吸収 イラスト。 体の中での薬の動き:薬物動態(吸収・分布)

体の中での薬の動き:薬物動態(吸収・分布)

吸収 イラスト

消化と吸収 消化とは食物中に含まれる大きな分子の栄養素を分解して小さな分子にすることである。 消化をすることで小腸で栄養素を吸収されやすくなる。 消化管を通る中で様々な消化器官から食物へ消化液を出すことで色々な種類の栄養素を消化できるようにしている。 消化酵素・・・消化液に含まれている物質で栄養素を消化することができる。 [すい臓] 消化液: すい液 消化酵素: アミラーゼ デンプンを麦芽糖にする トリプシン タンパク質を更にアミノ酸にする リパーゼ 脂肪を脂肪酸とモノグリセリドにする ペプチターゼ 分解されたタンパク質をアミノ酸にする。 ペプシンとトリプシンは実はタンパク質を分解しているだけ。 アミノ酸にはしていない。 胆汁を作る• アンモニアを尿素にする 解毒作用• よってこの後の大腸では消化はほとんど行われない。 [大腸] 大腸は消化された食物の残りから 水分を吸収し、排出作用を行っている。 ややこしいので図にまとめます。 小腸のつくり 小腸の内壁には多数のひだがありその表面には 柔毛という小さな突起でおおわれている。 柔毛 は小腸の内壁の 表面積を大きくすることで効率よく養分を吸収できる。 柔毛で吸収された養分は種類によって違う管で運ばれる。 先ほどの表を更にまとめた表を示す。

次の

体の中での薬の動き:薬物動態(吸収・分布)

吸収 イラスト

もくじ• 人間が最も多く摂取する糖質はでんぷんである 三大栄養素の一つである炭水化物は、 糖質と 食物繊維に分類されます。 炭水化物の分類や種類の記事でも紹介しましたが、もう一度簡単に復習しておきましょう! このように、炭水化物の分類はまず大きく糖質と食物繊維に分かれます。 この二つの大きな特徴としては• 糖質・・・消化吸収を経て代謝されエネルギーになる• 食物繊維・・・消化吸収されず排泄される そしてこの糖質と食物繊維のうち、エネルギー源になり得る糖質は構造の違いによって大きく3つに分類されます。 これについてももう一度復習しておきましょう! このように糖質は次の3つの種類に分けられます。 単糖類• 少糖類(二糖類)• 多糖類 糖質の種類によってこれから解説する消化吸収に違いが出てきますのでしっかり覚えてほしいと思います。 この3種類の糖質の中で人間が 体内に吸収することが出来るのは主に単糖類のみです。 単糖類という形でないと腸から吸収されません。 なので 少糖類、多糖類は単糖類まで分解される必要があります。 私たちが単糖類という形で食物から糖質を摂取することは非常に珍しく、ほとんどが多糖類として摂取しています。 その多糖類が でんぷんです。 このでんぷんは穀物に多く含まれ、米やパン、麺、イモなど私たちが主食として食べる食物に多く含まれています。 でんぷんは多糖類なので吸収されるためには単糖類まで分解する必要があるのです! それではここで、でんぷん以外の糖質についても各糖質がどのような食品に多く含まれているかここで紹介します。 糖類名 多く含まれる食品例 多糖類 でんぷん 米、パン、イモ グリコーゲン 馬肉、レバー デキストリン でんぷん分解物 少糖類 マルトース 麦芽糖 麦芽、水あめ スクロース(ショ糖) 砂糖、甜菜 ラクトース(乳糖) 牛乳、母乳 単糖類 グルコース 米、パン(でんぷんとして) フルクトース 果物類 ガラクトース トマト、スイカ、乳製品 でんぷんを例に消化吸収を見てみよう! 糖質の消化吸収を学ぶ時に でんぷんの消化吸収が理解できれば、他の糖質に関して理解するのは簡単です! それはでんぷんは多糖類で、だんだん小さく少糖類、単糖類へと姿を変えて消化吸収されていくからです。 でんぷんは先ほど説明したように、私たちが日常主食として摂取するごはん類、パン類、麺類、イモ類などに含まれています。 日本人は日頃から糖質を中心に摂取してそれをエネルギーに変えて生活しているということです。 ではでんぷんをの消化吸収の流れを説明していきます。 その少糖類とは マルトース(麦芽糖)というものです。 なので糖質は口に入れた瞬間から消化が始まっていくのです。 胃に流れ込んだ食物は次に十二指腸に移動します。 この十二指腸は、胃と小腸の間にある消化管です。 これによって 残りのでんぷんが、マルトース(麦芽糖)やデキストリンというものに分解されていきます。 口の中・・・唾液に含まれるアミラーゼ• 十二指腸・・・膵液に含まれるアミラーゼ この2つによってでんぷんはまず大まかに分解されていくのです! さらに、その後 小腸の上皮細胞で待ち受けるマルターゼなどの消化酵素によって グルコース(ブドウ糖)に分解されていくのです。 マルターゼはマルトースを分解する酵素なので名前がマルターゼと言います。 アーゼ -ase は酵素という意味です。 マルトースを分解する酵素(-ase)なのでマルターゼとなります。 小腸の上皮細胞の細胞膜には、マルターゼと以外にも様々な糖質が最終的に単糖類になるようにそれらに対応する消化酵素が待ち受けています。 単糖類に分解された糖質は、毛細血管を経て肝臓に運ばれていきます。 少糖類(二糖類)の消化吸収 でんぷん以外にも糖質はたくさんあります。 食物から摂取する機会が多いでんぷん以外の糖質では以下の二つがあります。 スクロース(ショ糖)・・・砂糖の主成分• ラクトース(乳糖)・・・牛乳に多く含まれる これらも最終的には 小腸の上皮細胞でそれぞれを分解する酵素によって単糖類に分解され、吸収されていきます。 スクロース(ショ糖)を分解する酵素・・・スクラーゼ(スクロース+ase)• ラクトース(乳糖)を分解する酵素・・・ラクターゼ(ラクトース+ase) スクラーゼという酵素によって スクロースは、グルコース(ブドウ糖)とフルクトース(果糖)に分解され、ラクターゼという酵素によって ラクトースは、グルコース(ブドウ糖)とガラクトースに分解されます。 もともとこの二つの少糖類は上の図のように• スクロース(ショ糖)・・・グルコース+フルクトース• ラクトース(乳糖)・・・グルコース+ガラクトース このような構造になっていました。 二種類の単糖類が結合してできた少糖類ですので、それぞれの酵素はそのつながりを切ることで少糖類を単糖類に分解し小腸上皮での吸収を可能にしているのです。 でんぷんのような 多糖類は複数回にわたり酵素の影響を受けて最終的には単糖類へ分解されます。 同じように 少糖類もそれぞれに適応する酵素によって単糖類に分解されていくのです。 それぞれの糖質がどこで、どんな酵素によって分解されるかをまとめた図になりますのでご覧ください!! このように、各種糖質たちは小腸上皮で最終分解物となり吸収されていくのです。 小腸上皮での吸収とその後 これまでは、食物中の糖質が消化管を通りながらどのようにして人が吸収できる糖質の形(単糖類)に変化していくかという過程を簡単に見ていきました! ここでは、吸収されるまさにその時小腸の腸壁ではどのようなことが起きているのか見ていきたいと思います。 糖質は最終的にはこれまで説明してきたように、 小腸の吸収上皮細胞という細胞膜の上で消化酵素によって単糖類まで分解されます。 この小腸の 『吸収上皮細胞』なんて言葉は 特に覚える必要はありません。 ただ何となく、様々な栄養を吸収するための細胞なんだなと思ってもらえれば大丈夫です! その栄養素を吸収する細胞の膜の上にこれまで見てきたような糖質を分解する酵素たちが待ち構えているのです。 そして分解し終えた 単糖類たちは腸壁から血管へ移動し、門脈を経由して肝臓に運ばれていきます。 こうして肝臓から全身へ送られていき、全身の細胞でそれぞれの糖質(単糖類)たちが代謝されエネルギーに変換されていくのです。 まとめ• 人間が主たるエネルギー源として摂取しているのはでんぷん等の糖質類である。 少糖類(スクロースやラクトース)は、小腸上皮細胞にて、それぞれ対応する酵素(スクロースはスクラーゼ、ラクトースはラクターゼ)によって、単糖類に分解され吸収される。 スクロースはグルコースとフルクトースに、ラクトースはグルコースとガラクトースにそれぞれ分解される。 糖質は小腸上皮細胞にてグルコース・フルクトース・ガラクトースなど単糖類に分解された後、血管に移行し門脈を経て肝臓に移動する• 肝臓から血管を介し全身の細胞に届けられ、細胞内で代謝されエネルギーに変換されていく。 次は実際に単糖類に分解された糖質(グルコースを主とする単糖類)たちがどのように代謝されていくのかについて書いていきたいと思います。 お楽しみに!!.

