トイレ ウォシュレット 交換。 トイレのウォシュレットを交換する費用や価格の相場は?

シャワートイレ(ウォシュレット)を自分で交換する方法とその場合の注意点(水漏れ注意)

トイレ ウォシュレット 交換

シャワートイレ(ウォシュレット)を自分で交換する方法と自分で交換する時の注意点(水漏れ注意) 先日自宅のシャワートイレを交換した時にネット検索していたら『自分で簡単に取替できました』というレビューがあまりにも多かったので注意です。 シャワートイレの交換自体は器用な方でしたらできると思います。 問題は水漏れさせない事です。 集合住宅では素人は取替しない。 集合住宅(アパートやマンション)でトイレから水漏れさせると、最悪、下の階まで漏水します。 被害額が高額になりますので素人工事はおすすめしません。 自分で取替して階下に漏水させた場合、下の階の被害の高額な賠償責任が発生します。 プロに頼んでも工事費は1万円以下だと思います。 ネットのレビューでは『簡単にできました。 でも自己責任で』と書いてあってとても気になります。 『自己責任で』交換して良いのは失敗した時にほかの方に迷惑がかからない場合だけです。 具体的な手順と水漏れの注意点は下記です。 以下を見て自信が無い時はあきらめてプロに頼みましょう。 止水栓を閉め(水漏れ注意)て、古いシャワートイレを撤去する。 トイレの止水栓は何種類かあります。 ウチのはマイナスドライバーで閉めるタイプの止水栓でした。 というか古い止水栓は閉めるだけで水漏れします。 微量の水漏れだと気が付かずに工事完了してしまう事があります。 このタイプの止水栓から水漏れすると素人が修理するのは難しいので注意が必要です。 (あやしい場合は水道メーターの所の元バルブで水を止めたりします) また水を止めたと思ってもきちんと止まっていない場合があります。 (止水栓が古い時など) 水が完全に止まっていない状態で配管を外してしまうと大量に水漏れしてエライ事になります。 配管を外す前に必ず完全に水が止まっている事を確認します。 ベースプレートを取り付けて位置を調整する。 先にシャワートイレ本体に給水管を接続する(水漏れ注意) 後からだと狭くてやりにくいのでシャワートイレ本体を取り付ける前にシャワートイレ本体側に給水管を取り付けます。 けっこう斜めにハマってしまいますのでクリップをハメてから1周回して良く確認します。 クリップが斜めにハマっていると水圧がかかってから外れてエライ事になります。 止水栓側も給水管を接続します(水漏れ注意) シャワートイレ本体を取り付けてから止水栓側の給水管も接続します。 クリップが斜めにハマっていると水圧がかかってから外れてエライ事になります。 良く確認してから止水栓を開けて水漏れ確認をします。 別パターン:タンクの横から給水している場合の注意 今回は違いますがタンクの横から給水しているタイプ場合、上の写真のナットを締める時に注意しないとタンクの中のボールタップが回ってしまい、タンクへの給水が止まらなくなります。 上の写真のナットを締める時はタンクのフタを一度外してボールタップが回らないようにおさえつつ締める事をおすすめします。 シロウトの方は設置できればOKと考えがちですがシロウトの方が気が付かない事にまで注意をするのがプロとシロウトの違いです。 まぁ現在はシロウトのような自称プロも多いので注意が必要です。

次の

シャワートイレ(ウォシュレット)を自分で交換する方法とその場合の注意点(水漏れ注意)

トイレ ウォシュレット 交換

最も年間消費電力の低いTCF8CF66・TCF8CM86と比較。 TOTOウォシュレットの選び方とおすすめ機種 24機種もあるTOTOのウォシュレット。 高級機種になるとそれはすばらしい多機能っぷりと省エネ性能を発揮します。 ただ過剰と思われる機能で価格がUPしていることもありますので選択のポイントとなる主要な機能をご紹介します。 貯湯式と瞬間式 温水洗浄便座で最も大きく異るのが洗浄用の「お湯の作り方」で「貯湯式」と「瞬間式」の2種類がります。 貯湯式 便座を保温し続けるには電気が必要でので 保温効率を上げることは電気代節約の大切なポイントです。 一般的にフタを閉めておくだけで13%も電気代を節約することができます。 「ダブル保温便座」はフタにも断熱材を入れることによリ省エネ性能をUP。 従来品の2倍以上となる30%もの節電を実現しました。 省エネ性能と価格差 上記の表では左のほうが高機能・省エネとなります。 最も省エネ性能の高い機種と消費電力の大きい機種では年間約2,600円ほども電気代に差が出ます。 ただし 上位機種と下位機種の価格差は5万円以上もあり、 電気代だけで回収するには20年ちかくかかることとなります。 ただ価格差はあっても長期の使用ではトータルの支出は近づいていくこととなります。 ウォシュレット選びの際は 価格差と同時に消費電力も比較し、機能差・価格差に見あう機種を選ぶようにしましょう。 コンセントのないトイレにウォシュレットを取り付ける方法 ウォシュレットは水をモーターで送り出したり、お湯を作ったり、便座を温めるため 100Vコンセントが必須です。 ではトイレにコンセントがなければ絶対つけられないの?といえばそうでもありません。 電気屋さんに工事してもらってコンセントをつければ取り付けられますが、数万円の費用がかかります。 ここではコンセントを増設せずにウォシュレット用電源を確保するテクニックを解説します。 天井の照明に「1灯2差」を取付け、延長コードでウォシュレットに接続することができます。

