結婚 式 親族 のみ。 少人数結婚式で私が行った演出内容や流れ、司会無しで進行するアイデア

結婚式の親族紹介の順番と仕方、挨拶の例文集|マイナビウエディングPRESS

結婚 式 親族 のみ

少人数結婚式で実際に行った演出内容、流れ 私達は司会を頼まなかったので、以下のような流れで披露宴を行いました。 二人とも歌が上手いので歌ってもらってもいいかな~と思ったけど、段取りが大変なので辞めました。 あと、皆様もお気づきかとは思いますが、私は新婦からのお手紙を入れていません。 新婦からの手紙は悩んだのですが、普段から感謝の言葉は伝えているし、月1回は実家に帰るし、電話も頻繁にしているし、そもそも涙がこぼれて読めないと思ったので辞めました。 それに、私は父を10年前に亡くしており、母とバージンロードを歩いたので、挙式の主役も私と母、披露宴の最後の主役も私と母になってしまって、結婚式の主役が新婦側になってしまうのを避けたかったのと、お涙ちょうだいな感じになるのが嫌だったんです。 それに笑顔で退場したかったので。 でも母への感謝の思いはきちんとエンドロールムービー内で伝えています。 さてさて 私たちが司会を頼まずに演出もなく間を持たせることができたのが、3つのムービーがあったからです。 3つも多いよね~と思うかもしれませんが、けっこうみなさん楽しんで見てくれました。 なお、ムービーは自作です。 有難いことに新郎新婦とも理系なのでパソコン作業はお手の物ですが、比較的早く帰ってこれる私が全部作りました。 しかもソフトの試用期間の15日以内に働きながら根性で作成させました。 その間、協力してくれない旦那に2回キレましたけどね・・・。 オープニングムービーの演出 オープニングムービーでは司会を立てない私達のアイデアを詰め込みました。 私たちはこれを全部、ムービーに入れました。 誕生日や生まれ故郷のこと、卒業した学校、趣味、現在働いている会社、二人の出会いも全部入れました。 以下のようにシンプルに、『写真+文字』を何枚か作って音楽に合わせてスライドしていく形です。 また、きちんと挨拶文章も。 こんな感じね。 司会に話してもらうであろう必要な言葉は、全部ムービー内に入れちゃいました。 新郎新婦入場です!の掛け声もムービーで このあと新郎新婦が入場するのですが、なんせ『司会がいない』のは不便ですよね。 司会がいないと「新郎新婦の入場ですー!皆様拍手をお願いします」という言葉もなくふつーに入場することになってしまいます。 なので、私たちはこれをムービーの中に音声として入れることにしました。 ムービーが終わって5秒後に、真っ暗の画面で『新郎新婦の入場です!』という音声を入れちゃったのよ。 そして入場曲もそのまま流すという仕組み。 この案使っちゃって! 司会に10万も払う必要なくなりますよ~。 スポンサーリンク 家族親族中心の思い出ムービー演出 披露宴中盤のデザートのお時間に、家族親族中心の思い出ムービーを長々と披露しました。 今回は友達との旅行写真とかも使いたい!って思ったけど、そんなの見ても誰も楽しくないでしょ? だから徹底して、家族親族オンリーのムービーを作りました。 写真を大きく、そして文字は簡単に。 私の小さい頃から成人するまでの写真をたくさん流したので、みなさん懐かしいと言って喜んでくれましたよ。 母や父、兄弟との写真や、叔父叔母と小さい時に撮った写真、亡くなったおじいちゃんやおばあちゃんとの成人式の写真、みんな泣いたり笑ったりして楽しんでくれたので良かったです。 結婚式のムービーって、出席して頂いた方が見て楽しめる工夫は絶対に必要です。 二人の写真を延々流すのは、私は見ていて気持ちがよいものではありません。 司会がなくても進行は可能か? 司会が必要なポイントでどのようにタイミングを作ったか?以下にまとめて記載したいと思います。 皆様スクリーンにご注目ください」 自然と照明が暗くなり音楽が流れるので、嫌でも気が付きます。 あとスタッフが気を利かせて、「皆様スクリーンを見てください」とお声掛けしてくださいました。 司会がいなくてもちゃんと皆さん注目しますよ。 みんなちゃんと拍手してくれて、退場後はエンドロールも流れるし、場は持ちます。 あと、お席の配置もけっこう悩みました。 詳しくは以下の記事が参考になります。 まとめ 司会が無くてもある程度は進行できます。 やはり司会がないと、何かあったときにタイミングが取れないのではないかと思いましたが、スタッフも気を利かせていろいろ言ってくださったので良かったです。 また、演出も家族親族中心の場合は、みんな知り合いなわけで、おしゃべり中心になりますから、特に必要なかったです。 でも、暇な時間は出来るわけで・・・やっぱり歌とかは入れた方がよかったかな~と思ったりもしていますが、旦那さんは「みんなで顔合わせて飯食う、それができたから全然よかった」とのことでした。 ゆっくりしゃべって、家族や親戚と顔を見ながら和気あいあいとお酒を飲む、ゆったりした良い披露宴になったと思います。 参考 当日レポートはこちらからどうぞ.

