えりぴよさん。 『推しが武道館いってくれたら死ぬ』、きっとうまく超えられるとHappy思考回路でLet's Go!

えりぴよさん、ドルオタやるには顔がかわいすぎる

えりぴよさん

『まんがの作り方』の平尾アウリ先生の新作。 タイトル『推しが武道館いってくれたら死ぬ』が示す通り、地下アイドル…その中でも人気が最下位の舞菜を人生かけて応援する女性えりぴよさんのお話を描いた作品。 アイドルものであり百合作品としても楽しめます。 岡山県で活動するマイナー地下アイドル【ChamJam】の、内気で人見知りな人気最下位メンバー【舞菜(まいな)】に人生すべてを捧げて応援する熱狂的 ファンがいる。 収入は推しに貢ぐので、自分は高校時代の赤ジャージ。 愛しすぎてライブ中に鼻血ブーする…伝説の女【えりぴよ】さん! 舞菜が武道館のス テージに立つ日まで…えりぴよの全身全霊傾けたドルヲタ活動は続くっ! 『まんがの作り方』の平尾アウリ、待望の最新作!! <まずは試し読み> ・ 主人公が男オタだったら、界王様の「見ちゃおれん」状態になったでしょうが、えりぴよさんが女性で残念美人なのでコミカルで微笑ましくなります。 楽しいものを全力で楽しむ。 これ最高の人生なり。 それでいながらけっこう深い人間関係(百合的に)があったり。 二粒も三粒も美味しい。 えりぴよさん凄すぎる えりぴよさん 何よりも えりぴよさんの生き様ですよ。 地下アイドルグループ「ChamJam」の中でも人気最下位の舞菜の魅力に一番最初に気付き、唯一無二の舞菜推しとなったえりぴよさんは 人生を掛けて応援するのです。 収入の全てを突っ込み、服すら売ってしまい 高校時代の赤ジャージしか持ってないという。 うわっ…えりぴよさんの応援、全力すぎ…!? えりぴよさんだけでなくアイドルヲタの生き様が凄すぎる。 感動的ですらあります。 ここまで全力なのかと言うと そういうものなのです。 私自身はアイドルにハマったことは無いんですけど、以前に友達の付き合いである声優アイドルのライブに行ったんですよ。 ライブ中に、声優が東京ドーム進出を発表したんです。 そしたら回りの人たちの反応が凄かった。 泣いてる人、抱き合う人、バンザイする人… 喜びを爆発させてました。 熱気ムンムンで人生かけてんなって感動してしまいました。 ドルヲタでなくても共感してしまうこと多数。 心の琴線に触れること無数。 えりぴよさんはオタクの鏡です えりぴよさんの舞菜へ向ける情熱はコメディで笑えるんだが、オタクだからこそズシリと響くことが多いです。 「 私の人生には舞菜の1分1秒が必要なんです!」(1話)、「 舞菜は生きててくれることがわたしへのファンサだから」「 生きてさえいればいい」(9話)は座右の銘にしたいレベル。 リアルアイドルだけでなく、二次元美少女だろうが、何なら人を好きになったことがあるならば、 「大好き」を経験した全ての人間が共感できる。 「可愛いは正義」なんです。 人生の栄養補給と言っていい。 可愛いを摂取するからこそクソゲーな現実を生きられるのである。 えりぴよさんにとってのそれが舞菜なのです。 そりゃ人生かけて推すっちゅーの。 がしかし! 当の舞菜は塩対応。 百合ラブコメとして楽しめる えりぴよさんがのありったけの想いをぶつけられる舞菜の素っ気なさ。 つれねー! とはいえ、読者には舞菜自身がえりぴよさんの事を気になってる、 むしろ好きだというのが分かるようになってるおります。 いわば すれ違い百合ラブコメとしてニヤリングできます。 実は両想いだった 両想いの者同士が「勘違い」「すれ違い」などで関係がこじれるのはよくあることですが、えりぴよさんと舞菜は いい意味でひどい!そもそもえりぴよさんの言動が 必ずどこかに落ち所があるのも原因なんですけど、2人の想いが正確にまじわることがほとんどない。 見ていてじれったい百合ラブコメでもあります。 何度、「そーじゃねぇだろ!」とえりぴよさんや舞菜の行動に突っ込みを入れたくなったことか。 やってることは思春期中学生のような純情恋愛です。 それが実に良い。 見ていて微笑ましくなる。 舞菜は普通に可愛いし、 えりぴよさんは面白可愛い。 えりぴよさんと舞菜だけでなく、アイドルグループ「ChamJam」のメンバー同士でも百合的な関係があり百合好きにはたまりません。 えりぴよさん&舞菜は見てて微笑ましい子供っぽい関係ならば、メンバー内の百合関係は大人っぽいシックなのも特徴的。 特に人気ナンバー1のれおとナンバー2の空音の関係がとても良い。 2巻からはえりぴよさんと舞菜のメイン2人以外も掘り下げて描かれるのですけど、れおと空音の百合的な関係…というかれおに対する空音の想いが格別なり。 空音とれお 2巻11話と12話の空音とれおの絡みは最高で最高すぎた。 過去を丁寧に掘り下げて、それ故に尊敬(百合的ラブ)を向ける動機付けも素晴らしければ、「私だけが分かってる」っていうラブコメ高ポイントである「そういう所が好き」をきっちり描いて惹かる過程がとても繊細で めちゃくちゃ満足度高く萌えられる。 この作者、前作『まんがの作り方』もそうだけどイチャラブ百合というよりは 雰囲気を楽しむスタイルなんですよ。 とはいえ前作は、霞を…空気を食うようなものでした。 塩だけで飯食ってるようなものだった。 満腹になれなかったのだが、今作は雰囲気も健在で、尚且つ、おかずがズッシリとボリューミーで幕の内弁当を食べてような感覚です。 美味い!満腹満足! 「好き」を伝える ヘテロだろうが百合だろうがラブコメは「好き」を伝えるのが手に汗握るところなのだが、悲しいけどこれアイドルとファンなのよねん。 2巻では、ある意味変則的なすれ違いラブコメの模様だったえりぴよさんと舞菜の想いが通じた(一応だが)のは感動的ですらあった。 えりぴよさんに「漢」を見た 握手する5秒の間に、ありったけの舞菜ラブを伝えたえりぴよさんは漢だった(女です)。 「愛」を全部伝えることはできないけど、それでもいかに好きかと、感謝してるかと、5秒で気持ちを伝えたえりぴよさんである。 舞菜にも想いは伝わっていた。 まあ落ちどころはあったけど。 それでも確かに距離が縮まってる2人である。 えりぴよさんと舞菜の絶妙な距離感がコミカルでツボなんですけど、例え両想いな2人が至近距離になろうと最後に 「アイドル」と「ファン」という防弾ガラスが君臨してるわけで…。 ただの百合ラブコメならすれ違いが解決して両想いでくっ付いて「めでたしめでたし」なのだが、えりぴよさんは舞菜が タイトル通り心の底から武道館に行って(一流のアイドルになって)欲しいと願ってる。 だから、単純に結ばれれば「めでたしめでたし」にはならない。 結末が予測できないのが面白いところですが。 本気で考えると、「愛」のあり方が見えてくる傑作なのかもしれない。

