東京 一人暮らし おすすめ。 【最新】一人暮らしにおすすめのインターネット回線とは

東京ガスの電気は一人暮らしも安くなる!けど1番のおすすめではない!

東京 一人暮らし おすすめ

一人暮らしで安い電力会社はどこだろう?と探していますよね。 一人暮らしの電気代は4,000円前後が相場。 そんな電気をあまり使わない一人暮らしでは、おすすめ電力会社を選ぶために各社の料金・割引内容などを細かく比較する必要があります。 結論を言うと、一人暮らしにおすすめな電力会社は「 Looopでんき」「 シン・エナジー」「 CDエナジー」「 東京ガス」「 関西電力」の5社になります。 この記事では一人暮らしの方におすすめな電力会社をランキング形式で紹介し、お得な選び方や乗り換えの疑問点なども分かりやすく解説します。 一人暮らしで電気の乗り換えを検討しているみなさんのお役に立てる内容になっているので、ぜひ参考にしてくださいね。 こんな人におすすめ! ・電気をあまり使わない人 ・家にあまりいない人 ・30A以上で契約している人 ・解約金や違約金を支払いたくない人 一人暮らしの方に今もっとも安くておすすめなのがLooopでんき。 Looopでんき最大の特徴は「基本料金が0円」ということ。 一人暮らしでは電気をあまり使わないため、電気代に占める基本料金の割合が大きくなりがちです。 しかしLooopでんきでは、 今まで毎月かかっていた基本料金をまるまる節約することができるのです! 余計な固定費がなくなり電気代は使った分だけ支払えばいいので、まさに一人暮らしにピッタリの電力会社と言えるでしょう。 特に30アンペアや40アンペアなど、基本料金が一定程度かかっている方では月に数百円の節約も可能です。 また、Looopでんきは初期費用や解約金などがありません。 もしかしたら将来引っ越すかもしれないという一人暮らしの方でも、気軽に申し込むことができますよ。 なお、東京の方はガスもセットで契約が可能。 電気とガスをまとめてお得にしたいという方にもピッタリの新電力です。 こんな人におすすめ! ・電気をあまり使わない人 ・関西、中国、四国、沖縄在住の人 ・日中にほとんど家にいない人 シン・エナジーはすべてのエリアに共通して、電気をあまり使わない方がお得になるような料金プランが特徴。 特に 関西、中国、四国、沖縄エリアでお得に利用できるのがポイント。 上記のエリアでは従来の電力会社が既に十分安いため、他の新電力ではほとんど安くできないか、むしろ割高になってしまうことが多いのです。 これらのエリア在住の一人暮らしの方は、 シン・エナジー一択と言っていいでしょう。 また、通常のプランと別に夜間(22時~8時)の電気代が安くなる「生活フィットプラン」も用意。 平日は仕事で日中ほとんど家を空け、電気は主に夜間に使うという生活の方にピッタリです。 寝てる間はエアコンをかけっぱなしという方にも最適なプランです。 関西、中国、四国、沖縄エリアに限らず他のエリアに住んでいる方でも、夜に電気を使う割合が高いという方はお得に利用できますよ。 シン・エナジーでは現在、Amazonギフト券やWAONポイントなどと交換できる 「EJOICAセレクトギフト」3,000円分プレゼントキャンペーンを実施中です。 こんな人におすすめ! ・電気をあまり使わない人 ・電気とガスをまとめたい CDエナジーには一人暮らしの方向けの「シングルでんき」が用意されていて、電気の使用量に関わらず毎月100円を安くすることができます。 また、首都圏ではガスの供給も行っていているため、電気とガスをセットで契約できるのも魅力。 CDエナジーでは 電気だけでなくガスもあわせて光熱費全体を節約することができるのです。 また、Amazonプライムの年会費を負担してくれる「エンタメでんき」というプランも選べたり、電気代100円につき1ポイントが毎月付与されるなど特典が豊富なのも魅力。 ポイントはTポイントやdポイントなどの提携ポイントと交換でき、電気代の支払いに充てることもできます。 CDエナジーに新規申し込みで 最大10,000円キャッシュバックキャンペーンを実施しています。 これから夏は電気代が高くなる季節なので、検討中の方はこのタイミングでの申し込みがおすすめです。 こんな人におすすめ! ・電気とガスをまとめたい方 ・電気代の支払いでポイントを貯めたい方 深キョンのCMでおなじみの東京ガスの電気には、一人暮らしなど電気をあまり使わない人向けの「ずっとも電気1Sプラン」があります。 電気を使っても使わなくても、必ず東京電力より安くなるように設定されています。 さらに、毎月の電気代の支払いで パッチョポイントが貯まり、貯まったポイントはdポイントやPontaポイント、Tポイント、WAONポイントなどと交換ができます。 ポイント還元率 電気代1,000円=15ポイント ガス代1,000円=5ポイント また、レシピ動画サービス『クラシル』の有料機能の一部が使えたり、電気トラブルに24時間無料で対応してもらえるなどのサポートが充実しているのも魅力です。 ガス料金は変わりませんが、 電気とガスを東京ガスにまとめたい、様々なサービスやサポートもあわせて利用したいと言う方におすすめです。 