参議院 議員 選挙。 参議院選挙次回2022年はいつ?改選議席数と議員定数、2016、2019年の結果について

参議院議員通常選挙

参議院 議員 選挙

衆議院と参議院の違いを表で!わかりやすく それでは、まずは 衆議院と参議院の違いを、表で確認してみましょう。 衆議院 参議院 二院制で言うと? 下院 上院 任期 4年 6年 定数 480人 比例代表選出180人、小選挙区選出300人 245人:令和4年7月25日まで 248人:令和4年7月26日以降 (比例代表選出100人、選挙区選出148人) 解散 あり なし 被選挙権 25歳以上の日本国民 30歳以上の日本国民 選挙区 小選挙区比例代表並立制(非拘束名簿式) 大選挙区・小選挙区比例代表並立制(非拘束名簿式) 内閣信任・不信任決議 あり なし 特徴 任期が短く、解散があるため、より国民の意見を反映しやすい 任期が長く、解散がないため、内閣としても無視できない 参議院議員は半数の人数が3年毎に選挙で入れ替わるよ。 パパクマ 一般的に衆議院は選挙区が小さいので、地元の有力者が当選しやすくなっています。 逆に参議院議員は選挙区が広いため、多くの人に顔を知られている芸能人やスポーツ選手が当選しやすい傾向があります。 また、上記の表にない違いとして、法案や予算案、条約の承認、内閣総理大臣の指名など衆議院の決定が優先される 衆議院の優越(ゆうえつ)という制度があります。 衆議院の方が任期が短く解散もあるため、国民の意見を反映しやすいという理由からです。 次では、国民の意見を反映しやすい衆議院だけでなく、 参議院が存在する理由や問題点についても見てみましょう。 そのため、ちゃんと国民と国にとって有益な法案かどうか? おかしな法案ではないか? そういったことを衆議院以外の場で、公正に中立に 審議しチェックする機能が必要です。 それが 参議院の役割です。 さらにねじれ国会の時は参議院で法案が否決されることが多くなるから、法案成立に時間がかかるようにもなるよ。 パパクマ それでは、チェック機能が働かないなら 二院制、参議院は必要なのでしょうか?もしかして必要ない?とも考えられそうです。 こちらを、次で見てみましょう。 しかし・・・ 今は 参議院は必要だと思っています。 その理由は 政情や経済の安定化です。 ねじれ国会とは紙一重なのですが、例え話でこの政情の安定化をご紹介しますね。 参議院がなく衆議院だけの一院制だったとします。 選挙で衆議院議員だけを選ぶスタイルです。 選挙があり、政権与党が 敵対していた政党に交代したとします。 今までのタチツテ党から、ナニヌネ党に変わりました。 ナニヌネ党は、タチツテ党が成立させた法律を どんどん廃止して別の法案を通しました。 多数の法律が変わった結果、制度が大きく変わってしまい、困る企業や国民が続出し、経済にも悪影響が出て、海外からの投資も削減、同時に政情も不安定になってしまいました。 しかし一院制のため、衆議院の任期が満了する4年間はナニヌネ党の暴走や迷走を止められませんでした。 制度がコロコロ変わっては、たまりません。 政権与党が暴走しないための二院制でもあります。 二院制の場合は、上記の例え話がどうなるか、見てみましょう。 衆議院と参議院の二院制の場合です。 衆議院選挙があり、政権与党が 敵対していた政党に交代しました。 今までのタチツテ党から、ナニヌネ党に変わりました。 ナニヌネ党はタチツテ党が最近成立させた法律をどんどん廃止して別の法案を通そうとしました。 しかし二院制のため、ナニヌネ党以外の議員が参議院では多数を占めていました。 そのため国民に不利益な法案や法律の廃止は 参議院で阻止されました。 また、いくつかの法案は衆議院の再可決によりナニヌネ党が半ば強引に通しましたが、その強引な手口を見た国民は 次の参議院選挙はもちろん衆議院選挙もナニヌネ党を選びませんでした。 そして、ナニヌネ党の政権は数年で幕を閉じました。 つまり政権与党が暴走しにくくなるのね。 ねじれ国会になりスムーズに法案が通過しないデメリットがあるものの、政権の安定化や与党の暴走阻止、というメリットを日本は選択しています。 