ポール シフト 2019。 地球の磁場をめぐる急激な「ポールシフト的事象」が発生中。北極の磁極が異常なほどの速さでシベリアへ移動していることが科学誌ネイチャーで発表される

「太陽の磁極の反転」が始まった

ポール シフト 2019

は以前から、地球の磁極は反転 逆転 する可能性があり、それによる人類への影響も大きなものとなる、と警告しています。 記事によりますと、 現在、地球磁場が急激に弱まっているという。 このままいけば予想よりもかなり早い時期に地球の磁極が反転する「ポールシフト(逆転)」が起きる可能性があり、ポールシフトが起これば、地球上 生物や機械的システム は何らかの被害を受ける可能性があることをが警告しています。 のブルース・ジャコスキー氏によりますと、ポールシフトが起きた場合、太陽からの有害なを防ぐため、地球から発せられているが約200年の間は消えるだろう、ということです。 もちろん予測なので絶対にそうなるとは限りません。 そして、今年も同様にポールシフトが迫っている、そして人類に危機が.... という内容の記事がありました。 それにより、衛星、航空、および電力網に大きな問題を引き起こすだろう。 このようなレベルは太陽からの主要な磁気嵐に匹敵するであろう、ということです。 地球の磁極が反転する「ポールシフト」が迫っている可能性、地球への影響はどのようなものなのか? それについては別の記事にありました。 軸を固定したまま南北の磁性のみが反転する現象については逆転と呼び区別する。 現在では極端な移動こそはないものの、中心核の磁性変動で磁北が1年に約64キロというスピードで東へ向かって移動しているとする研究結果が発表されている。 自転軸に関しても、2004年12月26日に発生した9. 3のでは、最大で約2cm程度移動した(広義の"ポールシフト"、極運動が発生した)可能性があるとする予測がある。 地球科学の分野におけるポールシフト 自転軸のポールシフト 月を生成した原因と考えられるト・ト仮説では、原始地球に火星大の原始惑星が衝突したことによって現在の地球と月の組成が成立した他、地球の公転面に対する自転軸の傾斜角(約23. 4度)もこの際に確定したとされる。 または面に対する自転軸の傾き(赤道傾斜角)が97. その原因については不明だが、有力な説では、数十億年前のや原始惑星の衝突によりポールシフトが起こったのではないかと考えられている。 のポールシフト の磁極は、頻繁に変化していることが観測されている。 また、海洋プレートに記録された古の研究(古学)によって、数万年~数十万年の頻度でN極とS極が反転していることも知られている。 この変化は永年変化と呼ばれているが、その原因についてはいまだ明確な説は存在していない。 ポールシフトには自転軸との2種類があるようです。 つまり地球そのものが傾くポールシフトと、磁極のみが傾くポールシフト。 どちらが起きるのかは不明ですが、近年、地球の磁場に大きな異変が起きていることが判明しています。 2014年、欧州宇宙センター ESA では、の3衛星による高解像度の結果から、最近の磁場の変化を明らかにしたということです。 過去6ヶ月 2014年 の間に行われた測定で、西半球で最も劇的な磁場減少は磁場弱体化の一般的な傾向にあるとされます。 南部のインド洋などでは、磁界が1月 2014年 以来強化しているようで、最新の測定では、磁北の動きがに向っているらしい。 つまりポールシフト、磁極移動が起きているということかもしれません。 磁場というのは、地球の核に由来する磁気信号に基づいているともされ、 このような磁極移動、磁場の動きに対し今後数ヶ月にわたり、科学者たちは他の情報源、すなわち、地殻、海洋、磁気圏からの磁気を解明するためにデータを分析するとしています。 思いますに、要は太陽活動が重要で、これは太陽活動の変化が地球へもたらす磁場変化へのトリガーとなっているとも思います。 とにかく、地球のある地域では磁場が弱くなっているのは確かなようです。 衛星()の測定値によりますと、2014年最後の6ヶ月は、と南部インド洋で劇的な地球磁場低下を示していまして、磁北は地殻の下に大規模なマグマの活動により、過去30年間発生している磁極の移動はに向かっているとされます。 そして、過去200年の間に磁場は約15%弱められていると。 ポールシフトを調査、それが確認された作業は1800年代に始まり2001年まで続けられたらしいのですが、2001年以降は何故か調査記録が見つかりません。 2010年は記録されているようです この短期間の移動距離の長さ、2000年あたりから磁極は急激な移動を繰返し、近年の地球規模で頻発するに同期するかのように活発な活動時期となっているようにも思えます。 による磁気異常を示す地域を見ますと、南米一帯からは磁気が弱く、特に南緯33度線では幅広く弱い地域となっています。 地球の磁場は生命体にとって大事なもので、磁気 磁場 は有害な など から生物や自然を守ってくれる地球のシールドでもあります。 その磁気に異常が発生している、その中でも科学者たちはが世界中で最も弱い磁場地域であると証言しています。 のnTは、世界平均60,000の値に対し、それ以下の23000nTだそうです。 専門家は、この異常について異なる理論を持っているようですが、その多くは地球の核の乱れを指摘しているとされます。 当ブログでも紹介していますが、南米では大きなや火山噴火、そして奇妙な光学現象が数多く報告されています。 somin753.