こんな人におすすめ! ・関西エリアに在住 ・電気をあまり使わない ・電気とガスをまとめたい 関西エリアにお住まいの一人暮らしの方は、関西電力に電気とガスをまとめるというのもお得です。 関西電力では電気とガスのセットプラン「なっトクパック」を用意していて、 電気とガスをまとめると電気代、ガス代ともに今の関西電力・大阪ガスの料金より必ず安くなります。 「なっトクパック」に申し込むことで、電気は関西電力の従量電灯A(従来のプラン)から「なっトクでんき」に、ガスは大阪ガスの一般料金(従来のプラン)から「なっトクプラン」に切り替わります。 また、なっトクパックにすることで、電気代・ガス代の支払いで「はぴeポイント」という独自のポイントが貯まります。 ポイントはdポイントや楽天ポイント、ANAマイルなどの提携ポイントに交換することもできます。 ポイント還元率 電気代1,000円=8ポイント ガス代1,000円=5ポイント ポイントを貯めたいという人にもおすすめです。 一人暮らしにおすすめの電力会社の選び方 おすすめの電力会社を選ぶためには、選び方のコツを知っておくことも大切です。 一人暮らしで安い電力会社を選ぶポイントをまとめたのでご覧ください。 月々の電気使用量・アンペアを把握する まずは自分の現在の 電気使用量と 契約アンペアを確認することが大切です。 電気使用量はどれくらい? 電気使用量はkwhという単位で表されます。 一人暮らしの電気使用量は70~200kwhまでが相場。 130kwh前後が平均的で、それ以下なら少なめ、それ以上なら多めと判断するといいでしょう。 電力会社の中には80kwhなどあまり電気を使わない場合でお得になるところもあれば、200kwhなど電気をある程度使った方がお得になるところもあります。 検針票や請求書を見れば載っているので、まずは自分が電気をどれくらい使っているのかを知っておきましょう。 契約アンペアはどれくらい? 電気の使用量だけでなく、現在契約しているアンペア数も把握しておきましょう。 契約アンペアとは、電気を一度に流せる容量のこと。 アンペアが大きいほど一度に流せる電気も多くなりますが、その分基本料金が高くなってしまいます。 契約アンペアによってお得な電力会社も変わってくるので、電力会社を選ぶ際には自分の契約種別をしっかり確認しておきましょう(検針票に書いてあります)。 なお、契約アンペアや使用量ごとに安い電力会社は後半の『』で紹介します。 基本料金が無料または安い電力会社を選ぶ 一人暮らしの方は複数人世帯と比べて使用量が少ないので、その分基本料金が占める割合も大きいです。 基本料金は契約しているアンペアに比例して高くなるので、30Aや40Aで契約している人ほどメリットが大きいでしょう。 また、長期の出張や旅行などでよく家を不在にするという方も基本料金が0円または安い電力会社はお得です。 ただし、もともと基本料金がない関西、中国、四国、沖縄地方ではお得にならないので注意が必要です。 そこで一人暮らしの方は電気だけでなくガスとセットで光熱費全体を節約するという視点も大切になります。 現在のガス会社に特にこだわりがない方は、ガスも検討してみてください。 一人暮らしの方は引っ越しなどで電気を解約する機会も多くなりがちなので、解約金・違約金のかからない電力会社を選びましょう。 以下の電力会社では発生するので注意してください。 ・auでんき:1年未満の解約で2,000円 ・ソフトバンクでんき:いつ解約しても500円 ・J:COM電力:最大20,000円 一人暮らしで安い電気料金を比較 一人暮らしにおすすめな電力会社5社の電気料金はどこが安いのか?一目でわかるように比較しました。 東京電力エリア、関西電力エリアの2つのエリアに分けて、それぞれ3つの アンペア・使用量のパターンでシミュレーションしています。 電気代が3,000円程度になる方はシン・エナジーを、それ以上またはそれ以下になる方はLooopでんきを選ぶと良いでしょう。 関西電力エリアの一人暮らしで電気代を安くしたい場合はシン・エナジーを選びましょう。 なお、基本料金0円のLooopでんきはこれくらいの使用量まではあまりお得とは言えませんが、月5,000円を超えるような使用量の多い一人暮らしの方ではお得に利用することもできます。 一人暮らしで電力会社を乗り換える際の疑問解消 最後に、一人暮らしで電力会社を切り替える際によく聞かれる質問をまとめました。 一人暮らしでも必ず電気代が安くなるの? 電気の使用量や契約アンペアによっては 変わらないかむしろ割高になってしまう可能性があります。 電気使用量が極端に少ないと安くならない 電気の使用量が極端に少ない場合、電力会社を乗り換えても安くならない場合もあります。 そもそも新電力の多くは、使用量=電気料金が増えるにしたがって節約できる幅も大きくなるように金額を設定しています。 もちろん一人暮らしでも平均的な使用量の方であれば安くなりますが、月に2,000円未満というような極少使用量の方では残念ながらほとんど安くできないのです。 アンペア数によっては割高になる 電力会社の中にはあるアンペアまで基本料金が同額というところもあります。 例えば丸紅新電力では、10A~30A契約ではすべて基本料金が803円です(東京電力エリアの場合)。 