そう考えると、参議院には大切な役割があるんですね。 ただ、今のままではなくもう少し改善されたスタイル、例えば小政党や無所属の立候補者に有利な選挙区に変更するなど、衆議院とは違った本来のチェック機能が働くような変更が必要なのでは?とは思います。 さいごに 衆議院と参議院の違いでした! 参議院は政情の安定という意味でも大切な役割があるんですね。 このブログ、中学生から大学生の生徒さんや学生さんから、わかりやすかったです~ありがとう!とけっこうな数のコメントをいただきます。 そんな時、日本の将来を担う若者の役に立つなんて、ブログを運営していて本当に良かったな~と思う瞬間でもあります。 こちらこそ読んでいただき、ありがとうございますm(_ _)m 記事中で何度か出てきた「ねじれ国会」はこちらにまとめました。

次の

参議院議員通常選挙

参議院 議員 選挙

概要 [ ] 参議院も衆議院と同様に全国民を代表する選挙された議員で組織される(1項)。 通常、参議院議員通常選挙は任期満了の日の前30日以内に行われる(32条1項)。 しかし通常選挙を行うべき期間が参議院開会中または参議院閉会の日から23日以内にかかる場合、参議院閉会の日から24日以後30日以内に行う(公職選挙法32条2項)ため、任期満了後に行われる場合もある。 参議院議員通常選挙は全国規模の国政選挙ではあるが、総議員を一斉に選出するわけではなく半数改選であるから「総選挙」とは呼ばず、公職選挙法32条では3年ごとの参議院議員選挙を「通常選挙」と呼んでいる(ただし、国会議員の選挙の公示について定めた4号では「総選挙」について、「 国会議員の総選挙の施行を公示すること」と規定しており、衆参問わず各議院の国会議員を選出する基本的な選挙の公示をとして定めた趣旨であると解されることから、憲法7条4号の「総選挙」には参議院議員通常選挙が含まれる、と解するのが通説である )。 選挙対象の参議院議員のことを改選議員、選挙対象外の参議院議員を非改選議員と呼ぶ。 公職選挙法により、参議院議員通常選挙の期日は少なくとも17日前に公示しなければならないとされている(公職選挙法32条3項)。 選挙はにより行う(公職選挙法35条)。 参議院議員の選挙においては選挙区選出議員及び比例代表選出議員ごとに一人一票を投票する(公職選挙法36条)。 参議院議員通常選挙の選挙事務の管理については特別の定めがある場合を除くほか、選挙区選出議員の選挙については都道府県のが管理し比例代表選出議員の選挙についてはが管理する(公職選挙法5条)。 ・・選挙方式の詳細については次節以下参照。 参議院議員通常選挙が行われている時期に、衆議院が解散されて衆議院議員総選挙が行われることになった場合は、衆議院選挙と参議院選挙の両方の選挙を同時に行う()。 選挙された参議院議員の任期は6年である(前段)。 参議院議員の任期は前の通常選挙による参議院議員の任期満了の日の翌日から起算する(公職選挙法257条本文)。 ただし、通常選挙が前の通常選挙による参議院議員の任期満了の日の翌日後に行われたときは通常選挙の期日から起算する(公職選挙法257条但書)。 参議院議員通常選挙が行われたときは、その任期が始まる日から30日以内に(臨時国会)を召集しなければならない(2条の3第2項本文)。 ただしその期間内に(通常国会)や(特別国会)が召集された場合、またはその期間が任期満了による衆議院議員総選挙を行うべき期間にかかる場合はこの限りでない(国会法2条の3第2項但書)。 選挙権および被選挙権 [ ] 参議院議員及びその選挙人の資格は法律(具体的には公職選挙法等)で定められる(本文)。 選挙権 [ ]• で年齢満18年以上の者は、参議院議員議員の選挙権を有する(公職選挙法9条1項)。 2015年6月に改正公職選挙法が成立し、2016年6月から選挙権年齢は20歳以上から18歳以上に引き下げられた()。 例外的に選挙権を有しない者については、公職選挙法11条1項・252条、28条に規定がある。 被選挙権 [ ]• 日本国民で年齢満30年以上の者は参議院議員の被選挙権を有する(公職選挙法10条1項柱書及び2号)。 