聞きたいの丁寧語。 質問するの敬語表現は?丁寧語/謙譲語/お聞きしたい/お尋ねしたい

正しく使えてますか?間違われやすい「聞く」の謙譲語

聞きたいの丁寧語

ビジネスシーンにおいて必要不可欠と言えるのが、敬語の知識と場面に応じた敬語表現の使い分けです。 場面に応じて適切な敬語表現を使うことは、もはやビジネスマナーの一つとされています。 そのため、敬語の使い方を誤ればマナー違反ということになり、場合によっては自分自身の能力や信用度にも影響を与える可能性があるのです。 そして、敬語の知識と敬語の使い分けは、理解しているつもりでも間違いやすく注意が必要です。 そんな使い分けに注意を要する敬語表現の中でも、特に気を付けなければならないのが「聞く」の敬語変換です。 「聞く」の敬語表現として、ちょっと思いつくだけでも「お聞きする」・「伺う」・「お聞きになる」・「聞かれる」といったものがありますが、謙譲語と尊敬語の見分けがつくでしょうか? そこで今回は、敬語の基本知識をおさらいしながら、「聞く」という動詞の敬語表現の使い分けについて、ご紹介したいと思いますので参考にしていただければ幸いです。 この記事の目次• 「聞く」の尊敬語・尊敬表現 本来ならば敬語表現の基本的使い方は、義務教育の段階で学んでいるのが通常です。 とはいえ、学生の間における敬語を使う機会は意外と少ないので、学んだはずの敬語の使い方を忘れてしまう人も多いのです。 そこで、まずは敬語表現の一つである尊敬語・尊敬表現に関する基本知識を再確認した上で、「聞く」の尊敬語・尊敬表現について説明したいと思います。 敬語の種類 敬語表現は、目上の相手などに対して敬意を表するための言葉遣いのことです。 そして、敬語表現は一般的に3種類(尊敬語・謙譲語・丁寧語)に分類されます。 本記事においては、基本的に3種類の立場で説明していきます。 ちなみに、この3種類を更に細分化して、5種類(尊敬語・謙譲語・丁重語・丁寧語・美化語)で考える見解もあります。 尊敬語・尊敬表現とは? 尊敬語・尊敬表現は、行為・動作の主体である相手方を自分よりも上位の存在と考え、その相手方に話し手の自分から敬意を示す言葉遣いのことを言います。 別の言い方をすると、目上の人など敬意を払うべき相手が行為・動作をする場合に、その相手を「立てる」ために話し手の自分が使う表現方法が尊敬語・尊敬表現なのです。 そして、尊敬語・尊敬表現は、主に動詞・助動詞・形容詞の語形変化によって、敬意の意味がプラスされることになります。 動詞に関する尊敬語への主な語形変化 動詞に関しては、主に次のような形で尊敬語・尊敬表現へと語形変化します。 動詞に尊敬の助動詞「れる」や「られる」をつける 「聞く」の尊敬語・尊敬表現 前述のような動詞の語形変化を踏まえた上で、「聞く」という動詞の尊敬語・尊敬表現を見ると次のような形になります。 「聞かれる」(動詞に尊敬の助動詞「れる」) ただし、助動詞「れる」・「られる」には受身や可能の意味もありますので、文章によっては尊敬の助動詞と意味が判別しにくくなります。 そのため、基本的には「お聞きになる」を使ったほうが良いでしょう。 「聞く」の尊敬語・尊敬表現の具体的な例文 ビジネスの現場では、敬意を表するべき対象や相手が沢山います。 例えば、自分が勤務する会社の社内においては、先輩や上司(課長、部長、社長など)に敬意を示す必要があります。 また、会社の社外においては、取引先企業の担当者は自分より年齢が下であっても敬意を示さなければなりません。 「聞く」の尊敬語・尊敬表現の具体的な例文は、次のようなものが挙げられます。 「課長は、取引先企業の社長の訃報を、お聞きになりましたか?」• 「部長は、社内運動会のことについて、聞かれましたか?」 この場合、話し手である自分が上司である課長や部長に質問していますが、「聞く」という動作の主体は課長と部長です。 そのため、敬意を払うべき上司の「聞く」という動作について、上司を「立てる」ために尊敬語・尊敬表現の「お聞きになる」や「聞かれる」を用いるのですね。 尊敬語・尊敬表現における注意点 尊敬語・尊敬表現において注意すべきポイントとして、二重敬語が挙げられます。 二重敬語とは、同じ種類の敬語を重ねることです。 この二重敬語は、日本語として誤った言葉遣いとされています。 二重敬語を使ってしまうと、日本語として正しくないことはもとより、言葉遣いに厳格な相手方の場合には、相手方の感情を損ねる可能性があります。 というのも、話し手が敬意を高めたつもりであっても、捉え方によっては慇懃無礼な態度に見られるからです。 つまり、上辺の態度は丁寧であっても実は内心で馬鹿にしている、という印象を相手方に与えかねないのですね。 