ナス の 芽 かき。 ナス わき芽かき 摘芯

ナス わき芽かき 摘芯

ナス の 芽 かき

ここがポイント! それでは早速、トマトとナスの芽かきする枝を、 今日のポイント!として紹介しましょう。 トマトやナスの芽かきをする枝は、『トマトは主枝と側枝の間から出ている枝、ナスは一番花の下2枝を残してその下』と覚えると良いでしょう。 トマトは、主枝と側枝で『Y』の字になっているところから出ている枝を摘み取ります。 ナスは、一番花から下に数えて、2本の枝を残し、その下にある枝を全部切り取ります。 難しく考えず、野菜たちを見回る中で、芽かきしていけば良いでしょう。 もちろん、冒頭の会話でも紹介した通り、芽かきの目的は、栄養の分散と、込み合っている枝を除いて風通しをよくし、病気になりやすい環境を作らない、ということです。 芽かきをしても、まだ込み合っているようなら、この目安にとらわれず芽かきをするべきですし、生育が順調で実もなるなら、無理に芽かきをしなくても良いでしょう。 そして芽かきの際に気をつけることが1つあります。 それは、かいた芽で、他の部分の皮を剥いてしまわないようにする、ということです。 植物の体を守っている皮が取り除かれてしまうと、そこから菌が侵入しやすくなり、病気になりかねません。 特に手で芽かきをするときは、関係の無い部分の皮まで剥いてしまわないように、気をつけましょう。 次は他の野菜の間引きをしましょう。 この菜園では、ジャガイモ、トウモロコシ、ラッカセイ、ニンジンの間引きをします。 ジャガイモは1ヶ所3本立ち、トウモロコシ、ラッカセイは1ヶ所1本立ち、ニンジンは株間10cmにそれぞれ間引きましょう。 徒長していたり、ひ弱な苗を間引き、葉や茎などが健康で、どっしりした苗を残します。 残す苗も一緒に抜いてしまわないように、回りの土を手で押さえて間引きをしましょう。 ジャガイモは、地面に近い場所で、枝を切り取りましょう。 ところで今回は、前回手に入らなかったコールラビとオクラの、それぞれの苗を植え付けました。 ホームセンターにおよその入荷日を聞き、コールラビ6株とオクラ3株を購入しました。 コールラビは、もちろん初めに植え付けたものと大きさに差は出ていますが、後から植え付けた株も、ちゃんと収穫することができました。 今回の作業は、女性2人で30分程度で終了しました。 本日のポイントおさらい トマトの芽かきする枝は、主枝と側枝の間から出ている枝。 ナスの芽かきする枝は、一番花の下2枝を残してその下。 かいた芽で、他の部分の皮を剥いてしまわないようにすること。 本日の定点観測 トマトとナスの芽かきは、どの枝をかいたらいいか良く分かったね! うん、これで毎日の見回りのときに芽かきしていけるね。 芽かきはそんなに難しくないんですよ。 芽かきの意味をしっかり分かっておけば、自然と芽かきする枝も判別が付きますよ。 この菜園では、ちょっと実験!ということで、トマト4株のうち全く芽かきしない株を1株作ることにしました。 恐ろしい結果はまた後日… ところで、メグさんは今回面白いことをしていましたね? はい、コールラビが、植付け後3日で早速 ハモグリバエにやられてしまったんです!幼虫が植え付けられていて、葉の上から潰さないといけなかったんですが、虫が嫌いで素手で潰したくなかったので… 苦肉の策で、毛抜きで潰してみました! でもこれで、被害は明らかに減ったよね! 爪で潰したりするより、確実にできたよ。 それに、早めに対処したのがやっぱりよかったみたい。 メグさんの虫嫌いから出た工夫ですね。 害虫の被害が落ち着いたところで、 次回は、トマトとナスに本格的な支柱を立てましょう。 トマトには、少し変わった支柱を立てるんですよね! はい、支柱、という名前のものではないですけど、こんな使い方もアリなのでは?という使い方を紹介します。 この菜園は工夫がいっぱいですね、次回も宜しくお願いします!.

