歯茎 の 痛み。 歯茎が腫れて痛い!どうやって痛みを抑える?原因と治療法

歯磨きすると歯茎が痛い!考えられる8つの原因と対処法│知りたいことはココにある【歯の知りたい!】

歯茎 の 痛み

1.歯茎が痛い原因とは 1-1 歯周病 歯周病の痛み方を表現すると、痛いよりも、むずがゆいと表現したほうがいい場合もあります。 急性の歯周炎の場合は広い範囲で腫れたり、痛みも強いのが特徴です。 歯周病は放っておけば歯が抜けてしまうこともある病気ですので、思い当たる節があれば必ず治療に行きましょう。 1-2 根尖性歯周炎 歯の根っこ、先端部分に膿が溜まっているのが根尖性歯周炎です。 虫歯がかなり進行した状態で、すでにズキズキと痛みます。 この状態で放っておけば、歯を失う可能性すら出てきます。 1-3 歯の根っこが割れて感染症を起こす 根っこが割れることにより、そこから菌が侵入して感染症を起こします。 また、割れた部分から骨が溶けてしまい、歯周ポケットが大きく鳴なるケースもあります。 このような状態が続くと、歯周ポケットの内側にバイ菌や汚れなどが溜まって膿として出てくることも…。 ただし、意外と痛みは強くありません。 1-4 親知らず周辺が炎症を起こした 歯周病のような症状に似ています。 比較的広い範囲で痛みが見られます。 親知らずの場合は、腫れた歯茎を間違って噛んでしまうことも原因として考えられます。 それらの外傷で痛みが強い可能性もゼロではありません。 1-5 口内炎 口内炎の中には、腫れや炎症がひどく、ピリピリとした強い痛みが出るものがあります。 口内炎には一般的なアフタ性口内炎や、ウイルスが原因で発生するウイルス性口内炎がありますが、基本的には2週間くらいのうちに治ることがほとんどです。 これ以上かかるものは、口腔がんなどの可能性もあるので注意しましょう。 1-6 歯間にものが挟まっている 歯間にものが挟まると、歯が圧迫されて痛みを感じたりします。 魚の骨など、固くて細いものなどが挟まっていないか、手鏡などでみるようにしてください。 また、すでに挟まったものを除去できても、挟まったことがきっかけで傷がつき、炎症や腫れを引き起こしているかもしれません。 炎症がひどくなれば、さらに痛みが増すことも少なくありません。 1-7 歯茎に傷がついている 食事ややけどなどで歯茎が傷ついている場合があります。 それが原因で歯茎が痛むのかもしれません。 以前の傷が炎症を起こしている可能性もゼロではありません。 1-8 カンジダ菌に感染している 歯茎がヒリヒリするようなら、その痛みはカンジダ菌が原因かもしれません。 カンジダはカビ菌の一種です。 何かの治療で抗生物質を長期間飲んでいると、カンジダ菌が増殖することがあります。 もともとカンジダ菌は人間が保菌しているもの。 異常発生しなければ問題ありませんが、たくさん増えてしまうと痛みなどが表れます。 2.歯茎が痛い!応急処置はどうする? 2-1 冷やして安静に 腫れがある場合は炎症を起こしている証拠なので、冷やして安静にすることが一つの応急処置です。 抵抗力が落ちて身体が弱っている場合もあるので、ゆっくり身体を休めることが大切になります。 2-2 痛み止めを使用する 痛くて仕方がなければ痛み止めで痛みを和らげましょう。 痛みを感じると精神的にも憂うつになってしまうので、ツラい気持ちは痛み止めに頼るのがおすすめです。 2-3 口の中を清潔に 劇的な改善は期待できないが、まずは口の中をきれいにしてください。 歯みがきや歯間ブラシなど、できる限り口の中をきれいにすると、雑菌が減って歯周炎などの症状は少し緩和される可能性が高くなります。 歯みがきをする際には柔らかいブラシで磨くようにして、うがい薬で仕上げれば殺菌効果が高まって効果的です。 