次の

DIY・自分でトイレの温水便座(ウォシュレット)を交換。取り付けする方法。

トイレ ウォシュレット 交換

本体価格+施工費用= 20,000円〜120,000円 トイレのウォシュレットのリフォームの費用の相場ですが、ウォシュレットにはタイプがあり「貯湯式」「瞬間式」の2つの種類があり、費用では「トイレのウォシュレットを交換する費用」「トイレのウォシュレットを取り付ける費用」「トイレのウォシュレットを修理する費用」があります。 それらの総合した平均の費用となります。 下の方に内訳詳細が載せてありますのでご確認下さい。 また、この費用の相場は一例となっております。 正確な費用はリフォーム会社に現場調査をしてもらい見積もりを出してもらいましょう。 この工事どこに頼めばいいの? \ 優良工事店のご紹介は3分で完了! / トイレのウォシュレットの交換・後付けの取り付け・修理について トイレのウォシュレットを交換・後付けの取り付け・修理する前にまずは、ウォシュレットの種類や寿命、交換タイミングをご覧ください。 ウォシュレットの寿命は5年が目安? ウォシュレットの寿命は、約5年〜10年と言われています。 どこか故障した場合、「修理」か「買い替え時期」なのか、タイミングって分からないですよね。 5年目でどこかの不具合が出た場合は、交換のおすすめをします。 電化製品は、一つ故障すると、電気で連結されてる部分が多いため連鎖的に故障がドンドンでてきます。 それに、ウォシュレットの保証期間は長くても5年保証なので、それが、ウォシュレットの潰れ時期と思ってくれてもいいかもしれません。 ウォシュレット便座の交換タイミングは? ウォシュレットが暖かくならない… ウォシュレットからノズル・水が出ない… ウォシュレットのボタン操作ができない… ウォシュレットの自動消臭が動かない… ウォシュレットの蓋の自動開閉が動かない… などが挙げられます。 上記の不具合が出た場合は交換タイミングだと思いましょう。 ウォシュレット便座の種類は2つある ウォシュレットに2種類あり 「貯湯式」「瞬間式」のタイプがあります。 以下に2種類のメリットとデメリットをご紹介します。 ウォシュレットの貯湯式とは? ウォシュレットの貯湯式とは、お湯をタンクに貯めて放水するタイプです。 メリットは、本体価格がお手頃に買える価格設定となっています。 一方、デメリットはタンクの保温されたお湯がなくなると放水されなくなり、保温時間で電気代が過さみます。 ウォシュレットの瞬間式とは? ウォシュレットの瞬間式とは、ヒーターで瞬間的に水を温めて放水されるタイプです。 メリットは、お湯切れの心配がないです。 一方、デメリットは本体価格が比較的に高いです。 ウォシュレットの工事費込みの相場価格 ウォシュレットの本体価格は安いもので約10,000円から高いもので約100,000円のものまであります。 平均的に売れてるウォシュレットは約50,000円のものとなります。 また、ウォシュレットの取り付けには、安い業者さんなら約7,000円で高ければ約10,000円となっています。 取り付けの平均費用は、約8,000円となります。 【参考費用】ウォシュレットの工事費込みの価格:約17,000円〜110,000円 機器本体の価格:約10,000円〜100,000円 取り付け施工費:約7,000円〜10,000円 室内に電源コンセントが無い場合は新たにコンセントを約20,000円で増設しなければなりません。 トイレのウォシュレットの修理する費用 トイレのウォシュレットの修理する費用では、約15,000円〜50,000円が相場となります。 この費用は、ウォシュレットが「便座が冷たい時の修理」「動かない時の修理」「水漏れする時の修理」「水が出ない時の修理」「温水が出ない時の修理」、「ノズルが出てこない・戻らない時の修理」「水が止まらない時の修理」、「リモコンを押しても反応しない時の修理」の平均費用となります。 以下で内訳をご紹介します。 【参考費用】トイレのウォシュレットの修理する費用:約15,000円〜50,000円 便座が冷たい時の修理する費用 ウォシュレットの便座が冷たい時の修理する費用には、まず、便座が温かくならない場合は、便座の故障の可能性が大きいです。 修理の費用は、約15,000円〜50,000円となります。 「LIXIL」「パナソニック」「TOTO」のメーカーによって費用が大きく異なります。 【参考費用】ウォシュレットの便座が冷たい時の修理する費用:約15,000円〜50,000円 動かない時の修理する費用 ウォシュレットが動かない時の修理する費用には、まず、便座が動かない場合は、電装基盤や人感センサーの故障の可能性が大きいです。 