二重敬語の具体例 二重敬語の具体例を挙げると、次のようになります。 正しい例文:「課長は、取引先企業の社長の訃報を、お聞きになりましたか?」• 二重敬語:「課長は、取引先企業の社長の訃報を、お聞きになられましたか?」 この二重敬語の例では、「お聞きになる」という尊敬語・尊敬表現に、更に尊敬の助動詞「れる」を重ねて使っています。 「聞く」の謙譲語・謙譲表現 このような「聞く」の尊敬語・尊敬表現について、思い出していただけたでしょうか? それでは、次に敬語表現の一つである謙譲語・謙譲表現に関する基本知識を再確認した上で、「聞く」の謙譲語・謙譲表現について説明したいと思います。 謙譲語・謙譲表現とは? 謙譲語・謙譲表現は、行為・動作の主体である自分を敢えて下位の存在とすることにより、自分の行為・動作の相手方あるいは聞き手に対して敬意を示す言葉遣いのことを言います。 別の言い方をすると、話し手でもあり行為・動作の主体でもある自分がへりくだることにより、結果として相手方あるいは聞き手を上位の存在として高める表現方法が謙譲語・謙譲表現なのです。 そして、謙譲語・謙譲表現は、主に動詞の語形変化によって、敬意の意味がプラスされることになります。 動詞に関する謙譲語への主な語形変化 動詞に関しては、主に次のような形で謙譲語・謙譲表現へと語形変化します。 「伺う」(動詞の語彙そのものの変化)• 「拝聴する」(動詞の語彙そのものの変化)• 「伺う」は、「尋ねる」・「問う」・「訪れる」・「訪問する」といった動詞の謙譲語・謙譲表現でもあるのです。 この点、「尋ねる」や「問う」は「聞く」の同義語や言い換え表現ですから意味に大きな違いはありませんが、「訪れる」や「訪問する」という動詞の謙譲語としての「伺う」は意味がまるで異なりますので注意が必要です。 「聞く」の謙譲語・謙譲表現の具体的な例文 ビジネスの現場では、敬意を表するべき対象や相手が沢山います。 尊敬語・尊敬表現の場合と同様に、社内上司や取引先企業の担当者などには、自分がへりくだってでも相手方を「立てる」必要な場面が多々あるのですね。 「聞く」の謙譲語・謙譲表現の具体的な例文は、次のようなものが挙げられます。 「課長のご意見を伺いたいのですが…。 「部長の会議でのスピーチを拝聴して、自分の課題と疑問点が明確になりました。 客先で「商品の感想やご希望・ご要望を、お聞きしたいのですが…。 」 この場合、話し手である自分が上司や顧客・取引先担当者に話しかけていますが、「聞く」という動作の主体は自分自身です。 そのため、敬意を払うべき相手方に対して、自分の動作を低めることによって相手方を「立てる」ために、謙譲語・謙譲表現の「伺う」・「拝聴する」・「お聞きする」を用いるのですね。 「聞く」の丁寧語・丁寧表現 それでは、最後に敬語表現の一つである丁寧語・丁寧表現に関する基本知識を再確認した上で、「聞く」の丁寧語・丁寧表現について説明したいと思います。 尊敬語・尊敬表現や謙譲語・謙譲表現に比べれば、理解も容易ですから簡単に説明したいと思います。 丁寧語・丁寧表現とは? 丁寧語・丁寧表現は、話し手が自分よりも目上として把握する聞き手に対して敬意を示す言葉遣いであり、伝達内容をより丁寧に表現するものでもあります。 そして、丁寧語・丁寧表現は、主に文末・語尾に「です」・「ます」・「ございます」をつけることにより敬意や丁寧さの意味をプラスします。 「聞く」の丁寧語・丁寧表現 「聞く」という動詞のの丁寧語・丁寧表現は、次のような形になります。 ・「聞きます」 丁寧語は尊敬語や謙譲語とも組み合わせて使われる 丁寧語は、尊敬語や謙譲語という他の敬語表現と組み合わせて使われることもあります。 このような組み合わせによって、話し手は相手方や聞き手に対して更なる敬意を示すことができるのです。 ちなみに、このような丁寧語と他の敬語表現との組み合わせは二重敬語には当たりませんので、問題なく用いることができます。 まとめ いかがでしたか?敬語の基本知識をおさらいしながら、「聞く」という動詞の敬語表現の使い分けについて説明してみましたが、ご理解いただけたでしょうか? 「聞く」という動詞は基本的な言葉であり、日常的にも頻繁に使うものの一つです。 とはいえ、「聞く」という動詞を敬語変換するだけでも、慣れないうちは戸惑ってしまいます。 そして、現代のビジネスシーンでは口頭での会話だけでなく、ビジネスメールにおいても敬語表現が求められます。 そのため、メール表現やメールの書き方の一要素として、敬語表現の知識が必要になるのですね。 今回は「聞く」という動詞にスポットを当てましたが、ぜひ本記事のきっかけにして、改めて自分自身の敬語表現を見直してみてはいかがでしょうか? 関連記事として ・ ・ ・ これらの記事も読んでみてください!.