3.治したいなら歯医者さんへ! 3-1 すぐにでも治療を始めるのが重要 すでに痛みが発生しているなら、すぐにでも治療したほうがいいです。 医師の診断を受けて、治療に入りましょう。 とくに、歯周炎や歯の根元の骨に問題がある場合は、自然治癒で治ることはありません。 必ず歯医者さんに見てもらい、きちんと治してもらうことが大切です。 ここからは代表的な口内トラブルの治療方法をみていきます。 口周りの治療に恐怖を抱く人も多いですが、事前に治療法を知っておくことで、治療への不安を取り除いておきましょう。 3-2 歯周病の治療法とは 軽い場合は、歯周ポケットなどのクリーニング程度で症状が改善されることもあります。 もし化膿があれば、化膿止めを処方されることも。 すぐに治るものではないので、治療は継続的に行う必要があります。 生活習慣を見直したりして、歯周病にならないように勤めることも治療には役立ちます。 3-3 根尖性歯周炎の治療法 歯の根っこの方まで菌が侵入して化膿している状態が根尖性歯周炎です。 まずは根の中を消毒しますが、何度か繰り返し通って消毒をし続ける必要があります。 切開して膿を出す場合もあるので、場合によっては外科的な手術を行うことも承知しておきましょう。 3-4 口内炎の治療法 口内炎の種類にもよりますが、ウイルス性口内炎の場合は抗生物質などを処方してもらい、治療をします。 栄養状態などに問題があれば、ビタミンや鉄剤などを使用することもあります。 アフタ性口内炎などは、軟膏などを処方されることも。 口内炎の種類や原因に適した治療法を行います。 3-5 歯間にものが挟まっている場合の治療 歯間フロスなどで挟まっているものを取り除きます。 基本的には治療はこれで終わりですが、歯間にものが挟まる原因が「被せ物や入れ歯などが合わない」ことであれば、再度調整が必要になる場合も。 必要性があれば、歯並びや歯列矯正などの治療に入る可能性もゼロではありません。 3-6 親知らずの治療 親知らずはあるだけで虫歯や歯周病になりやすいです。 これは、一番奥の歯であることから磨きにくく、汚れが溜まりやすいから。 もし、将来的に抜いたほうがいいのであれば、できれば早く抜歯した方がいいでしょう。 基本的には親知らずを抜く方向で治療をしていくことが多くなります。 3-7 外傷の治療 傷ややけどなどは、口内炎などに使われる消炎作用のある薬を使います。 柔らかい歯ブラシで丁寧に口の中をきれいにすることも大切です。 ひどい痛み等がある場合は、無理に歯磨きなどはしないようにしなければいけません。 3-8 カンジダ菌の治療 カンジダ菌は免疫力低下などが原因で繁殖します。 そのため、まずは菌の繁殖を抑えるために、免疫を高めることが大切です。 生活習慣などを見直すといいですが、治療では菌の繁殖を薬で抑えます。 カンジダ菌は抗生物質を長らく服用することによって増殖することがあります。 その他の疾患がある場合は、そのことも医師にきちんと伝えましょう。 4.生活習慣を整えて 4—1 歯茎の痛みは不摂生の証? すべてではないが、歯茎の痛みは不摂生や免疫力低下などが原因であることが多いです。 そのめ、規則正しい生活習慣をみにつけるように、生活を改めることが重要。 再発防止のためにも生活を改めて、身体の内側から健康になることを考えましょう。 4-2 歯医者さんでの定期検診も 歯周ポケットにたまった歯石などは、家庭で落とすことが難しいです。 どんなに歯ブラシで磨いても、取れるものではありません。 放っておけば歯周病になる可能性が高くなるので、定期的に検診をして、異常を早期発見できるようにするのもおすすめの習慣。 定期的に歯をクリーニングしてもらうようにすれば、歯周病の予防などにも繋がります。 まとめ.