次の

結婚式の招待状文例集【親族のみ版!家族挙式・食事会】

結婚 式 親族 のみ

昔は、友人や勤め先の関係者、親戚、家族などたくさんのゲストを招いて 大きな会場で派手な結婚式・披露宴を挙げるのが一般的でした。 、一方、最近では 、招待するのは親族だけというシンプルな親族のみの結婚式を挙げられる方も増えてきているのです! 「家族婚」や「少人数ウェディング」「ふたり挙式」というプランが式場で用意されていることも。 「親族だけで挙げる結婚式って寂しくないの?」と思う方もいるかもしれません。 実は、親族だけの結婚式は、段取りがシンプルであったり、費用が節約できたりするなどメリットがたくさんあるのです! ここでは、 親族のみの結婚式のメリットと段取りを詳しく紹介します! たくさんのゲストをお招きしての結婚式・披露宴もいいけれど、アットホームな親族のみの結婚式もいいかも・・・と思っていらっしゃる方は、ぜひ、以下の記事を読んでみてくださいね。 親族のみの結婚式のメリットとは? 親族のみの少人数でシンプルな結婚式を挙げるのは、招待客をたくさんお招きする結婚式とどう違うのか気になる方のために、親族のみの結婚式のメリットをいくつかご紹介しすね。 1-1 親族のみの少人数結婚式ならコストを抑えることができる 一般的なたくさんの人をお招きしての 結婚式・披露宴にかかる費用は 平均350万円ほどかかることが多いです。 一方で親族のみの結婚式の場合は、 ホテル結婚式プラス親族のみの披露宴をした場合であれば、80万円から120万円あたりに費用を抑えることができます。 さらに、親族のみが参列する挙式のみで済ませた場合は、なんと10万円以内に費用を抑えることができることもあるのです。 結婚式の費用を安く抑えられれば、 その後の新生活や新婚旅行に予算をあてることができる点も、親族のみの少人数結婚式のメリットといえるでしょう。 1-2 温かみのあるアットホームな結婚式になる 会社関係者や友人、知人などたくさんの人をお招きしての華やかな結婚式も良いのですが、新郎新婦の親族のみが参列する結婚式は、大人数の結婚式よりも、 リラックスできる、温かくてアットホームな結婚式になります。 挙式だけでなく、レストランなどでお披露目と両家の親族顔合わせを兼ねた食事会を行うのが少人数挙式では一般的なようです。 1-3 あがり症の方が気になるセレモニー感が減少する 人前に出てることに慣れている方や、人前でもあまりあがらない人は、たくさんの人を招いての華やかな結婚式・披露宴でおもてなしすることも大丈夫。 人前が得意でない方は結婚式自体をやるかどうか悩んだりすることもあるのでは?あがり症の方の場合はたくさんのゲストをお呼びしておもてなしする事に、緊張して喜びが半減する可能性があります。 ですが、親族のみの少人数の結婚式であれば、小さなときからご自身や結婚相手のことをよく知っている方ばかりです。 、 のびのびと結婚式を挙げることができるでしょう。 1-4 準備期間が少なくて済む 一般的に80名程度のゲストお招きしての結婚式・披露宴の準備は 平均10か月も準備期間を要します。 