次の

消化、吸収から排便までのメカニズム

吸収 イラスト

一般的に吸収という単語を使う場面は以下が挙げられる。 などを消化器官が取り込むこと、その現象• 大きなが小さな企業を取り込むこと• で対象のやを吸収すること• 2の意味からなどで強者が弱者を自分に取り込むこと ここでは主に4の意味合いについて解説する。 概要 1の意味合いの吸収 食べ物を食べると消化器官によって酵素が出され 食べ物の中の栄養素が分解される。 これは消化器官によって体内に取り込まれるのだがこのことを吸収と呼ぶ。 我々が食べ物を食べる理由の一つは栄養素の取得であるため 消化器官が上手く吸収を行えなくなると命に関わる事も珍しくない。 2の意味合いの吸収 合併の形態の一つとして存在する。 このケースの場合小さい方の企業は大きい方の企業に呑み込まれる形となる。 これに対するのが新設合併であり 二つの会社が新しく別の会社に変わるというものである。 新設合併の場合は会社その物は新しく生まれる事になり、 そこに二つの会社の事業を引き継がせる、というものである。 吸収合併は片方の会社は完全に消滅させ、もう片方の会社に事業を継がせることを意味する。 多くの合併は吸収合併である。 3の意味合いの吸収 RPGで体力や魔力を吸い取る攻撃、魔法のことを吸収という。 シリーズの、などが相当する。 対象のHPやMPにダメージを与えつつ自らは回復出来るという一石二鳥の攻撃であるが 威力は低く設定されていることが多い。 また、RPGではを吸うという攻撃は吸収の類の攻撃である事が多い為 吸収=、という考え方があるのかも知れない。 4の意味合いの吸収 アニメなどでよく見られる手法であり一方がもう片方とすることである。 や弱者と融合する様子を吸収という場合が多く お互いが同意の上で融合する場合は吸収という表現はされない事が多い。 戦闘ものでは吸収が行われると吸収を行った側はかなり強くなることが多い。 当然味方サイドではあまり行われず、敵サイドで行われやすい。 一方ででは吸収とつけられたタグはやのが多い。 大体の場合はがなどを吸われている様子(、)や 生物のなどに取り込まれてしまっている様子である事が多い。 また、吸収というとのの吸収が印象深いためか ドラゴンボールのセルをモチーフにしたイラスト(R-18)が多い。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の