仁王2 薙刀鎌。 【仁王2】「薙刀鎌」のおすすめスキルと一覧

武器/薙刀鎌

仁王2 薙刀鎌

もくじ• 薙刀鎌の特徴 薙刀鎌は リーチが長く、癖が少ないので、誰にでも扱いやすい武器です。 初心者から上級者まで使用率が高く、最強武器候補として評価されています。 上段は高威力でリーチがあるため、雑魚敵相手には無双することができます。 中段は振りが速いので、強敵相手にも隙を見せず戦って行けます。 そして、 薙刀鎌は「呪」を上げることで攻撃力が伸びるため、陰陽術との相性が最高です! 陰陽術は武器に属性を付与したり、遠距離属性攻撃をしたり、非常に強力な「遅延符」や「結界符」等など。 陰陽術の恩恵を最も受けられるため、最強候補になっていると言えるでしょう。 使う武器を迷ったら、まずは薙刀鎌から使ってみて下さい。 おすすめのステ振り 薙刀鎌は「呪」で攻撃力が上がるため、「呪」を中心に伸ばしていくのがおすすめ。 呪は陰陽術にも対応しているため、同時に陰陽術の効果や術容量を伸ばせます。 また、 薙刀鎌は「軽装」を使っていくため、10程度まで「勇・技」を上げるだけで構いません。 防御力が不安になりそうですが、陰陽術で強力なサポートも出来るので気になりませんね。 振り方としては、 「体10、心10、勇10、技10」は固定で、後は呪に特化した振り方をすると強くなります。 Lv50以降になったら、少し体も上げておくと安心ですね。 中盤ではソハヤ衆鎧シリーズがおすすめ 中盤で入手できる 「ソハヤ衆鎧シリーズ」は、揃え効果がかなり強力な中装防具です。 基本的に軽装な薙刀鎌ですが、中盤ではソハヤ衆鎧シリーズがおすすめですね。 「体9、武9」で特殊効果が発動するので、武に少し振れば性能が発揮できますよ。 しかも、集めるのが超簡単なので、以下の方法を参考に周回して見て下さい。 どんな武技・スキルを習得すべき? 薙刀鎌は基本的に 上段と中段の切り替えで戦うので、下段の武技はそこまで必要じゃないです。 上段は「涅槃裁、衆生裁」、中段は「応報、印堂鋒」が早期習得ができて使いやすいのでおすすめ。 常時発動スキルでは、 「葉陰、不動心、武器術の練磨」辺りを優先的に習得しましょう。 奥義スキルでは、 「転変燎原」がかなり強力です。 まとめ 陰陽術の恩恵の大きさに加え、武器自体も扱いやすく強いのが薙刀鎌の良さですね! 自分はしばらく槍で戦っていましたが、限界を感じて薙刀鎌にした途端に難易度が下がりました 笑 攻略に困っている人ほどに、薙刀鎌はおすすめの武器なので、陰陽術と共に使ってみて下さい。

次の

【仁王2】薙刀鎌&旋棍 万能火力装備「30秒で読めます」

仁王2 薙刀鎌

複数の武器を使うよりも1つの武器に特化させた方が結果として早く強くなるのでおすすめです。 守護霊の加護は気にしない 守護霊を憑けるとステータスに応じてボーナスが発生しますが、ボーナスを発動させるために無理やりステータスを上げる必要はありません。 六道輪廻の書でステータスの振り直しができる ステータスの振り直しには「六道輪廻の書」が必要です。 「六道輪廻の書」はステージのクリア報酬やなどで入手できます。 武器スキルポイントや陰陽術ポイントの増やし方 武器ごとの武技を覚えたり陰陽術や忍術を覚えるのに必要な スキルポイントは、その武器や術を使用し続けることで入手できます。 スキルポイントの振り直しは、修練場でいつでも行うことができます。 基本性能が高かったり特殊能力がついている防具ほど必要ステータスが高いので、防具に合わせて少しずつ成長させておきましょう。 武器種に関わらず「体」と「心」を10まで上げる 「体」はHPに大きく影響し、「心」は気力に大きく影響します。 どちらのステータスも レベル5から10までの上昇値がとんでもなく大きいので、どんな武器を装備するにしても優先的に10まで上げましょう。 準備ができたら武器に合わせて上げる 「防具に必要なステータスの確保」「体と心を10まで上げる」の2つが完了したら、今度は武器種に合わせてステータスを上げていきましょう。 使用する武器の「攻撃力への反映」がもっとも大きいステータスに特化させれば効率よく火力を上げることができます。 反映はAが最も大きくB,C,Dとなるにつれて小さくなっていく。 ステータス効率で考えたら、忍術を使いたいなら「鎖鎌」一択、陰陽術を使いたいなら「大鎌」一択です。 防具のステータスのチェックも忘れずに 防具の必要ステータスは、防具の種類によって変わるので、防具のステータスも常にチェックしておきましょう。 防具の必要ステータスの確保が最優先なのは序盤の育成方法と変わりません。 武器種に関わらず勇や剛も上げていく 気力回復速度にかかわる「勇」や、装備重量にかかわる「剛」もある程度上げておくのがおすすめです。 「勇」は上昇効率が良い10まで、「剛」は敏捷B以上を確保できるように上げましょう。 終盤おすすめのステ振り論.