次の

歯茎が痛い!その原因と対処法とは

歯茎 の 痛み

1.奥歯の痛みの特徴 奥歯に痛みが出ると顎全体に広がる痛みとして出ることがあります。 放散痛(ほうさんつう)といって痛みが広い範囲に広がってしまうのです。 例えば上の奥歯に大きな虫歯があって痛みの原因にもかかわらず、下の奥歯が痛いと感じることもあるのです。 そのため歯医者でレントゲンを撮るときに全体のレントゲンを撮ることが多いのです。 2.どこが痛いかわからない奥歯の痛み/9つの原因と治療法 2-1.奥歯が激痛で痛い 銀歯の下で虫歯が進行している可能性があります。 奥歯には銀歯を入れていることが多く、銀歯の下に広がっている虫歯は見た目では分からないままに虫歯が進行します。 銀歯は劣化しやすい為、歯と銀歯の隙間から虫歯になりやすく、神経まで達してしまい強い痛みが出ます。 痛みは全体に広がり、どの歯が痛いか分からなくなることもあります。 また、上下どちらが痛いか判らなくなることさえあります。 詳しくは「」を参考にしてください。 治療法 レントゲン等検査をしてどの歯が痛いのか調べます。 痛みが広がると、歯科医でも金属が多く入っていたり、虫歯がたくさんあったりしてどの歯が痛いのか判らないこともあります。 診断ができたら、神経を抜く処置をします。 2-2.奥歯で噛むとすごく痛い 神経が半分死んでしまい根の先から細菌が出ている可能性があります。 細菌によって歯根膜(しこんまく)という噛んだ時に硬い、軟らかいを判断する膜に炎症が起きて、奥歯で噛むと強い痛みが出ます。 歯と歯が触れるだけで強い痛みが出てしまう方もいます。 詳しくは「」を参考にしてください。 治療法 歯の根の治療をする必要があります。 根の中で腐ってしまった神経を取り除き、細菌に侵された歯を消毒します。 治療中も痛みが出やすいため噛み合わせを調整して、普通に噛んだ時も歯と歯がぶつからないようにします。 歯の神経を抜く抜髄治療の流れと実際の治療の様子をわかりやすく動画にまとめましたので、こちらでご覧ください。 2-3.奥歯の腫れ、痛み、噛むと痛い 根の先に膿が溜まっている可能性があります。 奥歯は根の治療が難しく、治療中に唾液などが根の中に入ってしまうと、何年かたって膿が溜まり痛みが出ます。 根の先に膿が溜まる病気の歯根嚢胞(しこんのうほう)は症状が無く進行することもあり、痛みが出るころには膿の袋が大きくなっています。 痛みは顎全体に広がりどの歯が痛いのかわからなくなることがあります。 詳しくは「」を参考にしてください。 治療法 膿の袋が大きくなると隣の歯まで膿が感染してしまうことがあります。 痛みの原因である膿を出した後、感染してしまった根の中すべてをキレイに消毒する必要があります。 根の消毒だけで改善が見られない場合は歯茎の方から膿の袋を取り除く処置をする場合もあります。 根管治療の流れと実際の治療の様子をわかりやすく動画にまとめましたので、こちらでご覧ください。 2-4.奥歯の歯茎が腫れる、痛い、歯が揺れる 歯周病の可能性があります。 歯周病は症状が無いまま進行してしまう病気です。 特に奥歯は噛む力が大きくかかる場所なので歯周病の進行も早くなり、歯茎が腫れて痛みが出ることがあります。 腫れは疲れているときなど、体の抵抗力が弱っているときに出やすくなります。 詳しくは「」を参考にしてください。 治療法 歯周病の治療が必要になります。 歯周病は重症になってしまうと外科的な処置をしたり、歯を抜かなくてはいけないこともあります。 早期に治療し、その後のメンテナンスが重要になります。 歯周病で溶けた骨を再生させるエムドゲイン再生療法の流れと実際の治療の様子をわかりやすく動画にまとめましたので、こちらでご覧ください。 2-6.奥歯が噛むと痛い、腫れている、場合によっては激痛 奥歯が割れている可能性があります。 神経が残っていない場合は強い痛みはなく噛むと痛い、歯ぐきが腫れるなどの症状が出ます。 