近藤 真彦 金 屏風 事件 中森 明菜。 金屏風事件とは?近藤真彦と自殺未遂後の中森明菜の緊急記者会見

金屏風事件と呼ばれる中森明菜と近藤真彦の謎の会見の真相とその後!

近藤 真彦 金 屏風 事件 中森 明菜

中森明菜の自殺未遂 1982年に「スローモーション」でデビューした中森明菜は、セカンドシングルの少女Aで人気を集め、TATOOやデザイアー・飾りじゃないのよ涙はなど、数々のヒット曲を叩き出した昭和の歌姫です。 1989年7月11日、交際をしていた近藤真彦の自宅で自殺未遂事件を起こし、約1年間芸能活動を休止しました。 きっかけは、2つのことが予想されています。 近藤真彦と松田聖子の熱愛• 1億円近い新居の購入費を近藤真彦に渡したものの、レースなどで使い果たされてしまったショックが原因 左肘の内側を真一文字に切る自殺未遂によって、神経をつなぐ手術は6時間にも及ぶ大手術だったようです。 そして、同年12月31日に金屏風事件が起きます。 [スポンサーリンク] 中森明菜の金屏風事件 金屏風事件とは、近藤真彦も同席しての謝罪会見なのに、婚約会見を開くと騙されての会見だったと言われています。 おめでたい席に置かれる金屏風の前で、『近藤真彦は無関係である。 』と言われ、中森明菜の精神不安定の原因とも言われました。 会見では、「私が信用しないといけない人たちを信頼できなくなったこと。 」と語っています。 出典: 中森明菜が激やせ その後、活動を続けるも事務所問題などで彼女の露出は減少し、とうとう2010年から3年間芸能活動を休止しました。 4年ぶりにニューヨークからの生中継で出演した2014年の紅白でも、やはり完全に元気な姿ではありませんでした。 ですが、活動再開した中森明菜の復帰は、多くのファンが喜びました。 2016年11月には、カバーアルバム「Belie」も発売、同年12月、7年ぶりのディナーショーを開催しています。 2014年の紅白の際には、若干ふっくらしていると、ファンを安心させましたが、昨年のディナーショーでは、また激やせをしてしまっています。 その時の激やせの画像がこちらです。 左Before画像は金屏風事件の時の中森明菜ですが、右after画像は、昨年末のディナーショーの中森明菜です。 中森明菜が激太りしたというのはただの噂で、彼女は激やせをしています。 活動を再開したとは言っても、まだ本格的な復帰と言える程の状態ではない中森明菜の深い心の傷は癒えていないようで、誰もが心配する程の激やせぶりです。 中森明菜は身長160cmですが、この画像を見る限り体重は40kg以下ではないかと予想されます。 隠し撮り訴訟 中森明菜は、2013年11月21日「女性セブン」で隠し撮りをされ、訴訟を起こし損害賠償を請求していました。 45mも離れた場所から望遠レンズで撮影したというこの画像がスクープされたのです。 その時の画像がこちらです。 この画像を見ても、痩せ細り生気がないように見えますね。 中森明菜が激やせした理由 中森明菜は、顔が小さく美しいと言われていますが、鼻の整形疑惑もあります。 歯の矯正によって、唇と歯茎を繋ぐ靱帯を切除したため、剥き出しになった歯茎が怖いとも言われています。 2014年の紅白では、前歯全てが差し歯になっていると話題となり、過食症嘔吐の影響により、歯が溶けたとも噂されていました。 中森明菜は、帯状疱疹であったと言われており、その上精神的ショックによりうつ病を患ってしまい、激やせしたと思われます。 人が精神的なストレスが大きくかかると、自律神経が乱れてしまい、結果免疫力が低下することになります。 帯状疱疹は、免疫力が低下し体の中に潜伏していたヘルペスウイルスにより発症してしまうと言われています。 うつ病も同じく自律神経の乱れが原因となりますが、過食や拒食という症状を引き起こしたり、食べても痩せていくという事になってしまうのです。 中森明菜は、近藤真彦に裏切られたことが引き金となり、拒食症により激やせしてしまったのでしょう。 それに、母の葬儀以降、20年間も家族とは音信不通となっているとも噂がある中森明菜。 中森明菜の稼いだお金を家族が使い込んだという誤解が原因で、中森家からも籍を抜いていると「女性自身」で父が語っています。 家族間の問題を始め、信じていた交際相手に裏切られ、自殺未遂までも引き起こすほどの心の痛みは図り知ることのできないものですね。 何十年たっても、完全に立ち直れない状態であっても無理はないと感じます。 自殺未遂事件がなければ、彼女はまだ歌姫として君臨していた事でしょう。 1日も早く元気な精神を取り戻し、完全に復活してくれることを願いたいと思います。 今回は以上になります。 最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

次の

近藤真彦と中森明菜の金屏風会見の真相は?黒幕はメリー喜多川?