東京電力の20Aの基本料金は572円ですから、現在20Aで契約している方が丸紅新電力に切り替えると月に231円の値上がりになってしまうのです。 20A以下で契約している方は乗り換え検討先の電力会社の基本料金を確認しておくことをおすすめします。 一人暮らしの平均的な電気代はどれくらい? 一人暮らしの方の電気代の平均は月に約4,000円程度。 ただし、エリアや年代、季節によって以下のような傾向にあります。 平均より安め 平均より高め 関西、中国、四国エリア その他のエリア 勤労世代 高齢世代 春・秋 夏・冬 平均はあくまで一つの指標ですが、平均より電気代が高い人は電力会社を切り替えることで安くできるでしょう。 賃貸マンション・アパートでも契約できるの? 賃貸のマンションやアパート、集合住宅でも、電力会社の切り替えは可能です。 ただし、建物で高圧一括受電をしている場合には申し込みができません。 検針票に「高圧」の記載があるか、契約アンペアが7kVA以上、建物に大きなキュービクルが設置されている場合は一括契約です。 分からない方は大家さんに確認してみましょう。 引っ越しと同時に申し込みできるの? 電力会社によって、 引っ越しと同時に利用できるかどうかは変わります。 この記事で紹介してきた電力会社で、引っ越しと同時に利用できるのはこちら。 引っ越しと同時に利用できない電力会社では、まずエリアごとの電力会社 東京電力や関西電力など に申し込んで1か月利用してから、希望の電力会社に申し込むことができるようになります。 今の電力会社へ解約連絡をすべき? 新電力への乗り換え時には、基本的にそれまで利用していた電力会社への解約連絡は必要ありません。 乗り換え先の電力会社が代わりに解約手続きをしてくれます。 初期費用・工事費はかかる? 電気の切り替えは基本的にはすべて無料です。 契約する電力会社によっては契約手数料がかかることもありますが、ほとんどの新電力では初期費用は無料です。 また、スマートメーターが未設置の方は簡単な取替作業が行われますが、工事費も一切発生しません。 切り替え完了までにはどれくらいかかるの? 基本的に次回の検針日から切り替わります。 申し込みのタイミングにもよりますが、およそ 2週間~1ヶ月程度かかるという認識でいましょう。 夏や冬など電気使用量が増える時期は申し込みが混み合い、次々回の検針日切り替えとなる可能性もあるので、なるべくゆとりをもって申し込むことをおすすめします。 他に電気代を安くする方法は? 電力会社を切り替えられない方、あるいは切り替えた上でさらに電気代を安くしたい方は以下の方法を実践すると良いでしょう。 契約アンペアを下げる 現在30Aや40Aで契約している方は、アンペアを20Aに下げることで月に200円~500円の節約になります。 それだけ電気を一度に使える量は減ってしまいますが、エアコン、ドライヤー、洗濯機、電子レンジなどを3つ同時に使わないなどの工夫をすれば問題ありません。 なお、10Aや15Aはさすがに低すぎて不自由になるので推奨しません。 エアコンの使い方を見直す エアコンは特に電気代が高くなる原因になるため、使い方を工夫することで使用電力を減らせます。 設定温度を調整する 冷房は28度、暖房は20度を目安にすることで電気代を抑えられます。 扇風機と併用する 扇風機を併用することで、部屋の空気を循環できエアコンの設定温度を下げずにすみます。 こまめに消さない エアコンは起動時が最も電気を使います。 1時間以内の外出ならつけっぱなしの方が消費電力を抑えられます。 まとめ 新電力への切り替えは、基本的に「電気をたくさん使う人ほどお得になる」と言われています。 しかし、 電気をあまり使わない家庭でもちゃんとお得になるということがこの記事でわかっていただけたかと思います。 ガスもまとめることでよりお得にすることができるので、ぜひあわせて検討してみてくださいね。 , ,•

次の

【東京の部屋探し】家賃相場とおすすめ不動産会社の口コミ

東京 一人暮らし おすすめ

引用元: ただ、女性が初めての一人暮らしを東京でとなると「どの街に住もうか?」と迷うものです。 「住みたい街ランキング」を見ると、例年上位にランキングされる街は、知名度が高くてオシャレな街ばかり。 都会への憧れも様々あると思いますが、人気エリアの賃貸は家賃も高く、学生や新社会人にとって住みにくい街かもしれません。 また、同じ駅でも方角によって街並みがガラリと変わったり、駅前に国道が走っていて騒音が気になっても、裏通りに入れば住宅街が広がり、意外と住みやすい場所だったり、昼と夜で街の表情が異なることも。 女性の一人暮らしを充実させるためには、 治安・利便性含めた街の素顔を読み取ったうえで、自分に合った街に住むことが大切です。 まずは 「住みやすい街選びの基本」を押さえて、実際にその街に足を運んでみるようにしましょう。 遠方の場合は、ネット上で街の風景を画像で探して、イメージをつかんでおくだけでも参考になります。 自分が住みたい街を3、4か所セレクトしたら、駅からの距離、家賃相場を調べて、賃貸物件の条件を絞っていきます。 住む家を決めたら、いよいよ引越しの準備。 物件選び~引越しは時間もお金もかかりますから、できるだけ役に立つ情報を収集し、効率よく作業を進めていくことが重要です。 