スカイマーク 搭乗手続き 間に合わない。 スカイマーク 搭乗手続き 何分前?時間に間に合わないときは?

[スカイマーク]予約センター電話番号は?割引・変更・キャンセル・運行状況・チェックイン

スカイマーク 搭乗手続き 間に合わない

安く、快適に旅行しよう!スカイマークの使い方 安く旅行をしたいと思う人は結構いるのではないでしょうか? 学生さんで旅行が好きな方はいっぱいいると思います。 時間ならたっぷりありますし、最近では学生が優待されるようなツアーやプランがたくさんあります。 また、お子様の多いご家族のみなさまも、 年に一回か二回の家族そろっての旅行は家族の絆を深めるためにも かなり重要なイベントなのではないでしょうか? しかし、そのいずれもやはり、問題となってくるのは お金。 学生の場合、日々のバイト代の中、 そしてすくない貯金から切り崩してまとまったお金を捻出するのはなかなか軽くできるものではありません。 大人にとってはちょっとした金額でも、 学生にとってはかなり大きいなんて事も普通にありますからね。 また、ご家族で旅行がしたいという皆様にとっても、家族全員で行くとなれば、 家計からかなりのお金を捻出しなければなりません。 総額で20万円くらいになってしまうなんて事も普通にあるのではないでしょうか? さて、そんなお金を節約したいという皆様の強い味方になってくれるのが格安移動手段です。 最近では、安く遠方に行く手段は結構あります。 夜行バスや青春18きっぷなんかが良い例であるのではないかと思います。 しかし、学生の皆様はともかく、 家族連れの人にとってはなかなか夜行バスなんてものは使えないですよね。 小さなお子様が車内で泣いてしまったりしては大騒ぎですからね。 夜行バスなんかですと、クレームになりかねません! なんとか、安く快適に移動をする手段はないのでしょうか? あります! それは飛行機です! 最近では、 ピーチ航空や ジェットスターなど、 LCCと呼ばれる航空会社が数々進出しています。 しかし、LCCはまだまだネット上では不評が多く、少し心配であるという方も多いのではないでしょうか。 しかし、ここにLCC並みに安く、そして信頼性もある航空会社があります。 それが スカイマークです。 名前だけは聞いたことがあるという方もいるのではないでしょうか。 スカイマークは今、日本人からよく愛される航空会社の一つです。 そして、 そこには ピーチ航空や ジェットスターのようなLCC、そして、 ANAやJALのようなFSCにもない安さや魅力があるのです。 今回はそんな スカイマークの使い方について解説していきたいと思います。 この記事を読んで、皆様もぜひスカイマークの良いところを知っていってくださいね! 1、 スカイマークの基本的な情報 まずは、 スカイマークとは、どんな航空会社か知らない人のために、 スカイマークの基本情報についてご紹介したいと思います。 スカイマークは 東京国際空港と 神戸空港に拠点を置いています。 そのため、神戸市民にとっては最もなじみ深い航空会社の一つであるとも言えます。 スカイマーク社の方針として、就航路線の拡大や収縮のめまぐるしさがありますが、 これは安く航空券を提供するための経営術ですので悪しからず! 一般的に、飛行機はその性質に分けて大きく三つに分類されます。 ひとつが大手航空会社である ANAや JAL。 これらは比較的高価な航空券を提供する航空会社で、 サービスや補償などが手厚く、ビジネス利用によく使われたりしています。 もちろん、旅行で利用する人もいます。 このような航空会社は FSCと呼ばれています。 そして、最近になって日本で台頭しはじめている 格安航空会社。 ピーチ航空やジェットスター、バニラ航空などがあげられます。 これらの航空会社は大手に比べると2割とか3割とかの値段で航空券をゲットする事ができますが、 サービスや補償が若干不十分なのが難点です。 