近藤 真彦 金 屏風 事件 中森 明菜

古い事件なので、ご存じない方も多いかも知れないですが、中森明菜さんと近藤真彦さんが揃って会見したということで、当時問題になった事件が金屏風事件です。 金屏風事件とは、1989年12月31日の年末に行われた中森明菜さんによる謝罪会見のこと。 会見場に金屏風が飾られている異様な背景での事件ということで、金屏風事件などと呼ばれます。 会見の内容は、当初は中森明菜さんと一緒に近藤真彦さんが同席していたこから、結婚会見?なんて噂も流れていました。 でも実際は中森明菜さんに関連する出来事による謝罪会見だったんですね。 なぜ、金屏風が用意されていたのかは不明ですが、当時としては異例の会見だったそうです。 公然の事実とされていた中森明菜さんと近藤真彦さんの男女関係を完全に否定する内容で、大みそかの紅白歌合戦の裏番組でも謝罪会見が、何と!生放送されたそうです。 会見自体が異例のことだったので、また金屏風が準備されていたことなどから、別名「金屏風事件」と呼ばれたんですね。 では、金屏風事件とはどんな事件だったのか? 以下に詳しくご紹介していきます。 金屏風事件に至るまでの経過を辿る前に、中森明菜さんがどれくらい当時人気者だったのかを簡単にご紹介します。 1981年に放映されていた「スター誕生」という番組をご存じの方も多いかも知れないですが、そのテレビ番組の三回目の挑戦で、芸能界デビューを果たした中森明菜さん。 持ち前の美貌と歌唱力で、当時の音楽界をけん引していたと言っても過言ではないと思います。 何しろ、中森明菜さんの曲は未だに多くの歌手にカバーされているくらいです。 ヒット曲を一覧でご紹介しますと。 特にバブル時代には、全盛期と言っても良いくらいで、私でも知っている曲は結構あります。 動画で見ても、中森明菜さん、スタイル良いなーと思いますし、歌の動画を見ても、素敵な声をしているなーと思います。 当時の動画などを見ても、今の芸能人で真似出来る人少ないだろうなと思ったりもしますね。 動画や写真でも若い頃は可愛い感じでしたし、年を取っても美人の中森明菜さん。 歌の歌詞もメロディーも好き!というファンも多いのではないでしょうか? 当時も今もそうですが、人気のあるタレントや芸能人、アーティストに付物の噂がスキャンダルです。 中森明菜さんもまた、スキャンダルになったのは仕方ないことなのかも知れませんね。 中森明菜さんは若い頃すごく可愛かったので 今も美人ですが 、歌番組だけでなく、数々のバラエティー番組にも出演されていました。 その番組には、ジャニーズの男性も多く出演していたため、その中でも近藤真彦さんと中森明菜さんが付き合っているという噂が流れていたんですね。 これは公然の秘密という感じで、誰もが中森明菜さんと近藤真彦さん マッチ の恋愛報道を当たり前のように感じていたのではないかと思います。 ちなみに、1985年に放映された「愛・旅立ち」という映画でも、中森明菜さんと近藤真彦 マッチ さんがラブシーンを演じていました。 でも、この映画がきっかけと言うわけではないんですが、中森明菜さんと近藤真彦 マッチ さんの痴情のもつれが、金屏風事件へと発展していくわけなんですね。 公然の秘密ということで、当時マッチこと近藤真彦さんと中森明菜さんの熱愛報道がされていました。 そんな中、近藤真彦 マッチ さんから、中森明菜さんにこんな言葉が贈られたそうです。 「結婚に向けて、住む場所を買おう。 」みたいなセリフです。 この言葉に感動したのか、中森明菜さんは近藤真彦 マッチ さんに、約8000万円を譲ったそうです。 ただ、このお金で購入された住宅は、近藤真彦 マッチ さん名義の住宅で、中森明菜さんの名義ではなかったそうなんですね。 結婚に向けて買うのでしたら、名義は違う感じになると思うのですが…。 そんな中、中森明菜さんと近藤真彦さんの仲が決定的に悪くなる、あるスキャンダルが起きます。 それは近藤真彦 マッチ さんと松田聖子さんのキス写真がスクープされたんです。 当時松田聖子さんと中森明菜さんは、ライバル関係にあったので、この報道はショックだったでしょうね。 近藤真彦さんに裏切られた中森明菜さんは、ついにショックのあまり事件を起こしてしまいます。 そう、1989年7月11日に自殺未遂を起こしてしまうんですね。 自殺未遂の現場は、中森明菜さんのお金で建てた近藤真彦さんの自宅でした。 幸い、一命を取り留めることが出来た中森明菜さんですが、やはり相当ショックだったのが伺えますね。 中森明菜さんは、左の手首を切って自殺しようとしたそうなんですが、傷は相当深いもので、手術をするだけでも6時間もかかったそうです。 ブレイクして、華々しい芸能界の道を突き進んでいたはずの中森明菜さん。 貢ぐだけ貢いで捨てられたことは、それほどショックが大きかったのでしょう。 そうなると、女性の立場として、近藤真彦 マッチ さんの行動が憎らしく思えてきますね。 結婚をダシにして、貢がせた挙句、浮気とかちょっと許せません。 ただ、実はこの自殺未遂の事件が起こる前から、近藤真彦さんと中森明菜さんとの交際には陰りが見えていたんだとか。 近藤真彦さんが裏切ったからこそ、中森明菜さんは自殺を決意しますが、これも一種の復讐だったのかも知れませんね。 中森明菜さんの自殺未遂事件が起こった後、最初に駆け付けたのはジャニーズ事務所の副社長だった「メリー喜多川」さんだったと言います。 