ですが、親族のみの結婚式の場合は、大人数挙式比較すると準備期間が少なくて済むようです。 親族のみをお招きした結婚式のみでしたらなんと準備期間7日ほどで挙式できてしまったという一例もあるようです。 もちろんこれはスムーズに会場のプランナーさんとの連携やお互いの努力あっての最短例なので、一般的ではありません。 準備期間をあまりとることができないカップルにとってはうれしいメリットですよね。 親族のみの少人数結婚式はどのように進行するの? 親族だけの少人数結婚式の段取りは、たくさんの人を招いての華やかな結婚式よりシンプルな段取りで済むところがメリットであり魅力でもあります。 そんな親族のみで行う結婚式は、どのような段取りで進行するものなのか解説していきますね。 2-1 親族のみの結婚式の場合受け付けはどうするの? 親族のみの結婚式の場合は、特に受け付けは設けません。 ホテルなどで、結婚式プラス披露宴を兼ねた食事会を行う場合は、進行および司会者はホテルの担当者の方が行ってくれます。 担当の方にはお礼としてお心づけをしておくことをおすすめします。 2-2 親族のみの結婚式の流れとは? ホテルで挙式、披露宴を兼ねた食事会を行った場合の流れですが、まず、新郎、新婦ともに衣装を着用し、式場で親族が見守る中挙式します。 そのあと、お色直しをしてホテルのレストランで披露宴を兼ねた食事会を行います。 親族の代表や新郎新婦の挨拶があるくらいで特に余興などはなく、新郎新婦の両親への花束贈呈が最後に行われたら披露宴を兼ねた食事会は終了です。 結婚式や披露宴を兼ねた食事会は親族のみのアットホームな雰囲気で終始することがおおいでしょう。 はじめての晴れの日の舞台でも リラックスして式や披露宴に臨めるはずですよ。 2-3 親族のみの結婚式を行う人の割合は? 招待客が 30人前後の少人数の親族のみの結婚式を挙げられる方の割合は、全国で14. 3%ぐらいとなっています。 一般的とされる招待客が 80人~90人程度の場合が全国で15. 3%ですから親族のみの 少人数結婚式を挙げられる方の割合も意外と多いということに気が付くと思います。 ですから、多くの人を招いて結婚式・披露宴をおこなうのが一般的ではないのだろうか?と心配する必要はありません。 いまは二人らしい結婚式やおもてなしの仕方にこだわる方が多いようです。 親族に囲まれたアットホームな結婚式も魅力的! いかがでしたでしょうか?今までご紹介してきたことを踏まえ、親族のみの少人数結婚式が向いている方のイメージをまとます。 ・温かみのあるアットホームな結婚式にしたい方 ・より費用を抑えたい方 ・結婚式の準備にあまり期間を掛けることができない方 ・派手な挙式はしたくないという方 ・人前にでることが苦手な方 そして何よりも、 一般的な結婚式をあきらめた方。 挙式をしないと思っている方。 そんなカップルには、アットホームな 少人数結婚式を選択肢のひとつと考えてみてはいかがでしょうか? 一生に一度の晴れの日。 カップルの数だけ違うスタイルを叶えてくれる式場は、きっとあります。

次の

親族だけの結婚式はメリットがいっぱい!段取りがシンプルで費用も節約できる!