ここでは女性が賃貸を借りて東京都内で一人暮らしを始めるにあたり大切な 「街選び」「予算(家賃)」「賃貸物件選び」「引っ越し」という4つのポイントを解説していきます。 [ 目次 ]• 【街選びの方法】女性が一人暮らしする最適な街の条件は雰囲気・利便性・治安がポイント!「女性が一人暮らしで住みやすい街の条件」は、大きく3つに分けて考えるとよいでしょう。 街の雰囲気が自分に合っている• 通勤、通学、買い物、医療の利便性がよい• 犯罪が少なく治安がよい場所 街の雰囲気が自分に合っていること街の名前が有名で人気のエリアであっても、自分のイメージに合う、合わないは、日常生活の快適度にもかかわる問題です。 まずは、街のイメージを下町、山の手、郊外といったようにざっくり分けてみましょう。 下町の雰囲気 「下町」は川や海に近い低地を指しますが、23区内でいうと、台東区、江戸川区、葛飾区、足立区。 なかでも浅草、亀有、北千住、千駄木などは女性に人気があるエリア。 ただし「下町っぽい雰囲気」となると、 世田谷区の三軒茶屋、目黒区の武蔵小山、荏原中延など、選択肢も広がってきます。 下町は場所によっては家が建て込んでいて、騒音多いエリアもあるため、のんびりと時間を過ごしたい人には向かない場所もあります。 下町っぽい雰囲気に合う人は、 初対面の相手とでも仲良くなれるような社交的なタイプです。 山の手の雰囲気 「山の手」の解釈については意見がいくつかに分かれますが、基本的に「千代田区」「文京区」「港区」「新宿区」の山手線の内側で高級住宅街です。 山の手の雰囲気という見方では、 世田谷区の千歳船橋、用賀、駒沢大学、二子玉川園、目黒区の駒場東大前、学芸大学、都立大、自由が丘、大田区の田園調布なども挙げられます。 山の手の雰囲気と相性のよい人は、 流行に敏感でおしゃれ好きなタイプです。 郊外の雰囲気 東京の西部、いわゆる23区外のエリアで自然が多く、のんびりとした街並が特徴です。 田舎暮らしが長い人であれば、無理のなく東京での生活をスタートでしょう。 ただし、場所によって商店や病院が遠かったり、交通の便も悪かったり、かえって住みにくい街もあります。 一人暮らしに適した郊外の街は、比較的都心へのアクセスがよい街。 京王線の仙川~調布、西武池袋線の保谷~清瀬、西武新宿線の東伏見~花小金井、JR中央線の三鷹~立川などはおすすめです。 郊外の街と相性がよい人は、 節約志向で見た目より中身にこだわるタイプです。 利便性がよい街駅から徒歩圏内でなかったり、通学、通勤時間が1時間以上かかるような街は、慣れない一人暮らしに余計ストレスがかかります。 利便性は交通の便、商店、医療機関の3つがポイントです。 借りる物件の近くに食料品や日常雑貨が買える、 コンビニ、スーパー、ドラッグストアがあること。 さらに、一人暮らしで注意したいのは、具合が悪くなった時。 近所に評判のよいクリニックや大病院があることも必須条件です。 人によって優先順位が異なるので、自分にとって一番大切な条件は何なのか考えてみましょう。 この3つの条件がクリアできたうえで、趣味の時間を充実させたい人は、映画館やレンタルビデオ店、マンガ喫茶、スポーツジムなど、自分の趣味嗜好に合った施設、店がそろっている街であると、満足度も高くなります。 治安がよい街女性の一人暮らしは、街の雰囲気、利便性以上に 特に「治安」が重要です。 「どこの町が治安がよいのか?」を知るには、人口に対する犯罪件数を表した「犯罪発生率」を見るのが一番でしょう。 犯罪発生件数は自治体の規模にも関連するためです。 「犯罪発生率」の確認は警視庁が運営している「」でそれぞれの地域をチェックしてみると良いでしょう。 各区市町村の取組状況など、各自治体の治安対策も確認できますので、「今後治安が良くなりそうか」という観点も忘れずに。 また、実際に街に下見に行く際は 放置自転車、路上の嘔吐物の痕跡、居酒屋・パチンコ店の多さなどもチェックすべきポイントです。 「女性の一人暮らし」の視点から考えると、23区内では 目黒区、品川区、文京区、墨田区、北区、杉並区、練馬区が比較的犯罪発生率が低めでおすすめ。 さらに 「水害、土砂崩れなどの災害の危険性はどのなのか?」を考慮し、自治体の発行するハザードマップなどを見たり、災害時の避難場所が近くにあるかなど、安全性の高い場所を選ぶようにしましょう。 タイプ別に見る一人暮らしにおすすめの街では、一人暮らしをする場合、具体的にどのような街を選ぶとよいのでしょうか? 人によって街選びに必要な条件が異なるので、シチュエーション別に解説していきます。 首都圏内から東京都内へ引っ越す事を検討している新社会人におすすめの街 小竹向原 東京メトロ有楽町線、副都心線が乗り入れているため都心へのアクセスが非常によい。 江古田 エリアによっては西武池袋線の江古田、都営大江戸線の新江古田と2駅が利用可。 日大芸術学部、武蔵大、武蔵音大と大学があるため、落ち着いた学生街の雰囲気。 昭和チックな商店が駅前に軒を連ね、物価も安いので住みやすいです。 王子 公園が多く、駅周辺の岸町、滝野川、船堀界隈は閑静な住宅街で治安もよい。 JR京浜東北線、東京メトロ南北線が乗り入れしているので、新宿、東京方面へのアクセスも便利。 