例外的に被選挙権を有しない者については公職選挙法11条・11条の2・252条、政治資金規正法28条に規定がある。 現在の選挙方式 [ ]• 議員定数・選挙区・投票の方法など参議院議員通常選挙に関する事項は法律(公職選挙法等)によって定められる(2項・)。 は245人(2022年から248人)であるが、半数改選であるため、74議席と50議席に分かれる(公職選挙法4条2項)。 選挙区は原則として各都道府県に1つ置かれる。 比例代表は全国統一で行う(この点で全国11ブロックからなる衆議院議員総選挙の比例代表制とは異なる)。 比例代表選出選挙に立候補する政党・政治団体は以下のいずれかの規定を満たす必要がある。 当該政党・政治団体に所属する衆議院議員・参議院議員が5名以上有すること。 当該参議院議員通常選挙において、当該政党・政治団体の候補者が10名以上有すること。 選挙区制 [ ] 2019年現在の定数:147人(2022年からは148人)• 選挙人は候補者の氏名1名を自書して投票する。 当選人は最多数の得票を得た者から、順にその通常選挙で選出する議員数に達するまで当選する。 ただし、有効投票の総数に定数を除した数の六分の一以上の得票が必要である()。 令和元年のから適用される選挙区割り一覧 改選数 選挙区数 選挙区 6人 1選挙区 4人 4選挙区 、、、 3人 4選挙区 、、、 2人 4選挙区 、、、 1人 32選挙区 、、、、、、、、、 、、、、、、、、 、、、、、、、 、、、、 平成25年のにおける改選数 リンクをクリックすると、各都道府県選挙区の記事に移動する。 太字は2人以上の選挙区。 比例代表制 [ ] 2019年現在の定数:98人(2022年からは100人)• 全都道府県を選挙区とする比例代表制を採用(公職選挙法12条2項)。 選挙人は、立候補した者1名の氏名を自書して投票する( 個人票)。 ただし選挙人は立候補した者1名の氏名を自書するのに代えて、1つの立候補した「参議院名簿届出政党等」の名称を自書して投票することもできる( 政党票)。 各々の「参議院名簿届出政党等」の 当選人数は政党等ごとに各々の候補者の個人票と政党票とをすべて合算し、 により決定される。 各々の「参議院名簿届出政党等」において誰が人であるかは、政党等ごとに各々の個人票の多寡の順位に応じて上記 当選人数まで当選させるという方式で決定される( )。 なお、衆議院議員総選挙では拘束名簿方式の比例代表制が採用されており参議院議員通常選挙とは方式が異なる。 のから比例区の一部でからまで採用されていた(厳正拘束名簿式)が「 」として復活することになり、これによって比例区では拘束名簿式と非拘束名簿式の両方が混合することになる。 参議院議員通常選挙の沿革 [ ] (昭和22年) (昭和22年法律第11号)公布。 を採用。 全国区:100人、地方区:150人の総定数250人。 (昭和25年) 公職選挙法(昭和25年4月15日法律第100号)が施行される(参議院議員選挙法廃止)。 (昭和46年) に備えた制定により定数2増で総定数が252人。 (昭和55年) 初の衆参同日選挙(第36回衆議院議員総選挙・第12回参議院議員通常選挙)。 (昭和58年) に代えて「全都道府県」を対象とする比例代表制を採用( )。 (平成4年) 「全都道府県」が揃って、初めて 即日された(第16回参議院議員通常選挙)。 (平成7年) 参議院議員選挙として初の選挙区の定数是正で8増(宮城、埼玉、神奈川、岐阜各2人)8減(北海道4人、兵庫、福岡各2人)。 (平成8年) 1992年(平成4年)の第16回参議院通常選挙の定数配分の最大格差1対6. 59につき、最高裁が違憲の問題が生ずる程度の投票価値の著しい不平等状態にあったと判断(最大判平8・9・11民集50巻8号2283頁)。 ただし、格差がこの程度に達した時から選挙までの間に国会が議員定数配分規定を是正する措置を講じなかったことをもってその立法裁量権の限界を超えるものと断定することはできないとして違憲とはしなかった。 (平成10年) 投票時間の延長(・を含む)と、不在者投票・期日前投票の事由が緩和された(第14回参議院議員通常選挙)。 (平成13年) 比例代表制を改定( )。 選挙区で6減(岡山・熊本・鹿児島各2人)、比例区で4減で総定数242人に。 (平成19年) 選挙区で4増(東京・千葉各2人)4減(栃木・群馬各2人)。 (平成24年) (平成22年)の第16回参議院通常選挙の定数配分の最大格差1対5. 00につき、最高裁が違憲の問題が生ずる程度の投票価値の著しい不平等状態にあったと判断。 ただし、選挙までの間に国会が議員定数配分規定を是正する措置を講じなかったことをもってその国会の裁量権の限界を超えるものと断定することはできないとして違憲とはしなかった。 (平成25年) 選挙区で4増(神奈川・大阪各2人)4減(福島・岐阜各2人)。 選挙期間中のが解禁された。 (平成27年) 選挙権年齢を20歳以上から18歳以上に引き下げ。 (平成28年) 選挙区で10増(北海道・東京・愛知・兵庫・福岡各2人)10減(宮城・新潟・長野各2人、鳥取・島根と徳島・高知を合区し各2人)。 初めて、が導入された。 (令和元年) 比例代表制を改定(従来の非拘束名簿式に拘束名簿式である を追加)。 選挙区で2増(埼玉2人)、比例区で4増。 (注)一票の格差の判断について最高裁判例では• 著しい不平等状態の有無• その状態が相当期間継続しているかの可否 を判断基準とし、1に抵触している場合には「違憲状態」、1と2の双方に抵触していれば「違憲」として結論を導いており、違憲判決をとる場合には選挙の効力についてさらに判断を行う (議員定数訴訟における「違憲」や「違憲状態」についてはも参照)。 参議院議員通常選挙の一覧 [ ] 「」も参照 回 投票日 曜日 投票率 定数 改選 任期満了日 備考 (昭和22年) 61. 日 日曜日 248 現時点の改正点のみ記載• ここでいう改選数には旧全国区等の通常選挙と合併して行われたによる3年議員の数は含まれていない。 青字は最高投票率、 赤字は最低投票率。 脚注 [ ].

次の

参議院の選挙制度を解説!メリットとデメリットは?

参議院 議員 選挙

投票所 2012年(平成24年)12月16日に執行されたでが政権を奪還して、初めての大型である。 以降、ではが過半数を下回るが続いており(2009年のから2010年のまでの期間を除く)、非改選議員と合わせて与党が過半数を確保できるかが最大の焦点とされていた。 参議院の242人の半数、すなわち、(19年)執行の第21回参院選で選出された73議席と48議席の合計121議席が当選挙での改選対象となる。 第21回参院選は、自民党はで大敗を喫しており、その後の退陣や2009年のにも繋がる契機となっただけに、安倍にとっては雪辱の舞台でもある。 12年に一度重なる東京都議会議員選挙との同年実施となる。 はに実施され、本参院選は約1か月後に行われた。 また、の改正により、以下の点が変更となった。 選挙区の改選数が一部変更され、・が1人増で4人、・が1人減でとなる。 2013年の改正により、「」が認められることとなった。 同年の改正により、「の参政権」が回復した。 での開票において、票の不正操作が行われ、逮捕者を出す事態となった。 詳細は「」を参照 選挙データ [ ] 内閣 [ ]• (第96代) 公示日 [ ]• (平成25年) 投開票日 [ ]• (平成25年)• 発表()によると、や山間地など全国11都道県81投票所で投票日を18日〜20日に繰り上げ。 開票はいずれも21日。 :(13か所)、:など(9か所)、:など(59か所)。 または、でのを「13日まで」から「7月11日まで」に繰り上げた。 有権者数・投票率など [ ] 投票総数 有効投票数 無効投票数 無効投票率 54,797,598 53,072,477 1,725,121 3. 15 都道府県別投票総数、有効投票数、無効投票数(選挙区)より抜粋• 者数は、12,949,984人で、全有権者の12. 選挙制度 [ ] 改選数 [ ]• 121(73・48) 定数の変更 [ ] に選挙区定数の4増4減が行われた。 、がそれぞれ定数6から8(改選数は4)に増員され、、はそれぞれ定数4から2(改選数は1)に減員された。 