ベンチ プレス 自分 の 体重。 体重別ベンチプレスのレベル表|体重と挙上重量の関係

体重別ベンチプレスのレベル表|体重と挙上重量の関係

ベンチ プレス 自分 の 体重

どうも、ベンチプレスが100kg上がるWEB担当です。 以前こんな記事を書きましたが、 ベンチプレスを100kg上げられるとどんな変化があるのか、書いてみようと思います。 体の変化 まずは体が変化します。 ここで写真を出せるとよかったのですが、自分の体を撮影するというのはなんだか恥ずかしく、ほとんど記録として残っていません。 ベンチプレスが100kg上がるようになりましたが、もちろんベンチプレス以外の種目もやっていましたので、全体的に変化しました。 (上半身中心のメニューを組んでいました) それではベンチプレスで上げられた重量ごとに、その印象を書いてみます。 ベンチプレス 40kg 全くトレーニングをしないで初めて上げた重量です。 体重は59kgくらい。 筋トレ前の、もともとのサイズです。 身長に対して少なめなくらいの体重なのでやや細めといった体。 特筆すべき点はありませんが、良く言えば「シュッとした」体でしょうか。 ベンチプレス 60kg ベンチ40kgの時と体形にほとんど変化なし。 体重は60kgくらい。 正直この重量はトレーニングといったトレーニングをしなくても上がるようなので、体も変化していません。 60kg程度の重量であれが筋肉量がそれほどなくとも、神経系の順応のみで上がるようになるようです。 (慣れ、習熟というもの) ただ、この頃から筋トレが楽しくなり、もっと効果を出すべくを飲み始めます。 自分の体重の重さを上げる、という一つの目標を達成! ベンチプレス 80kg このあたりの重量を上げるまでにを飲み始めたので 体重は62~3kgくらいに増加。 この頃から他の人に「なんか体大きくなった?」と言われるように。 実感としても体の変化を感じます。 ベンチプレス 100kg 体重は人生最大の68kgまで増加。 一番影響があったのは服のサイズです。 一年前に来ていた服がほとんど着れなくなりました。 普段はメンズのSサイズを着ていたのですが、ほとんどがパツパツに。。。 涙 これ以上鍛えるとなると、おしゃれとは決別せねばなりません。 胸囲と他の部分のサイズが合わなくなって、バランスが合わなくなります。 しかし、Tシャツだけはカッコよくなる!! そして無地のものを選ぶようになり、体形で勝負できるな、という気持ちに。 体の変化まとめ ベンチプレスの重量を上げることを目標としていたので、多少太ることも承知の上でのトレーニングをしていましたので、ほぼ筋肉量の増加=体重の増加となりました。 時間をかけて脂肪がつかないようにする方法もありますが、一気に体重と重量を上げてから絞ったほうが効率です。 心の変化 40~60kgのあたりでは「上げられる重さが大きくなって楽しいな」くらいで、特に心持が変化したような記憶はありませn。 80kgを上げたころあたりで気持ちが大きくなり、なんだか強くなった気がしていたように思います。 (空手をやってる小学生が強がって寸止めパンチを繰り出すような、しょうもない気持ちです 笑) しかし、100kgを上げると筋力とそれなりの知識もつき、「たった100kgしか上げてない…」という謙虚な気持ちになります。 筋トレをしているということが恥ずかしく言えなくなるような、上を知って、自分が小さくなるような感じですかね。 ただ、良くも悪くも自分に自信がつくのは間違いないですね。 ぜったいに実行することはありませんが、仕事などで揉めた時に「いざとなって取っ組み合いになっても勝てる、殺せる…」という意味のない自信が生まれます。 コワモテの部長に対峙しても、いざとなったら…と考えるとたいしたことないものです。 みんな筋トレしたらいじめなんてなくなるんじゃないかな~? その他 ベンチプレスが100kg上がると、それまでの「8倍モテるようになる」という説がありました。 (当社調べ:筋トレ仲間による) 筋トレを始めた当初は、「マッチョになればモテるんじゃね?」とか、思ってました。 ず~と、ひそかに、少しだけ思って、筋トレをしていました。 結論 モテ度は上がらない気がするけど、ボディタッチの機会は増える。 dyson2.