次の

ナスのわき芽かきと一番果の収穫

ナス の 芽 かき

スポンサーリンク 芽かきをする 芽かきとは、栄養を実や主茎に集中させるために不要な枝や葉を切り落とす事です。 ナスの第1花より下に生えてる余計な芽を切った。 これで実に栄養が集中してくれるはず。 あーたのしいw — gejigeji イクメン馬主 gejigeji0613 第1花から数えて2本か1本だけ枝を残してその下の枝を全部切り落とす必要があります。 また、日照時間にもやや不安があります。 支柱に絡めて補助してあげる必要があります。 ナスのプランターに支柱を立てた。 目の前の畑を参考にしてみたつもり。 台風とか気を付けないと倒れたり飛んでいったりするかもなぁ。 気を付けます。 — gejigeji イクメン馬主 gejigeji0613 我がベランダ菜園からは目の前に大家さん (ライバル)の畑が見えます。 そこに植えてあるナスやトマト用の支柱の組み方を参考にしました。 夕方なのにこの日当たりです。 うらやましい…土もたっぷりでわんさか野菜が生い茂ってます。 反面、うちのナスはもう日陰に入ってしまっています。 あー、、畑欲しいw 今はまだこんな感じで小さな小さな実です。

次の

ナス最初の芽かきです

ナス の 芽 かき

・水やりはこまめに 「ナスは水で作る」と言われるように、米ナスの栽培にも水やりは欠かせません。 ナス科の植物は乾燥を嫌うので水切れには注意してください。 一度水切れをすると回復が難しくなります。 地植えにした場合もプランターに植えた場合もこまめに水やりをしてください。 肥料 【肥料は切らさない】米ナスをはじめとしたナス科の植物は収穫期間はとても長いです。 収穫が始まってからの期間肥料が足りていないと極端に実付きが悪くなります。 定植後は肥料を切らさないようにタイミングよく追肥を行いましょう。 【追肥のやり方】5月下旬~9月下旬が米ナスに追肥を行う期間です。 定植の1か月後から2週間に1度の割合で追肥をします。 畝(うね)に沿って浅く溝を掘る• 溝に1平方メートルあたり20~30グラムの化成肥料をまく• 外側の土を肥料にかぶせて溝を埋める• 畝に土寄せをする 用土 米ナスを定植する2週間前から土作りをします。 【2週間前】土に苦土石灰を1平方メートルあたり100グラムまいてよく耕す 【1週間前】堆肥:1平方メートルあたり2キログラム、化成肥料:1平方メートルあたり100グラムを土全体にまいてよく耕し、畝を作る 【畝の作り方】高さ10~15センチ、幅70~80センチ、米ナスは60センチ間隔で植える 米ナスの病害虫 米ナスの株元に敷きわらやマルチシートを張ることで病害虫を予防できます。 万一発生してしまった場合は早めに対処しましょう。 【米ナスの病害】米ナスをはじめとするナス科の植物は連作すると「青枯れ病」が発生します。 予防のためにも連作は止めましょう。 【米ナスの害虫】アブラムシやダニが発生しやすいので薬剤で駆除します。 ヨトウムシ、テントウムシは見つけ次第捕殺してください。 米ナスの植え付け・植え替え 米ナスを定植する2週間前から土を改良し、畝を作っておきます。 【米ナスの植え付け時期】寒冷地は5月下旬~6月下旬、温暖地は5月上旬~6月下旬、暖地は4月中旬~5月下旬に行います。 【米ナスの植え付け】気温が上がり、苗の本葉が6~7枚になったら定植の適期です。 苗は60センチ間隔で植え付けてください。 根鉢を崩さないようポットから苗を引き出す• 根鉢がすっぽり入るサイズの穴を掘り苗を入れる• 株元に土を寄せ、根と土が密着するように土を軽くおさえる• わき芽を全て取る(一番花がある場合、その一つ下のわき芽だけ残す)• 株の周囲にドーナツ状の土手を作り、その中にたっぷり水やりをする 米ナスは芽かき、支柱立てなどの手入れが必要です。 時期としては5月上旬~5月下旬に行います。 【米ナスの芽かき】一番花が出たら、その花を挟んだ上下のわき芽1本ずづだけを残し、他のわき芽を取り去ります。 こうして主枝1本、側枝2本の3本仕立てにします。 【米ナスの支柱立て】芽かきの後、株に沿って長さ1. 5メートルほどの支柱を立てます。 8の字結びで余裕を持たせて主枝に固定してください。 米ナスの栽培のポイント• 長期間栽培するが、難易度は中くらい• 乾燥を嫌うのでみずやりはこまめに• 栽培期間・収穫期間が長いので追肥を欠かさない• 主枝1本・側枝2本の3本仕立てにする• 高温を好むので気温が上がってから定植する.

次の