次の

「丁寧語」、「尊敬語」、「謙譲語」それぞれの意味と違いについて

聞きたいの丁寧語

「お伺い」の使い方 「お伺いします」は二重敬語だが、一般的に使われている 「お伺いします」は、 「伺う」に謙譲語の「お」と、丁寧語の「ます」をつけた言葉です。 「お伺いします」は、「伺います」という謙譲語に、さらに謙譲語の「お」をつけて表現している言葉であるため、「お伺いします」は二重敬語であると言えます。 二重敬語は、誤った表現方法であり、使用することは避けるべきだとされていますが、 「お伺いします」は一般的によく使われる表現です。 「お伺いします」のように、間違った表現ではあるけれど、一般的に使用され、定着している言葉もあり 「二重敬語だから使用してはいけない」と断定できない言い回しも多く存在します。 しかし、話し言葉では問題がなくとも、文章や沢山の人の前で話すといった場面では、正しい言い回しを使用するように心がけるべきでしょう。 例文 「~についてお伺いしてもよろしいですか?」 「来週の月曜日にお伺いしたいのですが」 「伺います」が正しい敬語表現 「伺います」は、 「伺う」という言葉に、「ます」という丁寧語をつけた言葉です。 「伺う」は、「聞く」または、「訪問する」の謙譲語です。 「伺います」は 謙譲語+丁寧語なので、一般的によく使われる表現になります。 「伺います」だけでなく文頭に「ぜひ」「かならず」「よろこんで」などと一言添えると、「呼んでもらえてうれしい」といったニュアンスを表現することができます。 例文 「明日10時に伺いますのでよろしくお願いします」 「明日の会議では~について伺いますがよろしいですか」 「では、〇月〇日にまた改めて御社へ伺います」 「伺いたい」「伺いたく存じます」も正しい敬語 「伺いたい」「伺いたく存じます」は 目上の人やビジネスシーンで使うことのできる正しい敬語表現です。 「伺いたい」は、 「聞く・訪ねる」の謙譲語である「伺う」に、願望を表す「~たい」を使用した言葉です。 「伺いたい」は、相手を敬う謙譲語を使用した表現なので、目上の人に対して自分が「訪問したい」といった場面や、「何かを聞きたい」という場面で使用できます。 「伺いたく存じます」は、 「伺う」という謙譲語に、願望の「~たい」と「思う」の謙譲語である「存じる」、丁寧語の「ます」を使用した敬語表現です。 「訪問したいと思います」「聞きたいと思います」という意味で、「伺いたく存じます」も目上の人に対して使用できる言葉です。 例文 「3月に改めて、調査結果を伺いたく存じます」 「本日は担当の方がいらっしゃらないようなので、また改めて伺いたいのですがよろしいですか?」 「新商品のアピールポイントを伺いたいです」 「お伺いを立てる」は目上の人に確認すること 「お伺いを立てる」は、 目上の人に問題がないか確認をしたり、意見を求める際に使用する言葉です。 「伺い」には「 目上の人の指示や指図を求めること」といった意味があります。 「伺い」の敬語表現が「お伺いを立てる」となります。 「お伺いを立てる」も「伺う」という敬語に、謙譲語の「お」をつけた言葉なので 二重敬語であり、正しい表現方法とはいえませんが、一般的に使用されている言葉であり、使用しても問題はありません。 直接目上の人に「お伺いを立てさせてください」と使うことができますが、この表現はかしこまりすぎており、クドい印象を与えかねませんので日頃から頻繁に使わないように注意しましょう。 堅苦しくない程度に丁寧に伝えるには、「伺う・確認する」などの言葉を使用したほうが自然です。 例文 「そちらの件に関して係長にお伺いを立ててください」 「社長、企画書の内容についてお伺いを立てさせていただいてもよろしいですか」 「お伺いしたい」「お伺いしたく存じます」も二重敬語 「お伺いしたい」は、 「伺う」という謙譲語に、「お」という謙譲語を使用しているので、二重敬語になります。 