おわたあんてんあ。 あんバタサン|柳月(りゅうげつ)

「おわた」とは?意味や使い方を顔文字を含めてご紹介

おわたあんてんあ

そもそもなぜ香川県は「あん餅雑煮」を食べるのか。 江戸時代、当時「讃岐国」だった香川県では塩・砂糖・木綿が特産で、「讃岐三白」と呼ばれていました。 このうち「砂糖」は幕府への献上品にされ、庶民の口には滅多に入らなかったそうです。 「せめて正月ぐらいは砂糖を口にしたい。 でも、口にしているところが殿様の目に触れたら叱られる。 それなら餡に砂糖を入れて餅に包んで雑煮にして食べよう」という農民の想いから「あん餅雑煮」が誕生したと言われています。 ただし、具だくさんだったり、出汁の取り方が違ったりと味わいは家によって様々だそう。 今回「美味しい!」と感じた「エビスヤ」の「あん餅雑煮」に対するこだわりをうかがいました。 美味しさの秘訣は、こだわり地元食材にあり 「素材以上の味は出せませんから」と女将さんが話すように、エビスヤで使う素材はあん餅、白味噌、金時人参、大根、いりこだし、青のりと全てにこだわりぬきます。 雑煮に入れる「あん餅」は、餅屋「エビスヤ」が当日に杵いたもの。 なめらかだったと伝えると「臼杵きの餅だからね。 最近は羽根をモーターで回転させて餅を作る小型の機械が広まっているけれど、その機械では米の繊維質が分裂してしまって、伸びやコシがなくなる。 雑煮にした時に、餅が溶けてあんこが出ちゃうこともよくある。 でも、臼で杵く時は一人が折りたたんで、もう一人が上から杵く。 繊維質がつながるので、びよーんって伸びて滑らかな食感になるんだ」とご主人の福井博文さん。 聞けば聞くほど出てくる「エビスヤ」のこだわり。 「あん餅雑煮」がこんなに奥深かったとは…。 「『あん餅雑煮』って、家で食べるものでしょ。 だから店で出すからには…って思って。 テレビで『あん餅雑煮』が取り上げられたりすると、『あん餅雑煮出して』って言われることもあって10年位前に出してみたの」 「エビスヤ」では宣伝をすることもなく、注文が入るとは思っていなかったそうですが、ホテルが情報を出したり、食べた人から口コミで広がったりして、今では東京や北海道など遠方からもお客さんが来るといいます。 「話していたら面白いよ。 あん餅の前に『白味噌』で盛り上がる人もいたり、『そもそもあんこの入った餅がないから、大福で代用できないですか?』って聞く人もいたりね」と女将さんとご主人の思い出話に花が咲きます。 そして、やっぱり一番多いお客さんは香川で生まれ育った人。 「帰省した人が、故郷の味を求めて『あん餅雑煮』を食べにくるの。 リピーターがあん餅を2個、3個入れてって言うこともある。 そうなったらお椀に入らないから、丼で出すのよ(笑)。 あとはご年配の人も多い。 家で餅つきをしなくなったからって。 そして正月はすごいわよ。 三が日はお休みをもらっていて、1月4日からお店を開けるんだけど、途切れることなく『あん餅雑煮』を求めに来るのよ」 「エビスヤ」の「あん餅雑煮」は、地元の人も認める美味しさなのです。

次の

和菓子屋あん庵のイギリス奮闘記: おわた!

おわたあんてんあ

内容 [ ] 『おあん物語』は、「子供集まりて、おあん様、昔物語なされませといえば」の書き出しで始まり、老婆おあんが昔の思い出を語る体裁をとる。 同書を書き記した人物は、幼少期におあんの昔話を聞いた親戚と思われる。 おあんの父親・山田去暦は知行300石取りの武士でに暮らし、5年()の関ヶ原の戦いの頃は石田三成の配下として(一説に)を守備した。 おあんは方の軍勢からを打ち込まれる中で、母や城内の女性たちと城の天守にてを作り、味方が討ち取った敵将の首に札を付けて天守に並べ置き、毎夜これに鉄漿()を付ける作業をし(戦においてお歯黒付きの武士は身分が高いとされていたため、のちの恩賞のため鉄漿首を作ったという)、寝泊まりもしたということ、目の前で14歳の弟が撃たれて死亡し、明日は落城という日には、父母や家来と共に梯子をかけて城を脱出し、逃亡の途中で母が女児を出産した際は田の水で産湯を使ったことなどが語られる。 おあんはまた、彦根時代は貧しく、一日2食で、着る物も13歳から17歳まで同じ一枚だった、などのことも述懐し、今時の若者は衣服に凝り、金を費やし、食べ物に様々な好き嫌いがあり、沙汰の限りであると言って彦根時代の話を持ち出して子供たちを叱ったため、子供たちからは「彦根婆」と呼ばれ、老人が昔のことを引いて現世に示すことをこの地方(土佐)では彦根と呼ぶとする俗説はこれに始まった、と綴られる。 おあん [ ] おあんの本名および生没年は不詳。 戦国時代に生まれ、山田去暦の娘として関ヶ原の戦いを経験し、のちに父に従いに渡り、に仕えていた出身の雨森儀右衛門の妻となった。 晩年は甥の山田喜助に養われ、年間( - )に80歳余で死去した。 「おあん」という呼び名は愛称で、に暮らす僧尼であることを意味し、それに敬称の「御」を付けたものである。 おあむの松 [ ] おあんら一行は城から逃げる際、天守の西側にあった腰曲輪のの木に縄をかけ、それを伝って内堀に降り、に乗って逃げたとあり、大垣城には樹齢300年ほどの大松があったが、の直前に枯れたために植え継ぎし、44年()に2代目「おあむの松」の命名式が催され、解説板が設置された。 毎年4月には物語を元にしたイベント「水の都おおがきたらい舟」が開催される。 脚注 [ ] [].

次の

和カフェ あん

おわたあんてんあ

ここ最近は当たりが多い戦隊物でした。 放映前はデザインや名前で色々言われてましたが いざ始まるとデザインとは裏腹にカッコイイ演出やら 敵幹部のイザコザで面白い作品でした。 あとオープニング曲もリズミカルでいい曲。 個人的にはエンディングのみんなの列車コーナーで 地元の筑豊電鉄が紹介されなかったのが残念。 レインボー車両として7色分の車両があったのに。 それと年末のクリスマス回では保線員バンドとして 川口千里がドラム担当で出演してました。 数年前、けいおんのリアルりっちゃんとして中学生ドラマーで ニコ動やらで話題となった人ですよ。 菅沼孝三の弟子ですよ。 さて次は手裏剣戦隊ニンニンジャーと言うタイトルがチグハグな件。 手裏剣ならシュリケンジャーじゃないのかと思いますが 13年前の忍風戦隊ハリケンジャーに謎の忍者シュリケンジャーとして すでに使われているのですよ。 裏を返せばまた出演する可能性があると言うことですね。 そういえばハリケンも10周年の時に再結成したし こっちもカメオ出演はありそうな予感。

次の