新社会人で初めての一人暮らしですから、まず 新生活に慣れるために「職住近接」を念頭におき、通勤時間は40分以内で治安のよい場所を選びましょう。 職場から家までの距離が近ければ、起床時間も残業時間のストレスも軽減されます。 ただ、職場のすぐそばとなると、オン、オフの切り替えができにくいので、ほどよい距離感が必要です。 遅い時間まで残業する場合もあるでしょうから、 電車の本数、終電時間などの利便性のよい沿線のエリアを第一候補にしましょう。 また、初任給で生活費を賄うとなれば、比較的家賃相場の安いエリア。 それでいて都心へのアクセスがよい沿線がおすすめです。 実家を出て上京、仕送りなしで一人暮らしを始めたいフリーターにおすすめの街 ひばりが丘 西武池袋線の急行の停車駅なので池袋まで急行で14分。 駅前にショッピングセンターがあり、ファミリー層に人気のがある街だが、一人暮らしにも快適な環境。 練馬乗換で都心へのアクセスも悪くないうえ、ワンルームの家賃相場が44 000円と安い。 狛江 小田急小田原線の駅で、下北沢、新宿へのアクセスがよい。 多摩川が近くに流れていて、ランニングや散歩コースとしても恵まれた環境。 駅前の和泉多摩川商店街は昭和チックなお店が軒を連ね庶民的な雰囲気。 世田谷区が近いのに家賃も安く、1Kのアパートであれば3万円台で探すことも可能。 町屋 東京メトロ千代田線、京成本線が乗り入れしているので、上野、東京方面のアクセスに便利。 下町風情が感じられ、治安もよい街なので女性に人気があります。 駅周辺には夜遅くまで営業している店が多く、食事、買い物には困りません。 経済的に不安定なフリーターは大家さんによって賃貸契約を結べない場合も。 今の状態で上京し、東京都内で物件探しとなれば借りられる家も限定されます。 物件探しの前に求職活動をすることです。 自分がこの先、何をしようと思うのか? そこからスタートです。 もし、 家探しの時点でフリーターの場合は、求職中であることを不動産屋、大家さんに伝えるようにしましょう。 シェアハウスやソーシャルアパートメントなども視野に入れて検討することです。 人事異動で地方から土地勘がない東京都内へ転勤する事になった社会人におすすめの街 西馬込 何といっても都営浅草線の始発駅なので、朝の通勤時に座っていける可能性が高い。 都心へのアクセスもよく、東京まで約30分。 第二京浜沿いは交通量の多さから騒音が気になりますが、一歩住宅街に入ると静か。 周囲にはお寺が点在しているため緑も多い。 駅前にはスーパー、内科、歯科、皮膚科などのクリニックが集中しています。 祐天寺 東急東横線にあるが、各駅停車駅なので隣りの中目黒、学芸大より少しだけ家賃相場が下がります。 駅前に小さな商店街があるだけで、閑静な住宅街が広がり住みやすい。 また、日比谷線直通電車も走っているので、銀座、上野方面に行くにも便利。 武蔵小山 東急目蒲線の急行停車駅で、南北線、三田線直通電車もあるため、都心の通勤にも便利。 駅前から広がる「パルム商店街」は東京都内一の長さで、日常生活品が何でもそろいます。 家賃相場は1Kで85 400円とやや高めですが、その分、物価は安めです。 地方でも遠方からの引越しは大変ですが、計画を立て段取りよく進めることがポイントです。 会社の人事部で引越し先の相談に乗ってくれる場合もあるので、できる限り有効な情報を活用しましょう。 帰省する際の利便性を考えると、羽田空港へのアクセスがよい品川区、大田区はおすすめです。 ただし、これらの区内でも場所によって、 海側のエリアは治安がよくない所もあるので、通勤時間も考えて閑静な住宅街を選ぶとよいでしょう。 東京都内の一人暮らしに給与・年収はいくらあれば良い?家賃金額と東京都内の家賃相場 東京都内にて賃貸で一人暮らしをしている20代の人たちの平均家賃は約6万7千円。 全国平均の5万5千円から比べると、1万2千円も高いことがわかります。 平均家賃から逆算して必要な収入を考えると、 東京都内で一人暮らしには月の給料が手取り18万円は必要でしょう。 家賃以外に食費、光熱費、通信費、交際費などの生活費用も馬鹿になりません。 家賃を除いた生活費の全国平均が約8万5千円ですから、家賃が5万円以上となると、それ相当の収入がないと一人暮らしが破たんすることも。 国税庁の民間企業の平均給与 平成25年)を見ると、20~24歳の平均年収は246万円、25~29歳が339万円。 非正規雇用や職種によっては全国平均に手が届かないケースもあります。 選択肢が少ないなら、そのなかで妥協できる部分とできない部分を選別し、より自分の好みに合った賃貸物件を探していくことです。 引用元: このことから、貯金・貯蓄や税金、年金、保険の支払いを考えると 東京都内でフリーターの方が一人暮らしする場合、賃貸物件の「風呂・トイレ別」「独立洗面台」などのこだわり条件は選べないと考えておくべきでしょう。 また、定職の仕事に就いている社会人の方でも、 人気の街、おしゃれな部屋、オートロックや人気物件を選べるボーダーラインは月の給料が手取り23万円(年収約300万円)以上となります。 東京都内一人暮らしの家賃相場東京都内でも住む場所によって、平均家賃より安いエリアもあれば、高いエリアもあります。 