コロナ 感染 性別。 新型コロナウイルスの年齢・性別・持病の有無の違いに基づく致死率の概算

日本国内の感染者9800人 NHKデータ分析 見えてきた特徴は 特設サイト 新型コロナウイルス

コロナ 感染 性別

Contents• このうち、今日神奈川県で感染が確認された男性会社員は重症との報道が出ています。 北海道と熊本ではいずれも20代の方が重体であり、 非常に症状が重い方が出てきているのも気になるところ です。 また、23日に北海道が発表した新型コロナウイルスの感染者の男性が、スクールバスを運転していたことが判明しました。 神奈川県で感染が確認された別の方も相模原駅で業務をしていたとのことで、不特定多数との接触が原因であるとも考えられます。 接触人数が多ければそれだけ感染源からコロナウイルスを受ける可能性も、仮に感染した場合の拡散する可能性も高い ものです。 感染経路は主に、飛沫 直接 感染・エアロゾル感染・接触感染が考えられます。 これらは若干の違いはあるもののより感染者とより近い場所にいることで感染するリスクが高まるのです。 感染経路に関する詳しいことは他の記事で触れておりますので、そちらも参考にしていただければ幸いです。 もちろん全ての仕事を止めるのは難しいですが、会議や面談をオンラインで・通勤ラッシュを避けるなど、を個人レベルで対策していくのが引き続き大切だと考えられます。 居住地別の分類では、北海道…29・栃木…1・埼玉…3・東京…19・神奈川…16・千葉…8・石川…4・愛知…15・三重…1・京都…2・大阪…1・奈良…1・和歌山…13・福岡…2・熊本…3・沖縄…3・中国…16・不明…20です。 厚生労働省が発表しているコロナウイルスに関連したデータを基に、感染者を男女別に分けると次のようなグラフになりました。 最近こそほぼ同じ数のようにも見えますが、 全体ではほぼ2:1 男性103人・女性53人・不明1名 と男性の割合がなぜか多くなっています。 特に、2月の上旬に男性のみが感染している時期も見受けられました。 新型コロナウイルス肺炎ということで喫煙習慣とも関連付ける説も出ていますが、なぜ男性の方がこれだけ多いのかは気になるところです。 感染経路を踏まえると、接触している割合が高いことは要因かもしれません。 武漢からの帰国者・検疫官など、多くの人と接触する仕事に男性の方が多く就いている点で、罹患するリスクはやはりより高いと考えられるでしょう。 一方で、ここ最近の人数が一定になってきているのには、コロナウイルスが一般的に広がりを見せている、つまり市中感染が起こっているためと考えられます。 いずれにしても、 どの性別であっても感染するリスクはあります ので、注意が必要です。 また、コロナウイルスに関しては当初は高齢の方の感染が目立ったこともあり、「年齢別では20代以下の若者は大丈夫」などの噂も出ていました。 しかしながら、中国では30代の現役の医師の方が亡くなってしますし、日本でも先程ご紹介したように20代の方が重体となっています。 今後さらに感染が拡大するリスクは高い以上、多少の差はあっても可能性があることは押さえておきましょう。 これは検査数が多いことも一因と考えられ、無症状者がいることも考慮すると、ここには挙げられていない感染者も多く存在すると考えられるでしょう。 上で載せたグラフでは、やはり韓国の急増が目立っているので、2月24日分の833・それ以前の602・433・204の数字を消したものをみてみましょう。 このようにして見ると、日本は日々数字を増やしており、イタリア・イランなどでここ数日急に数字が上がってきていることがうかがえます。 特にイランは初めての感染者が確認されてからわずか数日で50人近くに達しており、状況次第では一気に数が増えることも考えられるでしょう。 先日に引き続いて数字を増やしている国がいくつかあり、日本もその一つです。 男女別や年齢別には多少の差がありますが、誰にでも感染するリスクはあります。 感染経路をえい、個々人でできる対策を講じていきましょう。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

