フィフス ウェイブ 2。 楽天ブックス: フィフス・ウェイブ【Blu

楽天ブックス: フィフス・ウェイブ【Blu

フィフス ウェイブ 2

本国でもヒットしなかったのを知っていたので、あまり期待はせずに鑑賞。 途中まで結構面白かったのだけど、終わってみれば「やっぱそうか」。 《物語》 ある日突然、地球外知的生物が全世界の人類に向けて攻撃を仕掛けて来る。 最初は電磁波攻撃によるあらゆる電子機械の破壊により、乗り物、発電・水道等が全て止まる。 次に水を動かすことにより大津波等を引き起こし、沿岸、湖岸の都市を壊滅。 さらには鳥インフルエンザ拡散による攻撃を仕掛けて来る。 次にこの異生物は人類に寄生し、密かに人類に入り込み、最後の攻撃5th WAVEで人類全滅を企てる。 しかし、5thWAVEがいかなる攻撃かは不明。 キャシー(クロエ・グレース・モレッツ)は父母と小学生(くらい)の弟サムの4人家族のごく普通の女子高生だった。 鳥インフルで母親を失い、避難所生活を父・弟と送っていた。 ある日軍がやって来て、人々を救助して基地に連れて行くという。 子供が先にバスに乗せられたが、弟の忘れ物を取りに行ってキャシーはバスに乗り遅れる。 軍は大人に対して今後についての説明会を開いたが、ある説明に納得せず、指示に従わない男の行動から争いが発生し、銃撃戦に発展。 キャシーの父親は亡くなってしまう。 バスに乗り遅れたためにたまたま、見てしまったキャシーは、弟サムに会うために1人、はるかな基地に歩いて向かうが、そうしている間にも5th WAVEが迫っていた。 《感想》 途中までは面白かった。 タイトルどおり、5th WAVEがどんな攻撃なのか? ということが物語のキーになる。 「え、4th WAVEまでに比べて、5th WAVEがしょぼ過ぎない?」て感じだったけど、そこにはひとひねり有って、「なるほど!」。 「それで、それで。 どうする!?」とクライマックスを待った。 が、しかし! 何とクライマックスが来ること無く、「おしまい」でした! 笑 問題はこの終わり方。 これ、続編あるのでしょうか? いかにもそういう終わり方なのだ。 もし、続編があるのなら、良くあることだが「何で最初にそれを言わない! 詐欺だ!!」である。 もし、「そんな話は無い」であれば、もっと深刻で、「こんな結末あるかよ!」だ。 だって、異星人の攻撃は何も解決していないのだから。 これはネタバレと言われようが、これから観る人には知ってもらうべきだと思う。 でなければ「詐欺だ!」と思う人続出になってしまうのであえて書いておく。 続編が無いのなら、もはや観る価値が無いのだが、これ以後は続編有り(観る価値有り)の前提で書き続ける。 (そうだったとしても続編に関して何も触れていない宣伝に関しては甚だ腹立たしいが) ストーリー展開的には5th waveが分かるまではなかなか良いのだ。 そこまでにラブストーリーも絡まるのだが、これもヒロイン クロエ・グレース・モレッツの魅力から、なかなか良い。 このクロエって、不思議な魅力を持っていると思う。 一般人の基準で言えば綺麗だが、ハリウッド女優の中で言えば、さほどではない。 でも惹きつける何かを持っている。 今回も惹きつけられました 笑 このクロエの存在が無かったら、ホントに時間の無駄と怒った。 あと、この作品うまいなあと思うのは、作り方と宣伝。 CGによる印象的場面があるのだが、実はほんの一部で、制作費は38百万$しかかかってない(ちなみに今公開中のバットマンvsスーパーマンは250百万$)。 振り返ると確かに、宣伝に使われたシーン以外は金のかかっていそうなシーンは無い。

次の

フィフス・ウェイブのレビュー・感想・評価

フィフス ウェイブ 2

ある日突然、上空に現れた巨大な未確認飛行物体。 人類は姿かたちを一切見せない彼らを<アザーズ>と名づける。 <アザーズ>が放った電磁パルスによって、地球上のすべての電源はシャットダウン。 電子機器で管理された現代のライフラインをすべて失った世界は暗黒に包まれる。 エネルギーも電気も使えない状況の人類に対して<アザーズ>が仕掛けたのは天災。 巨大な地震により地面は裂け、襲いかかる大津波によって街は破壊され、多くの人類は命を失い、さらに住む家すらも失ってしまう。 生き残った人類に対し<アザーズ>が放ったのは致死性を高めた鳥インフルエンザ。 死のウイルスは鳥を媒介に地球上に伝染病を蔓延させ、多くの人間が死に追いやられる。 主人公キャシーの親友や母親も感染してしまう。 壊滅状態の地球にいよいよ降り立った<アザーズ>は、数少ない生存者に寄生し人類を攻撃する。 人間の姿をした<アザーズ>を見分ける事は不可能な状況で人類は「誰も信じられない」疑心暗鬼による仲間割れを呼び起し、パニックに陥った人々に巻き込まれキャシーは弟サムとはぐれ、父親を亡くしてしまう。 このように、これまでのディザスター映画と比べても、実に知的かつ冷酷に地球を侵攻してくる<アザーズ>。 彼らが繰り出す究極の一手 【第5の波=フィフス・ウェイブ】とは一体何なのか。 そして、両親を亡くし、弟とも離れ離れになった平凡な女子高生キャシー(クロエ・グレース・モレッツ)は、いったい誰が敵で誰が味方なのか全く解らない極限状態の中、攻撃の理由すらも解らない謎だらけの<アザーズ>を見抜き、人類滅亡を食い止めることができるのか!? そして、無事に唯一の肉親・弟サムと会えるのだろうか?.

次の

映画フィフス・ウェイブは絶対見るな!ネタバレと感想

フィフス ウェイブ 2

39:1 ・音声:DTS-HD Master Audio 5. <ストーリー> ある日、地球から400km上空を巨大な飛行物体が周回し始めた。 人類はこの知的生命体を<アザーズ>と呼んだ。 ニュースでこの衝撃的事実を知った女子高生のキャシー(クロエ・グレース・モレッツ)の平穏な日常は、 この日を境に崩れ去って行くー。 壊滅状態となった地球で生き残ったキャシーは、人間と見分けのつかない<アザーズ>への恐怖に支配されながらも、 第5の波を止めるべく彼らの秘密を探り始めるがー。 and LSC Film Corporation. All Rights Reserved. 画面サイズ:シネスコサイズ 色彩:カラー 言語: 英語 オリジナル言語 /日本語 吹替言語 音声方式: dtsHD Master Audio5. 1chサラウンド オリジナル音声方式 /dtsHD Master Audio5. 1chサラウンド 吹替音声方式 字幕言語: 日本語字幕/英語字幕 制作国: アメリカ 制作年:2016年 洋題:THE 5TH WAVE 収録タイトル: [Disc1] 『フィフス・ウェイブ』/Blu-rayDisc Video アーティスト:クロエ・グレース・モレッツ/ニック・ロビンソン/ロン・リヴィングストン ほか 出演:クロエ・グレース・モレッツ/ニック・ロビンソン/ロン・リヴィングストンほか 監督:J. ブレイクソン 原作:リック・ヤンシー プロデュース:トビー・マグワイアほか 「フィフス・ウェイブ」.

次の