伊東 四朗 ニン。 芸人列伝

伊東四朗の死去、急死、死亡報道が多すぎる!その真相とは?

伊東 四朗 ニン

伊東四朗 82歳 の若い頃の活躍がスゴイ! 伊東四朗さんは20代の頃から芸能界で活躍されているといいます。 若い頃はお笑いが中心だったとの事。 どのような活動をされていたのでしょうか。 詳しく調べてみました。 伊東四朗さんは若い頃からお笑いだけでなく、役者としても活躍をしています。 今でも頻繁に映画やドラマで見かけますよね! 若い頃はどんな作品に出演されていたのでしょうか。 合わせてみていく事にしましょう。 伊東四朗の若い頃の活躍がスゴイ! 伊東四朗さんが本格的に芸能活動を始めたのは、21歳の頃。 劇団 「笑う仲間」に入団した時でした。 その3年後に、三波伸介さん、戸塚睦夫さんとお笑いグループ 「てんぷくトリオ」が結成されました。 結成当時は「ぐうたらトリオ」という名前でしたが、日劇の支配人から「ぐうたら」では困るとの指摘を受けて、「てんぷくトリオ」という名称に変更されました。 当時のテレビ演芸ブームもあり、 三波伸介さんのギャグである、 「びっくりしたなぁ、もぅ」 が世の中に浸透。 若い頃からお茶の間の人気お笑いグループとしての地位を確立する事となりました。 てんぷくトリオは、現在にも続くお笑いの先がけと言っても、過言ではないのではないでしょうか。 てんぷくトリオがトリオとして人気を博している一方で、伊東四朗さんは個人としてもダンスや楽器の練習などで芸を磨きました。 若い頃から現状に甘んじない姿勢が、本当に努力家ですよね。 当時、映画監督の 市川崑さんは、そんな伊東四朗さんを 「てんぷくトリオの中の一番若くて一番やせている人。 演技開眼したらしく、からだとセリフのタイミングが見事。 おもしろい。 」 と評価し、期待を寄せていたといいます。 伊東四朗さんの活躍は、お笑いだけに留まりませんでした。 1979年には、視聴者参加型のクイズ番組 『ザ・チャンス!』(TBS系)で初めて司会者に大抜擢されたのです。 初代の司会は ピンクレディーが務めていたのですが、アメリカに活動の拠点を移した事がきっかけで、伊東四朗さんが担当する事になりました。 当時大人気だったピンクレディーの後任という事で、プレッシャーもあったと思いますが、今となっては、『ザ・チャンス!』と言ったら伊東四朗さんと言わしめるほど、強い印象を残しています。 この番組でお馴染みなのは、全ての回答が出揃った後の、 「正解は・・・ニン!」 というフレーズでした。 「ニン」というギャグは、伊東四朗さんの若い頃から続いているものだったのですね。 伊東四朗は役者としても大活躍? 伊東四朗さんは、役者としてもドラマや映画で大活躍されていました。 初めて NHKの大河ドラマに出演したのは1969年の32歳の時。 『天と地と』という作品で、上杉謙信を描いた物語でした。 主演は石坂浩二さんで、大河ドラマとしては初のカラー作品でもあったため、大変話題を呼びました。 その前年の『竜馬がゆく』の平均視聴率が14. その後も『春日局』、『北条時宗』、『新撰組!』、『平清盛』と、数々の名作に出演されています。 また、映画では31歳の頃に、東宝映画『進め!ジャガーズ・敵前上陸』に出演されています。 有名作品にも数多く出演されており、 『THE 有頂天ホテル』や 『謎解きはティナーのあとで』など、記憶に新しい人もいるのではないでしょうか。 いずれも脇役ではありますが、若い頃からシリアスな役からコメディーまで幅広い役柄をこなし、ストーリーになくてはならないキャラクターを演じています。 スポンサーリンク 伊東四朗、デンセンマンの時は既に40歳!? 伊東四朗さんの「デンセンマン」のコーナーは当時大変な話題となりましたが、その頃には既に40歳との事で、衝撃を受ける人も多いのではないでしょうか。 バラエティ番組に出る度に、個性的なネタで話題を独占していた伊東四朗さん。 その活躍ぶりについて調べてみました。 伊東四朗、デンセンマンの時は既に40歳!? 伊東四朗さんの代表的な番組といえば、 『みごろ! 食べごろ! 笑いごろ! 』(NET系)や 『笑って! 笑って!! 60分』(TBS系)ですが、そこでは 小松政夫さんと息の合ったコンビ芸を披露しています。 二人は正式なコンビではありませんでしたが、面白いと話題を呼びました。 『みごろ! 食べごろ! 笑いごろ! 』での 「デンセンマン」のコーナーでは、派手な衣装でサーカスの団長に扮した、 「ベンジャミン伊東」が大ブレイクしたのです。 当時人気絶頂であったアイドルグループ キャンディーズをメインにした番組で、 「悪ガキ一家と鬼かあちゃん」というコーナーでは、伊東四朗さんがキャンディーズの母親役でコントを展開しました。 この何とも斬新な設定がウケて、当時の若者の間で大きな反響がありました。 ここでのネタは、小松政夫さんとの楽屋での会話から生まれる事が多かったといいます。 例えば、 「今日こんなやつを見かけてさ」 と話し始めた事をきっかけに話が弾み、それが実際にネタになっていたりしたそうです。 本当に相性のいいコンビだったのでしょうね! 今でも伊東四朗さんを語る上で小松政夫さんは欠かせない存在となっています。 ちなみにこの頃、伊東四朗さんは既に40歳だったといいます。 現在は82歳という事ですが、本当にお若く、長い間芸能界で活躍されてきた事が分かりますよね。 伊東四朗の亡くなった説!? 伊東四朗さんの 亡くなった説はこれまでに何度もありましたが、もちろん亡くなった事実はありません。 ではなぜ亡くなった説が流れているかというと、これは、ネット上で伊東四朗さんが、別人の「いとうしろう」という人と間違えられて拡散されてしまった事によるそうです。 うちの近くに伊東四朗さんちがあるのだが、家の前を通る度になぜか頭を下げてしまう、知り合いでもないけど。 でもその度に亡くなった説が流れたら、伊東四朗さん本人もご家族も困惑してしまいますよね。 過去には、元プロ野球選手で南海のスカウトも務めた伊藤四郎さんが、大動脈瘤破裂のため旅行先で亡くなった時、勘違いする人が多くいて間違った情報が拡散されてしまったようです。 これは病名まで特定されていますので、信憑性が高いような気になってしまいますよね。 伊藤四郎さんは、82歳となる現在も現役で、お元気に活躍されていますので、ご安心ください! スポンサーリンク まとめ 伊東四朗さんは、60年以上芸能界で活動されておりますが、若い頃からその活躍はスゴいものがありました。 当初はお笑いが中心でしたが、徐々に役者としても活動の幅を広げてきました。 テレビドラマだけでなく映画にも数多く出演され、シリアスな役柄からコメディまでこなす、名脇役となっています。 伊東四朗さんには、これまで度々亡くなった説が流れてきましたが、いずれも誤った情報です。 同姓同名の方が多いので、その訃報と混同している人がいるのではないかとされています。 そんな噂をはねのけて、持ち前の明るいキャラクターで、まだまだお元気に活躍してほしいと思います! 参考サイト 伊東四朗オフィシャルウェブサイト Wikipedia ビデオリサーチ.

