マルエツカード waon。 マルエツnews|WAON一体型クレジット「マルエツカード」9/1発行

マルエツカード |イオンカード 暮らしのマネーサイト

マルエツカード waon

マルエツカードと一緒に届きます。 特別優待券の使い方は次のとおりです。 ・合計金額 3,000円(税込)以上で 300円特別優待券 ・合計金額 2,000円(税込)以上で 200円特別優待券 特別優待券は、上記のマルエツ、マルエツプチ、リンコス、魚悦にて利用できます。 電子マネーWAONは、マルエツカードからのチャージ後に利用開始です。 200円(税込)につき、 1WAONポイントが貯まります。 イオンiDは、利用した金額分を、後ほどまとめてクレジットカードの引き落とし日に支払うタイプの電子マネーです。 200円(税込)ごとに 1ときめきポイントが付与されます。 マルエツカードの無料付帯保険 マルエツカードには、紛失や盗難などの際に役立つ保険が、無料で付帯されています。 ショッピングセーフティー保険 マルエツカードで購入した商品が盗難や事故に遭った場合、 購入日から180日間、 年間で50万円まで補償する保険です。 クレジットカード盗難保障 マルエツカードの紛失や盗難後、カードの不正利用にて損害を受けた金額を、 届け出から61日前まで遡り、 全額を補填してくれます。 家族カード 年会費無料にて、3枚までの家族カードを作ることが可能です。 ETCカード ETCカードも年会費無料、発行手数料無料で作成できます。 マルエツカードの優待特典 映画鑑賞割引 イオンシネマの映画鑑賞券を、マルエツカードで支払った場合、 一般料金より300円割引となります。 マルエツカード所有者だけでなく、 同伴者大人1名も割引が適用される特典です。 優待施設の利用 マルエツカードを含むイオンカードの提携店舗にて、割引などの優待が受けられます。 マルエツカードは 年会費無料。 カードデビューとしてのマルエツカードを選ぶのはもちろんのこと、2枚めや3枚めのカードとしての選択肢もあります。 特にマルエツにて日々お買い物をする方におすすめしたいクレジットカードです。 是非、この機会に作ってみてはいかがでしょうか。 ポイントサービス名 ときめきポイント 200円(税込)ごとに1ポイント(ポイント還元率0. 利用限度額 規定による キャッシング限度額 規定による ショッピング限度額 規定による 最短発行日 2週間程度 紛失盗難補償制度 紛失・盗難の届け日を含め61日前にさかのぼり規定に基づいて補償 申込資格 18歳以上で電話連絡が可能な方。