「お伺いしたく存じます」は、 「伺う」という謙譲語に、「お」という謙譲語、さらに「思う」の謙譲語である「存じる」に「ます」という丁寧語がついた二重敬語です。 よく見かける言い回しではありますが、正しいとは言えない表現方法です。 上記でも説明したように、「伺いたい」「伺いたく存じます」と使用したほうがいいと言えるでしょう。 「お伺いいたします」は二重敬語のため、使用は避けるべき 「お伺いいたします」は、 「お」=謙譲語 「伺い」=「聞く・訪問する」の謙譲語 「いたす」=「する」の謙譲語 「ます」=丁寧語 で成り立っています。 上記の「お伺いします」で説明したように、 「お伺いいたします」という表現は謙譲語が3つ使われた二重敬語になります。 同じ種類の敬語を重ねてしまったり、謙譲語と尊敬語を混在してしまったりといった表現は、とてもわかりにくい文章になってしまいます。 「お伺いいたします」は、 二重敬語で過度な敬語表現のため、使用は避けるべきです。 「お伺い」の例文 「聞く」の意味で使う「お伺い」の例文 「お伺い」を「聞く」という意味で使用する場合は、例えば 「~について聞いてもいいですか?」と目上の人に聞くような場面で、「お伺いしてもよろしいですか?」というような使い方をします。 先ほど説明したように、「お伺い」は二重敬語になるので「伺ってもよろしですか」と言い換えてもよいです。 「聞く」の謙譲語には、「伺う」の他にも 「拝聴する」「お聞きする」などがあります。 また「聞く」の尊敬語は、「お聞きになる」「聞かれる」になります。 「伺う」は謙譲語のため、相手に対して使うのは間違いになります。 謙譲語は、相手を敬って、自分の行動をへりくだった言い方にするものである為です。 例えば、目上の相手に対して「そのことについて伺いましたか?」というような使い方は間違いです。 これは目上の相手に対して謙譲語である「伺う」を使っているからです。 正しくは「そのことについてお聞きになられましたか?」となります。 例文 「この件に関してひとつ、お伺いしたいことがあるのですがよろしいですか」 「先日提案させていただいた件に関して、御社のご意向を伺いたいのですが」 「お名前、ご住所、生年月日をお伺いいてもよろしいですか」 「先日いただいたデータに関しましていくつか伺いたいことがあります」 「次の会議では、新しい商品について詳しくお話を伺いたく存じます」 「訪問する」の意味で使う「お伺い」の例文 「訪問する」ときの「伺う」は、 「行く」という意味で、自分から目上の相手に出向くことを表しています。 なぜこの場面で「伺う」を使うのかというと、 自分の都合で相手が時間を割いてくれていることに対して敬意を示す必要があるからです。 「訪問する」ときの使い方としては、 ・伺ってもよろしいですか ・伺います ・伺いたく存じます といったようになります。 逆に相手が訪問してくる場合は、「いらっしゃる」や「お越しになる」を使います。 例文 「〇日の〇時頃に伺ったのですがいっらしゃらないようでしたので、ポストに資料をいれさせていただきました」 「〇日に改めて伺ってもよろしいですか?商品の感想をお聞きしたいです」 「明日、〇時にお伺いしますので、よろしくお願いいたします」 「〇日に改めて伺いたく存じますがご都合いかがでしょうか」 「その日はあいにく伺うことができないので、後日日を改めさせていただきます」 「ご迷惑でなければ、また後日お伺いいたします」 「お伺い」する時のビジネスメールでの使い方 ビジネスメールで質問をしたり、詳細を聞くことがあるかと思います。 その場合に、ビジネスメールにおける「お伺い」など「伺う」の使い方を紹介します。 