次の

ベンチプレスにおける体重と重量の関係は?体重を増やせば重量は上がる!|筋トレ女子みっくす

ベンチ プレス 自分 の 体重

ベンチプレスの重量はどれくらいがスゴイ? ベンチプレスの記録をもっと伸ばしたいと思っている人はいると思いますが、実際に自分の記録がどの程度のレベルか知っていますか? 100キロ持ち上げることができれば一般的には大したものですが、トレーニングに励んでいる人の中ではここからがスタートと言う感じでしょう。 パワーリフティングなどの競技をやっていない人の限界は大体 体重の2倍程度だといわれています。 競技をやっていないということはそれ専用のトレーニングをしていないという意味です。 パワーリフティングの競技に出ていなくても専用のトレーニングをしていれば、それ以上の記録を出せる可能性は十分あります。 しかしどうしても競技をしていない人は少しインチキなフォームだったりするので、そもそも正確な記録が計れないのが現実でしょう。 もし、あなたが体重の2倍をすでに持ち上げることができているなら、もうそれはMAXと言って良いでしょう。 そこまでのレベルになっているなら後述しますが、それ以上を目指すなら特殊なトレーニングが必要になってきます。 やるかどうかは別にして参考にしてみてください。 関連記事 ・ ベンチプレスは伸びない時期がやってくる? ベンチプレスは「ビッグスリー」と呼ばれるメイン種目(ベンチプレス、デッドリフト、スクワット)の中ではもっとも早く記録の伸びが止まる人が多いです。 これはなぜなら、その3つの中で 使う筋肉が一番小さいので、MAX重量も一番低いからです。 上限が低いわけですから、早々に限界がくるのは当然なのです。 ほとんどの人は経験があると思いますが、1回だけできるMAX重量をやって、結構余裕があるなと思って5キロ増やしたら突然重すぎて潰れる…、覚えがありませんか? これがスクワットやデッドリフトなら、5キロくらい増やしてもできるはずなのですが、ベンチプレスの5キロは全然別世界なのです。 なので、一回限界が来るとなかなか記録が伸びないのもベンチプレスなのです。 もっとも人気のある種目なのに、記録はなかなか伸びない。 記録が伸びているうちはトレーニングが面白くて仕方なかったのに、記録が伸びなくなってトレーニング自体がつまらなくなって止めてしまう人もいるくらいです。 それではちょっともったいないですよね。 関連記事 ・ ベンチプレスが伸びない原因をプロが暴露 ちなみにベンチプレスが伸びない原因は何でしょうか? もちろん前述したようにベンチプレスで使う筋肉(大胸筋)が他のメインの種目で使う筋肉に比べると小さいから限界が早く来る、というのもありますが、他にもあります。 これは人にもよるのですが、結構な確率で大胸筋ではなく、「上腕三頭筋」「三角筋」などの 補助的に使う筋肉が弱くて記録が伸びないことが多々あるのです。 ベンチプレスは胸(大胸筋)を鍛えるトレーニングなのですが、大胸筋のみを使っているわけではありません。 補助的に腕の裏側の筋肉(上腕三頭筋)や肩の筋肉(三角筋)も使っています。 この部分が弱いといくら大胸筋が強くてもフィニッシュまで持って行けないのです。 ベンチプレスが弱いのは大胸筋が鍛えられていないからだ、と思い込んでしまうと記録はずっと伸びないままになってしまう可能性があるのです。 コツとしては 肘の位置は常に同じにすること。 よく戻す時に一緒になって肘が上がる人がいますが、これでは負荷が上腕三頭筋から逃げます。 背中は真っすぐにしておくことと(下に下ろす時に背中を丸めて下ろす人が多い)下ろす時に 体重をかけて下ろさないことです。 要するに上腕三頭筋の力だけでやりたいのです。 そんなに重い重要ではできないはずなので、軽い重量でしっかりと上腕三頭筋に効かせてください。 フロントプレス 関連記事 ・ ベンチプレスの記録を一気に伸ばすコツ ベンチプレスの記録を一気に伸ばしたいならこの他にも方法はあります。 もっとも効果的なのはフォームを 正しいフォームにすることでしょう。 そもそも正しいフォームでやっていない人はきちんと大胸筋に刺激が入らないので、重い重量をやったとしても大胸筋が発達して行かないです。 例え正しくないフォームで高重量を上げたとしても、周りの人は「それならそりゃ上がるわな。 意味ないことやってるな。 」と思うだけです。 どうせなら正しいフォームでどれくらい持ち上がるのかを突き詰めるようにしましょう。 正しいフォームでベンチプレスをやった方が長い目で見れば高重量が上がります。 なにより怪我の予防にもなり、大胸筋の発達も良く、周りの人にも尊敬されます。 まさに良い事づくめなわけです。 では、正しいフォームとはどんなものでしょうか。 以下に紹介しますので、一つ一つ自分のフォームが当てはまっているのかチェックしていきましょう。 床を足の裏全体で押すようにして行うようにしてください。 そのためには足の裏全体が常に床についていなければいけません。 しかし、お尻をベンチから上げた状態でベンチプレスをやってもあまり胸には刺激が入りません。 そもそも 公式の上げ方としては完全にNGなので、記録として認められません。 どうせやるならきちんとした記録に残るやり方でやりたくはないでしょうか。 なので、お尻はベンチから浮かさないでやることをおすすめします。 関連記事 ・ ベンチプレスの記録が伸びないときは自分の筋トレの目的を思い出そう ここまで書いてきて何ですが、ベンチプレスの記録にこだわるあまりトレーニングの大事な部分を見失っている人も多いと思います。 要するに「トレーニング(ベンチプレス)を何のためにやっているのか?」です。 