アンド カフェ 日進。 アンド カフェ (and cafe) (日進/カフェ)

SEIA cafe&bar セイア カフェ アンド バル 日進(さいたま市その他/ダイニングバー・バル)<ネット予約可>

アンド カフェ 日進

「ファイブフィートカフェ(five feet cafes)」はこんなお店 清水エスジーポート内の「ココペリ」があった場所に「ファイブフィートカフェ」が誕生しました。 このような看板が設置されています。 「アンドカフェ」内でパンの販売をしていた 「プレーンベーカリー」も継続。 店内は「ココペリ」の時とさほど変わりませんが、テラス席は開放感があって、よりカフェっぽくなりました。 夜の雰囲気もいいので、ぜひお酒も楽しみたいですね。 「ファイブフィートカフェ(five feet cafes)」のメニュー ランチはカフェメニュー ランチメニューは 「パスタランチ」「ライスランチ」「ベーカリーランチプレート」「ハンバーガーランチ」の4種類。 それぞれメインは日替わり。 キッズプレートがあるのは嬉しいですね。 ディナーはカフェ&ダイニングバー 「ココペリ」はお酒を飲むイメージが強かったのですが、「ファイブフィートカフェ」では夜も気軽にカフェメニューを楽しめます。 ぺこりーぬ メニューはだいぶ縮小した印象ですが、 「バッファローチキンウイング」や 世界のビールなどは健在。 カフェとダイニングバーのどちらにも対応しているので、利用シーンは幅広いです。 「プレーンベーカリー」のパンもある 「プレーンベーカリー」のパンを購入することが可能です。 販売時間と予約の受付時間が決まっているので気をつけましょう。 プレミアム食パン:一斤378円(税込)、二斤756円(税込)• ぶどう食パン:648円(税込)• セミハードくるみ:648円(税込)• 低温熟成バゲット:313円(税込) パンの販売時間 13:00〜19:00(売り切れ次第終了) 予約の受付時間 11:00〜17:00(店内での受付も可能) 予約受付電話番号 054-345-6820 パンの定休日 月曜日・火曜日 晴れた日にランチを楽しもう 「ライスランチ」の デザートセット(1,380円)を注文。 日替わりのメインは 「南インドのチキンカレー」。 プラス100円でドリンクも付けられます。 サラダの量が多めなのは良いですね。 ドレッシングは別の器に入っているので、お好みで調整可能。 「南インドのチキンカレー」は、チキンや野菜がゴロゴロ入っていますね。 辛さはそれほどなくかなりマイルドでした。 最後にデザートとドリンクをいただきました。 ごちそうさまです。 「ファイブフィートカフェ(five feet cafes)」のここがおすすめ 「ファイブフィートカフェ」のおすすめポイントをおさらいしていきましょう。 ランチは「アンドカフェ」を踏襲したカフェメニュー。 ディナーはカフェ要素はもちろん「ココペリ」の要素もあり。 人気だった「プレーンベーカリー」のパンも引き続き販売中。 お店の情報 店名 ファイブフィートカフェ(five feet cafes) 住所 静岡県静岡市江尻台町22-35 エスジーポート内 電話番号 054-364-1017 営業時間 【月、水、木、日、祝日】11:00~23:00(料理L. 22:00、ドリンクL. 22:30) 【火】11:00~15:00(料理L. 14:30、ドリンクL. 14:30) 【金、土、祝前日】11:00〜翌0:00(料理L. 23:00、ドリンクL. 定休日 なし 座席数 50席 タバコ 完全禁煙(外に喫煙スペースはあり) 駐車場 あり.

次の

ゲストハウス日進

アンド カフェ 日進

リザこ テラスへは駐車場から直接行けるようになっていて、お水サービスもありました。 扇風機もあるので今の季節でも大丈夫です。 悪天候にもかかわらずお客さんが次から次へとくる繁盛ぶり。 日進エリアは他にもたくさんカフェがあるので はしごしてもよさそうですよね。。 家に一番近いので行きつけにしたかったのです。 学生さんが休みに入ったのと、夏祭りも重なり夜からゆっくりできました。 ヒューガルデンとコロナを飲みつつ、コールスローサラダやタコとトマトのコロコロマリネなど野菜中心にいただきました。 ワンコ二匹も部屋が快適だったらしくまったり過ごしていました。 テーブルが小さく少人数向けなのでわんこ仲間と一緒にだと、系列のTheGramさんかTreeLittlepigsさんの方が広いです。 ランチは系列店の中ではいちいばん種類が多いです。 ランチタイムは期間限定で紅茶おかわり自由…とかもやってます。

次の

料理メニュー : and cafe (アンド カフェ)

アンド カフェ 日進

北の国を自分スタイルで旅する 「ゲストハウス日進」は北海道の北部、名寄市の郊外にある、カフェを併設したゲストハウスです。 日本語、 한국어、Englishの三ヶ国語に対応しているので、国内外から様々な人々が訪れ、読書、スキー、観光など自分スタイルの旅を満喫されています。 北の国で素敵な旅の思い出をたくさん持って帰られて下さい。 旅先で自宅のようにくつろげる場所を 初めまして。 Nisshinオーナーの洪 志玲(ほん・じりょん)です。 韓国、イギリス、東京と多くの場所に住んできて、夫と共に2005年に名寄の地を訪れ、ここを終の棲家と決めました。 「旅人はもちろん地元の人々も集まることのできる場所を作りたい」、そんな想いから元々は旅館だった建物を改装してゲストハウスとカフェを作りました。 ゲストハウスは自宅のようにくつろげる温かみのある空間を整え、カフェは母から教わった韓国料理を食べやすくアレンジして提供しています。 自然に抱かれた癒しの空間で、元気を取り戻されますように。 ご予約は ネットまたは お電話で承ります。 当サイトからのご予約された方には、 ピヤシリ温泉のチケットと ウェルカムコーヒーをサービスしています。

次の