赤井務武。 名探偵コナンの登場人物

赤井務武は生きているのか?正体やラムとの関係について

赤井務武

赤井務武は生きているのか?• 誰がメアリーを幼児化させたのか? などなど、新たな疑問も生まれました。 果たしてその真相はどこにあるのか。 今回は、名探偵コナン1025話から気になったポイントを考察します。 赤井務武は生きているのか? 世良「ロンドンでパパに会いに出て行ったママが…少女の姿で帰って来たのを目の当たりにしてなきゃね!」 (名探偵コナンFile. 1025より引用) 今回、メアリーが幼児化した経緯の一端が明らかになりました。 どうやらメアリーは務武に会うために外出し、幼児化して帰宅したようです。 この描写により、 務武が生きている可能性は高まったと思います。 その理由は2つ。 1つ目の理由は、メアリーが情報を信用していること。 「実は務武が生きていた!」なんていかにも怪しい情報を、メアリーが簡単に信じるわけがありません。 つまり務武の生存は、 メアリーを突き動かすくらいには根拠のある情報だったのだと思います。 とはいえ、務武に会うなら 娘である世良と一緒に行かないのは不自然。 そう考えると、メアリーは 警戒して世良を連れていかなかった可能性もあるので、情報を完全に信じていたわけではないかも。 2つ目の理由は、メアリーを送り出す世良の様子。 名探偵コナンFile. 1025より引用 まあ、一点の曇りもない笑顔ですよね(笑)。 メアリーはともかく、 少なくとも世良は情報を完全に信じている様子です。 メアリーほどではないにせよ、世良も高い推理力の持ち主。 その世良がまるで警戒していないということは、情報に不審な部分はなかったはず。 以上を踏まえると、「実は務武が生きていた!」という怪しげな情報は、 それなりに根拠がある模様。 結果的に罠だったことを差し引いても、 務武が生きている可能性は高まったと思います。 メアリーと世良は「務武の変装」を見た可能性も ただし、メアリーと世良は 「務武の変装」を見て情報を信じた可能性もあります。 その場合、変装した人物(おそらくラム)とベルモットは協力関係ということに。 実際にラムは 裏切りシリーズでベルモットを動かしているので、十分に現実味のある線です。 また、このパターンの場合、 現在のラムが変装している可能性も高まります。 灰原「屈強な大男だとか…女のような男とか…年老いた老人とか…それらが全部影武者だって言ってた人もいたわ…」 (名探偵コナン86巻より引用) もっと言えば、「女のような男」「屈強な大男」「年老いた老人」などの特徴も、 すべてラム本人の変装によるものかも。 ラムは素顔を悟られないために、ベルモットの手を借りて常に姿を変えているということ。 これならよく言われる「脇田がNo. 2のルックスじゃない」という問題も解決ですね(笑)。 とはいえ、ベルモットは日本を拠点に活動しており、 イギリスでラムをサポートしたとは考えづらいのも事実。 たとえば「ベルモットが務武に変装し、その姿をビデオレターで撮影する」などの手段なら日本からでも可能ですが、ちょっと回りくどいです。 やはりメアリーと世良は、 「務武の変装」以外の情報を掴んだのだと思います。 メアリーを幼児化させたのは務武ではない また、今回の描写で「 メアリーを幼児化させたのは務武では?」と思った人もいるのではないでしょうか。 確かに少し怪しいですが、その可能性は低そうです。 というのも、もしメアリーが務武に嵌められたなら、 口調が元に戻っているはず。 秀吉「どうしたの母さん?口調がまるでお父さんみたいだよ?」 メアリー「今日から私が父親代わりという事だ…」 (名探偵コナン92巻より引用) そもそもメアリーは、世良や秀吉の父親代わりになるために、務武の口調を真似ていました。 これは 務武に対するリスペクトがあるからこそ。 もし務武に嵌められたなら、口調は元に戻っていないとおかしいです。 さらにメアリーは、敵対している相手のことを「奴ら」と呼んでいます。 夫である務武を「奴ら」と呼ぶのは違和感がありますよね。 だとすると、メアリーを罠にかけたのは、• 務武のフリをした別人• 務武本人だが、メアリーはそれを理解していない のどちらか。 メアリーを騙し切る難しさを考えると、前者の可能性が高そうです。 一方で、メアリーは明らかに人畜無害なコナンのことを執拗に疑っています。 メアリー世良「暗がりに鬼を繋ぐが如く…江戸川コナンに気を許すな…10年前に会ったあのボウヤとはまるで別人なのだから…」 (名探偵コナン90巻より引用) もしかしたらこれは、「 絶対的に信頼していた相手から裏切られた」という経験に基づいた思考かも。 そう考えると、メアリーが務武に裏切られた可能性もゼロとは言い切れません。 メアリーを幼児化させたのはラム では、メアリーを幼児化させた犯人は何者なのか。 ちょっと雑な推理ですが、現在がラム編であることを考えると、おそらくラムなんだと思います。 ラムがメアリーを幼児化させたと考えると、辻褄が合うことも多いです。 たとえば、 水無玲奈がメールを送ってきたタイミング。 もしラムが メアリーを追ってイギリスから日本に上陸したのだとすれば、水無のメールのタイミングはドンピシャなんです。 どういうことか説明しますね。 火傷赤井「フッ…相変わらずだな…真純…」 世良「しゅ…秀兄?」 (名探偵コナン78巻より引用) ミストレ編で安室とベルモットは、 世良の反応を見ることで赤井の生死を確かめています。 しかし、それでも赤井の死を確信できなかった安室は、その後も調査を続けます。 赤井「バーボン…いや…今は安室透君だったかな?」 (名探偵コナン85巻より引用) そして、緋色編で赤井と電話越しに接触し、赤井がやはり生きていたことを知ります。 