」しかない

コロナ経済対策!所得税減税でなく消費税減税の方が効果あり│HIBIKI FP OFFICE

消費 税 コロナ

新型コロナウイルス感染症に関する対応等について ご自宅等から各種手続ができます 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に関連して、税務署にお越しいただかなくてもご自宅等から行うことができる国税の各種手続を掲載しています。 税務署の執務状況 新型コロナウイルス感染症に関連した税務署の執務状況について掲載しています。 新型コロナウイルス感染症に関するFAQ このFAQでは、新型コロナウイルス感染症に伴う申告手続や納付手続などに関するよくあるお問合せとそれについての一般的な回答を掲載しています。 (全般的なお問合せ)• (申告・納付期限の期限延長手続)• 新型コロナウイルス感染症緊急経済対策における税制上の措置 新型コロナウイルス感染症及びそのまん延防止のための措置の影響により厳しい状況におかれている納税者に対して、緊急に必要な税制上の措置のうち、国税に関する措置の情報を掲載しています。 納税の猶予制度の特例• 欠損金の繰戻しによる還付の特例• テレワーク等のための中小企業の設備投資税制• 文化芸術・スポーツイベントを中止等した主催者に対する払戻請求権を放棄した観客等への寄附金控除の適用• 住宅ローン控除の適用要件の弾力化• 消費税の課税選択の変更に係る特例• 特別貸付けに係る契約書の印紙税の非課税 納税が困難な方へ 新型コロナウイルス感染症の影響により、国税を一時に納付することが困難な場合の納税の猶予制度について掲載しています。 確定申告関係 新型コロナウイルス感染症に伴う申告所得税、贈与税及び個人事業者の消費税の申告・納付期限の延長に関する情報等について掲載しています。 納税証明書を取得される方へ 納税証明書の取得や税金の納付についてのご案内を掲載しています。 酒類事業者等の方へ 新型コロナウイルス感染症に関する対応等について(酒類事業者等向け情報)• 税理士試験関係• 国税の納付はダイレクト納付、インターネットバンキング等による電子納税、クレジットカード納付などが可能です• その他• 関連リンク•