もちろん、部屋の広さ、間取り、設備によっても、家賃は異なりますが、今回は東京都内のワンルームマンションの家賃相場を安い順にトップ10を、さらに一人暮らしが多い街のトップ5を、それぞれの家賃相場とともに紹介します。 ワンルーム家賃相場が安いエリアTOP10 順位 市区町村 金額 1位 青梅市 29,000円 2位 羽村市 35,000円 3位 日野市 37,000円 4位 八王子市 38,000円 6位 あきる野市、多摩市 39,000円 7位 福生市 40,000円 8位 東大和市、清瀬市、小平市 43,000円 1~10位までは、すべて23区外ですが、清瀬は西武池袋線、小平は西武新宿線の駅になるので、駅から10分前後の徒歩圏内のお宝物件に出合えれば利便性もさほど悪くなさそうです。 一人暮らしが多い街TOP10 順位 市区町村 金額 1位 世田谷区 69,000円 2位 杉並区 64,000円 3位 大田区 67,000円 4位 練馬区 65,000円 5位 板橋区 63,000円 情報参照元: 世田谷区は高級住宅街が多いため、イメージ的に家賃相場もかなり高くなると思われますが、4位の練馬区との差は4,000円。 ただし、世田谷区は広範囲にわたるため、住む街によって20,000円近く家賃差が出てきます。 例えば、東急世田谷線の松原、宮の坂あたりのワンルームの相場は60,000円台。 一方、東急田園都市線の桜新町、用賀になると、ワンルームの相場は80,000円台後半と跳ね上がります。 相場が高いエリアでも、シェアハウスやソーシャルアパートメントになるとリーズナブルな賃貸物件が見つかることもあるので、マンションだけにこだわらいこともポイントです。 東京都内の家賃相場については「」の記事でも、まとめてありますので、参考にしてください。 物件選びには家賃と駅からの距離とこだわり条件のバランスが大事物件情報を見る時に、家賃と駅からの距離もはずせません。 物件広告で表示される、 駅からの徒歩所要時間は「徒歩8分=1m」で計算されています。 データ引用元: なかには信号の数が多く、若干、提示された所要時間より長い場合もありますが、大きな誤差はないようです。 気になる物件は、一度、自分の足で歩いて所要時間も確かめてみましょう。 駅からの距離と家賃の相関関係一人暮らしは家賃を優先させるばかりに、多少駅から遠くても妥協しがちですが、長く住むことを考えた場合、徒歩圏外の場所は辛抱を求められることが多いかもしれません。 例えば、駅まで徒歩20分の賃貸物件を借りた場合、毎日駅まで歩くのは大変です。 そこで自転車を利用する方が多いのですが、駐輪場代に1か月2,000~3,000円程度かかります。 また、雨や雪など悪天候時はもう大変です。 となると、駅徒歩圏内の賃貸物件に絞った方が良いでしょう。 通勤・通学は休日以外ほぼ毎日のことですから、駅までのアクセスは、より近いほうが快適です。 逆に家賃を抑えるために、街へのこだわりよりも駅近を優先して選ぶ人も出てきます。 急行停車駅は家賃相場が高くなるので1、2駅隣の街の賃貸物件と比較してみましょう。 駅から徒歩12分が妥協ライン!? 「駅から徒歩圏内」という場合、徒歩15分がひとつの目安になると思います。 ただ、毎日行きも帰りも徒歩15分歩くのは、飲み会で遅くなった時などの防犯面も考慮すると決して良い話ではありません。 「歩くのは健康によいから」と初めは意気込んでも、残業で夜遅い時に歩き疲れてお店に入って一息……なんてことになれば、生活費の負担増です。 一人暮らしは駅から徒歩12分以内の物件で探しましょう。 築年数、間取り、防犯・セキュリティーなど、物件のこだわりポイント 物件選びで、「築年数」「間取り」「防犯・セキュリティー」も大切なポイントです。 特に、女性の一人暮らしとなると、きれいな部屋でセキュリティーが整った部屋にこだわる人が大半。 そこで一人暮らしの物件選びで重視したい建物のポイントを優先順位の高いものをまとめてみました。 一人暮らしの物件における防犯と利便性を重視したこだわりポイントはココ! 1. 防犯・セキュリティー 防犯・セキュリティーの点からオートロックは安心感が高いですが、それだけでは不十分。 玄関の扉が二重ロック、インターホンといった設備が整っていることも大切。 2階以上の部屋 女性が一番気にするのが、のぞきや盗難の問題。 こうしたトラブルに遭いやすいのは、1階と2階。 安全面から考えると3階以上の部屋がよいと思われます。 ただ、何かあった時に3階では、すぐ外に脱出できにくい可能性が。 また、アパートは2階建てが大半なので、結果的に、2階以上の物件であればよいでしょう。 クローゼット、エアコン付き 築年数が長いアパートでもない限り、ほとんどの物件にクローゼットとエアコンは付いています。 ただ、収納スペースが少ないために、家具を置くとなると、その分、部屋が狭くなるので要注意です。 部屋の方角 部屋が南向き、東向き、西向きの順に人気があります。 日当たりのよさでは「南向き」が一番ですが、目の前に高い建物があると、日差しや風通しが遮られるので、周辺の建物と物件の位置関係も要確認です。 「北向き」は日当たりが悪い反面、夏場は涼しく感じます。 日当たりが悪い分、家賃も安くなることが多く、日中、不在の人は北向きの部屋でOKということも。 