中森明菜さんの手術が終わり、病院に搬送された後、中森明菜さんの事務所の人でさえ、ジャニーズ事務所の副社長メリー喜多川さんの要請で、面会すら許してもらえなかったそうです。 当時ジャニーズもまた、人気のタレントでしたから、経歴に傷がつくということだったのかも知れません。 それにしてもです。 ジャニーズの副社長だからと言って、一か月以上面会を禁止出来るなんて、影のボスと呼ばれるだけありますね。 色々悪い噂もあったジャニーズ事務所の喜多川さんですが、中森明菜さんの状態を考えたら、面会禁止にしたりしたら、余計に病状が悪化すると思うんですが… 芸能界は怖い所ですね。 中森明菜さんが自殺未遂を起こして入院している間、ジャニーズ事務所の副社長メリー喜多川さんによる、一種の洗脳が始まります。 その内容は、中森明菜さんに対して「所属事務所の研音は悪質な搾取を続けている。 あなたが儲けたギャラのほとんどは研音が奪っているんだよ?」のような感じだったそうです。 当時の中森明菜さんの年収は5000万円以上だったそうなので、もし搾取を受けているなら、もっとギャラは少なくなるはずです。 つまり根も葉もない噂でしかなかったわけです。 研音さんの搾取については、当然事実と違うわけですから、そんな問題は起きていません。 でも、近藤真彦さんを諦めきれずにいた中森明菜さんは、まんまと騙されてしまい、ジャニーズ副社長の喜多川さんの言葉を信じてしまいます。 結果的には、研音さんからの独立を決意した中森明菜さん。 洗脳は大成功だったというわけですね。 中森明菜さんは、新しいスタートをきるべく、研音から独立し、当時の近藤真彦さんのマネージャーだった「小杉理宇造」さんと一緒に「コレクション」という個人事務所を設立に踏み切ります。 小杉理宇造さんと共に、新しい芸能スタートをきるはずだった中森明菜さん。 ところが、この小杉理宇造さんが原因となり、問題の金屏風事件が起きてしまいます。 新事務所で小杉理宇造さんと共にスタートするはずだった中森明菜さんですが、世間を騒がせたことで記者会見が行われることになりました。 しかもその記者会見の期日は、大みそかの紅白の裏番組として取り上げられたんですね。 国民が年末年始を祝うタイミングで、記者会見が開かれたのは、陰でメリー喜多川さんが操っていたともされています。 小杉理宇造さんもまた、中森明菜さんにとって救世主ではなかったんですね。 そもそもが小杉理宇造さんは、元近藤真彦さんのマネージャーですから、言ってみればジャニーズの息のかかった人物だったわけです。 と言うことは、小杉理宇造さんとメリー喜多川さんとの関わりを感じずにはいられないですね。 そして問題の金屏風事件の後、小杉理宇造さんはメリー喜多川さんの力によって、その役職を下ろされてしまいます。 結局中森明菜さんの芸能活動は、たちまちフリーとなってしまい、正に精神的にもダブルパンチです。 小杉理宇造さんは、操られていただけなのかはわかりませんが、中森明菜さんに取ってみれば、また裏切られたと感じたかも知れませんね。 近藤真彦さんと中森明菜さんが熱愛中に、松田聖子さんと近藤真彦さんのキスをしている所をフライデーがスクープしました。 それを見たショックで、中森明菜さんはショックを受けて自殺未遂をしてしまうのですが、フライデーの記事がどれくらいの影響を及ぼしたのかはわかりません。 破局に陥ったのは、いわばフライデーの記事のせいですが、火のない所に煙は立たないもの。 近藤真彦さんは、いわゆる不倫みたいなことをしていたみたいですね。 1989年の2月にフライデーが、NY滞在中だった松田聖子さんと近藤真彦さんがホテルで密会する姿を報じたのがそもそもの原因とは言え、これはフライデーが悪かったのではなく、近藤真彦さんが悪いですね。 フライデーの記事に関しては、スキャンダルに発展しないように記事を書くようにとのお達しがあったそうですが、おもちゃにされた中森明菜さんは不憫ですね。 金屏風事件は、ジャニーズ事務所から話が来たと言います。 内容は「婚約会見をするので、早く来て欲しい」というもの。 ところが、行ってみると、謝罪会見だったというわけです。 卑怯な方法だと思うのですが、中森明菜さんは不運でしたね。 めでたい席に使う金屏風にすっかり騙されて行ったら、メリー喜多川さんに「近藤真彦さんとは関係がなかったと言いなさい」などと命令されます。 会見には近藤真彦さんやジャニーズ事務所の人は来ていましたが、昔所属していた研音さんの関係者は一人もいなかったと言います。 動画で見てみるとわかりますが、会見は酷い内容でしたね。 でも、誰かが動画で残すべきなのかもしれません。 フライデーは、こんな時にこそ、会見の意味をすっぱ抜く必要があったのでは?と思います。 謝罪会見で、中森明菜さんは、近藤真彦さんに迷惑をかけたことを謝罪し、当の近藤さんは「恋人ではなかった。 」ときっぱり関係を否定しました。 騙されて謝罪させられ、しかも男性に裏切られて、中森明菜さんはまたどん底に落とされます。 そもそも中森明菜さんに謝罪する理由はないわけで、それでも謝罪会見を開かされて、本当に酷い話です。 金屏風事件は、一言で言ってしまえば、中森明菜さんに近藤真彦さんとの関係を否定させ、中森明菜さんに謝罪をさせるためだけに開かれた会見でした。 動画では、暗くうつむいた表情で、淡々と謝罪をする中森明菜さんが可哀想で見ていられません。 男を見る目がなかったということかも知れませんが、芸能界ややっぱり怖い所ですね。