選挙区• - 31• 2人区 - 10(北海道・宮城・茨城・新潟・長野・静岡・京都・兵庫・広島・福岡)• 3人区 - 3(埼玉・千葉・愛知)• 4人区 - 2(大阪・神奈川)• 5人区 - 1(東京)• 全国比例区• その他 [ ]• 立候補者433人 (地方区:251人・全国区:186人) 党派別立候補者数 [ ] 第23回参議院通常選挙 党派別立候補者数 党派 候補者数 改選数 公示前 勢力 当選者数 合計 選挙区 比例 55 35 20 44 86 17 78 49 29 34 84 65 21 4 17 10 19 11 34 19 15 3 13 8 11 5 6 6 8 0 63 46 17 3 6 8 9 5 4 2 4 1 8 5 3 4 4 0 44 14 30 2 3 8 0 0 0 1 2 0 11 2 9 1 1 0 1 1 0 1 1 1 50 47 3 0 0 0 10 1 9 0 0 0 3 3 0 0 0 0 財政再建党 1 1 0 0 0 0 埼玉の未来を創る会 1 1 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 みたまやま政策研究会 1 1 0 0 0 0 打出党 1 1 0 0 0 0 二十一世紀日本維新会 1 1 0 0 0 0 27 27 - 5 6 2 合計 433 271 162 121 欠員5 237 121 433人が立候補した。 立候補者数はの437人(選挙区251人、比例区186人)を4人下回った。 比例区において政党名での投票が可能となる「参議院名簿届出政党等」は、12団体であった。 なお元衆議院議員のを代表とする 、株式会社を支持母体とする、の館長らによって結成された、前回の参院選でに党代表が立候補したあきつ新党 は、最終的に候補の擁立を見送った。 注釈 [ ]• 北海道・大阪府選挙区• 沖縄県選挙区• 全選挙区 政治と選挙のプラットフォーム「政治山」・第23回参議院議員選挙、各選挙区候補者より• 兵庫県選挙区• 千葉県・東京都・神奈川県選挙区• 福島県選挙区• 埼玉県選挙区• 東京都選挙区• 東京都選挙区• 愛知県選挙区• 愛知県選挙区• 京都府選挙区• 大阪府選挙区 民間団体による候補者アンケート [ ]• が、7月12日に と題した各候補者(選挙区、比例区)へのアンケート結果を公開している。 主な争点 [ ] 政策 [ ]• 各政党の政権公約 [ ] 政党 政権公約 民主党 自由民主党 公明党 みんなの党 生活の党 日本共産党 みどりの風 社会民主党 日本維新の会 新党大地 幸福実現党 緑の党グリーンズジャパン 民間団体によるマニフェストの評価・比較 [ ]• が、7月16日に を発表している。 選挙政治サイトは、協力のもと、「マニフェスト・公約 比較表」を掲載している。 自民党が現行制度下では最多となる65議席(選挙区47議席、比例区18議席)を獲得し、6年ぶりに参議院第一党に復帰した。 選挙区では31ある1人区のうち、岩手と沖縄を除く29選挙区で議席を獲得。 2人区ではすべて1議席を確保し、3人区のと5人区のでは2議席を獲得した。 比例区では18議席を得て12年ぶりの比例第1党となった。 また結党以来初めて現職候補が全員当選している。 公明党は選挙区に立候補した4人全員が当選し、比例区の7議席と合わせて改選前を上回る11議席を獲得した。 この結果、自民・公明両党による与党は76議席を獲得。 非改選の59議席と合わせて過半数を上回る135議席となり、衆参両院で多数派が異なるねじれ国会は解消された。 野党 [ ] 民主党 [ ]• 前年12月の衆院選で政権から陥落したは候補を擁立した19の1人区で全敗し、2人区の、、で敗れたほか、3人区の、4人区の、5人区の東京でも議席を失った。 選挙区と比例区を合わせた17議席(選挙区10議席、比例区7議席)は1998年の結党以来最少。 日本維新の会、みんなの党 [ ]• 参議院選挙初挑戦のは8議席(選挙区2議席、比例区6議席)を獲得した。 も同じく8議席(選挙区4議席、比例区4議席)を獲得している。 