次の

コロナショックに「消費減税」をしてはいけない4つの理由 得をするのは高齢者と富裕層だけ

消費 税 コロナ

新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難な方へ 猶予制度とは 国税の猶予制度は、一時に納税をすることにより事業の継続や生活が困難となるときや、災害で財産を損失した場合などの特定の事情があるときは、税務署に申請することで、最大1年間、納税が猶予される制度です(注)。 分割納付をする場合は、納税者の資力に応じて対応します。 特例猶予の要件と効果 令和2年2月1日から令和3年1月31日に納期限が到来する国税(注)については、• 特例猶予が認められると、猶予期間中の延滞税は全額免除されます。 また、申請に当たり、担保の提供は不要です。 (注) 関係法令の施行から2か月間(令和2年6月30日(火)まで)に限り、既に納期限が過ぎている未納の国税についても、遡って特例を適用することができます。 猶予に関する質問やご相談 猶予に関する一般的な質問等については、以下のリーフレットやFAQをご覧ください。 また、猶予についてのご相談のある方は、まずはにお電話でご相談ください。 特例猶予の申請方法 特例猶予の申請に当たっては、以下に掲載している「納税の猶予申請書(特例猶予用)」をダウンロードしていただき、猶予を受けたい国税の納期限(注1)までに、所轄の税務署(注2)に申請してください。 申請書の作成方法は、以下の動画などをご参照いただくほか、へ、お気軽にお問い合わせください。 申請書の提出に当たっては、税務署窓口の混雑を回避するため、e-Taxによる電子申請や郵送による申請をお願いいたします 注1 関係法令の施行日から2か月間(令和2年6月30日(火)まで)は、納期限後であっても申請できます。 注2 最近(2か月程度)において、地方税や社会保険料などの納税の猶予の特例を受けた場合は、その猶予申請書及び許可通知書の写しを添付していただくと、収支状況の記載や資料の添付を省略でき、審査もスムーズに進みます。 また、今後、地方税等の猶予申請をされる予定のある方は、提出していただく国税の納税の猶予申請書の写しを保管しておくことをおすすめします。 注3 税務署の所在地については、国税庁ホームページの「組織(国税局・税務署等)」のをご覧ください。 納税の猶予申請書(特例猶予用)の作成方法(動画でのご案内) このボタンをクリックすると動画がご覧になれます。 こちらの動画はへリンクし、別ウインドウが開きます。 なお、番組内の申請書画面等が最新のものと異なっている場合がありますので、ご利用の際にはご注意ください。 特例猶予が認められた場合 特例猶予が認められると、所轄の税務署から納税者の方に対し「納税の猶予許可通知書」が送付されます。 なお、納税については、同封の納付書で猶予期限までに金融機関等で納付していただく必要がありますが、猶予期限までに全額の納付が難しい場合は、納税者の方の状況を十分に伺った上で、他の猶予制度が適用できる場合は他の猶予制度を適用しますので、所轄の税務署にご相談ください。 1 納税の猶予許可通知書には、「新型コロナ臨時特例法第3条による納税の猶予」が適用された旨の記載がされます。 2 特例猶予の適用期間中に猶予中の税額に関する納税証明書を取得した場合は、「備考」欄に「新型コロナウイルス感染症等の影響に対応するための国税関係法律の臨時特例に関する法律第3条による納税の猶予中」である旨が記載されます。 特例猶予が適用できない場合も現行の猶予制度が認められる場合があります 特例猶予が適用されない場合でも、現行の猶予制度が認められる場合があります。 詳しくは、国税の納税の猶予制度に関するFAQ(上掲)やリーフレットをご覧いただくほか、へ、お気軽にご相談ください。 猶予申請書は以下からダウンロードしてお使いください。 現行の猶予制度が認められると、所轄の税務署から納税者の方に対し、猶予許可通知書が送付されます。 猶予許可通知書には該当条項が記載されます。 猶予制度のほか、国税庁における新型コロナウイルス感染症に関する対応等については、以下をご覧ください。 【英語版のページはこちら(English)】.

次の

新型コロナウイルス流行でIMFが消費税15%に増税を提言。日本経済の下振れリスクを懸念

消費 税 コロナ

2020年3月29日 7:00 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う「コロナ・ショック」。 その経済損失は、自動車を中心に対米輸出は60%減少、不況はあらゆる産業分野に広がって倒産件数は1万5646件(2008年)にのぼったリーマン・ショック時を超えるとまでいわれている。 政権中枢から消費税引き下げ論が出るなか、安倍晋三・首相のかつての経済ブレーンは「引き下げではなくゼロにすべき」と提言する。 安倍首相は「経済をV字回復させなければならない」と緊急経済対策の取りまとめを指示したが、すでに表明された公共料金の支払い猶予に加え、検討されているのは5万円以上の現金給付、ポイント還元の拡大、中小企業の納税猶予などのメニューだ。 そうした対策より、与野党から要求が高まっているのが「消費税減税」だ。 日本維新の会の柴田巧・参院議員は「消費税率8%に減税」を提案し、国民民主党や共産党などの野党は「5%」を主張、自民党でも若手議員が参加する「日本の未来を考える勉強会」が消費税減税を含む30兆円の景気対策の提言書を政府と自民党執行部に提出した。 実は、官邸も経済危機回避の切り札として消費税減税を検討しはじめた。 安倍首相は3月13日に自民党税制調査会長の甘利明氏を官邸に呼んで協議し、その動きに呼応するように安倍側近の世耕弘成・参院幹事長が「(消費税)減税も選択肢の一つだ」とぶち上げた。 官邸関係者が語る。 「総理は昨年10月に消費税を上げたのはタイミングが悪かったという意識が強い。 そこで全品目に軽減税率を適用して消費税8%に戻すことで消費の落ち込みをカバーし、それに給付金や所得税減税などを組み合わせる案などが検討されている。 消費税減税を発表すれば買い控えを招くので、できるだけ早く実施するスケジュールになるのではないか」 否、消費税減税はいいが、この期に及んでは「税率8%」に戻すだけでは全然足りない。

次の