日本スピッツ 寿命。 日本スピッツが注意すべき病気やアレルギー

日本スピッツってどんな犬?性格や特徴についてのまとめ。

日本スピッツ 寿命

日本スピッツに多い病気といえば、生後間もない頃から半年程度に多いのが 「小眼症」です。 眼球が小さい状態で生まれてくると、涙の量も少なくて眼が乾燥しやすくなり、手術を決断する例も多くなります。 犬で多い運動器の病気として、悪化してくると痛みが出て歩くこともままならなくなる 「膝蓋骨脱臼」がありますが、 日本スピッツもなりやすい傾向にあります。 他にも 「涙やけ」や怪我をしても止血できなくなる 「血友病」も多いです。 他にはやはりアレルギーも気になる病気です。 もっとも多くの飼い主さんが気になるのではないでしょうか。 日本スピッツも室内犬として飼っているとわかりますが、肌もかなり敏感です。 アトピーやノミなどの一般的なアレルギー性皮膚炎も多く、放置してしまうとどんどん痒がって落ち着きが無くなり、掻き毟って赤みを帯びたりしてしまいます。 食べ物によるアレルギーももちろん多く、ドッグフードの選び方にも要注意です。 製造年月日や賞味期限が過ぎていないかどうか、小麦や大豆、牛肉や豚肉類も油脂の類として表示されているだけのこともあります。 また普段の健康管理として大切なのは、フサフサしている真っ白い被毛をしっかりケアしてあげることです。 毛が汚れてしまうとそこからアレルゲンがたくさん入り込みます。 シャンプーやブラッシングも欠かさず、肌の血行を高めるためにも大切なケアです。 人間の食べるものを与える方も多いですが、やはり日本スピッツにとっては毒になり得るものがたくさん存在しますので、注意が必要です。 鳥の骨、葱、お菓子ではチョコレートも危険です。 ドッグフードを最適なものをチョイスして与えること、飲み水はいつも取り替えるように工夫して新鮮なものを与えることも大事です。 日本スピッツは病気がちな犬では決してありませんので、それほど苦労するという話も聞きませんが、環境からくるストレスなども重なることがあります。 アレルギーもストレス性のものが一番多いと言われていますので、日本スピッツがストレスを溜めこまないよう、しっかりと環境を作って上げることもとても大事になってきます。

次の

これを見れば日本スピッツの全部が分かる!可愛い家族を大切にする飼い主のための豆知識。

日本スピッツ 寿命

ふわふわで白い毛並みに、黒くて大きな目が愛らしい日本スピッツ。 その見た目から、とても人気がある小型の犬種です。 一時期は、吠えてうるさい犬だと言われて人気も下がっていましたが、ここ数年、再び人気が上がってきています。 今回は、そんな日本スピッツの特徴についてお話しします。 可愛らしい見た目 スピッツは、ピンと立った耳と尖った口先が特徴で、パッと見た感じは何だか笑っているかのような表情をしています。 更には、冒頭で触れたように白いふわふわした毛並みも大きな特徴です。 その白い毛は、まっすぐで長い上毛とふさふさで柔らかい下毛の2層で構成されています。 そのような毛並みをしているため、どうしても絡まりやすく、キレイな毛並みを保つためには、毎日のブラッシングや小まめなシャンプーが必要になります。 また、下毛は体温保持の役割を持っているため、換毛期になると抜け毛も多くなるので、部屋の掃除にも注意が必要になります。 可愛らしくキレイな見た目を保つためには、少し努力がいるかもしれません。 比較的飼いやすい性格 日本スピッツは、人懐っこくて明るく元気な性格の犬です。 また、人見知りな部分があり、その分、飼い主さんなどの信頼できる相手に対しては、とても従順で甘えん坊になります。 しかし、甘えん坊故に、飼い主さんの留守が多いと、寂しがって鳴いたりイタズラしたりと問題行動に発展してしまうこともあります。 飼い主さんが、しっかりとした環境の設定と、しつけをする必要があります。 そんな愛らしさを持った日本スピッツですが、冒頭で触れたように、実は昭和30年代に人気があった頃には、人気故の乱繁殖や、間違った飼い方によって、無駄吠えをするうるさい犬だというイメージが強くなってしまったのです。 そのイメージで、一時は人気が落ちていましたが、最近はかなりその性格は改良され、先に記したような愛嬌のある飼いやすいものとなりました。 お手頃な値段設定 日本スピッツを飼うために迎え入れるには、基本的には3つの方法があります。 まずは、ペットショップです。 忙しくても、時間がある時に気軽に立ち寄れます。 価格としては、20万~25万ですが、中にはそれ以下で購入することが出来るところもあります。 10万円を切るところもあります。 次にブリーダーから購入する方法です。 飼育環境を見学するため、予約を取るところから始めなくてはいけませんが、その分身元ははっきりしている上に、飼育方法をプロの方から直接教えてもらうことも出来ます。 価格も、中間業者などを経由しないため、ペットショップよりお手頃です。 基本的には20万程になります。 次に、里親制度です。 殺処分を待つ犬などを引き取るものですが、基本的には犬自体は無料で、ワクチン接種などの費用のみ負担となります。 どの方法を選んだとしても、価格的には比較的お手頃となっているので、そういった面では、あまり構える事は無いかもしれません。 寿命と体調管理 日本スピッツの平均寿命は、10年~16年とされています。 しかし、飼っている側が体調管理に気を付けてあげれば、寿命が伸びる可能性は十分にあります。 例えば、よく聞かれるのが「膝蓋骨脱臼」という膝の皿の部分が外れてしまう病気です。 これは、事故などでも起こりますが、滑りやすい床で走り回ったり跳び跳ねたりしすぎてしまっても起こり得ます。 日本スピッツは室内犬のため、注意が必要です。 また、アレルギーも注意すべきものの一つです。 アトピーやノミなどの一般的なものはもちろん、食べ物やストレスによるアレルギーもあります。 特に日本スピッツは、先に記したように、人見知りや寂しがりやな部分もあるので、その様なところからストレスが発生しないように気を付けてあげることが必要です。 しっかりとした食生活 日本スピッツは、特に食事に関してデリケートな犬です。 先に記したように、食べ物によるアレルギーが現れるほどです。 ドッグフード一つ取っても、賞味期限が過ぎていないか、余計な材料は使われていないか確認が必要です。 また、ついつい飼い主さんと同じものを与えてしまうこともありますが、それが日本スピッツには毒となることもあります。 チョコレートなどの甘いお菓子も与えてはいけません。 飲み水も、こまめに取り替えて常に清潔にしてあげることが大事です。 人の食べているものを欲しがって可哀想などと思わずに、しっかりと日本スピッツに合った食事を心がける必要があります。 個性の強い日本スピッツ 比較的飼いやすく、見た目の可愛さから人気のある日本スピッツ。 しかし、毛並みの手入れや接し方など、注意すべき点はいくつかあります。 うるさい犬だと嫌煙されていた時期を乗り越え、せっかく再び人気が出ているので、飼う側も特性を理解した上で飼い、日本スピッツが幸せに暮らせるようにしましょう。