次の

近藤真彦と中森明菜の金屏風会見の真相は?黒幕はメリー喜多川?

近藤 真彦 金 屏風 事件 中森 明菜

中森 明菜(なかもり あきな)は、1965年7月13日生まれの現在53歳。 東京都大田区生まれで清瀬市の出身です。 中森明菜さんが歌手活動を開始したのは16歳の頃。 日本テレビ系オーディション番組『スター誕生! 』に出場し見事合格となった中森明菜さんは、これを機にワーナー・パイオニアとのレコード契約を締結し、歌手としてのスタートを切りました。 1982年にシングル「スローモーション」でデビューした中森明菜さんは、2枚目のシングル「少女A」で早くもヒットを飛ばし、翌1983年にリリースした「セカンド・ラブ」「禁区」も立て続けにヒットとなり、名実ともに1980年代を代表するアイドルとして当時ブレイクしていた松田聖子と並ぶ存在と成りました。 近藤真彦(こんどう まさひこ)は、神奈川県出身で1964年7月19日生まれの現在53歳。 ジャニーズ事務所のメンバーの中では最古参に当たる人物です。 マッチの愛称で知られる彼は昭和を代表するアイドルであり、田原俊彦・野村義男と共に「たのきんトリオ」として日本中の女子達を熱狂させ、幾多の伝説を作り上げてきました。 そんな彼がジャニーズ事務所に入所したのは1977年の事。 近藤真彦は中学1年生の時にジャニーズ事務所に入所し、その2年後にあの「3年B組金八先生」に出演して一気に大ブレイク。 瞬く間にトップアイドルとしてその名を全国に轟かせる事と成りました。 彼等たのきんトリオの人気は当時「社会現象」とまで言われた程です。 ご存知の通りジャニーズ事務所は所属アイドルの恋愛ネタには非常にナーバスであり、アイドルとしての商品価値を下げかねない相手との交際が発覚した場合は、相手方に対し実力行使を辞さない事でも知られています。 そのタレントを起用した場合はジャニーズ所属のタレントはその番組に出演させないという、いわば「共演NG」を番組にちらつかせるのです。 ジャニーズは数字を持っており、彼等を根こそぎ番組で使えないと為れば色々と上手くないのは当然です。 その結果そのタレントは番組から声が掛からなくなり、次第に干されていくというのがジャニーズ事務所のやり方だと言われています。 アイドルは夢を売るはずの商売なのに、その裏側は実に現実的で醜いモノの様ですね。

次の