大阪 吹田市 いじめ。 吹田市女児集団いじめの小学校はどこ?加害者の名前や顔画像を特定?担任教師が隠蔽か

大阪吹田市の古江台小学校でいじめ!担任教師や校長の名前といじめの内容は

大阪 吹田市 いじめ

大阪府吹田市立小学校で発生した悪質ないじめ事案では、吹田市教育委員会の対応が適切ではなかったのではないかと指摘されている。 この点に関連して、吉村洋文大阪府知事がツイッターで口を挟んでいる。 教育委員会制度は廃止すべきだ。 教員の人事権、人事評価を含む全ての教育行政の最終権限は、教育委員会にある。 市民感覚からズレても修正される機会がない。 教育改革が必要であっても基本は手出しできない。 極めて閉鎖的な組織制度だ。 市民に対して最終責任を負わない組織が強烈な権限を持っている。 — 吉村洋文(大阪府知事) hiroyoshimura 教育委員会制度は今のままでいいか?勿論、教育内容が一党一派の政治思想に支配されてはならない。 しかし、教育行政の全てを教育委員会が取り仕切るのはやりすぎだ。 橋下改革で法律も変わり市長が関与できる総合教育会議ができた。 しかしこれを活用しきれない自治体も多い。 — 吉村洋文(大阪府知事) hiroyoshimura 維新の身勝手な「教育政策」の問題点が浮き彫りになっている発言だと感じる。 維新の「教育政策」こそが市民感覚から大きくずれた、現場の知見を無視した首長の思いつきでのトップダウン型、管理、競争の発想である。 橋下徹以来、維新の首長が介入してきた大阪府・大阪市の教育行政では、何が起きているか。 維新が打ち出した教育関連の施策は児童生徒いじめや教職員いじめのような形になってことごとく失敗し、おかしな考え方を持つ首長のおかしな口出しによって教育現場に不要な混乱を呼び込み、困難を招いている。 学力を「全国学力テストでの平均点や順位」に矮小化した上で、学力テストの学校成績を教職員評価にも連動させると表明した大阪市での愚策は、吉村洋文大阪市長(当時)と大森不二雄大阪市特別顧問が主導し、政治的に押しつけられたものである。 大阪市で導入された、「ゼロ・トレランス」の発想を具体化して児童生徒の問題行動を尺度別に数値化して指導をおこなう「学校安心ルール」は、2014年に橋下徹大阪市長(当時)の発案で押しつけられたものとなっている。 2018年6月18日の大阪府北部地震の際には、法令上は「学校長に休校の決定権がある」・また事前に大阪市教育委員会が整備していた災害対策マニュアルでは「休校等の措置は、個別の状況に応じて各学校ごとに判断する」とされていたにもかかわらず、吉村大阪市長(当時)が市教委事務局との打ち合わせなしに独断で、ツイッターで「市立学校は一斉休校を決定」と流した事件があった。 市教委は当日「各学校の状況に応じて判断してください」という別の通知を各学校宛に出し、学校側も「児童生徒の保護・安全確保を兼ねて通常授業」と決めたケースも多かったにもかかわらず、吉村ツイッターを見た保護者からの問い合わせで各学校や市教委事務局を混乱させたという事件も生じた。 現行制度上もそのような状況が生じているのに、さらに首長に権限が集中するような形になると、もっと恐ろしいことになってくる。 またそもそも、維新の首長であるか否かを問わず、教育委員会の廃止などで首長に権限を集中させると弊害が生じる。 教育行政が首長の意向に左右されることになる。 たまたま良心的な首長ならよいかもしれないが、おかしな考え方を持つ首長が就任した場合には歯止めが利かなくなることになってしまう。 首長の個人的な思想信条に左右されるのではなく、教育現場で積み重ねられてきた実践・教育学や関連学問の研究成果・保護者や市民の思いなどを総合的に判断できるような、ボトムアップ型の教育行政を作り上げていくことが必要ではないか。 そのためには教育委員会「廃止」などではなく、逆に教育委員会の独立性と権限をより拡大する方向での改革が必要だと考えられる。

次の

大阪府吹田市で女児がいじめられた小学校はどこ?担任の先生の名前は?