北向きの部屋を選ぶなら、風通しを重視しましょう。 引越し前後でやるべきことと引越しの初期費用はいくらかかる?自分が住む物件が決まり、契約が済んだら、最後は「引越し」です。 初めての一人暮らしは、引越しも何から手をつけていいのか?となりがちです。 まず、引越の前と後で、どのような手続きと作業が必要なのかまとめてみました。 引越し前までにやるべきこと 引越しの1か月前まで 1. 引越し業者の決定 引越し業者を3、4社程度選び、見積を取るなど、詳細を確認して依頼する業者を決めます。 引越しの日時の決定 物件の引き渡し日を確認したうえで、引越しの日程を決めます。 荷物の整理し不要物は処分 荷物の整理をして、不用品で活用できそうな物は、ネットオークションやリサイクルショップに売りましょう。 必要な荷物の量を把握したら、段ボールに入れていきます。 引越し業者が段ボールを持ってきますが、これもたいてい引越し金額に含まれているので、安く上げたい場合は、自分で段ボールを集めて、その分、業者にディスカウントの交渉をしてみましょう。 引越しの2週間前まで 住民票、自動車免許証、国民年金、金融機関、クレジットカードなどの住所変更手続きを行う ネット上でできるものもあるので、確認しておきましょう。 引越しの1週間前まで 1. 電気、水道、ガスなどの解約手続きを行う ネット上でできるものもあるので、確認しておきましょう。 携帯電話、固定電話の住所変更 特に固定電話は住所変更に伴い、番号が変わるので、116に連絡をし引越し当日までに手続きを済ませておきましょう。 郵便物の住所変更 郵便局に転送届 葉書きとオンラインどちらか)を出し、住所変更の手続きを行います。 荷物の梱包 段ボール箱の中に荷物を入れたら、最後にガムテープで留め、マジックで中身と搬入場所を書いておくと、引越しの作業も後々、スムーズ。 引越しの前日まで 1. 引越し業者と最終確認 たいてい引越し業者から、引越し当日の確認事項の連絡がきます。 引越し日、時間、荷物の移動など、必要なことを確認します 2. 冷蔵庫の整理 冷蔵庫の中のものを全部空っぽにしコンセントを抜いておく。 洗濯機の水抜き コンセントを抜き、ホース内にたまった水を抜いておく。 アース、ホースはひもなどで束ねておきます。 ガスの元栓を閉じ、電気のブレーカーを下げる 業者が来て、立会のもと作業をすることが多いです。 旧居と新居の掃除 旧居が汚いと退出後に敷金がまったく戻ってこなかったり、不足分を追求されることも多いので、きれいに掃除をして退室しましょう。 引越しの当日 1. 荷物の搬出搬入 段ボールに入った荷物の搬出入は業者にお任せ。 新居に荷物を搬入する際、部屋のどのへんに荷物を置くか、マップを作って業者にわたしておくと開梱の時の作業が楽。 ガスの元栓を開ける 引越し当日、ガス会社の担当者が来て、元栓を開けてもらえないと、お風呂やお湯を使えないので要注意。 電気のブレーカーを上げる 電気のブレーカーは普通、自分で上げて使用します。 近隣への挨拶 引越しの荷物の搬入で近隣の人たちに迷惑がかかることも。 手土産を持参し、少なくとも両隣の人には挨拶をしておきましょう。 引越しの初期費用単身の引越し料金の相場は、36 000円程度ですが、移動距離や荷物の量、引越しの日時によっても異なります。 遠距離の場合は単身パックなど、リーズナブルな宅配便を選び、家電品や家具などは現地で購入した方がお得なことも多いです。 一人暮らしは物件の契約料として、敷金、礼金などもかかってくるため、入居時に普通、家賃の2か月分の金額が必要になります。 さらに、家電品や家具など生活用品の購入などで出費も。 これらの費用に引越し代を合算すると、一人暮らしを始めるまでに、最低でも30万円、平均的には50万円程度かかると思った方がよいです。 こうなると、「できるだけ引越し代」を安く抑えたいとなるでしょう。 ネット上で引越しの見積金額を算出できるサイトがあるので、まずはこうしたサイトで引越しの概算を出してみることです。 では、引越し代を安く上げるにはどうしたらよいのでしょうか? 引越し代を安くするポイント ・できるだけ引越し代が安い時期を狙う! 「引越し料金」が安い時期は、5~8月、11月の上旬、中旬の平日と引越し業者が比較的暇な時期。 日中より夕方~夜間にかけた引越しは幾分、料金も安くなることがあります。 2~4月上旬、9、10月などの繁忙期で土日となれば、安い時期と比べて、料金が10 000円以上アップすることも珍しくありません。 ・荷物の量が少なければ単身パック! これまで実家暮らしの人は、それほど荷物の量も多くないと思われます。 単身パックで収まる量であれば、こうしたパックの料金の方が安上がりかもしれません。 ・梱包は自分で行なう! 荷物の梱包は面倒でも自分でやった方がよいです。 また、段ボールは引越し業者が用意してくれますが、こちらも料金に含まれていると考えた方が妥当。 スーパーやドラッグストアなどから段ボールをもらって、その分、業者に値引き交渉してみましょう。 ・荷物量が少なくて、引越し先も近い場合はレンタカーを借りる! 引越しの荷物が少ない場合は、ワンボックスカーを借りて、自分で引越しをするのが一番安上がりです。 