恐らくはほとんどの人は「健康のため」や「カッコいい体になるため」に始めたのではないでしょうか。 「ベンチプレスが持ち上げたいから」という理由で始めた人は恐らくはいないはずです。 筋肉と言うのは最終的にいかに刺激を入れたかで発達が決まります。 簡単に言うと軽い重量でも筋肉に効率的に刺激を入れることができれば、筋肉は発達するのです。 なので、 重い重量である必要はないわけです。 トレーニング上級者になるとあまりどのトレーニングをする時も重量にこだわりがなくなります。 なぜならどうすれば筋肉にもっとも刺激が入るかということを考えながらやっているので、重量は二の次三の次になってしまうからです。 とは言っても当然パワーリフティングをやっているような人は重量にこだわってやっています。 なぜなら重さを競う競技をしているからです。 しかし、ボディビルダーのようなボディメイキングをしている人はそれほど重さにはこだわりません。 とは言っても、一般の人に比べればかなり重い重量でやっていますが。 もちろんベンチプレスで重さにこだわるのは悪いことではありません。 しかし、本来の目的が「カッコいい体になりたい」というものであれば、それほど重さにこだわる必要もないかもしれません。 関連記事 ・ ベンチプレススペシャリストの究極トレーニング法 実はベンチプレスの重さを競っているパワーリフターたちの間でもベンチプレスのスペシャリストのことを「ベンチプレッサー」と言います。 このベンチプレッサーたちはベンチプレスを週に最低3日はやります。 「え?筋肉って超回復させないと発達しないのでは?」と思った人もいると思います。 しかし、彼らは筋肥大を狙っているわけではありません。 あくまでもベンチプレスの記録を伸ばすためにやっているのです。 要するにバスケットボールの選手が毎日のようにバスケットボールの練習をするように、ベンチプレスの練習を毎日のようにするのです。 そして、やるのは基本的にベンチプレスのみ。 他の補助種目はまったくやりません。 とにかく ベンチプレスのみを毎日のようにやり込むのです。 先に補助種目をやった方が記録は伸びるということを書きましたが、上級レベルになればベンチプレスだけをやった方が記録は伸びていきます。 もし、あなたがすでにかなりのレベルで体重の2倍程度は上げられるなら、このようにベンチプレッサーのようなトレーニングを積んだ方が良いかもしれません。 ただし、その際は他の種目のトレーニングは一切捨てて、ベンチプレスのみをやることになるでしょう。 そこにボディメイキングと言う考えはありませんので、 カッコいい体になりたいと思っている人にはこのやり方は向きません。 関連記事 ・ 男性がベンチプレス好きな理由 ちなみに男性はやたらとベンチプレスが好きな人が多いですよね。 ビックスリーと言われている他の種目(デッドリフト、スクワット)やその他の補助種目に比べると非常に人気があります。 これはなぜでしょうか?理由は2つあります。 1つ目は 胸の筋肉は自分で鏡で確認しやすく、なおかつ、ついているという実感も得られやすいからです。 また、 胸の逞しい男は大抵の人はカッコいいと思うからでしょう。 カッコいい体に憧れてトレーニングを始めたならやはり胸板を厚くしたいという気持ちを持っている人が多いのでしょう。 2つ目は意外にやっている人も気づいていないのですが、「 楽だから」です。 実はビックスリーのうちでベンチプレスがやっていて一番辛く感じません。 要するに楽です。 それに比べてスクワットやデッドリフトの辛いことと言ったらありません。 息は切れるし、限界までやれば立てなくなることもしばしば。 こんな辛いことはできるだけやりたくないと思うのが当然でしょう。 ベンチプレスが好きな人が多いのは他の種目が辛いのにカッコイイ体になった実感が乏しいからなのではないでしょうか。 関連記事 ・ ベンチプレスが伸びないときは筋トレ器具にもこだわろう ちなみにベンチプレスの記録を伸ばしたかったら器具にもこだわった方が良いかもしれません。 パワーリフティングで使う競技用のベンチ台は通常、そのあたりのジムに置いてあるベンチ台よりかなり幅が広いです。 実はこの幅がだいぶ重要だったりします。 背中を完全に支えてくれている安心感で重量がアップするという人も多いのです。 ジムに通っているのであれば、置いてあるベンチ台を使うしかないかもしれません。 しかし幅の広いベンチ台が置いてあるジムに移籍してみるとか、自分の家でベンチ台がある人は幅広のベンチ台に交換してみるなどしてみてはいかがでしょうか。 そこまでベンチプレスの重量にこだわるのも何ですが、どうせこだわるならそこまでこだわっても良いかもしれません。 ・ベンチプレスはBIG3の中では一番早く伸びない時期がくる。 ・ベンチプレスが伸びない原因は補助的に使う筋肉が弱いからという場合も多い。 ・ベンチプレスが伸びない対策は上腕三頭筋や三角筋など補助筋を強化する種目をやると記録が一気に伸びることがある。 ・ベンチプレスを伸ばすコツは、まずは正しいフォームで行うこと。 いかがでしたでしょうか。 なかなかベンチプレスの重量が上がらない人は一度大胸筋の強化から頭を離して補助種目で上腕三頭筋や三角筋を鍛えてみてください。 また、すでに体重の2倍程度の重量を上げられる人は、ベンチプレッサーのトレーニングを真似してみましょう。 ただ、ベンチプレスは何のためにやっているのかもう一度自分に問いかけてみてください。 もし、ボディメイキングのためだけにやっているなら重量にこだわりを持たないというのも一つの選択肢です。 いずれにしてもベンチプレスはトレーニングの中ではかなり楽しい種目の一つです。 頑張って続けるようにしましょう。