比例区の得票数で見ると、維新は約635万票(11. でみんなは10議席、比例区では794万票(13. しかし選挙区での獲得議席は前回の3議席から4議席へと増やしており初めて二人区で候補者が当選している。 一方、選挙区では選挙協力の解消に伴って双方が候補を擁立し共倒れとなる選挙区が相次ぎ、両党とも議席数こそ伸ばしたものの伸び悩む結果となった。 両党とも民主党から鞍替えした現職候補が選挙区で1人ずつ落選。 日本共産党、社会民主党 [ ]• 6月の東京都議会議員選挙で躍進したは改選前の3議席から5増の8議席(選挙区3議席、比例区5議席)を獲得した。 比例区の得票は第22回参議院議員通常選挙の約356万票(6. また都市部の3選挙区(東京・大阪・京都)で議席を獲得した。 選挙区での議席獲得は以来12年ぶりのこと。 共産党が国政選挙で議席を増やしたのは15年ぶりである。 非改選の3を含めて11議席となったため、共産党はの地位を回復し、国会法56条1項に基づくに必要な議案提出権を得た。 は改選前から1減となる1議席(比例区1議席)を獲得した。 比例区での得票は125万票(2. 選挙結果をうけて党首のは辞任した。 両党とも派であることなどからメディアでは「護憲派の明暗がくっきり分かれた」と報じられた。 しかし、共産党の参議院選挙での獲得議席、得票率は以降頃までは度々あった。 共産党が最多獲得議席、得票率を得たのはである。 生活の党、みどりの風 [ ]• 初挑戦のは選挙区で議席を得られず、比例区でも約94万票(1. その結果、参議院の議席は8議席から2議席へと大幅に減らした。 同じく初挑戦のは比例区で約43万票(0. 議席獲得はならなかった。 選挙区でも現有議席を維持できず、4あった参議院の議席を失った。 残った議席は衆議院の2議席のみとなり、政党要件を喪失した。 自身も落選した代表のは代表辞任と政界引退を表明した。 諸派 [ ] 沖縄社会大衆党・新党大地 [ ]• ()は、、、の推薦を受け 、で3選。 は比例区で52万3,146票(0. 選挙区では2候補(北海道・大阪府)を擁立したが、いずれも議席を獲得する事が出来なかった。 その他 [ ]• 初めての国政選挙に臨んだは比例区で45万7862票(0. 議席獲得には結びつかなかったが比例代表のが17万6970票と本選挙の最多得票落選者となるなど一定の影響力を見せた。 は47全ての選挙区に候補者を擁立するも全敗した。 供託金も全没収の結果である。 比例区で19万1,643票(0. 、、財政再建党、埼玉の未来を創る会、、、みたまやま政策研究会、打出党、二十一世紀日本維新会は、選挙区のみに候補者を擁立したが、いずれも議席獲得はならなかった。 無所属 [ ]• 当選した候補はのとの。 山本は初当選、平野は3回目の当選。 その後平野は会派、新党改革に入会(新党改革・無所属の会と改称)、山本は生活の党に入党(生活の党と山本太郎となかまたちと改称)。 投票率 [ ]• 選挙区 52. 比例区 52. 204 34. 000 42. 149 14. 000 5. 353 48. 000 47. 038 13. 570 16. 503 11. 000 7. 457 9. 000 10. 805 8. 000 7. 000 2. 000 0. 577 1. 000 1. 077 0. 000 0. 879 0. 000 1. 445 0. 000 0. 622 0. 000 1. 000 0. 570 0. 000 0. 000 0. 000 0. 000 0. 000 0. 000 0. 000 0. 000 0. 000 3. 403 51. 946 52. 756 100. 946 100. 勢力は7月29日時点。 は今選挙で候補者を擁立していない。 得票数に関する出典• 比例代表選出議員 [ ]• 2019年7月、出馬で失職。 2014年11月のみんなの党の解党に伴い、無所属に。 無所属クラブを経て2016年10月、自由民主党会派に入会。 2019年4月、那須塩原市長選挙立候補準備に伴い辞職。 同時点でみんなの党の比例名簿は無効になっているため、繰り上げ当選は発生せず。 2014年11月のみんなの党の解党後、日本を元気にする会に参加。 