次の

推しが武道館いってくれたら死ぬ7話の見逃し無料動画!えりぴよさんが工場スキルがUP

えりぴよさん

また放送終了後の見逃し再放送はテレビでは 今の所ないようです。。。 現在は配信終了している場合もありますので、詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。 勝利に躍起するが背伸びして失敗。 相合傘だったり赤信号から青信号に走り出した舞菜はもう止められない。 何この感動のアニメ。 「広告が無駄に多い」「フル視聴できない」デメリットはそれだけではありません。 最悪の場合、スマホやPCがウイルス感染する可能性もあります。 安心して楽しむためにも、正規の動画配信サービスを利用しましょう。 アニメは見たいけど、安全に見たいと思う人が近年ではとても増えているようです。 実際に、無料で視聴することは可能ですがデメリットとリスクが存在することは言うまでもありません。 違法アップロード作品については著作権については、「」などで言われていたり、「」でも語られております! 今後も無料の動画共有サイトで違法アップロードは増える可能性がありますが、公開されている動画は「」で定める著作権を侵害しているかもしれません。

次の

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」えりぴよの性格や特徴は?舞菜好きになった理由についても

えりぴよさん

収入の全額を約3年もの間ChamJamの舞菜につぎ込んでいます! そのために、万年金欠です。 そしてそのせいで、舞菜の券を買い占めるために舞菜のファンが増えないとまで言われています。 赤いジャージはもっていた服をすべて売ってグッズにあてたためです。 「推し武道」えりぴよの性格 『百合ニュース』TVアニメ「推しが武道館いってくれたら死ぬ」PVが初公開。 思ったらすぐに行動、そして舞菜のためなら何だってします! しかしその性格が欠点として出てくる場合があります。 それが人の話を聞かないということです。 舞菜が塩対応しているとえりぴよは思っていますが、実は えりぴよが話を最後まで聞けない事と舞菜のおっとりした故に言いたいことをストレートに言えない二人のタイプの不一致から起こっていることのなのです。 「推し武道」えりぴよの特徴 えりぴよの特徴といえば赤のジャージです。 持っていた服をすべて売ってChamJamにつぎ込んでいます。 しかしグッズ販売で買ったTシャツはあまり着ないという謎があります。 またえりぴよは舞菜に感動したりすると鼻血を出すという特徴をもっています。 その感動のあまり、ライブ会場で鼻血を出して、会場から医務室にまで運ばれたこともあります。 「推し武道」えりぴよの職業 えりぴよはフリーターです。 そのためにChamJamのライブやイベントにはほとんど参加しています。 なので仕事は転々としていますが、一番メインで働いているのは、パン工場です。 そこでラインの作業をしています。 作業内容はパンのひっくり返っているものを元に戻すという作業です。 しかし、それでは舞菜のグッズが買えなくなるとわかると派遣などの仕事をしています。 コンビニ、ガードマン、警備員、神社関連、気ぐるみ などなどしています。 そしてたいてい大怪我をしています。 「推し武道」えりぴよが舞菜を好きになった理由 えりぴよが舞菜と出会ったきっかけはChamJamのライブのビラを配っていた時のです。 舞菜はライブに人を呼ぶために直前までビラを配っていました。 それをたまたま受け取ったのが、えりぴよでした。 そしてステージに立っている舞菜を見た時衝撃が走りました。 それ以来、唯一の舞菜推しの古巣ヲタと呼ばれています。 ちなみに舞菜以外にはほとんど興味はありません。 まとめ ・えりぴよは、3年前くらいから、ChamJamのステージに立っている舞菜をみてアイドルオタになった女性です。 ・オタクをつづけるために就職などはせず、パン工場のライン作業を頑張っています。 それでもお金がなくて、ライブや物販に行けないときは派遣のしごとなどをして、無理くりお金を作ってライブに行くというとんでもなく重度のオタクです。

次の