社外や上司への質問のメールは、件名で用件が分かるようにする 社外や上司への質問メールは、 件名で要件がわかるようにしましょう。 ビジネスメールにおいて大切なことは、 相手が見てすぐに内容を理解できるようにすることです。 例えば、「新商品の取り扱い方法について」と件名に入っていれば、「新商品の取り扱い方法について書いてある」ということを頭に入れて内容を読み始めることができます。 社外の人や、 上司をへ質問メールを送るときは、「~についてお伺いします」等の件名を入れると、わかりやすいです。 「お伺い」の他にも、「~について質問です」など「質問がある」ということがわかるようにする言い回しがあります。 ビジネスメールでの質問においては、簡潔にわかりやすく伝えることを常に心がけましょう 質問があるときの件名の例文 「~について1点お伺いします」 「〇日の会議についてお尋ねします」 「~についてのご質問」 質問する前に、「お手数をおかけしますが」など謝意の言葉を入れる 質問に答える際、相手は自分の時間を割いて質問に答えてくれます。 その為、質問をする前に、 「お手数をおかけしますが」など感謝の言葉をいれましょう。 例えば、冒頭に「お手数をおかけしますが」を使用すると、 相手に申し訳ない気持ちと感謝の気持ちを伝えることができます。 「お忙しい中、お手数をおかけしますが」など一言入れてから質問をしましょう。 質問する前に入れる謝意の言葉の例文 「お忙しい中お手数をおかけしますが」 「お忙しい中大変恐れ入りますが」 「お忙しい中失礼いたします」 「聞きたい」は「伺いたいのですが」「伺いたく存じます」を使う 「聞きたい」という場面では、 「伺いたいのですが」や「伺いたく存じます」を使用します。 「伺いたい」は、「伺う」に願望を伝える表現である「~たい」がついています。 「伺いたく存じます」の「存じます」は「思う」の謙譲語です。 「伺いたい」「伺いたく存じます」はビジネスシーンで使うことのできる正しい敬語表現です。 複数質問がある場合は、例えば「~について3点伺いたく存じます」伝え、質問事項を3点、箇条書きなどにして伝えましょう。 そういった場合は、「・」などの記号を使用し、わかりやすく表記しましょう。 例文 「提出いていただいた資料について、伺いたいことがございます」 「日程変更の件について伺いたく存じます」 「~について1点お伺いいたします。 」 締めの言葉も、謝意やお願いを丁寧に入れる メールなどで質問したさいは、締めの言葉も、誠意やお願いを丁寧に入れましょう。 質問に答える為に時間を割いてくれた相手へ感謝の気持ちを伝えるのは当然のことです。 そのため、 自分自身が尋ねる場合は「お伺い」を使い、相手が尋ねる場合は「お尋ね」を使います。 例えば、自分自身が相手に何か尋ねてもいいか聞く場合は「お伺いしてもよろしいですか?」となります。 そして、相手に何かあったら尋ねてもいいですよと伝える場合は「何かございましたら、お尋ねください」と使います。 「尋ねる」の意味は「質問する」 「尋ねる」の意味は「 質問する」です。 主にビジネスシーンでは「お尋ねになる」の形で使います。 尊敬語ですので、 相手が何かを質問することに対して用います。 ただ、「お尋ねする」で謙譲語としても使うことができます。 「お尋ねになる」と「お尋ねする」の使い分けには注意しましょう。 相手の行動に対して謙譲語を使うと失礼にあたります。 そのため、相手の行動は「お尋ねになる」を使い自分の行動は「お伺いする」と使い分けておくと混同しないでしょう。 例文 「何か他に不明な点等ございましたら、いつでもお尋ねください」 「お尋ねくださった件につきまして、ご報告させていただきます」 「申し訳ございません。 