次の

【仁王2】「薙刀鎌」のおすすめスキルと一覧

仁王2 薙刀鎌

時間経過で変わる可能性大です。 手斧とは何だったのか 新武器種でもこの格差、薙刀鎌がとても優秀。 ブラッドボーンの初期杖が手斧。 初期斧が薙刀鎌ってくらい薙刀鎌が優秀 前回の記事で軽く触ったが薙刀鎌を使い続けてこいつぁ強え って思ったので書き加えます。 馴染みやすい武器種は中段だけだったり単発武技で成立しやすいモノですが薙刀鎌は通常攻撃から武技まで万遍なく優秀です。 ただし中段の単発武技は現時点パッとしない印象で下段も使いやすいだけで強いわけではないです 評価としては攻略、対人、妖怪、集団、血刀塚に対して全て強く立ち回れる。 大型武器ならではの強烈な一撃は持たない点だけ注意だが特大のリーチそれなりの威力を持ちつつ中段下段で物凄くスムーズに武器を振り回せる。 打点も高く垂直に振り下ろす攻撃も使いにくくないため非常に万能。 加えて極めようと思えば変形武技もあるため使い込む楽しさもある。 色んな動きが出来るためモーション的にはサブ武器で保管する必要性はないと思う。 ネックとなるのは適正能力が呪であること。 ここでの好みが分かれるが陰陽術がステータス的に充実する。 体、技の適正もあるので刀、二刀、槍はサブに持ちやすい。 逆に他の大型はステータスが噛み合わないので中盤以後でないと薙刀鎌と大型武器の組み合わせはステータスで割が悪い。 上段評価 通常攻撃どちらも使いやすく性能も優秀、見た目的な重さの割に振りが早いので上段メイン運用も出来る。 通常攻撃自体のモーションは大太刀に似てて使いやすく優秀。 コンボに関しては大太刀のほうが優れてるように感じるが悪くはない 衆生裁。 特に怯みにくい雑魚妖怪みたいなのに対して強攻撃が映える。 前作の刃車を思い出す使い勝手で大型武器ながら似た使い方が出来る、とりあえず置いておく、詰めのラッシュに使うって感じでPvPはブッパマン現れそう。 集団戦でも使いやすく非常に重宝する。 逆に是空ブッパを狩る場合は見分けやすい上段姿勢を警戒して斜めバックステップで通常強攻撃に是空も躱せると思うので脳死連発は上位陣に狩られる バックステップ十文字とか。 その場から動かず武器を回転させるがリーチが短く踏み込みもしないので使い勝手は悪い。 怯む相手をイジメるか、盛大な隙に差し込むかって使い方で是空に遥か劣る印象。 使用シーンは限られるがロマンがある 中段評価 通常攻撃の振りが速く軽快ながら大型武器らしいリーチを持つ。 単発武技はあまり性能がよろしくないので期待すべきではない。 そのぶん通常攻撃とコンボが優れる。 特に道中で対妖怪に使い勝手がいい。 適当な連撃でも火力はそこそこ、回避を混ぜやすくコンボも使い勝手がいい。 対人型になると通常攻撃を振り回しても弾かれるのでコンボに派生させて崩すか単発武技で牽制するかって形になるかと思う。 コンボ以外は人型が苦手、他武器種に対人型性能は劣る。 何かしらの性能に気づけてない可能性もあるが、ガードから武技を差し込む以外の目的で積極的に使う理由は特にない。 人型の敵を押し込むときは上段のほうが強く感じる。 下段評価 凄まじく軽快な下段。 俺でなきゃ見逃しちゃうね。 構えも好き 大型なのに最速クラスで通常攻撃を振り回す。 連撃が早いので小物をボコボコにしきる。 妖怪に対しては中段と好みで選べるほどに使いやすい。 人型に対しては強くはないが弱くもない。 多動的に立ち回りたい、振りの速さを活かしたい場合の選択肢。 ただ崩し性能が高いのでガードから初撃で崩しを狙う目的に運用できる。 まぁそれなら上段是空でいいとも思えるが、激浪刃という単発崩しがあることはチェック。 距離感を保ってくる敵に差し込め前後の動きで奇襲離脱を兼ねるちょっとテクニカルな技。 性能は優秀でもないがモーションは使いやすいので注意する点も特にない。 総評 全段で戦っていけるが中段と上段が特に優秀。 防御と回避を強化補助する要素がないので受けに回らず長いリーチを生かして間合いを管理したい。 カウンターは存在するが弱いので頼れない。 調子こいてガンガン振ってくる相手に見せて牽制か狙えるなら使う程度。 リーチと振りの速さとコンボと武技を兼ね備える。 モーションが優秀なので序盤からも強いがステータス適性で中盤から盛り盛りポテンシャルを発揮してくる。 装備が整ってくれば是空が更に輝く予感。 攻略に特に向いている。 血刀塚にも強い。 ただしPvPでは是空以外目立って期待できる要素は他武器と比較してあるわけではないのでPvP特化としてはまだ評価しきれない。 とにかくカチャカチャやってて楽しい武器ではある。 陰陽術の適性があるので最終的にはステータスが腐りにくく攻略では特に適正があるように感じる•

次の