神経がある場合は割れた隙間から細菌が侵入し、強い痛みが出ることがあります。 詳しくは「」を参考にしてください。 治療法 割れている部分が歯の上の方であったり、割れてからすぐの場合は歯を接着させて残せる可能性があります。 しかし、割れてから時間が経って何度も腫れを繰り返している場合は抜歯しなくてはいけないことが多いです。 2-7.上下の奥歯が痛い、歯もしみる 歯ぎしりや食いしばりの可能性があります。 歯ぎしりや食いしばりは歯に持続的に強い力がかかり続け、上下左右の奥歯に痛みが出ます。 また、歯ぎしりをされる方は歯の根元の部分が砕け知覚過敏が出ることも多いです。 詳しくは「」を参考にしてください。 治療法 日中起きているときは食事以外、歯と歯を合わせないように意識します。 硬いものを噛んだりして、歯に負担がかかることも避けます。 寝ているときの歯ぎしりはマウスピースで保護するようにすれば徐々に落ち着いてきます。 2-8.上の奥歯が痛い、頭痛、鼻づまり 上顎洞炎(じょうがくどうえん)の可能性があります。 上顎洞炎とは上顎の根の近くにある副鼻腔(ふくびくう)のことです。 歯の根の先から細菌が副鼻腔に入って感染する場合や、風邪や蓄膿症によって副鼻腔に膿が溜まって奥歯が痛くなる場合があります。 詳しくは「」を参考にしてください。 治療法 抗生物質をのんで副鼻腔に溜まっている細菌を減らしていきます。 鼻からくる上顎洞炎の場合は薬だけで改善します。 歯からくる場合は感染源の根の治療をする必要があります。 2-9.奥歯から顎の骨が痛い 嚢胞(のうほう)や腫瘍(しゅよう)の可能性があります。 レントゲン等で確認の上、病院で精密検査を受ける必要があります。 その病気が進行性なものなのか、それともそのまま経過をみていいものなのか診断をします。 自己判断は最も危険な行為です。 3.原因が判らなければCT撮影 奥歯の痛みは歯が痛い場合もあれば顎や鼻の空洞が痛い場合もあります。 原因を確実にする為には3次元的に確認できるCT撮影をする必要があります。 原因が判らずいつまでも痛い思いをし続けたり、間違った治療をされることが防げます。 長い間痛みを抱え悩んでいる方もいます。 痛みが続き、原因が判らない場合は一度セカンドオピニオンを検討するのも一つの手段です。 突然失礼します。 現在、右上7番の根管治療中です。 土台を作り、金属を被せる 仮止め ところまできましたが、土台を作った後から歯茎の上の方 歯茎と頰の間? が痛み、しばらくすると治療中の歯の真横の歯茎が膨らみました。 担当医に確認すると、こういう形の歯茎はあるから、膿んでいるわけではないし、異常ないと言われました。 CTで確認してもらったので間違いはないかもしれませんが、歯茎の膨らみは今までなかったものなので不安です。 土台を作ったとき、土台が深かったとのことで歯茎が痛んだので、金属を仮で被せる前に少し土台を修正してもらいましたが、膨らみがあることが不安です。 土台や被せ物があっていないのか、歯の状態が悪くなっているのか、他に原因があるのかとても不安なので質問させていただきました。 よろしければ教えていただけますでしょうか。 コメント失礼します。 痛みがあり困っています。 アドバイスをもらえると幸いです。 症状としては、奥歯から3つ手前の歯付近が痛いです。 該当する歯は銀歯をつめています。 歯医者に行きレントゲンを撮ったのですが、特段、以前と変わりがないので、歯の痛みではないといわれました。 経過観察中ですが、ジンジン歯茎というか、歯の下というか、歯ではなく、歯茎の方がジンジン痛いです。 夜は心臓の鼓動のような感じでジンジン痛いです。 これは歯茎がなにか炎症しているのでしょうか? 歯並びが悪いので、何かが間に挟まったのかもと思いましたが、 特に挟まってないみたいです。 どのような病院にいけばよいのでしょうか? また、 自分で出来る痛み対策などはないでしょうか? アドバイスをいただけると幸いです。