最期に、 スカイマークが分類される MCC、ミドルコストキャリアと読みます。 こちらの航空会社はFSCに比べたら半額ほどで航空券を得ることができ、 LCCほどサービスの不十分はないという事で、幅広いニーズ層から愛されています。 さて、そんな スカイマークですが、 どのような使い方をすればよいのでしょうか?それについてご紹介しましょう! 2、 航空券購入方法 他のどの航空会社でも同じですが、 オンライン予約が主な方法になっています。 その他に、旅行代理店などでも予約することが可能です。 また、空港カウンターでも購入することができます。 じつは、LCCの中には、空港カウンターでの購入ができない航空会社も多数あります。 空港カウンターでの購入ができるということは、航空会社側の要因による急な欠便が出てしまった場合も、 すぐに スカイマークの空港カウンターで購入し、往復路につくことができるというわけです。 緊急事態にも難なく対応してくれるというわけです。 さて、その気になるお値段ですが、 羽田から那覇間を10000円ほどで行くことができます。 往復20000円ですが、これは大手航空会社に比べると半額以下のお値段です。 これはお財布事情にうるさい人にとっては喉から手が出るほど欲しい航空券なのではないでしょうか? その他にも、「 前割」と呼ばれる割引制度があります。 搭乗日から数えて何日目に予約購入したかによって変わってくる割引制度です。 ぜひ、その他の割引と比べて、利用してみてはいかがでしょうか? また、学生の方は U21直前割も利用すればいいでしょう! 搭乗日前日から搭乗日当日までの直前で、 なおかつ 12歳~21歳の方であればだれにでも予約ができます。 その他の割引よりも安くなる傾向にあるので、ぜひとも検討してみてください! 3、 チェックイン チェックインについては出発時刻から120分~20分前まで可能です。 その他の航空会社が30分前以上までの チェックインのところを、 スカイマークはフライト直前の20分前まで チェックインが可能です。 空港アクセス線って、案外不便なところありますよね! これに乗らないと遅れるし、乗ったら40分待たなければいけない! なんていう事態を少しだけ解消してくれそうですね。 4、 手荷物 手荷物についても、LCCに比べればかなりの優遇があります。 LCCでは、 手荷物に重さや数の制限があります。 しかし、 スカイマークの場合ですと、ほとんどその心配はしなくても大丈夫です。 5、 コンセントが使用できる!? そして、 スカイマークの目玉は コンセントが使用できるという事です。 スカイマークが採用しているボーイングスカイインテリアという飛行機は 座席下に電源コンセントを設置されています。 そのため、フライト中にケータイやiPodなどの電子機器の充電をすることができるのです! これは 格安航空会社ではまずありえません。 わたしはジェットスターやピーチなど、数々の格安航空会社の飛行機に乗ってきましたが、 コンセントのあるところはなかったです。 そのため、 スカイマークにコンセントがあったのは本当にびっくりしましたね。 また、大手航空会社にもコンセントがあるところはほとんどなかったですね。 この電源サービスは スカイマークならではと言えるでしょう。 しかし、機内ではケータイなど、 電波を発信する電子機器の使用は禁止されています!くれぐれも使用はご遠慮してくださいね! まとめ いかがでしたでしょうか? スカイマークの素晴らしさについてわかっていただけたかと思います。 その他にも魅力がたくさんあり、ドリンクが100円である事は少しうれしかったですね。 また、夏場にはアイスコーヒーも出るので、コーヒー好きの方はぜひともご賞味ください。 また、座席のピッチも広かったので、快適に過ごすこともできます。 航空会社規定等は航空会社の判断により随時変動しておりますので 最新情報はお客様ご自身にてご確認頂けますよう お願い申し上げます。 予めご了承くださいませ。