当初は赤井を組織に売るつもりの安室でしたが……。 ベルモット「だから言ったじゃない!あの赤井が生きてるわけないって…」安室「ええ…僕の取り越し苦労でした…」 (名探偵コナン85巻より引用) 結局、安室はベルモットに「 赤井はやはり死んでいた」と報告しています。 おそらく 安室はこのタイミングで、赤井の死をボスにも報告していたのではないでしょうか。 ジン「あの方の許しは…受けているのか?」ベルモット「ええ…ボスは慎重居士…石橋を叩き過ぎて壊しちゃうタイプだから…」 (名探偵コナン65巻より引用) そもそも忘れがちですが、「赤井の生死の調査」は ボス公認のれっきとした任務。 調査を完了したら当然、安室はそれを報告しないといけません。 そして、報告の内容にはおそらく、 「赤井の生死を確かめた方法」も含まれるはず。 つまりこのとき、安室は 「世良を利用して赤井の死を確かめたこと」も報告したのだと思います。 だとすると、緋色編の直後に水無怜奈からメールが届いたのは、まさにドンピシャのタイミング。 つまり、ラムは安室の報告で 世良が日本にいることを知り、その母親のメアリーも日本にいると考えた。 水無から送られてきた「RUM」という3文字には、 「ラムがイギリスから日本に上陸した」という意味が込められていた。 そう考えると、辻褄が合うのではないでしょうか。 水無のメールもこのパターンということ。 とはいえ、その割にはラムから世良への接触はありません。 脇田が小五郎を経由して世良への接触を目論んでいる可能性はありますが……。 この辺りはもう少し詰めなきゃいけませんね。 メアリーは自ら薬を飲んだ? また、これまではメアリーが幼児化した理由として、 「誰かに薬を飲まされた」のではなく 「自ら薬を飲んだ」という可能性も指摘されてきました。 ただ、今回の描写でその線は薄くなったのではないでしょうか。 理由は、 メアリーが雨でズブ濡れになっているから。 雨に打たれたということは、傘も差せないような想定外のアクシデントに見舞われた証拠。 外敵によって追い詰められた状況だったのは確実なので、シンプルに「誰かに薬を飲まされた」と考えて良さそうです。 幼児化は「事例を見ているから想定できる」 コナン「新一兄ちゃんって高校生でしょ!? ボクなワケないじゃなーい!! 」世良「ああ…普通の人ならそう思うだろうね…ロンドンでパパに会いに出て行ったママが…少女の姿で帰って来たのを目の当たりにしてなきゃね!」 (名探偵コナンFile. 1025より引用) また、おそらくこのセリフは作者からのヒント。 以下の記事でも書きましたが、 幼児化という非現実的な現象は、基本的に実例を見ない限り信用できません。 たとえば、作中トップクラスの推理力を持つ赤井でさえ、「コナン=新一」を確信できたのは メアリーの幼児化後。 同じように安室も、コナンの正体に辿り着いている様子はありません(薄々勘づいているとは思うけど)。 今回の描写により、 「幼児化を見たことのない人物には幼児化を推理できない」という基準がより明確になったわけです。 だとすると、やはり 若狭とメアリーは繋がっている可能性が高そう。 作中で幼児化しているのは、コナン、灰原、メアリーの3人のみ。 若狭は登場当初からコナンに探りを入れており、おそらく「コナン=新一」に気づいています。 つまり、若狭は コナン以外の幼児化の事例を見たことがあるはず。 そして、若狭が灰原に興味を示していないことを踏まえると、 消去法で残るのはメアリー。 ちなみに、黒田もコナンの実力を見抜いていますが、これはあくまでも 安室からの報告で「只者じゃない」と知っている程度かなと。 黒田が「コナン=新一」を知っているなら、部下である安室もそれを知らないとおかしいので。 はじめまして。 いつも事件のトリックだけではなく、登場人物の心理面からの深い考察に感嘆しながら楽しく読ませて頂いております。 今回、赤井務武は生きている可能性が高まったとの考察を拝見してとても嬉しいです。 黒田管理官の右目を見開いた描写をどう思われますか?赤井務武の右目は普通だけど左目が髪で隠れており、よくか分りません。 お返事頂けましたら嬉しいです。 これからも事件・組織編考察を楽しみにしています。 考察をご覧いただきありがとうございます!!ご質問について自分なりに回答しますね。 理由はいくつかありますが、一つは務武が変装術を持ってないこと。 変装するにはベルモットの助力を得る必要があり、それだと黒田=ラムと考えるしかないのでいろいろ無理が出るかなと。 2だから」と答えてるから。 つまり17年前のラムと現在のラムは同一人物なんですよね。 仮にラムのコードネームが継承されてた場合は、組織の気配を放った若狭が先代のラムの可能性が高そうです。 ただ、それよりは宮野エレーナのコードネームがシェリー、シャロンのコードネームがベルモットで、それぞれ娘に継承されたという設定なのかなと踏んでます。 コメントありがとうございます〜! ご指摘の点は理解してるんですが、あえて除外して考えてます。 薬の研究者で伏線レベルの描写があるのは「宮野夫妻の先代」と「エピソードゼロで灰原が連絡を取ってた人物」だけで、あとは完全な新キャラというパターンになってしまうので。 また、伏線にはある種の特異性や不自然さが必要なので、「ラボの仲間」とかはただのモブと認識してます。 他にもピスコみたいに「研究を知ってる+幼少期の顔を知ってる」とか、例外は結構ありますよね。 このブログでは、わかりやすさや文脈づけを重視してあえて例外を書かなかったりしてるんですが、さすがに「事例を見なきゃ想定不可能」はややこしかったかも…すみません。 考察ってそのまま出すと超難解になっちゃうので、頭の中にある思考の過程をどこまで出すかは苦心してます。