2015年12月、日本を元気にする会を離党し、自由民主党会派に入会。 2019年6月、7月の参院選の比例区で自由民主党より立候補予定のため辞職。 同時点でみんなの党の比例名簿は無効になっているため、繰り上げ当選は発生せず。 同日選挙 [ ]• :長選挙• :長選挙• :長選挙• :長選挙• :長選挙、利根町議会議員補欠選挙• :長選挙、長選挙、議会議員一般選挙、杉戸町議会議員補欠選挙• :長選挙• :長選挙、議会議員一般選挙• :長選挙、長選挙• :議会議員一般選挙• :議会議員選挙区補欠選挙• :長選挙、奈良市議会議員一般選挙、長選挙• :議会議員選挙• :、議員選挙区補欠選挙、議会議員一般選挙、長選挙、上郡町議会議員一般選挙 - 上郡町では、参院選・知事選・町長選・町議選の4選挙が同時に行われるとなった。 :議会議員一般選挙、議会議員一般選挙• :長選挙• :議員選挙区補欠選挙、議会議員一般選挙• :議会議員一般選挙• :長選挙• :議会議員一般選挙 選挙特別番組 [ ] テレビ番組 [ ] 地上波放送• 『』放送時間 19:55 - 翌4:30(司会:)、ちなみにでは開票速報は放送されない。 『』放送時間 19:58 - 翌2:00 (司会:、)• (CS)・『参院選』放送時間 19:57 - 翌4:00(日テレNEWS24(CS) )・翌2:00 - 3:59(日本テレビ)(司会:、、)• 『』放送時間 19:57 - 翌0:05(司会:、)• 制作版:放送時間 19:50 - 翌0:45(司会:、、)• 『夏の決戦! 参院選2013 ニッポンどこへ行く!? 〜あなたが選んだ未来〜・ニッポンのよあけ』:放送時間 翌1:00 - 2:30(司会:・)• (CS)制作版:放送時間 19:55 - 翌6:00(TBSニュースバード(CS) )・翌2:30 - 5:15(TBS)• 『』放送時間 19:50 - 23:54(司会:、)• 『 参院選スペシャル 復活への提言』放送時間 22:00 - 23:25• 『参院選特番 激論 これからのニッポン』放送時間 20:00 - 22:00、『参院選特番 この国の政治の表裏』放送時間 23:30 - 翌1:00 ラジオ番組 [ ]• 『参院選スペシャル2013〜そして、この国はどこへ行くのか〜』放送時間 20:00 - 翌1:00(司会:、• 『』放送時間 19:50 - 翌0:30 (司会:、 )• 『』放送時間 19:50 - 翌0:00• 『』放送時間 22:00 - 翌0:00(全国ネット/司会:、)• TOKYO FM『参議院選挙特別番組 列島タイムライン PARTII・目を離すな! 新政権 2020年からの手紙』放送時間:翌0:00 - 2:00(JFN系列全国ネット/司会:、)• これ以外にも系で選挙開票特番を放送(一部系列局は独自で開票速報の放送局あり。 ただし、未ネットの系列局もあり) 選挙無効請求事件訴訟 [ ] が最大4. 77倍で執行された第23回参議院議員通常選挙直後、投票価値が極めて低かったの選挙人らが、「14条別表第3の参議院選挙区選出議員の配分規定は憲法に違反し無効であるからこれに基づき施行された本件選挙の上記選挙区における選挙も無効である」と主張し選挙無効訴訟を提起した。 2014年11月26日、多数意見は「公職選挙法14条,別表第3の参議院(選挙区選出)議員の議員定数配分規定の下で,選挙区間における投票価値の不均衡は平成24年法律第94号による改正後も違憲の問題が生ずる程度の著しい不平等状態にあった」と判断したものの「国会の裁量権の限界を超えるものとはいえず,上記規定が憲法に違反するに至っていたということはできない」と判断した。 しかし、同最高裁判所判決の反対意見の中で、判事は「との本来の姿からすれば,投票価値のは,他に優先する唯一かつ絶対的な基準として,あらゆる国政選挙において真っ先に守られなければならない」と述べ、国会の裁量を広く認めた従来の最高裁判決を明確に否定した上で、「2倍程度の一票の価値の較差でも許容され,これをもって法の下の平等が保たれていると解する考え方があるが,私は賛成しかねる」と述べ、最高裁判決などの多数意見が論じていた二倍許容論を明確に否定した。 