新型コロナウイルスの年齢・性別・持病の有無の違いに基づく致死率の概算

コロナ 感染 性別

よくある質問 問1 国内での累計感染者数や死亡者数が厚生労働省の集計より多いのはなぜですか? 当サイトの更新は、各自治体の公式発表を元にリアルタイムで行っています。 自治体が開く記者会見や、Webサイトに掲載された発表資料を確認でき次第、迅速に更新しています。 一方、厚労省でも各自治体からの報告を元に集計作業を行っていますが、当社が同省に確認したところ、自治体からの報告が数日遅れとなる場合もあるということです。 このため、リアルタイムに更新を続けている当社のデータとは数字に差が生じます。 問2 国内での累計感染者数の下に表示されている「前日比」とはどういう意味ですか? 国内での累計感染者数が、前日に比べて何人増えたかを表しています。 累計回復者数や死亡者数要入院・療養者数、の下に表示された数字も同様です。 問3 東京都で新たに感染者が増えたというニュースを見ましたが、このサイトでは増加分がまだ反映されていないことがあります。 それはなぜですか。 東京都を含め、一部の自治体では正式な発表前におおよその感染者数の報道が先行する場合がありますが、当サイトでは原則、自治体の正式な発表や厚労省の集計を確認した後に更新しています。 問4 国内での累計感染者数や死亡者数にダイヤモンド・プリンセス号 クルーズ船 の乗員・乗客を含めないのはなぜですか? 当初は便宜置籍船の存在などの理由からダイヤモンド・プリンセス号 クルーズ船 を含めた値で表示していましたが、ダイヤモンド・プリンセス号以外での感染拡大ペースが上がっている状況を踏まえ、ダイヤモンド・プリンセス号の乗員・乗客を除いた値をわかりやすく示すために表記と計算を変更しました。 問5 一方で、長崎港のクルーズ船コスタ・アトランチカ号の感染者を国内累計に含めるのはなぜですか? 厚労省の集計基準に合わせています。 同省は検疫法第5条「外国から来航した船舶などは、検疫済証の交付を受けた後でなければ上陸してはならない(概略)」を元に、入国時の検疫の有無を集計基準としています。 入国時に乗船者全員の検疫を終えていなかった横浜港のクルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号の感染者については、入国前の事例として扱い、国内累計には含めていません。 一方、コスタ・アトランチカ号の乗船者については、入国時に全員の検疫が済んでいたため、同号の感染者は入国後の事例として、国内累計に含めています。 当サイトもこれに合わせています。 問6 一度感染し、回復後に再び陽性となった感染者は集計に含めていますか? 当サイトでは、再陽性は集計に含めず、感染者の「実数」で公表しています。 一部自治体では、再陽性も含めた「延べ人数」として公表しているところがあります。 当サイトと一部自治体の集計に差が見られるのは、こうした集計基準の違いによるものです。 一方、回復者の集計には再陽性の事例も含めています。 回復者については人数のみ発表する自治体が多く、年代・性別などの詳細が不明で、突き合わせ作業が難しいためです。

次の

新型コロナウイルス 日本国内の最新感染状況マップ・感染者数(16日11時時点)

コロナ 感染 性別

Contents• このうち、今日神奈川県で感染が確認された男性会社員は重症との報道が出ています。 北海道と熊本ではいずれも20代の方が重体であり、 非常に症状が重い方が出てきているのも気になるところ です。 また、23日に北海道が発表した新型コロナウイルスの感染者の男性が、スクールバスを運転していたことが判明しました。 神奈川県で感染が確認された別の方も相模原駅で業務をしていたとのことで、不特定多数との接触が原因であるとも考えられます。 接触人数が多ければそれだけ感染源からコロナウイルスを受ける可能性も、仮に感染した場合の拡散する可能性も高い ものです。 感染経路は主に、飛沫 直接 感染・エアロゾル感染・接触感染が考えられます。 これらは若干の違いはあるもののより感染者とより近い場所にいることで感染するリスクが高まるのです。 感染経路に関する詳しいことは他の記事で触れておりますので、そちらも参考にしていただければ幸いです。 もちろん全ての仕事を止めるのは難しいですが、会議や面談をオンラインで・通勤ラッシュを避けるなど、を個人レベルで対策していくのが引き続き大切だと考えられます。 居住地別の分類では、北海道…29・栃木…1・埼玉…3・東京…19・神奈川…16・千葉…8・石川…4・愛知…15・三重…1・京都…2・大阪…1・奈良…1・和歌山…13・福岡…2・熊本…3・沖縄…3・中国…16・不明…20です。 厚生労働省が発表しているコロナウイルスに関連したデータを基に、感染者を男女別に分けると次のようなグラフになりました。 最近こそほぼ同じ数のようにも見えますが、 全体ではほぼ2:1 男性103人・女性53人・不明1名 と男性の割合がなぜか多くなっています。 特に、2月の上旬に男性のみが感染している時期も見受けられました。 新型コロナウイルス肺炎ということで喫煙習慣とも関連付ける説も出ていますが、なぜ男性の方がこれだけ多いのかは気になるところです。 感染経路を踏まえると、接触している割合が高いことは要因かもしれません。 武漢からの帰国者・検疫官など、多くの人と接触する仕事に男性の方が多く就いている点で、罹患するリスクはやはりより高いと考えられるでしょう。 一方で、ここ最近の人数が一定になってきているのには、コロナウイルスが一般的に広がりを見せている、つまり市中感染が起こっているためと考えられます。 いずれにしても、 どの性別であっても感染するリスクはあります ので、注意が必要です。 また、コロナウイルスに関しては当初は高齢の方の感染が目立ったこともあり、「年齢別では20代以下の若者は大丈夫」などの噂も出ていました。 しかしながら、中国では30代の現役の医師の方が亡くなってしますし、日本でも先程ご紹介したように20代の方が重体となっています。 今後さらに感染が拡大するリスクは高い以上、多少の差はあっても可能性があることは押さえておきましょう。 これは検査数が多いことも一因と考えられ、無症状者がいることも考慮すると、ここには挙げられていない感染者も多く存在すると考えられるでしょう。 上で載せたグラフでは、やはり韓国の急増が目立っているので、2月24日分の833・それ以前の602・433・204の数字を消したものをみてみましょう。 このようにして見ると、日本は日々数字を増やしており、イタリア・イランなどでここ数日急に数字が上がってきていることがうかがえます。 特にイランは初めての感染者が確認されてからわずか数日で50人近くに達しており、状況次第では一気に数が増えることも考えられるでしょう。 先日に引き続いて数字を増やしている国がいくつかあり、日本もその一つです。 男女別や年齢別には多少の差がありますが、誰にでも感染するリスクはあります。 感染経路をえい、個々人でできる対策を講じていきましょう。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の