次の

【赤井務武(あかいつとむ)】赤井秀一・羽田秀吉・世良真純の父親は生きている?

赤井務武

彼女の母、は、メアリー・世良の妹 赤井務武の特徴 赤井務武は、イギリスの秘密情報部、MI6の職員でした。 息子の秀一によると、彼と同じように截拳道を極めていたようです。 17年前、友人の息子でプロ棋士であったが、アメリカで殺害された事件の調査のために渡米したのを最後に、消息不明になっています。 その直前、妻に対して「いいか、この先、私はいないものと思え。 どうやら私はとんでもない奴らを敵に回してしまったようだ」というメールを送信していました。 赤井務武は生きている? 幼児化した姿で登場しているメアリー・世良ですが、原作の1049話にて、彼女がアポトキシン4869を飲んだ背景が明らかになりました。 ロンドンのヴォクスホールブリッジにて、行方不明になっていた赤井務武と再会した彼女でしたが、それは変装したでした。 は死んだ赤井務武に成り代わってMI6に潜入するためには、彼の妻であるメアリーの存在が邪魔なのだ、と告げます。 自身もMI6諜報員であるメアリーが、予め罠である可能性を見越していたため、ベルモットはMI6への潜入こそ出直すものの、彼女を抹殺すべく、アポトキシン4869を飲ませたのです。 そのまま川に落ちたメアリーは、運よく身体が幼児化しただけで済み、ホテルで待っていた世良真純のもとへ戻ることができました。 メアリーは自身の鋭い観察眼から、目の前に現れた夫がベルモットであることを最初から見抜いており、既に赤井務武が亡くなっていることを覚悟したようでした。 しかし、実際には彼の遺体は確認されていません。 一説には、黒の組織のNo. 2 の候補とされているが赤井務武ではないかとも噂されており、彼の生存説もファンの間で囁かれています。 赤井務武のモデルは、実在の俳優 目深に被ったベレー帽から覗く鋭い眼光と、鼻の下と顎にあるひげが特徴である赤井務武。 そのモデルは、映画俳優及び監督としても知られるクリント・イーストウッドです。 精悍さを感じさせるキャラクターがぴったりですね。 赤井務武の名シーン 現在、赤井務武が直接登場するシーンはありません。 ですが、赤井一家の台詞や表情がしばしば彼の姿を連想させており、読者に対して、赤井務武がどのような人物だったのかをうかがわせるような描写があります。 そんなシーンを紹介します。 息子にとっての尊敬の対象 父の消息不明をきっかけにFBIに入り、それ以来、捜査官としても狙撃手としても頭角を現している赤井秀一。 そんな彼は、これまでに度々務武の面影を感じさせていました。 「好奇心という名の、熱病にな」 原作98巻、 アニメ: 882話.