次の

夜になると歯が痛い…考えられる痛みの原因と対処法 [虫歯] All About

歯茎 の 痛み

1.歯茎が痛いときの応急処置 注意:この方法は根本的な解決方法ではなくとりあえず改善する方法です。 1-1.「ロキソニンS」市販の痛み止めをのむ 歯医者にすぐにいけない時は、とりあえず市販の痛み止めを飲んでください。 歯茎の痛みは繰り返すことが多く、痛みが出たり、引いたりします。 痛みが強い時は我慢をせずに痛み止めを飲んだ方が体が楽になります。 現在市販されている痛み止めは医療機関で出されるものと成分が近いものも販売されています。 痛くて何も食べられず体力が低下するより、痛み止めを飲んで体を楽にしてあげてください。 詳しくは「」参考にしてください。 1-2.冷えピタで痛い部分を冷やす 腫れや痛みを減らすために冷やします。 ぬれタオルや、冷えピタなどで冷やして、血液の循環を抑えます。 腫れて痛い部分は、血液や膿で内圧が高くなっています。 冷やすことによって多少でも内圧を下げ痛みを軽減させます。 1-3.軟らかい歯ブラシで磨く 歯茎が痛いときは軟らかい歯ブラシで磨くようにしてください。 お口の中に細菌が多くなるとますます痛みが強くなります。 また、痛い部分は歯茎が弱くなっているので無理に磨くと、傷がつき痛みが増してしまいます。 1-4.イソジンでうがいする うがい薬でよくお口の中を消毒してください。 イソジンやコンクールなどの殺菌作用が強く、刺激が少ないものが効果的です。 1-5.よく寝て体力を回復する 歯茎の痛みは細菌と体の抵抗力のバランスが崩れた時に痛みとして出てきます。 歯茎は体の変化を敏感に感じ取り、風邪を引いたり、疲れている時に体の抵抗力が下がると腫れや、痛みが出やすい場所です。 休養をとって体力の回復に努めてください。 2.歯茎の痛みの原因と治療法 2-1.歯茎が腫れて痛む歯周病 歯茎の痛みで最も多いのが歯周病です。 歯周病によって歯の周りの骨が溶かされて、歯と歯茎の間に膿がたまり、歯茎が腫れて痛みます。 自然に膿が出ることもありますが、何度も繰り返します。 歯周病が進行すると口臭や歯が揺れるようなことが起こり、最終的には抜けてしまいます。 治療法 早期の治療が必要になります。 大きく腫れている場合は歯茎から中に溜まった膿を出します。 必要であれば麻酔をし、切開をして膿を出すこともあります。 腫れが引いてから歯周病の治療(ブラッシング方法、歯石除去、場合によっては外科的な処置)を行い、これい以上歯周病が悪化しないようにメンテナンスをしていきます。 詳しくは「」を参考にしてください。 2-2.歯の根の先が腫れて痛む根尖病巣 歯の根の先に膿が溜まる根尖病巣(こんせんびょうそう)が痛みの原因です。 腫れと痛みは繰り返すことが多く、最後には歯が揺れてきます。 虫歯が深くなり神経が自然に死んでしまったり、根の治療が不十分な場合に起こります。 根の先の膿は鼻の副鼻腔に入って上顎洞炎になることもあります。 詳しくは「」を参考にしてください。 治療法 腫れが大きく痛みが強い場合は根の中から膿を出します。 必要であれば麻酔をし、切開をして膿を出すこともあります。 その後根の中を消毒する治療をしていきます。 詳しくは「」を参考にしてください。 歯根嚢胞の治療の流れと実際の治療の様子をわかりやすく動画にまとめましたので、こちらでご覧ください。 2-3.