次の

<マルエツカード発行記念>マルエツ限定 電子マネーWAONご利用キャンペーン

マルエツカード waon

イオンカードの種類 イオンカードは、提携カードも含めると実にたくさんの種類のカードがあり、どれを選んだらよいのか迷ってしまいますよね。 一般的なクレジットカードの機能のみが搭載された、ノーマルなイオンカード(一般)もあれば、電子マネーWAONが一体化されたカードもあり、さらにはイオン銀行のキャッシュカードも搭載されているイオンカードセレクトといったものもあります。 また、イオン側からゴールドカードへのランクアップの案内が届いた方は、年会費無料でゴールドカードを持つことも可能です。 加えて、それぞれの提携先でおトクになる提携カードもたくさんあるのですが、提携カードについては、WAON一体型でないものが多いですね。 提携カードの場合は、ゴールドカードへのランクアップもありません。 イオンカードの種類については、下記記事に詳しくまとめていますので、参考にしてみてください。 WAON一体型ならオートチャージの登録ができて便利! 前述のとおり、WAONへのチャージ方法はいくつかあるのですが、オートチャージをすることもできます。 オートチャージとは、 WAONにチャージされた金額が一定額を下回ったら自動的にチャージされるしくみのことです。 例えば、「WAONの残高が3,000円未満になるタイミングで、5,000円をオートチャージする」といった設定をあらかじめ登録しておくことができるのです。 オートチャージできるカードは、次のとおりです。 WAONカードプラス• イオンカード WAON一体型• イオンカード WAON一体型/G. Gマーク付• イオンカードセレクトなどです。 つまり、 WAON一体型のカードならオートチャージができて便利だというわけです。 1枚で3つのポイントをためられるWAON一体型イオンカード また、WAON一体型のイオンカードの魅力の一つは、 イオンの3つのポイントを1枚のカードでためられるところです。 イオンの3つのポイント制度 イオンには3つのポイント制度があります。 クレジットカード払いでたまる「ときめきポイント」• カードの提示&現金払いでたまる「WAON POINT」• 電子マネーWAONの利用に応じてたまる電子マネー「WAONポイント」 なお、電子マネーWAONをイオングループ各店やWAON POINT加盟店で利用した場合は、電子マネーWAONポイントではなく「WAON POINT」がたまります。 これらのイオンカードの3つのポイント制度については、下記の記事で詳しく解説しています。 WAON一体型のカードを選べば、これら3つのポイントを1枚のカードで上手にためることができて便利です。 イオンカードセレクトは三位一体 イオンカードセレクトには、クレジットカードとWAONが一体化されているだけでなく、イオン銀行のキャッシュカードも一体化されています。 そのため、これ1枚で3つの役割を果たしてくれるわけです。 これなら財布の中にカードが何枚もあふれることなく、スマートに使うことができますね。 イオンカードセレクトならオートチャージでポイント二重取り オートチャージできるのが魅力のWAON一体型イオンカードの中でも、イオンカードセレクトについては、WAONでの買い物だけでなく、オートチャージの際にも200円ごとにWAONポイントを1ポイントを獲得することができます。 オートチャージでもポイントを受け取れるのは、イオンカードセレクトだけです! ただ、イオンカードセレクトのオートチャージの特徴は、 クレジットチャージではないという点です。 事前にオートチャージの設定をしておくと、 イオン銀行の口座残高から電子マネーWAONにチャージされます。 つまり、自動的にイオン銀行の口座から引き落とされることになります。 WAONポイントはというと、1カ月あたりのオートチャージ利用合計額200円ごとに1ポイントが加算され、翌月17日以降にWAONステーションで手続きをすることによって、受け取ることができます。 注意!イオンカード発行時WAONのポイント移行は自分で! さて、便利でおトクなWAON一体型のイオンカードですが、ウィークポイントがあるとしたら何でしょう? それは、ポイント移行についてです。 クレジットカードには有効期限がありますので、イオンカードも有効期限が近くなると新しいカードが発行されます。 新しいカードが発行された際に、 WAON残高やポイントを新しいカードに移行する手続きを、自分でしなくてはいけないのです。 手続きは、最寄りのWAONステーションで行います。 移行前のカードを所定の位置に置いてしばらく待つ• メニュー画面から「各種設定・変更」を選ぶ• 「新カードへの移行」を押す• 新しいカードを置いてしばらく待つ• 新しいカードを取り、移行前のカードを置いてしばらく待つ• 移行残高を確認したら「アップロード」を押す• 移行前のカードを取り、新しいカード置いてしばらく待つ• 移行残高を確認したら「ダウンロード」を押す• 利用可能残高とWAONポイントが表示されるので確認し、必要であれば「レシート」を押して完了 カードの再発行をした場合についても、同様に自分でポイント移行の手続きをしなくてはいけません。 再発行の場合は、「新しいカードへの移行」ではなく手順3で「再発行カードへの移行」を押しますが、他の手順は同じです。 まとめ ここでは、WAON一体型のイオンカードとはどんなカードなのか、その魅力をお伝えし、また最強カードのイオンカードセレクトについてもご紹介しました。 WAON一体型のイオンカードの特徴は次のとおりです。