次の

海外でも大人気!!日本スピッツとジャーマンスピッツの違い★

日本スピッツ 寿命

日本スピッツの性格• 忠実で従順• 物覚えが良い• 遊び好き• 警戒心が強い 日本スピッツは日本で確立された犬種ですので、その性格には日本犬特有の「忠実さ」がしっかり備わっており、飼い主に対してとても従順です。 さらに、日本スピッツは、とても賢くて物覚えも良いため、飼い主が語りかけると耳を傾け理解しようとします。 そんな「飼い主大好き!」な性格を持つ犬ですので、家族以外の人や犬にあまり興味を示さないクールな子もいたりします。 そのため、見知らぬ人に愛想を振りまき、喜んで突然飛びつくようなことはあまりないと言われています。 ですが、子犬の頃から他の犬に慣れ親しめば、もともと遊び好きな性格なためフレンドリーな子に育ちます。 また、日本スピッツは警戒心が強いため、少々気が小さく物音には敏感です。 そして、なんと言っても表情がとにかく豊かで全身で喜びを表現する「天真爛漫」さが日本スピッツの魅力と言えるでしょう。 日本スピッツの価格 日本スピッツの子犬の価格は 20万~25万が相場となっています。 毛並みや血統、生後日数などで値段が変わりますが、あまりにも低い価格がつけられている場合は、何らかの問題(病気や行動など)を抱えている可能性があります。 特にペットショップで購入される際は、子犬の健康状態(獣医師の診断書など)、気になる行動や癖など、しっかりと確認した上で家族として迎えるのかどうかを判断すると良いでしょう。 少しでも購入後のリスクを避けたいという場合は、手間暇を惜しまずに日本スピッツ専門ブリーダーから迎えることをおすすめします。 親犬や兄弟犬の様子も見学できますし、何より親兄弟と暮らしたことから社会性や協調性を身につけている子が多いはずです。 トリミングのコツ 日本スピッツのトリミングは「豪華な被毛はふんわりと、耳や足先は小さめに見えるようにスッキリと」をイメージするようなカットスタイルがおすすめです。 スリッカーブラシは被毛を傷めるので使用は控えます。 ペットサロンなどでトリミングをしていただく時は、使用を控えてほしい旨事前に伝えるといいでしょう。 前足は手根球(母指からさらに上についている肉球)より先、後足はかかとより先を短く整えます。 ポメラニアンとフォルムは似ていますが、同じカットではありません。 耳先と耳の内側を三角に沿って、面取りするようなカットをします。 セルフでは難しいのでおすすめしません 眉とお髭の長い部分は、カットすると上品で優美な印象の犬になります。 日本スピッツの歴史 日本スピッツは、昭和初期に東京の愛犬家が海外から白いスピッツタイプの犬を取り寄せたのが始まりといわれていますが、諸説あります。 以降、白いジャーマンスピッツやアメリカンエスキモーなどを掛け合わせ、純白で小型化に固定して日本原産となった数少ない犬種のひとつです。 他には、日本テリア、狆、土佐犬などがいます。 戦後まもなく豊かさを取り戻した日本において「犬は番犬」という認識だった日本で初めて、「豊かな象徴」として日本スピッツは大ブームになりました。 しかし皮肉なことに、大ブームによって乱繁殖され、爆発的に増えた日本スピッツは質が落ちてしまいます。 当時、「犬は外に鎖で繋いで飼う」というスタイルがほとんどだった時代です。 そのような飼育環境におかれていた犬たちは、どんな犬種でも神経質でうるさい犬となるでしょう。 日本スピッツもそのような背景から次第に敬遠されるようになり、人気が落ちて飼育頭数も減少していきます。 それでも日本スピッツをこよなく愛する愛好家たちは、諦めずに穏やかな性格で体格に優れた日本スピッツを基準とし、改良と犬種の保存を目的とした交配、繁殖を受け継いで後世に残してくれました。 