お手数 を おかけ し て 申し訳 ありません。 「お手数をおかけしました」の意味とビジネスでの使い方!類語、英語も紹介

「ご面倒」の使い方と例文・敬語の種類・ご面倒の別の敬語表現

お手数 を おかけ し て 申し訳 ありません

「お手数おかけしますが」の意味 「手数」の意味 ここでの「手数」とは、「ある物事を達成するために必要な労力、動作、工程の数」をさします。 「ある物事」とは、自分以外の第三者のために行う物事です。 つまり、 「お手数おかけしますが」とは、「こちらの依頼や要求に対して、労力や動作をかけさせますが」という意味になります。 また、「てすう」ではなく、「てかず」とも読み、「手数と報酬の割りが合わない」などの用法もあります。 クッション言葉として活用 「お手数をおかけしますが」という表現は、ビジネスの上では、クッション言葉として多く活用されます。 クッション言葉を添えれば、相手に依頼しにくい内容も、きつい印象を与えることなく伝えられます。 例えば、「ご連絡をお待ちしております」を「お手数をおかけしますが、ご連絡をお待ちしております」と、一言添える具合です。 「恐れ入りますが~」も、このクッション言葉にあたります。 「お手数おかけしますが」の気をつけたい誤用2つ 自分に対しては使用しない 「お手数おかけしますが」は、自分が目上の相手に対して使用する尊敬語です。 そのため、自分自身に対しては使いません。 「お手数おかけしますが、一週間以内にご連絡いたします」とは表現できませんので注意が必要です。 「お手数かけさせますが」は失礼 前述の通り、 「お手数」とは自分が相手に対して要求や依頼をした事項に対する、動作や労力を示す言葉です。 そのため、「お手数かけさせますが」は、誤用になります。 自分が相手に対して「お手数」を要求しているという意味にも捕らわれてしまいがちですので、使用しないように気を付けましょう。 「お手数おかけ致します」は正しい 「お手数おかけします」の「します」の部分を謙譲語のにした、「お手数おかけいたします」という表現もよく目にします。 こちらは一見、「お手数」に更に「いたします」を加えた二重敬語と思われますが、 「お~する」の形に中に「お~いたす」という用法がある為、正しい表現となります。 ただし、これは使用するシチュエーションや文章内容によっては、くどい言い方となってしまう事もあります。 その為、「お手数おかけいたします」を使用する際には、相手へ伝える前に文章内容とのバランスを見直してからの使用がよいでしょう。 「お手数ですが」を使うシチュエーション メールの締めくくりに使う 「お手数ですが」「お手数おかけしますが」は、メールで締めくくりの言葉に使うとしっくりきます。 相手にお願いをする内容のメールや、アポイントメールで日時の調整をお願いする場合のメールの最後に使うことで、丁寧にお願いをする気持ちを伝えることができます。

次の

お手数おかけいたしましたの正しい意味と使い方の注意点 類語の解説

お手数 を おかけ し て 申し訳 ありません

I'm sorry for the trouble. のtroubleは 「面倒」、「厄介なこと」という意味です。 I'm sorry for your inconvenience. の inconvenienceは、「不都合」、「迷惑」 という意味を表します。 I'm sorry for bothering you. の botherは「迷惑をかける」、「~の手を焼かせる」 という意味になります。 「お手数おかけしますが、よろしくお願い致します」 と言いたいのであれば、 I'm sorry for the trouble but thank you for your cooperation. と言えば大丈夫です。 上記の表現は決まり文句ですので、 そのまま覚えておいて下さいね。 参考になれば幸いです。 この言葉をつけることで、へりくだることができて、「当たり前に頼んでるのではありません」みたいな念押しができるということだと思います。 例)お手数ですがお返事いただけますでしょうか? そうなるとやはり、直訳しようとはせずに、全体的な伝わり方でとらえると。。。 Would you kindly answer the question? Would you please answer the question?