ただし、家具や家電品、新居にまで傷をつけてしまうと、かえって高い引越しになるので無理しないようにしましょう。 街が決まったら部屋探し。 「でも時間がない」という人におすすめしたい・・・ 秒速チャットで簡単にお部屋探しができる は探す手間・時間が短縮できて、なによりラクです。 助かるのは「内見予約まで設定可能」なところ。 深夜0時まで対応しているため、「探さなきゃいけないんだけど、面倒・・・」「忙しくて日中のやり取りは無理!」と思っていたのが解消されました。 チャットに抵抗がない方であれば、かなり便利だと思います。 Twitter、Facebook、Google、Yahooのアカウント連携できるので、ログインしたらLINEの様な感覚で連絡し、専任のスタッフがだいたい1分ほどで対応してくれます。 利用者は女性が多く、チャットなので複雑な条件も組み込めますし、急ぎの場合は電話対応もしてくれます。

次の

【ホームズ】東京都の「一人暮らし(単身)にぴったりな間取り」を賃貸で探す

東京 一人暮らし おすすめ

女性におすすめの街は、こんなところ 東京の街といえば?と聞かれて、あなたはどこを想像するでしょうか? 渋谷、原宿、銀座、恵比寿・・・etc。 華やかな街ばかりが目立ち、住みづらいのでは?と思う人もいるでしょう。 女性の初めての一人暮らしとなったら、いったいどこに住めばいいのか見当がつかない方も多いと思います。 選ぶ上で遊びも充実させたい、貯金もしたいという方には 家賃の安さ。 通勤、通学、休日のお出かけに重要な 交通アクセスの良さ。 スーパーマーケットや商店街などがあって日用品を手に入れやすい、 駅前の利便性や、安心して住める 治安の良さ が気になる人が多いのではないでしょうか。 今回は、これらを重視して、 女性が初めて一人暮らしするのにおススメの街を、ギュッと濃縮してBEST5にまとめました! それではさっそくランキングの発表です! 高円寺のおすすめPOINT サブカルチャーの中心地でもある高円寺は、若者文化の盛んな街として知られています。 駅近くには「純情商店街」や「PAL商店街」などの大きな商店街があることでも有名です。 おしゃれな古着屋や、 ライブハウス、はたまた 個性的なラーメン屋など、若い方にグッとくるスポットが多くありますが、住民には意外とファミリー層も多いので生活感のある面も見受けられます。 高円寺駅からは、中央線で新宿まで6分で行けるのでかなり便利ですが、遅延や運転見合わせの多いところが気になるところです。 治安に関しても問題なく、特に北側は夜でも明るいため安心して歩けます。 女性が住むなら北口がおすすめです。 家賃相場はワンルームで、6万円代です。 また高齢者も多く、住民の年齢層は高めですが、その分 落ち着いた暮らしを送ることのできる街です。 駅の北口には「サンスクエア」というスーパーやボーリング場の入った 複合施設があります。 飲食店も数多くありますが、深夜になるとその多くが閉店するので、街の喧騒に悩まされることはありません。 西口は北口と比べ、ぐっと閑静な印象を受けます。 有名な飛鳥山公園は緑のたいへん豊かな場所で、一年を通し て四季の移り変わりを楽しむことができます。 交通機関はJR京浜東北線、都電、東京メトロ南北線があり、都心へのアクセスも問題ありません。 治安も世田谷区と同等に良く、家賃相場はワンルームで6. 5万円ほどです。 若者の集まる カフェや古着屋がある反面、古くからあるような 中華料理屋や居酒屋も多く見受けられます。 スーパーや100円ショップはもちろん、おしゃれな雑貨屋や輸入食品店、家具屋などが駅の近くにあるため、都心まで行かずとも特別な買い物ができる 利便性も見逃せません。 渋谷まで7分、新宿まで20分と、交通アクセスも申し分ないです。 家賃相場はワンルームで7万円前後と今回のランキングの中では高めですが、治安の心配がないうえに、多様な楽しみが詰まった街ですので、そのあたりのバランスを考えるとかなりおススメと言えます。 JR京浜東北線が通っており、東京駅まで20分 秋葉原まで18分、上野まで14分程度で行け、 アクセス面は抜群によいです。 3駅となりの田端まで行けば山手線へ乗り換えることもできます。 駅前に「 東十条商店街」があり、アットホームで落ち着いた雰囲気の商店街が広がっています。 手作りお惣菜が手頃な価格で売っていたり、魚屋や洋菓子店、飲食店も豊富にあり、買い物や外食をのんびり楽しむことができます。 治安についても、大きな事件も起きたことがなく 女性の一人暮らしも安心です。 家賃相場はワンルームでおよそ6. 5万~7. 3万円ほど。 総合的にバランスが良く、女性の初めての一人暮らしにとてもおススメの街です。 駅の西側に、コの字型に展開している 鵜の木商店街があります。 個人商店が軒を連ねる下町感満載の商店街です。 そこまで活気があるわけでもなく、といって寂れているわけでもない地域密着型の商店街です。 都内にしては家賃相場もワンルーム6万円代と、そこまで高くなく、小型のスーパーもちょこちょこあるので、家賃や食費を抑えたい人には穴場のエリアといえるでしょう。 昭和の匂いが漂う、 コンパクトにまとまった町で、ここだけ時が止まっているかのような、ノスタルジックな雰囲気があり、 退屈だけど落ち着いて住める場所です。

次の