その甲斐あって、現在の日本スピッツは無駄吠えしない穏やかな犬種になりました。 現在では、オーストラリアやヨーロッパにいたる世界各国で日本スピッツが愛されています。 減少傾向にある日本スピッツの犬種保存と品種改良 現在、日本スピッツ自体の数が少なくなっていることから、未去勢、未避妊の日本スピッツを探すのは困難です。 その犬の本質がより良く現れるのは3歳を過ぎてからと言われており、未来に残したい優れた要素を早期の手術により断切るのはあまりにも勿体ないと残念に思います。 日本スピッツは海外での人気が高まっているにも関わらず、国内の飼育頭数は減少傾向にあり、近い将来、日本スピッツを手に入れる手段が海外から逆輸入、なんてことになってしまうかもしれないのです。 そうならないためにも、日本スピッツのみならず、海外でも人気のある秋田犬や柴犬といった「日本犬の血統」を守るべきである、という愛犬家の意識改革が必要だと日々感じています。 スピッツって私が若い頃はちょこちょこ見た気がしますが最近あまり見ないですね。 真っ白でサラサラの毛で、とても気品があるというか上品な印象があって、お金持ちの家で飼われていたような気がします。 顔や足が細いのでシュッと引き締まった印象もあります。 それにしても記事にパピーの写真がめちゃくちゃかわいいですね!パピーの頃がどんな犬種もコロコロとしてるんですね!丸っこくてふわふわで撫でまわしたいです 笑 そういえば「スピッツはキャンキャン吠える」というのを聞いたことがありますが、それも犬種ならではのことなんでしょうか?声が甲高いということみたいですが、個体差もあるのかな?それであまり人気がなくなってしまったというのを聞いた気がするので…。 でもそれはしつけとか飼育環境にもよりますし、いくらでも改善できる部分だと思うので、貴重な日本犬種だしあまり減ってほしくないですね。 実家でスピッツを飼っております。 とても人懐っこくお転婆でテンションが上がってしまうと手がつけられなくなる所があります。 祖父母達が飼うために実家に住んで居る時に私が躾をしていましたが頭が良く躾などはしやすかったです。 スピッツはうるさいと良く言いますが確かに実家に遊びに行くとよく吠えてます(笑) 私が躾をしていた頃は吠えなかったのですが祖父母達が主に飼うようになり甘やかされてよく吠えるようになりました。 家を出て5年程になりますが未だに私のことを覚えていてくれて実家に帰るとずっと側から離れません。 とても優しい子です。 子供とも仲良く遊べます。 ただ抜け毛はとても多いのでお掃除が苦にならない方にオススメですね。 毛もとても多いのでダニなど特に注意してあげてくださいね。 ブリーダーの元で繁殖用に飼育され、保護団体に渡った雌のスピッツを迎え入れました。 ブリーダーの衛生環境や栄養状態が良くなかったらしく、出会った当初は地肌が見えるほど毛がまばらで、肉球もひび割れ、怯えた表情をしていました。 引き取ってから栄養価の高い餌を与え、無理にでも散歩に連れ出し3ヶ月、ふっさふさのお散歩大好き犬に。 驚くほど甘えてきます。 かなり賢いように思いますが、テンションが上がるとちょっと力をセーブできないところも。 他の方が書かれているように、お散歩していても他のスピッツに出会いません。 年配の方には懐かしいとよく声をかけられます。 でも二言目にはよく吠えるでしょと言われるので、やはりうるさい犬種という印象が強いようです。 うちの子は私が帰宅すると少し吠えますが、それ以外はほぼ吠えません。 日本犬の良さもありつつ優美な容姿で家族大好きなので、家庭犬としてとても優秀だと感じます。

次の