次の

脱初心者!ダンベルやバーベルは何キロを上げれば平均以上なの?

ベンチ プレス 自分 の 体重

体重50㎏ MAX75㎏• 体重55㎏ MAX82. 体重60㎏ MAX90㎏• 体重65㎏ MAX97. 体重70㎏ MAX105㎏• 体重75㎏ MAX112. 体重80㎏ MAX120㎏• 体重85㎏ MAX127. 体重90㎏ MAX135㎏• 体重95㎏ MAX142. 体重100㎏ MAX150㎏ 体重100㎏の人がベンチプレスをしているのに、MAXが100㎏しか挙がらなければ、 レベルが低いと判断できます。 逆に、体重100㎏でMAXが200㎏なら「すごっ!」となります。 目安は、 自分の体重の1. 5倍以上。 まずは、この基準をクリアしていきましょう。 詳しくはこちら。 ベンチプレスのトレーニングレベルを変えるタイミング トレーニングを積めば、筋力アップします。 しかし、同じトレーニングをずっと続けていても、筋肉は成長しません。 どのタイミングでトレーニングの内容を変えればいいのか。 それは。 「今、挙げられる回数+2回余分に挙げられたら重さを2. 5㎏上げる」 このシステムが、次のMAX更新のためのトレーニングになります。 5㎏」に重さを上げます。 この繰り返しです。 狙った回数ができるようになれば、MAX重量も必然的に上がります。 ベンチプレスがMAX120㎏レベルのトレーニングメニュー公開 僕がMAX80㎏、100㎏、120㎏のときのトレーニングメニュー例です。 MAX80㎏のときのトレーニング例 サブトレーニング• セット間のインターバル1分• 週3回のベンチプレス メイン、サブの両方をこなすので、1回のトレーニングのボリュームが多い。 MAX100㎏のときと同様、メイントレーニングで 最初の2セットがプラス2回余分にできたら、次の重量を2. 5㎏増やす。 サブトレーニングは、エキセントリック法で、バーを下ろすのをゆっくり行う。 それでも最低5セットは行うようにした。 詳細は下記の記事まで。 あなたの参考になれば幸いです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の