次の

間違いも多い「お手間を取らせてしまい」の意味と使い方・敬語表現

お手数 を おかけ し て 申し訳 ありません

「ご迷惑」のビジネスでの使い方と例文 「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」「ご迷惑をおかけしました」はお詫び・謝罪で使う 「ご迷惑」は、相手へのお詫び・謝罪をする場合に使うことが多いです。 自分の行いが原因で、相手を困らせたり、不快な思いをさせてしまったときに「ご迷惑」を使い、謝罪します。 例えば、「ご迷惑ばかりおかけして申し訳ございません」などとお詫びの言葉を述べたりします。 ビジネスシーンで謝罪・お詫びする際は、「すいません/すみません」よりも「申し訳ございません」を使うのが一般的です。 ご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。 ・弊社商品に不具合があり、皆様には大変ご迷惑をおかけしました。 誠に申し訳ございません。 「ご迷惑をおかけしております」は現段階で迷惑をかけている場合に使う 「ご迷惑をおかけしております」は「 今現在、不快な思いをさせたり、困らせてしまっています」という意味です。 「ご迷惑をおかけしております」は、現在進行形で相手に迷惑をかけている場合に使う表現になります。 ただ「不快な思いをさせている」という意味だけではなく、「そのことについて申し訳ないと思っている」とお詫びの気持ちも含まれています。 謝罪の気持ちが含まれていますがお詫びしていることをはっきりと伝えたい場合は、「ご迷惑をおかけしております」と共に「申し訳ございません」「失礼いたしました」など謝罪の言葉を共に使うのがよいです。 ご迷惑をおかけしておりますが、ご理解とご協力をお願いいたします。 ・大雨の影響により電車が遅れまして、ご迷惑をおかけしております。 大変申し訳ございません。 「再三(にわたり)ご迷惑を〜」「長らくご迷惑を〜」は複数回迷惑をかけた時の謝罪・お詫びで使う 「再三にわたり」は「 物事が何度も起こること」、「長らく」は「 長い間」を意味します。 複数回や長期間にわたり先方に迷惑をかけている場合は、「再三」「長らく」などの文言を使います。 「再三」「長らく」迷惑をかけてしまった場合は、「大変申し訳ございません」「心よりお詫び申し上げます」などのより堅い謝罪の言葉を使うのがよいでしょう。 例文 ・この度は再三にわたりご迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ございませんでした。 ・この度は再三ご迷惑をおかけしたことを心よりお詫び申し上げます。 ・当社の不手際により長らくご迷惑をおかけして大変申し訳ありません。 「ご迷惑とは存じますが」「ご迷惑をおかけしますが」は依頼・お願いするときの前置き 「ご迷惑」は謝罪だけではなく、相手に依頼するときにも使うことができます。 自分の依頼やお願いで、相手に多少なりとも迷惑をかけてしまう可能性がある場合に「ご迷惑」を使います。 ・ご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします ・ご迷惑とは存じますが、何卒ご了承くださいますようお願いいたします ・ご迷惑をおかけすると存じます(思います)が、 などの形で、結びの言葉としてビジネスメールの文末に付け加えるのが一般的です。 ただ、「ご迷惑をおかけしますが」は「相手に不利益を被らせる」とわかった上でお願いしているので、こちらに不手際があり謝罪の気持ちを込めて依頼するときに「ご迷惑」を使うことが多いです。 ただ単に相手が忙しいのを申し訳なく思って「ご多忙の中ご迷惑をおかけしますが〜」と使うこともあります。 例文 ・ご多忙の中ご迷惑とは存じますが、ご検討の程よろしくお願い申し上げます。 「ご迷惑」は年賀状で前年のお詫びをし、新年の抱負を述べるときにも使う 「ご迷惑」は年賀状においても用います。 「 現段階では迷惑をかけているが、これから頑張ります」という趣旨の内容を伝えるときに使います。 例えば、「昨年は皆様にご迷惑をおかけしました。 本年は昨年よりも成果を上げられるように精一杯努めてまいります」と言えます。 これは「去年は迷惑をかけたが、今年は精一杯頑張ります」という意味になります。 このように「ご迷惑」は年賀状などのフォーマルな書き言葉としても使うことができます。 例文 ・昨年はご迷惑をおかけいたしました。 本年は期待に応えられるよう日々努めてまいりますので、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。 ・旧年中は大変お世話になりました。 今年はご迷惑をおかけしないように頑張りますので、何卒よろしくお願い申し上げます。 「ご迷惑」の類語 お手数 「お手数」は「 おてすう」もしくは「 おてかず」と読みます。 「お手数」は「 あることをするのに必要な手段の数、自分のために相手が力を尽くしてくれること」を意味します。 「お手数」は、相手に依頼やお願いをする場合に使う表現です。 例えば、「お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします」ならば「手間をかけさせてしまいますが、よろしくお願いいたします」という意味になります。 「お手数」には「手間をかけさせて申し訳ない」とお詫びの気持ちが含まれます。 例文 ・お手数をおかけしますが、資料をご返送いただけませんでしょうか。 ・お手数をおかけいたしますが、先日の件についてのお返事お待ちしております。 ご心配 「ご心配」は「 何かと心を配って世話をすること、色々と心にかけること」を意味します。 「ご心配」は、相手から自分への配慮や思いやりに対して感謝の気持ちを表しり、謝罪の文章で使われます。 「ご心配いただき、ありがとうございます」「ご心配をおかけしてしまい、申し訳ありません」などと使います。 例文 ・この度は色々とご心配をいただき、誠にありがとうございました。 ・先日はご迷惑とご心配をおかけしてしまい、大変申し訳ございませんでした。 謝罪・お詫びの表現をおさらい 謝罪・お詫びの文章で使うことができる表現をまとめていきたいと思います。 お詫び申し上げます 「お詫び申し上げます」は「 謹んでお詫びします」という意味です。 「お詫び申し上げます」は、謙譲表現「お〜申し上げる」+丁寧語「ます」で成り立っています。 正しい敬語なので、目上の人に対して使うことのできる表現になります。 「お詫び申し上げます」は謝罪するときや、公の場で謝罪の意を示す場合に用います。 例えば、自分のミスが原因で、相手に被害を与えてしまった場合に「ご迷惑をおかけしてしまったことを、心よりお詫び申し上げます」と使うことができます。 ・当方の手違いが原因で、ご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。 弁解の余地もありません 「弁解の余地もありません」は「 全く言い訳できない」という意味です。 「弁解の余地はありません」は、「いくら自分が謝っとしても、不利な状況を避けることができないこと」を表します。 「お詫びの言葉もございません」と言うこともできます。 「弁解の余地もありません」と謝罪することで、本当に申し訳なく思っていることを表します。 例文 ・何度もご迷惑をおかけしてしまい、弁解の余地もありません。 ・私の不注意によるものであり、弁解の余地もございません。

次の