二重整形 戻る。 二重整形後周りの反応はどうだったのか?家族、異性、友人【画像有】

二重整形は埋没と切開どっちがいいの?違いとメリット・デメリット

二重整形 戻る

二重整形を大きく分けると、メスを使わない「埋没法」とメスを入れる「切開法」の2種類があります。 埋没法は、いわゆる"プチ整形"で、まぶたを糸で留めて二重のラインを作るもの。 切開をしないので、やり直しも可能です。 一方の切開法は、目頭を切開して二重にする方法ですが、ラインが定着するぶん、やり直しは難しくなります。 初診のカウンセリングでは、なりたい目元をヒアリングするのですが、最近は「こういう目にしたい! 」というはっきりとしたオーダーをする人が多い傾向に。 最終的には患者さんの目元に合わせて、施術内容を決定します。 できる限りご本人の希望を実現できるように努めますが、あまりにも派手な目元をオーダーされたときは、確認をするようにしています。 派手な目元というのは、欧米人のような平行二重の中でも、二重の幅が広すぎる場合。 パッと華やかな目元にはなるのですが、ある程度化粧をしないと映えませんし、人によっては違和感のある目元に見えてしまう可能性もあります。 そのようなときは、「おばあちゃんになってもその目を愛せますか? 」と患者さんに聞くようにしています。 美の基準は人それぞれ違いますが、医師として、客観的な意見を伝えることも大事だと思っています。 そのときは良かったとしても、時間がたってから後悔をしてほしくないですから。 将来の旦那さんにバレてもいいですか? 二重の傷跡を完全に残らない状態にすることはできない 切開法では、目頭やまぶたを切開して二重を作ることになります。 残念ながら今の日本の技術では、傷跡を修復することはできても、完全に残らない状態にすることはできません。 それも踏まえて、切開法を希望される方には、「将来の彼氏や旦那さんに、二重整形がバレてもいいですか? 」ということも確認します。 もちろん、男女問わず二重整形をする方は多いですし、女性なら愛らしく華やかな目元を、男性だったら印象のよい目元をかなえることが可能となります。 もし目元がずっとコンプレックスだった方であれば、気持ちも明るくなるはずです。 ただ、将来的に見て愛せる目元であるか、後悔しないかどうかも重要なポイント。 カウンセリングでは、医師とよく相談して、二重のデザインを決めることをお勧めします。 年をとるとまぶたはどう変わる? もう1つ、二重整形について知っておいてほしいことがあります。 それは、まぶたと加齢の関係です。 よく「まぶたが痩せる」という表現を使いますが、まぶたの皮膚は年齢とともにたるんでいき、かぶさっていきます。 例えば、年を重ねるにつれて一重が二重になる人や、つり目からタレ目へと印象が変わる人がいますが、それは加齢による自然な変化。 まぶたの状態が変わると、若い頃はキレイにできていた"二重メイク"がやりづらく感じたり、見え方が変わったりすることもあるでしょう。 同様に、二重整形後のまぶたも加齢による変化は避けられません。 特に埋没法では、医療用の細い糸を使っていくつかの"点"でまぶたの内側からラインを固定しているだけなので、加齢によるまぶたの変化とともに、二重の幅が狭くなったり、ラインがなくなったりすることも自然に起こることです。 また、何度も繰り返し埋没法を行っている人には、切開法を勧めることもあります。 二重整形をする場合もしない場合も、"加齢によってまぶたは変化する"ということを覚えておきましょう。 2003年度ミス慶應グランプリで、歴代のミスの中でも唯一「専門医」の資格を持つ医師。 2006年に慶應義塾大学医学部を卒業後、同大学病院、東京大学医学部附属病院 形成外科・美容外科、大塚美容形成外科 千葉院院長などを経て、2013年よりに勤務。 そのほか、日本形成外科学会 専門医、日本美容外科学会 JSAPS 正会員、日本抗加齢医学会 正会員、埼玉医科大学総合医療センター 形成外科・美容外科 非常勤助教など。 医師として、正しい美容医療の普及と実現に貢献することをライフワークとし、でも情報を発信している。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