次の

マルエツnews|WAON一体型クレジット「マルエツカード」9/1発行

マルエツカード waon

イオンカードの種類 イオンカードは、提携カードも含めると実にたくさんの種類のカードがあり、どれを選んだらよいのか迷ってしまいますよね。 一般的なクレジットカードの機能のみが搭載された、ノーマルなイオンカード(一般)もあれば、電子マネーWAONが一体化されたカードもあり、さらにはイオン銀行のキャッシュカードも搭載されているイオンカードセレクトといったものもあります。 また、イオン側からゴールドカードへのランクアップの案内が届いた方は、年会費無料でゴールドカードを持つことも可能です。 加えて、それぞれの提携先でおトクになる提携カードもたくさんあるのですが、提携カードについては、WAON一体型でないものが多いですね。 提携カードの場合は、ゴールドカードへのランクアップもありません。 イオンカードの種類については、下記記事に詳しくまとめていますので、参考にしてみてください。 WAON一体型ならオートチャージの登録ができて便利! 前述のとおり、WAONへのチャージ方法はいくつかあるのですが、オートチャージをすることもできます。 オートチャージとは、 WAONにチャージされた金額が一定額を下回ったら自動的にチャージされるしくみのことです。 例えば、「WAONの残高が3,000円未満になるタイミングで、5,000円をオートチャージする」といった設定をあらかじめ登録しておくことができるのです。 オートチャージできるカードは、次のとおりです。 WAONカードプラス• イオンカード WAON一体型• イオンカード WAON一体型/G. Gマーク付• イオンカードセレクトなどです。 つまり、 WAON一体型のカードならオートチャージができて便利だというわけです。 1枚で3つのポイントをためられるWAON一体型イオンカード また、WAON一体型のイオンカードの魅力の一つは、 イオンの3つのポイントを1枚のカードでためられるところです。 イオンの3つのポイント制度 イオンには3つのポイント制度があります。 クレジットカード払いでたまる「ときめきポイント」• カードの提示&現金払いでたまる「WAON POINT」• 電子マネーWAONの利用に応じてたまる電子マネー「WAONポイント」 なお、電子マネーWAONをイオングループ各店やWAON POINT加盟店で利用した場合は、電子マネーWAONポイントではなく「WAON POINT」がたまります。 これらのイオンカードの3つのポイント制度については、下記の記事で詳しく解説しています。 WAON一体型のカードを選べば、これら3つのポイントを1枚のカードで上手にためることができて便利です。 イオンカードセレクトは三位一体 イオンカードセレクトには、クレジットカードとWAONが一体化されているだけでなく、イオン銀行のキャッシュカードも一体化されています。 そのため、これ1枚で3つの役割を果たしてくれるわけです。 これなら財布の中にカードが何枚もあふれることなく、スマートに使うことができますね。 イオンカードセレクトならオートチャージでポイント二重取り オートチャージできるのが魅力のWAON一体型イオンカードの中でも、イオンカードセレクトについては、WAONでの買い物だけでなく、オートチャージの際にも200円ごとにWAONポイントを1ポイントを獲得することができます。 オートチャージでもポイントを受け取れるのは、イオンカードセレクトだけです! ただ、イオンカードセレクトのオートチャージの特徴は、 クレジットチャージではないという点です。 事前にオートチャージの設定をしておくと、 イオン銀行の口座残高から電子マネーWAONにチャージされます。 つまり、自動的にイオン銀行の口座から引き落とされることになります。 WAONポイントはというと、1カ月あたりのオートチャージ利用合計額200円ごとに1ポイントが加算され、翌月17日以降にWAONステーションで手続きをすることによって、受け取ることができます。 注意!イオンカード発行時WAONのポイント移行は自分で! さて、便利でおトクなWAON一体型のイオンカードですが、ウィークポイントがあるとしたら何でしょう? それは、ポイント移行についてです。 クレジットカードには有効期限がありますので、イオンカードも有効期限が近くなると新しいカードが発行されます。 新しいカードが発行された際に、 WAON残高やポイントを新しいカードに移行する手続きを、自分でしなくてはいけないのです。 手続きは、最寄りのWAONステーションで行います。 移行前のカードを所定の位置に置いてしばらく待つ• メニュー画面から「各種設定・変更」を選ぶ• 「新カードへの移行」を押す• 新しいカードを置いてしばらく待つ• 新しいカードを取り、移行前のカードを置いてしばらく待つ• 移行残高を確認したら「アップロード」を押す• 移行前のカードを取り、新しいカード置いてしばらく待つ• 移行残高を確認したら「ダウンロード」を押す• 利用可能残高とWAONポイントが表示されるので確認し、必要であれば「レシート」を押して完了 カードの再発行をした場合についても、同様に自分でポイント移行の手続きをしなくてはいけません。 再発行の場合は、「新しいカードへの移行」ではなく手順3で「再発行カードへの移行」を押しますが、他の手順は同じです。 まとめ ここでは、WAON一体型のイオンカードとはどんなカードなのか、その魅力をお伝えし、また最強カードのイオンカードセレクトについてもご紹介しました。 WAON一体型のイオンカードの特徴は次のとおりです。

次の