次の

[スカイマーク]予約センター電話番号は?割引・変更・キャンセル・運行状況・チェックイン

スカイマーク 搭乗手続き 間に合わない

スカイマーク機材は177席仕様の「B737-800」 現在、スカイマークが使用している機材はボーイング社の人気旅客機「B737-800」です。 B737-800型は2006年スカイマークが国内の航空会社でいち早く導入したハイテク機です。 短距離路線を低コストで運航するのに最適な旅客機で、スカイマークが導入した後、全日空(ANA)と日本航空(JAL)も国内線を始め短距離路線に採用しています。 ANAとJALはプレミアムクラス(ファーストクラス)、ビジネスクラス、クラスJといったエコノミークラスよりもランクが上のクラスを採用しているため、機体の前方席は上位クラスの座席が占めています。 一方、スカイマークは177席全てエコノミークラスなので、エコノミークラスでも快適な前方の席に座ることが可能です。 スカイマークの座席は他社と比較して狭い? スカイマークの座席(より) スカイマークの座席のシートピッチ(前後間隔)を他社と比較すると、大手航空会社(ANA・JAL)と同じで、LCC(ジェットスター・ピーチ)より広い作りになっています。 つまり、他LCCより快適に座ることが出来、ANAとJALと同じ感覚でゆったりと座ることが出来ます。 スカイマーク就航当初は「B767-300ER」を使用し、「スカイマークは狭い」という印象を持つ人が多かったですが、現在はシートピッチの広い「B737-300」のみで運航しているので大手航空会社のエコノミークラスと比較して狭さを感じることはありません。 航空会社 シートピッチ スカイマーク 79cm ANA 79cm JAL 79cm ジェットスター 71cm ピーチ 71cm スカイマークの座席の全3種類 スカイマークの座席は「通常席」と「非常口席」、「フォワードシート(足のばシート)」の3種類あります。 座席選びでは、それぞれ自分に合った座席を選ぶと良いでしょう。 通常席:159席 スカイマークに搭乗する多くの人が利用する席が「通常席」です。 通常席は、一番前の座席(フォワードシート)と15列目・16列目の非常口席を除くそのほかの座席です。 通常席のシートピッチはANAとJALのエコノミークラスと同じ79cm仕様なので、大手航空会社と同じく快適に座ることが出来ます。 非常口席:12席 15列目と16列目は非常口席です。 非常口席は緊急脱出用に足元が広く設計されています。 シートピッチは通常席に比べて「+15~25cm」で、通常席よりもゆったりと座ることが出来ます。 ただし、非常口席を利用する場合は色々と「」があるので、事前に確認しておきましょう。 フォワードシート(足のばシート):6席 非常口席とフォワードシートは事前の座席指定が不可です。 これらの座席を指定したい場合は、出発日当日に空港カウンターにて指定する必要があります。 スカイマークはLCCと違い座席指定料金は無料 スカイマークは大手航空会社に比べて運賃が安いので、ジェットスターやピーチといったLCCと同じく座席指定料金や受託手荷物が有料と誤解している人も多いですが、座席指定料金も受託手荷物料金も無料です。 また、その条件も大手と同じ。 受託手荷物は「20kg」までOKで機内持ち込み手荷物も「10kg」までOK。 座席指定も無料で、予約の段階から出発日当日に空港で座席を指定することが可能。 さらに一度座席を指定した後も搭乗日当日の出発時刻1時間前までは無料で何度でも座席変更が可能です。 ただし、1番前の座席の「フォワードシート」のみは+1,000円の指定料金がかかります。 1列目~31列目まで各座席のメリット・デメリット 座席表(より) スカイマークの座席配列は「3(A・B・C)-3(F・G・H)」です。 機体左側が31列で窓側がA席、真ん中がB席、通路側がC席。 機体右側が30列で通路側がF席、真ん中がG席、窓側がH席です。 それぞれの座席にはメリットとデメリットがあるので、それらを確認したうえで自分に合った座席を選びましょう。 1列目(A・B・C)と2列目(F・G・H) メリット デメリット• 足を伸ばせる• ゆったりと座れる• 窓側席や真ん中席も立ち上がりやすい• トイレがすぐ近くにある• 飛行機をすぐに降りれる• 優先搭乗出来る• 機内の飲み物が1杯無料• 受託手荷物を優先的に返却してくれる• +1,000円の追加料金が必要• 事前予約は出来ないので当日既に埋まっている可能性も高い• 足元に手荷物を置けない 1番前の座席は足元広々のフォワードシートです。 