大阪 吹田市 いじめ

「公立義務教育諸学校の学級編制及び教職員定数の標準に関する法律」によれば、小学校における1学級あたりの児童は35人(1年生)または40人(2~6年生)と定められていて、この学級には教諭1人が担任として割り当てられています。 学校の規模にもよりますが、学校全体としては、学級数に対して1~1. 3倍程度の教諭がいれば充足するとされているので、ものすごく条件が良い場合で教諭1人当たり児童約30人、状況によっては40人に対して指導を行わなければなりません。 この人数に対して、主要科目について学習指導を行うほか、生活指導を通して生徒の健康や生活環境を整えていくのです。 児童の中には発達障害を抱えているとか、家庭の環境が悪いなど、様々な事情で学校生活に問題のある者がいることもあって、教諭は日々、あらゆる問題に対処しなければならない立場にあります。 40人の児童のうちのたった1人の児童が何らかの問題行動を起こしてしまうなら、教諭が聞き取り調査や解決に向かうための指導を行うことで解決するかもしれませんが、その問題の児童が2人、3人と増えてしまっていくとどうなるか。 ただでさえ学校は様々な行事のある施設ですから、対応しきれなくなってしまうのは想像に難くないと思います。 「調査報告書(公表版)」吹田市いじめに係る重大事態調査委員会 報道によれば、被害女児が学校の複数回のアンケートに答え、いじめの事実を申告しているのにも関わらず、教諭が児童に具体的な内容を聴取しなかったことが報じられています。 一方、吹田市による報告書によれば、そのアンケートを紛失・破棄したとあります。 これは何を意味するか。 「いじめの事実を見つけてしまうと、仕事が膨大に増えるから、見なかったことにした」のでしょう。 第三者委員会によって当該教諭に聴取したところで、「大きなケガもないので、面倒な報告はしませんでした」などと正直に言うはずもありません。 「忘れた」「うっかり破棄した」と回答してしまえば、教諭自身も上司も傷つきません。 もちろん、アンケート調査を実施・破棄した教諭の心の中までは見えないので、「ちょっとした意地悪や口げんかなどで教諭がいちいち介入しているときりがない」と判断したのでしょう。 しかし、その放置が女児の骨折・PTSD・視力低下を招いたのです。

次の

大阪府吹田市の小学校女児いじめの教師や学校の名前は?

大阪 吹田市 いじめ

「公立義務教育諸学校の学級編制及び教職員定数の標準に関する法律」によれば、小学校における1学級あたりの児童は35人(1年生)または40人(2~6年生)と定められていて、この学級には教諭1人が担任として割り当てられています。 学校の規模にもよりますが、学校全体としては、学級数に対して1~1. 3倍程度の教諭がいれば充足するとされているので、ものすごく条件が良い場合で教諭1人当たり児童約30人、状況によっては40人に対して指導を行わなければなりません。 この人数に対して、主要科目について学習指導を行うほか、生活指導を通して生徒の健康や生活環境を整えていくのです。 児童の中には発達障害を抱えているとか、家庭の環境が悪いなど、様々な事情で学校生活に問題のある者がいることもあって、教諭は日々、あらゆる問題に対処しなければならない立場にあります。 40人の児童のうちのたった1人の児童が何らかの問題行動を起こしてしまうなら、教諭が聞き取り調査や解決に向かうための指導を行うことで解決するかもしれませんが、その問題の児童が2人、3人と増えてしまっていくとどうなるか。 ただでさえ学校は様々な行事のある施設ですから、対応しきれなくなってしまうのは想像に難くないと思います。 「調査報告書(公表版)」吹田市いじめに係る重大事態調査委員会 報道によれば、被害女児が学校の複数回のアンケートに答え、いじめの事実を申告しているのにも関わらず、教諭が児童に具体的な内容を聴取しなかったことが報じられています。 一方、吹田市による報告書によれば、そのアンケートを紛失・破棄したとあります。 これは何を意味するか。 「いじめの事実を見つけてしまうと、仕事が膨大に増えるから、見なかったことにした」のでしょう。 第三者委員会によって当該教諭に聴取したところで、「大きなケガもないので、面倒な報告はしませんでした」などと正直に言うはずもありません。 「忘れた」「うっかり破棄した」と回答してしまえば、教諭自身も上司も傷つきません。 もちろん、アンケート調査を実施・破棄した教諭の心の中までは見えないので、「ちょっとした意地悪や口げんかなどで教諭がいちいち介入しているときりがない」と判断したのでしょう。 しかし、その放置が女児の骨折・PTSD・視力低下を招いたのです。

次の