結婚 式 親族 のみ

親族だけの結婚式でも寂しくなんてない!その理由とは 親族だけを集めた少人数のパーティーが寂しくないと私が言い切る理由。 その理由はズバリお2人はもちろん、ゲストも みーんな自然体で楽しめるからです。 そこでこちらでは 人数が少ない結婚式だからこそ盛り上がるポイントを詳しく紹介していきますね。 だから 結婚式はみんなが集まるひとつのきっかけ。 しかもしばらくあっていなくても不思議と会えばそんなことを感じさせることなく昔話で盛り上がったり、得意な歌や踊りを披露したりと楽しく過ごすことができるんです。 たまに顔を合わせるのがお葬式ばっかりじゃ寂しいですからね。 披露宴だとあんまり親族同士がお酌に行ったりってあんまりないでしょ? 少人数だと会場もコンパクトになるので移動もしやすいし、来賓とかの目もないから歓談会食中にお酌に行きやすいんです。 一般的な結婚式って挨拶は主賓と言われる会社の社長や恩師がするし、余興は会社関係や友人がするから 親族の出番はほとんどありませんよね。 お互いに。 来賓がいなければそんな一芸も気兼ねなく披露してもらうことができます。 お互いの小さい頃のエピソード、初めて家に相手を連れてきた時のエピソード、また2人のなれそめエピソード…どれも 家族や親戚だからこそ知りたいことです。 また結婚相手のことでもこれからずっと長いお付き合いをしていく人がどんな人か、またどういう親族達にどんな風に見守られてきたのかなどもわかる良い機会になります。 相手のことも相手の親族のことも、ごく身内の結婚式なら聞いていても苦痛じゃないですからね。 もうそれだけでも盛り上がっちゃうんです。 親戚のおじさんなんか2人が近づくと「来た来た!」と言わんばかりに昔話をしたり、ちょっとお説教じみたことを言ったりして自然と周りに座っている人も加わってどんどん話の輪が広がります。 そうするともう何の心配もいりません。 挙式でのセレモニー フラワーシャワーをはじめ、バルーンリリースとかバブルシャワー(シャボン玉)とかの ちょっと華やかなセレモニーの時。 お友達や若めのゲストが多いと「わ~」とか「きゃ~」とか黄色い歓声も上がるんだけど、親族だけだと淡々と進むのでちょっと寂しく感じたことも。 カメラを撮る人がいない ケーキカットとか乾杯のシャッターチャンスで 誰も写真を撮らない時。 ケーキナイフを持ったままジーっとしてるのって間が持たないというか、どうしていいかわからず2人とも戸惑ってしまうことも。 でも逆にシャッターチャンスの時にみんなが写真を撮ってくれるとそれだけで盛り上がります。 話が切れた時のちょっと気まずい空気 特にお互いの家族だけだと、みんなの話がちょうどフーっと途絶えてしまう時があります。 すると「誰かしゃべってくれないかな」とか「なにを話そうかな?」みたいなちょっと気まずい空気が流れることもありました。 1:挙式でのセレモニーが人数が少なすぎて心配なら スタッフの参加をお願いしておく。 2:シャッターチャンスになったら「みなさんカメラを!」みたいに 促してもらうようにお願いしておく。 3:食事会での沈黙が不安なら会食を仕切るスタッフに会話が途切れていたら 料理説明やみんなにドリンクを聞いてもらうようにお願いをしておく。 みんなが久しぶりに集まってご飯を食べて楽しく会話する。 それだけで十分なおもてなしです。 披露宴には披露宴の良さがあるけど、少人数の会食会には会食会の良さがあってそれがなんとも微笑ましくてあったかいですから。 だから盛り上げなくちゃいけないとか淋しくならないようにするにはどうしたらいいかなんてあまり気にせずに、事前にゲスト1人1人のことを考えて準備すればみんなで楽しむことができますよ。

次の