機体左側は「1A・1B・1C」、機体右側は「2F・2G・2H」が一番前にあたります。 この席の特徴はとにかく足元が広いこと。 身長が高い男性でも足を伸ばしてゆったりと座ることが出来るので、通常のエコノミークラスの座席では窮屈さを感じる人におすすめ。 さらに窓側や真ん中の座席の人も前が広いので、隣の人に気を遣うことなくトイレへと立ち上がることが出来ます。 おまけに特典として、飛行機搭乗時に優先的に搭乗出来る、機内で有料のドリンク(100円メニュー)を1杯無料で頼める、預けた手荷物を優先的に返却してくれるといったサービスを受けることが出来ます。 デメリットとしては+1,000円の追加料金が必要ですが、1,000円で快適なシートに座り様々な特典も受けられることを考えると安いです。 ただし、手荷物を足元に置けないのは、機内で色々と小物を取り出したいという人には大きなデメリットとなります。 2列目(A・B・C)と3列目~10列目 メリット デメリット• 前方席で搭乗・降機時が楽• 翼の前で窓からの景色が良い• 揺れが少ない• エンジン音が静か• 人気エリアですぐに席が埋まりやすい• 後ろにトイレが2つあるのに対して前は1つしかない 機体左側の2列目(2A・2B・2C)から10列目まで、機体右側の3列目(3F・3G・3H)から10列前までは通常席の中で一番人気のゾーンです。 この2列目から10列目までの席のメリットは機体前方にあるため、翼が後ろにあり「景色が良いこと」と「揺れが少なく機内も静かであること」です。 このゾーンの席は人気なので、すぐに埋まってしまうので早めの座席指定がおすすめ。 この座席のデメリットは、近くのトイレ(前側)が1つしかないことぐらいです。 11列目 メリット デメリット• 右側(11F)には窓がある• 翼の上ではないので景色は楽しめる• 左側(11A)には窓が無い• エンジンが近いためやや音が気になる スカイマークの座席の中でメリットが少なく、デメリットが多い座席の一つが「11列目」。 右側(11F)には窓がありますが、左側(11A)は唯一座席に窓が無い窓側席です。 外の景色を見るのを楽しみにしている人は、この11Aだけは絶対に避けなければいけません。 また、11列目は翼の上ではないものの、エンジンが近い場所なので、やや音が気になる場合があります。 12列目~14列目 メリット デメリット• 機体重心周辺のため揺れが少ない• 後方席よりは早く飛行機を降りれる• 翼の上で景色が悪い• 14列目はリクライニング出来ない• 機体中央のゾーンで前のトイレも後ろのトイレも遠い• エンジン音がうるさい 12列目から14列目は機体重心周辺に位置する座席のため、機内で一番揺れが少ない席です。 飛行機で乗り物酔いしやすい人は前方席かこの中央付近の座席を選んでおくとよい。 ただし、12~14列目は翼の上に位置するため景色が悪い、トイレは前と後ろにあるのでトイレまでが遠い、エンジンが近くにあるのでエンジン音がうるさいとデメリットも多い席です。 おまけに14列目は後ろが非常口席となっているためリクライニング出来ない仕様になっています。 15列目・16列目 メリット デメリット• 足元が広い• 足を伸ばせる• 機体中央に位置し揺れが少ない• 翼の上で景色が良くない• 手荷物は足元に置けず頭上の収納棚に全てしまう必要がある• トイレが一番遠い席• 15列目はリクライニング出来ない 15列目と16列目は非常口席です。 この非常口席のメリットは、他の座席に比べてシートピッチが広く足元が広々としていること。 足を伸ばして座ることが出来るので快適なシートです。 また、機体の中央部に位置するので、揺れが少ないのが特徴。 おまけにフォワードシート(+1,000円)と違って追加料金無しで指定出来るのが非常口席です。 メリットが多い席で割と人気ですが、デメリットも多い。 「景色が良くない」、「足元に手荷物を置けない」、「トイレが遠い」、「事前予約が出来ない」といったデメリットがあるので、これらの点には注意しておきましょう。 17列目~21列目 メリット デメリット• 機体後方席に比べると揺れは少ない• 翼の上で景色が良くない 17~21列目は景色を楽しみたい人にはオススメ出来ない座席。 その理由は翼の上にあたるため、景色が良くないこと。 特に真下の景色を楽しむことが出来ません。 また、機体後方に比べると揺れは少な目なので、景色には興味がないけど、前方席が全て埋まっているという場合には後方席よりもこちらの座席がおすすめ。 