物が詰まって痛む食片圧入 歯に虫歯が出来て穴が開いたり、詰め物が取れたり、歯周病で歯が動いたりすると、歯と歯の間に食べかすがどんどん詰まります。 これによって歯茎を圧迫して食片圧入(しょくへんあつにゅう)が起こり、歯茎に痛みが出ます。 特に子供の場合は気づきにくく、歯ぐきが大きく腫れて痛みが強くなることがあります。 詳しくは「」を参考にしてください。 治療法 詰まった食べかすをきれいに取り、虫歯の治療をすれば詰まらなくなります。 また、歯周病の場合は毎日デンタルフロスや歯間ブラシを使って、食べかすを貯めこまないようしていきます。 乳歯の虫歯治療の流れと実際の治療の様子をわかりやすく動画にまとめましたので、こちらでご覧ください。 2-4.さわると痛い口内炎 歯茎に口内炎ができると、痛みが強くなります。 口内炎は米粒みたいな小さなものから、歯の3本分ぐらい広がる大きなものまであります。 原因はウィルスや鉄分、ビタミン不足、ストレス、睡眠不足など色々原因はあります。 また、お口の中は細菌が多い場所なので治りにくく、痛みが続く場合も多いです。 詳しくは「」を参考にしてください。 治療法 ケナログやアフタゾロンなどドラッグストアで売っている薬を塗ると比較的早く治ります。 塗るときは口内炎の部分を少し乾かして軟膏で覆ってあげるようにすると効果的です。 治りが悪い時は体の病気からきている場合もありますので、内科に受診して下さい。 2-5.厄介ものの親知らず 親知らずは横や斜めに生えていることが多く、親知らずの周りに被っている歯茎の中に細菌が溜り、歯茎が腫れ痛みが出ます。 また、腫れて歯茎が盛り上がると、噛み合う親知らずに刺激されより痛みが強くなります。 治療法 噛み合わせに関係していないようであれば早期に抜歯をしたほうがいいです。 抜歯をすることによって親知らずの前の歯に悪い影響が及ぶのが抑えられます。 詳しくは「」を参考にしてください。 2-6.歯ブラシで磨きすぎのキズ 歯茎は粘膜なので歯ブラシで磨きすぎると傷がつき痛みが出ます。 この傷にお口の中の細菌が感染すると口内炎のようになって痛みが強くなったり、歯茎が下がってしまうこともあります。 治療法 痛みが強いときは口内炎のお薬を塗って、唾液を遮断するようにすると比較的早く痛みが取れます。 正しい圧のブラッシングを行い歯茎に傷がつかないようにします。 詳しくは「」を参考にしてください。 2-7.粘膜がヒリヒリ痛むカンジダ菌 カンジダ菌はカビ菌の一種です。 体の抵抗力が下がったり、長期間抗生物質を飲んでいるとカンジダ菌が増え、歯茎がヒリヒリ痛むことがあります。 また、お口の中の清掃状態が悪いときにも起こり、特に入れ歯を使われている方は毎日入れ歯の洗浄剤を使わないとカンジダ菌が発生しやすくなります。 治療法 カンジダ菌の検査を行い、原因を特定します。 菌が特定されればお薬でカビを退治します。 再発しやすいためお口の中は常に清潔な状態に保つ必要があります。 2-8.上あごに多いやけど 意外に多いのがやけどです。 特に上あごに多く全体的に赤くなり、ただれてしまうこともあります。 また、お口の中の細菌が感染するとより悪化してしまいます。 治療法 痛みが強いときは口内炎のお薬を塗って、唾液を遮断するようにすると比較的早く痛みが取れます。 刺激が強い食事は避けるようにしてください。 ただ原因が改善されなければより悪化してしまいます。 我慢するよりも早期に歯医者で治療したほうが歯を守ることができます。

次の