次の

ポールシフトは現在どの程度進んでいるのか?最新地点データで進行度合いを調べてみた

ポール シフト 2019

は以前から、地球の磁極は反転 逆転 する可能性があり、それによる人類への影響も大きなものとなる、と警告しています。 記事によりますと、 現在、地球磁場が急激に弱まっているという。 このままいけば予想よりもかなり早い時期に地球の磁極が反転する「ポールシフト(逆転)」が起きる可能性があり、ポールシフトが起これば、地球上 生物や機械的システム は何らかの被害を受ける可能性があることをが警告しています。 のブルース・ジャコスキー氏によりますと、ポールシフトが起きた場合、太陽からの有害なを防ぐため、地球から発せられているが約200年の間は消えるだろう、ということです。 もちろん予測なので絶対にそうなるとは限りません。 そして、今年も同様にポールシフトが迫っている、そして人類に危機が.... という内容の記事がありました。 それにより、衛星、航空、および電力網に大きな問題を引き起こすだろう。 このようなレベルは太陽からの主要な磁気嵐に匹敵するであろう、ということです。 地球の磁極が反転する「ポールシフト」が迫っている可能性、地球への影響はどのようなものなのか? それについては別の記事にありました。 軸を固定したまま南北の磁性のみが反転する現象については逆転と呼び区別する。 現在では極端な移動こそはないものの、中心核の磁性変動で磁北が1年に約64キロというスピードで東へ向かって移動しているとする研究結果が発表されている。 自転軸に関しても、2004年12月26日に発生した9. 3のでは、最大で約2cm程度移動した(広義の"ポールシフト"、極運動が発生した)可能性があるとする予測がある。 地球科学の分野におけるポールシフト 自転軸のポールシフト 月を生成した原因と考えられるト・ト仮説では、原始地球に火星大の原始惑星が衝突したことによって現在の地球と月の組成が成立した他、地球の公転面に対する自転軸の傾斜角(約23. 4度)もこの際に確定したとされる。 または面に対する自転軸の傾き(赤道傾斜角)が97. その原因については不明だが、有力な説では、数十億年前のや原始惑星の衝突によりポールシフトが起こったのではないかと考えられている。 のポールシフト の磁極は、頻繁に変化していることが観測されている。 また、海洋プレートに記録された古の研究(古学)によって、数万年~数十万年の頻度でN極とS極が反転していることも知られている。 この変化は永年変化と呼ばれているが、その原因についてはいまだ明確な説は存在していない。 ポールシフトには自転軸との2種類があるようです。 つまり地球そのものが傾くポールシフトと、磁極のみが傾くポールシフト。 どちらが起きるのかは不明ですが、近年、地球の磁場に大きな異変が起きていることが判明しています。 2014年、欧州宇宙センター ESA では、の3衛星による高解像度の結果から、最近の磁場の変化を明らかにしたということです。 過去6ヶ月 2014年 の間に行われた測定で、西半球で最も劇的な磁場減少は磁場弱体化の一般的な傾向にあるとされます。 南部のインド洋などでは、磁界が1月 2014年 以来強化しているようで、最新の測定では、磁北の動きがに向っているらしい。 つまりポールシフト、磁極移動が起きているということかもしれません。 磁場というのは、地球の核に由来する磁気信号に基づいているともされ、 このような磁極移動、磁場の動きに対し今後数ヶ月にわたり、科学者たちは他の情報源、すなわち、地殻、海洋、磁気圏からの磁気を解明するためにデータを分析するとしています。 思いますに、要は太陽活動が重要で、これは太陽活動の変化が地球へもたらす磁場変化へのトリガーとなっているとも思います。 とにかく、地球のある地域では磁場が弱くなっているのは確かなようです。 衛星()の測定値によりますと、2014年最後の6ヶ月は、と南部インド洋で劇的な地球磁場低下を示していまして、磁北は地殻の下に大規模なマグマの活動により、過去30年間発生している磁極の移動はに向かっているとされます。 そして、過去200年の間に磁場は約15%弱められていると。 ポールシフトを調査、それが確認された作業は1800年代に始まり2001年まで続けられたらしいのですが、2001年以降は何故か調査記録が見つかりません。 2010年は記録されているようです この短期間の移動距離の長さ、2000年あたりから磁極は急激な移動を繰返し、近年の地球規模で頻発するに同期するかのように活発な活動時期となっているようにも思えます。 による磁気異常を示す地域を見ますと、南米一帯からは磁気が弱く、特に南緯33度線では幅広く弱い地域となっています。 地球の磁場は生命体にとって大事なもので、磁気 磁場 は有害な など から生物や自然を守ってくれる地球のシールドでもあります。 その磁気に異常が発生している、その中でも科学者たちはが世界中で最も弱い磁場地域であると証言しています。 のnTは、世界平均60,000の値に対し、それ以下の23000nTだそうです。 専門家は、この異常について異なる理論を持っているようですが、その多くは地球の核の乱れを指摘しているとされます。 当ブログでも紹介していますが、南米では大きなや火山噴火、そして奇妙な光学現象が数多く報告されています。 somin753.