二重(ふたえ)、目もと、まぶたの整形施術一覧

二重整形 戻る

二重整形を大きく分けると、メスを使わない「埋没法」とメスを入れる「切開法」の2種類があります。 埋没法は、いわゆる"プチ整形"で、まぶたを糸で留めて二重のラインを作るもの。 切開をしないので、やり直しも可能です。 一方の切開法は、目頭を切開して二重にする方法ですが、ラインが定着するぶん、やり直しは難しくなります。 初診のカウンセリングでは、なりたい目元をヒアリングするのですが、最近は「こういう目にしたい! 」というはっきりとしたオーダーをする人が多い傾向に。 最終的には患者さんの目元に合わせて、施術内容を決定します。 できる限りご本人の希望を実現できるように努めますが、あまりにも派手な目元をオーダーされたときは、確認をするようにしています。 派手な目元というのは、欧米人のような平行二重の中でも、二重の幅が広すぎる場合。 パッと華やかな目元にはなるのですが、ある程度化粧をしないと映えませんし、人によっては違和感のある目元に見えてしまう可能性もあります。 そのようなときは、「おばあちゃんになってもその目を愛せますか? 」と患者さんに聞くようにしています。 美の基準は人それぞれ違いますが、医師として、客観的な意見を伝えることも大事だと思っています。 そのときは良かったとしても、時間がたってから後悔をしてほしくないですから。 将来の旦那さんにバレてもいいですか? 二重の傷跡を完全に残らない状態にすることはできない 切開法では、目頭やまぶたを切開して二重を作ることになります。 残念ながら今の日本の技術では、傷跡を修復することはできても、完全に残らない状態にすることはできません。 それも踏まえて、切開法を希望される方には、「将来の彼氏や旦那さんに、二重整形がバレてもいいですか? 」ということも確認します。 もちろん、男女問わず二重整形をする方は多いですし、女性なら愛らしく華やかな目元を、男性だったら印象のよい目元をかなえることが可能となります。 もし目元がずっとコンプレックスだった方であれば、気持ちも明るくなるはずです。 ただ、将来的に見て愛せる目元であるか、後悔しないかどうかも重要なポイント。 カウンセリングでは、医師とよく相談して、二重のデザインを決めることをお勧めします。 年をとるとまぶたはどう変わる? もう1つ、二重整形について知っておいてほしいことがあります。 それは、まぶたと加齢の関係です。 よく「まぶたが痩せる」という表現を使いますが、まぶたの皮膚は年齢とともにたるんでいき、かぶさっていきます。 例えば、年を重ねるにつれて一重が二重になる人や、つり目からタレ目へと印象が変わる人がいますが、それは加齢による自然な変化。 まぶたの状態が変わると、若い頃はキレイにできていた"二重メイク"がやりづらく感じたり、見え方が変わったりすることもあるでしょう。 同様に、二重整形後のまぶたも加齢による変化は避けられません。 特に埋没法では、医療用の細い糸を使っていくつかの"点"でまぶたの内側からラインを固定しているだけなので、加齢によるまぶたの変化とともに、二重の幅が狭くなったり、ラインがなくなったりすることも自然に起こることです。 また、何度も繰り返し埋没法を行っている人には、切開法を勧めることもあります。 二重整形をする場合もしない場合も、"加齢によってまぶたは変化する"ということを覚えておきましょう。 2003年度ミス慶應グランプリで、歴代のミスの中でも唯一「専門医」の資格を持つ医師。 2006年に慶應義塾大学医学部を卒業後、同大学病院、東京大学医学部附属病院 形成外科・美容外科、大塚美容形成外科 千葉院院長などを経て、2013年よりに勤務。 そのほか、日本形成外科学会 専門医、日本美容外科学会 JSAPS 正会員、日本抗加齢医学会 正会員、埼玉医科大学総合医療センター 形成外科・美容外科 非常勤助教など。 医師として、正しい美容医療の普及と実現に貢献することをライフワークとし、でも情報を発信している。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

二重整形はバレる? 加齢による変化も覚悟を

二重整形 戻る

まぶたのたるみによる影響が 出始めるかもしれません。 10年が経過すると、安定していた頃の二重ラインに比べ、わかりやすい変化が表れます。 どうしても年月が経つと加齢とともに皮膚がたるんだりまぶたがくぼんでしまったりするため、埋没法が取れ元のまぶたに戻るなんてこともあります。 しかし、 取れてしまうというのはデメリットであり、メリットでもあるのです。 埋没法の最大のメリットは やり直しができるということです。 加齢で二重幅が変わってしまってももう一度施術を受けることができます。 その際に目元のたるみ取りなどを併用することで、若々しい目元を取り戻すこともできるのです。 再手術を受ける時の クリニック選びは以前と別のクリニックをおすすめしています。 他院であれば無料でカウンセリングを受けらることや、初回限定のお得なプランが用意されていることもあるので、気になった方は下記からクリニックを探してみてください。 また、埋没法の再手術についての内容は以下の記事に詳しく記載されています。 こちらも合わせてご覧ください。 しかし、稀に糸が取れてしまう方もいるようです。 「数年もしないうちに糸が取れてしまった!」という方には、以下のような特徴が挙げられます。 湘南美容外科 CMなどでもお馴染みの では、「取れにくさ」にとことんこだわった という埋没法があります。 また、この施術は万が一二重が取れてしまった場合でも 無料で再手術を受けることができるため、術後の費用の負担が少なくて済みます。 肌のハリが失われまぶたがたるむことから、二重ラインにも変化が現れるかもしれません。 特に、埋没法の場合、 皮膚表面が癒着している可能性が大きいです。 皮膚と糸が癒着すると、抜糸が難しくなります。 そのためにも定期的な検診を行い、 まぶたの状態をチェックしておくことは大事だと言えます。 埋没法でトラブルが起きる可能性 後遺症などの重大なトラブルは ほぼありません。 埋没法・切開法どちらの施術方法に限らず言えることは、二重整形が原因となり老後も後遺症が残るということは、ほとんどないということです。 稀に報告されるのは、時間の経過により 埋没法の糸が粘膜を傷つけてしまったというようなトラブル。 これは糸の結び目が粘膜までたどり着いてしまった場合に起こります。 つまり、糸の結び目が表に出ていなければ起こる可能性がかなり低くなるということです。 最近では結び目を表に出さない 『線留め』という施術方法が一般的となっているので、安心して施術を受けることができるでしょう。 【まとめ】埋没法のその後 埋没法のその後を詳しくご説明しましたが、その中でも「持続期間」「再手術できる回数」2つに焦点を当ててまとめてみました。

次の