その点に関しましては英語部へお尋ねください」 「お伺い」の類語 拝聴 「拝聴」は、「 はいちょう」と読みます。 「拝聴」の意味は、「 謹んで聞く事・聞くことの意の謙譲語」です。 「拝」は音読みだと「ハイ」、訓読みだと「おがむ」と読みます。 「拝」には「頭を下げて礼をする」「あがめる」「ありがたく受ける」という意味があります。 「聴」は音読みだと「チョウ」、訓読みだと「きく」と読みます。 「聴」には「耳をすまして聞く」「聞き入れる」という意味があります。 また「拝」は「拝む(おがむ)」ことを表す言葉なので、謙遜の気持ちを表すときによく使います。 つまり「拝聴する」は、「 ありがたく聞くこと」を表しています。 「拝聴」を用いた例文 「お陰様で素敵な音楽を拝聴することができ、有意義な時間を過ごすことができました」 「憧れの先輩の話を拝聴し、仕事への意欲が増した」 「会場にいた人たちは真剣に拝聴していた」 お聞きする 「お聞きする」は、「 聞くの謙譲語」です。 「聞く」という言葉に、敬意を表す接頭語の「お」を付けた言葉です。 上記で紹介している「拝聴」とい言葉も、「聞く」の謙譲語ですが、「拝聴」はかなり丁寧な敬語で堅苦しい言葉です。 一般的に目上の人に対してやビジネスシーンで使用するのは「お聞きする」や「伺う」であるという事を覚えておきましょう。 「お聞きする」は、「相手に何か聞きたいことがある」といった場面で「~についてお聞きしてもよろしいですか?」といったように使用することができます。 例文 「娘さんが志望校に合格したとお聞きしました。 誠におめでとうございます」 「先日の事件についてお話をお聞きしたいのですがよろしいでしょうか」 「ここは桜が綺麗だとお聞きしました。 いつ頃が見ごろなのでしょうか」 承る 「承る」は、「 うけたまわる」と読みます。 「承る」は 「受ける」「聞く」「伝え聞く」「引き受ける」の謙譲語で、 「謹んで聞く」「謹んで受ける」という意味になります。 「承」漢字一字には、「前のものを引き継ぐ」「相手の意向・意図を受け入れる」といった意味があります。 つまり「承る」は、相手の話を ・しっかり聞いた ・引き受けた ・対応した という意味になります。 謙譲語は、自分の動作をへりくだって表現するので目上の相手に敬意を示します。 「参る」は謙譲語なので、 自分が目上の人の元へ行く時に使うのが基本になります。 例外として、「参る」を自分以外の動作に対して「行く・来る」の意味で使うこともあります。 その場合は厳密には丁寧語になりますが、謙譲語のニュアンスが残るので目上の人の動作には使えません。 ただ、自分以外で目上の人ではない身内などに使う場合があります。 聞き手に対する謙譲の気持ちを表現しようとして生まれた語法です。

次の

「丁寧語」、「尊敬語」、「謙譲語」それぞれの意味と違いについて

聞きたいの丁寧語

このライフレシピのもくじ 【】• スペイン語で丁寧な表現をする際、よく使われる活用は「直接法過去未来形」です。 こちらでは、スペイン語で丁寧な表現方法をご紹介します。 「〜して頂けませんか?」と言う表現です。 自らをへりくだった感じになりますので、謙譲語的な表現になります。 家族や気心のしれた間柄であれば、この表現でも何も問題ありません。 ちょっと気をつけて、このような表現を確実に使うことで、相手に対して尊敬の念を感じさせることができます。 また、相手に対して、仕事や勉強ができる印象を与えます。 おわりに 今回紹介した丁寧なスペイン語の表現は、ほんの一例に過ぎません。 機会があるごとに、こまめに参考書や辞書を使って、様々な丁寧な言い回しを覚えていくことで、さらに丁寧で洗練された文章を書くことができるようになることでしょう。 それでは早速、丁寧な文章を書いてみましょう! photo by.

次の