次の

地球地磁気が反転するポールシフト発生の影響と原因や可能性

ポール シフト 2019

ポールシフトの基本的な意味 前述のとおり、ポールシフトは科学の世界でも使われる言葉です。 それは「ポールシフト」という言葉が、天体の自転軸や北極の位置などが移動してしまうことを指すからです。 これは架空の出来事ではなく、実際に起こり得る現象で、実際にいくつかの惑星ではポールシフトが起きたと考えられています。 実際地球も自転軸が少し傾斜していますが、これはまだ今の形を成していない時の地球に惑星が衝突したために、ポールシフトが起きたのではないかと言われています。 また冥王星や金星はこの自転軸の傾斜が激しいのですが、これも微惑星や原始惑星の衝突のためにポールシフトが起きたのだと考えられているのです。 宇宙や天体についてあまり詳しくなければ、よく理解できないかもしれませんが、ポールシフトが起これば惑星の気候が変わります。 近年の異常気象も、このポールシフトが原因なのではないかと言われているのです。 スピリチュアル的な「ポールシフト」とは何か ポールシフトが起こると、物理的には気候の変動が起こります。 磁場が失われたり、その影響から通信障害が起こったりする恐れがあるとされており、最悪の場合地球上の生命が絶滅するようなことになるかもしれません。 しかしポールシフトは原始惑星などの衝突でもないかぎり、そう急激に変わるものではありません。 ですからポールシフトをし始めたからと言って、突然なにか気候的に大変なことは起きないのです。 しかしスピリチュアル界ではどうでしょうか。 ポールシフトが起きると磁場が変わったりすることから、ポールシフトはスピリチュアル界でも大きく取り上げられています。 またスピリチュアルな面では、ポールシフトがたとえ緩やかに起こっていたとしても、しっかりと影響が出るものだとされているのです。 現在言われているのは、ポールシフトによってアセンションが起こるということです。 「アセンション」とは一言で表すのは難しいのですが、次元が変わることなどを表します。 魂のレベルが上がったり、5次元世界に移行したりといったようなことが起こるそのすべての現象をアセンションといいます。 ポールシフトが起こるとどうなる? ではポールシフトによりアセンションが起こるとどうなるのでしょうか。 これは実際に起こってみなければ確かではありませんが、現在有力な説は、人類全体の意識レベルが向上していくということです。 もともとスピリチュアル的に意識レベルが高い人だけが別次元に行くわけではなく、人類全体がその次元に突入するんですね。 とはいえ「意識レベルが向上する」と言われても、具体的に何が起こるか想像しづらいでしょう。 人類の意識レベルが向上することにより起こる結果には、さまざまなものがあります。 例えば、意識が共有されていることをしっかりと感じられるようになるでしょう。 私たちの意識は、奥深いところで実は集合体意識として集約されています。 瞑想などをする人なら、それを感じられる人もいるでしょう。 しかし現実の生活の中では、集合体意識のことを意識せずに暮らしているはずです。 しかし人類の意識レベルが上がれば、その集合体意識があることがもっと実感として感じられるようになります。 それにより相手の気持ちが手にとるようにわかったり、争いが少なくなるのではないかと言われているのです。 また個人の欲望も今よりずっと控えめになります。 相手の気持ちが手に取るようにわかるようになれば、渇望することもなくなるので当然かもしれません。 言ってみれば、全人類が常に瞑想状態にあるような形になるのです。 しかしこの変化は社会にとってかなり大きなものです。 私たちの形成している社会は、これまでとは全く別物になるでしょう。 場合によっては国境なんてなくなるかもしれませんし、資本主義的社会も崩壊するかもしれません。 しかしこれは意識レベルの向上によるものですから、ネガティブなことが起こるわけではありません。 ポールシフトはいつ起こる? スピリチュアル界でもしばしば話題になるこのポールシフトとアセンションですが、一体いつ起こるのか気になる人もいるでしょう。 科学的にもスピリチュアル的に見ても、ポールシフトがいつ起こるかははっきりとしていません。 しかしスピリチュアル的な観点からは、すでにアセンションの兆しが見えていることもあり、かなり近い未来ポールシフトが起こり、人類がアセンションを経験するのではないかと言われています。 まとめ アセンションを引き起こすポールシフト。 それが起こるのはどうやらそう遠い未来のことではなさそうです。 「近い未来」を数年後のことだとする人もいれば、もう少し先だとする人もいます。 いずれにしろ、近い将来ポールシフトによるアセンションを体験できる日がくるでしょう。

次の