次の

www.auctions.leonardjoel.com.au

伊東 四朗 ニン

「 」や「四 郎」は誤字であるが、本名は「 男」である。 来歴 生まれも育ちも・町(の・新近辺)。 もたびたび弁訛りが飛び出すのっ子。 時代からにがあり、演に足しげく通っていたところその劇団からウトされ芸のに入る。 その後三波伸介・夫とともに「てんぷく」を結成。 最初はキャ回りをしていたが徐々に出演なども増えての間の者となる。 の急死と三波の会業転向により後半からはピンでの活動が増えるが、「ニン」などのや、「」という強なでを確固たるものにする。 に三波が死去。 この頃から業に重きを置くようになり、民的大となった「おしん」でのを演じて高評を得、に至るまである演技でからまで、現代劇からまで幅広く活躍している。 一方、演芸仕込みの話術と飄々としたを活かして番組の会としても成功。 冠番組「の」などが有名である。 二男の孝明もとして活動している。 「おしん」での演技のがあるためか、役が多い。 こわもての貌(「人相が悪くて就職先が見つからなかった」とは本人談)を活かしたや権者の役も多く、最近では「」での役が挙げられる。 には介も演じた。 変わったところでは「」が化された時にを演じている。 「」の版では銭警部、版のではの、「喰いタン」では署長との2役、ものををに翻案するという異色「」では演、などなど、やの役にも縁が深い。 芸界では親しみをこめて「」と呼ばれることがしばしばであり、代表的なところではの2人がそう呼んでいる。 に奉納を行うなど、寄りの信条を持つが、などで的な発言をすることはほとんどない。 「内テ 」の会では毎回をぶつけられるなど、となっても体をったをこなす。 74歳になっても「タフマン」のかぶり物を何のためらいもなく身に付けたので撮に驚かれたという。 特技はの、は、は。 関連動画 関連項目• - 登場人物の一人・が「」と呼ばれるが、は伊東四朗である• - 一度だけ代役で運びをやったことがある.

次の

ヒキタさん! ご懐妊ですよのキャスト 松重豊と北川景子の妊活劇

伊東 四朗 ニン

伊東 四朗 (いとう しろう、本名:伊藤 輝男、1937年6月15日 - )は、日本の俳優・タレント、テレビ番組の司会 司会者。 (ただし、後述にもある通り本人は喜劇役者を自認している。 )東京都出身、東京都立市ヶ谷商業高等学校卒。 次男はタレントの伊東孝明(伊東貴明より改名)。 1958年、石井均一座に参加。 同期には財津一郎らがいた。 最初の芸名は、座長に「いとうにしよう」と言われたことから「伊東証(いとうしょう)」だったが、ポスターなどに名前が連なると、一文字の名前が先輩より目立ってしまっていけないということで、「伊東四朗」と改名した。 石井一座は浅草の浅草松竹演芸場 松竹演芸場や新宿の新宿松竹文化演芸場を拠点に人気となる。 新宿時代、一座の戸塚睦夫が元々軽演劇の仲間であった三波伸介と夜間キャバレーの営業に出ていたが、三波が大阪に行ってしまったために一座の伊東が三波の代役で営業に参加(この頃伊東は三波伸介という芸名を使うことがあった)。 のちに三波が東京に戻ったため三人で営業用のトリオを結成。 石井一座解散とともに正式にてんぷくトリオ(当初「ぐうたらトリオ」)を旗揚げした。 軽演劇の流れを汲むコントで、舞台・テレビで徐々に人気となり、三波のギャグ「びっくりしたなぁ、もぅ」が大当たりして茶の間の人気お笑いグループとしての地位を確立した。 伊東四朗関連エントリー.

次の