修理の費用は、約15,000円〜30,000円となります。 「LIXIL」「パナソニック」「TOTO」のメーカーによって費用が大きく異なります。 【参考費用】ウォシュレットが動かない時の修理する費用:約15,000円〜30,000円 水漏れする時の修理する費用 ウォシュレットから水漏れする時の修理する費用には、まず、ウォシュレットから水漏れする場合は、温水タンク(給水フィルター付水抜栓)や洗浄バルブ(給水管や分岐金具)の故障の可能性が大きいです。 修理の費用は、約15,000円〜25,000円となります。 「LIXIL」「パナソニック」「TOTO」のメーカーによって費用が大きく異なります。 【参考費用】ウォシュレットから水漏れする時の修理する費用:約15,000円〜25,000円 水が出ない時の修理する費用 ウォシュレットから水が出ない時の修理する費用には、まず、ウォシュレットから水が出ない場合は、人感センサーの故障の可能性が大きいです。 修理の費用は、約15,000円〜30,000円となります。 「LIXIL」「パナソニック」「TOTO」のメーカーによって費用が大きく異なります。 【参考費用】ウォシュレットから水が出ない時の修理する費用:約15,000円〜30,000円 温水が出ない時の修理する費用 ウォシュレットから温水が出ない時の修理する費用には、まず、ウォシュレットから温水が出ない場合は、貯湯式ウォシュレットの場合は温水タンク、瞬間式ウォシュレットの場合はサーモスタットの故障の可能性が大きいです。 修理の費用は、約20,000円〜30,000円となります。 「LIXIL」「パナソニック」「TOTO」のメーカーによって費用が大きく異なります。 【参考費用】ウォシュレットから温水が出ない時の修理する費用:約20,000円〜30,000円 ノズルが出ない・戻らない時の修理する費用 ノズルが出ない・戻らない時の修理する費用には、まず、ノズルが動かない場合は、ノズルユニットの故障の可能性が大きいです。 修理の費用は、約15,000円〜30,000円となります。 「LIXIL」「パナソニック」「TOTO」のメーカーによって費用が大きく異なります。 【参考費用】ノズルが出ない・戻らない時の修理する費用:約15,000円〜30,000円 ノズルから水が止まらない時の修理する費用 ノズルから水が止まらない時の修理する費用には、まず、ノズルから水が止まらない場合は、メインバルブユニットの故障の可能性が大きいです。 修理の費用は、約15,000円〜20,000円となります。 「LIXIL」「パナソニック」「TOTO」のメーカーによって費用が大きく異なります。 【参考費用】ノズルから水が止まらない時の修理する費用:約15,000円〜20,000円 リモコンが反応しない時の修理する費用 リモコンが反応しない時の修理する費用には、まず、リモコンが反応しない場合は、リモコンの故障の可能性が大きいです。 修理の費用は、約15,000円〜25,000円となります。 「LIXIL」「パナソニック」「TOTO」のメーカーによって費用が大きく異なります。 【参考費用】リモコンが反応しない時の修理する費用:約15,000円〜25,000円 この工事どこに頼めばいいの? \ 優良工事店のご紹介は3分で完了! / ウォシュレットを激安・格安でするには? ウォシュレットを激安・格安でするには、相見積もりを取り、業者の費用を比較することです。 ウォシュレットを依頼できる業者は、ハウスメーカー・工務店・各業者・建築事務所など各県に数多く存在します。 理想のプランや費用で対応してくれる業者を探すには、複数の会社・業者を比較しながら見定めます。 相見積もりとは? 相見積もりとは、数社から見積もりを取り、価格や費用を比較検討することを意味します。 ウォシュレットを安くするには、相見積もりが重要となりますが、相見積もりを自分で行うと手間と時間がかかります。 また、優良会社を見定め依頼をしないといけないので会社探しが大変で最悪の場合、悪質業者に依頼することがあり、想定以上の高い費用でウォシュレットを行うことになってしまいます。 そうならない為にもオススメなのが、一括見積もり無料サービスを利用することです。 一括見積もり無料サービスで安くウォシュレットをできる優良業者を探す! 一括見積もり無料サービスとは、ウォシュレットを得意としている優良会社の見積もりを代理で複数社一括で行う無料サービスです。 また、お客様自身で気になる会社や業者を選ぶことができ安心して費用や会社を比較や検討することができます。

次の