さらに同判事は「の急激な移動や技術的理由などの区割りの都合によっては1〜2割程度の一票の価値の較差が生ずるのはやむを得ないと考えるが,それでもその場合に許容されるのは,せいぜい2割程度の較差にとどまるべきであり,これ以上の一票の価値の較差が生ずるような選挙制度はの規定に反し,違憲かつ無効である」「一票の価値が0. 8を下回る選挙区から選出された議員は,全てその身分を失うものと解すべきである。 なぜなら,一票の価値が許容限度の0. 8より低い選挙区から選出された議員がその身分を維持しつつ他の選挙区の議員と同様に国会の本会議や委員会において議事に加わることは,そもそも許されないと解されるからである」と延べ、投票価値0. 8を下回る議員 50人余 は当選無効とする新たな数値基準を示し、当該議員の立法権能不存在を憲法解釈として明言した。 この山本判事はにおいて審査対象判事の中で最も高い信任率を得た。 また反対意見を述べた、、の三判事は、選挙制度が見直されなかったのは国会の裁量権の限界を超えるとし、大橋、木内両判事は違憲だとした。 また大橋、鬼丸判事は是正される可能性があり無効とはいえないとした。 木内判事は、一部の選挙区のみを無効とはせず、全選挙区の違法を宣言するのにとどめるのが相当と述べた。 脚注 [ ] []• 2013年(平成25年)7月4日詔書. 朝日新聞. 2015年7月17日. 2016年7月2日閲覧。 YOMIURI ONLINE 読売新聞社. 2013年7月11日. 2013年7月22日閲覧。 朝日新聞デジタル 朝日新聞社. 2013年7月21日. 2013年7月22日閲覧。 時事通信. 2013年7月4日. 2013年7月11日閲覧。 [ ]• 時事通信. 2013年7月4日. 2013年7月11日閲覧。 時事通信. 2013年7月4日. 2013年7月11日閲覧。 朝日新聞、2013年7月4日、2013年7月11日閲覧• 総務省• 2013年7月13日閲覧• 2013年7月24日閲覧• 2013年7月22日 日本経済新聞• 2013年7月22日 日本経済新聞• 2013年7月22日 日本経済新聞• 2013年7月22日 日本経済新聞• 2013年5月13日• 『琉球新報』• 『』2013年5月14日• 朝日新聞デジタル 2013年7月閲覧• やや日刊カルト新聞• この節は、所轄選挙管理委員会のホームページによる。 日本放送協会. 2013年7月22日閲覧。 『』短縮版(23:30 - 23:45)放送のため中断あり。 日本テレビ 2013年7月4日閲覧• 日本テレビ以外の一部除く地上波系列局およびBS日テレでも、前者は22日2:00以降の全編もしくは一部を、後者はCS再送信ネットで21日19:57 - 21:00・22日2:30 - 4:00にそれぞれ放送した。 なお、一部系列局では日本テレビ同様通常回線によるネットを行ったため、日本テレビ以外の系列局に通常回線によるネット局とCS再送信ネット局が混在した。 スカパー! 2013年7月4日閲覧。 日本テレビ 2013年7月20日閲覧。 2013年7月3日閲覧• TBS• TBS• TBSテレビ以外の一部地上波系列局でも同局の再送信ネットで、翌2:30 - 5:15の全編もしくは一部を放送。 TBSニュースバード• 2013年7月12日閲覧。 スカパー! 2013年7月12日閲覧。 テレビ東京 2013年7月21日閲覧• 中断中にはL字画面で対応。 とれたてフジテレビ 2013年7月5日閲覧。 『』(22:00 - 22:30)・『』(22:30 - 23:00)放送のため中断あり。 文化放送. 2013年7月22日閲覧。 エフエム東京. 2013年7月22日閲覧。 2014年11月26日 最高裁判所 2015年3月6日閲覧• 2014年11月27日 共同通信 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ウィキニュースには に関連するニュースのカテゴリがあります。 ウィキソースに の原文があります。 外部リンク [ ]•

次の