次の

赤井務武

赤井務武

赤井務武(あかいつとむ)は生きている? 92巻 さざ波シリーズの回想シーンにて 10年前、赤井秀一と母であるメアリー世良の会話から 頭を冷やして思い出しなさい・・・ 主人が死ぬ前、この安全な国に私達を送った時に言った言葉を・・・ 「いいか、この先、私はいないものと思え・・・ どうやら私はとんでもない奴らを敵に回してしまったようだ・・・」 ーーーっていうあのメールをね・・・ 母さんこそ忘れてるんじゃないのか? 父の遺体はまだ発見されていないって事を・・・ この会話から分かることは、 ・メアリー世良は夫である 赤井務武が死んだと言っている。 ・赤井務武は 「いないものと思え・・・」とメールで言っているだけ。 ということ。 アメリカで勉強したいって言うから留学させたのに・・・ 実は「父の事件の真相を探りに行ってた」ですって? 秀一は父の事件の真相を知るためにアメリカに留学していた。 秀一兄さん・・・ ああ、7年振りか・・・大きくなったな秀吉・・・ この回想シーンが10年前なので、 赤井秀一が父の真相を探るべくアメリカに渡ったのは 今から17年前。 現在の赤井秀一は 33歳なので、 この回想シーンの「さざ波シリーズ」の時は 10年前で23歳。 それ以前は7年間アメリカ留学していたとして 渡米直前は16歳。 赤井務武は 17年前の羽田浩司の事件を調査するため渡米し姿を消した。 ということは 赤井秀一が16歳の時に父親である赤井務武が消息を絶ったことになる。 17年前の羽田浩司殺害事件をきっかけに 赤井務武が姿を消し、 赤井秀一は 父が行方不明になってからすぐに渡米したことになる。 96巻 世良真純の回想シーン ロンドンでパパに会いに出て行ったママが・・・ 少女の姿で帰ってきたのを目の当たりにしてなきゃね! 腑に落ちないのがこのセリフ。 ロンドンで パパに会いに出て行ったママが・・・ と、 当たり前のように父親が生きていることを証言しています。 この回想シーンから読み取れるのは、 これがいつ頃かはわかりませんが、 世良真純は中学生から高校生くらいの姿。 このまま単純に考えると、 17年前に消息を絶ったはずの赤井務武。 しかし世良真純とメアリーは父親の生存を知っていて密会していた。 おそらくこれが 初めて赤井務武に会いに行くシーンではない。 笑顔でメアリーを見送る 世良の表情からしても、この時以前に、赤井務武に会っているか、生存を確認している。 世良真純が生まれてから初めて父親に会うのであれば、 こんなに余裕の表情ではなく、もっと深刻な表情で描かれるはず。 むしろメアリーについて父親に会いにいくはず。 もし、赤井務武から連絡が来たと見せかけて組織の罠、という場合もあるので、 メアリーが真純を守るために置いていった・・・としたら、 余計に真純は深刻な表情をしているはず。 これが本当なら、 16歳から必死に父を探していた赤井さんがかわいそう過ぎません? 何かの事情があって秀一には話せなかったとして、 それでも父を探すためにFBIにまでなって、父の遺体は見つかっていないと、生存を信じている赤井さん。 もし本当だったら、 時間返せってなりますよ。 生きてたとしても相当遺恨残りますよ。 この辺はどうか、赤井さんのためにも、納得のできる展開をお願いしたいところです。

次の