22列目~30列目 メリット デメリット• 翼の後ろで景色が楽しめる• 予約しやすい• 不人気ゾーンのため隣が全て空いてる可能性が高い• 機体後方で揺れが大きい• エンジン近くは音がうるさい• 降りるのに時間がかかる 機体後方に位置する22~30列目は不人気ゾーンです。 基本的に座席は前方から埋まっていくので、この22~30列目の後方席は搭乗直前でもたくさん余っていることが多いです。 そのため、予約が取りやすい席と言えます。 また、不人気なので予約便によっては隣が全て空席で横一列を一人で独占出来る可能性も高い。 さらに翼から遠い席なので景色も良い。 そのため意外と穴場の座席。 ただし、人気が無いにはそれなりの理由があります。 この後方席は、機体後方に位置するため機内の座席の中で一番揺れを感じやすいところ。 さらにエンジン近くは音がうるさい、降機時に時間がかかるといったデメリットがたくさんあります。 これらのデメリットが我慢できるなら、22~30列目は意外とおすすめ。 31列目 メリット デメリット• 後ろの人に気兼ねなくリクライニング出来る• 後ろの人から蹴られることがない• 後ろの人がテーブルを出したり戻したりする際の振動がない• トイレがすぐ近く• 授乳カーテンがある• 揺れが大きい• トイレが二つあるので何かとうるさい、列が出来ることもある• 降りるのに時間がかかる 31列目は授乳カーテンがある「授乳カーテン席」です。 機内で人目を気にせず授乳出来るようにカーテンが用意されているので、赤ちゃん連れのお母さんにおすすめの席です。 ただし、こちらの座席は事前予約は出来ず、空港カウンターで直接お願いするかコールセンターで31列目に座れないか相談してみる必要があります。 景色重視の人へ、富士山も見えるおすすめの座席はココ! 1~10列目と22~31列目のA席とH席 窓から見える景色を重視して座席を選ぶなら、1列目~10列目と22列目~31列目の窓際席(A席・H席)がおすすめです。 逆に、11列目から21列目は絶対に避けるべきです。 その理由は、11列目のA席は窓が無いため、12列目から21列目は翼の上に位置するため主翼が邪魔で景色が見えにくいためです。 また、出来るだけ富士山が見える側に座るのがおすすめ。 その逆側だとほとんど海しか見えないので上空から見える街並みを楽しむことが出来ません。 富士山が見える側は路線によって異なるため、下記で富士山が見える側を確認しておきましょう。 どちらも通常席に比べて足元が広く設計されているので、足を伸ばしてゆったりと座ることが出来ます。 また、15列目の非常口席も足元が広いシートですが、リクライニングが出来ないデメリットがあるので、非常口席を選ぶなら16列目がおすすめです。 16列目は後ろは通常席なので、リクライニング可能です。 座席指定する3つの方法 スカイマークの座席を指定する方法は主に3つ。 スカイマークの航空券予約時に座席指定出来るのはもちろん、予約を取った後に改めて座席を指定することも可能です。 また、一度座席指定した座席も出発1時間前までであればウェブサイト上で何度でも座席変更が可能です。 当日まで座席を指定するのを忘れてしまった場合は、空港のチェックイン機で座席指定を済ませると良いでしょう。 また、事前予約では指定できない、1番前の座席(フォワードシート)と15列目と16列目の非常口席は当日空港カウンターでのみ指定が可能です。 そのほか、31列目(授乳カーテン席)も機内で授乳したい旨を伝えれば席を指定出来ます。 出発日当日空港カウンターで座席指定をしなければいけない場合は、希望の座席が埋まってしまわないように早めに空港へ行っておくことが大事です。 最後に スカイマークの座席は全てエコノミークラスの座席ですが、それぞれの席にメリット・デメリットがあるので、自分に合った座席を選びましょう。 座席指定料はANAとJAL同様に無料なので、座席指定をしておかないと損です。 景色を楽しみたいなら景色と翼がかぶらない「1~10列目と22~31列目」、ゆったりと座りたい人には足元が広い「1番前と非常口席」がおすすめです。 もちろん、それぞれにメリットだけではなくデメリットもあるので、そういった点は事前に確認しておきましょう。

次の

はじめてのスカイマーク(SKY)|東京・羽田空港の発着便と搭乗手続きの完全ガイド

スカイマーク 搭乗手続き 間に合わない

もし、締切時間までにチェックイン出来ない場合は、予約した飛行機に搭乗出来ない可能性が高いです。 特にLCCは時間厳守なので、チェックイン締切時間が1分でも過ぎると搭乗出来ないので要注意。 さらに、LCC専用ターミナルは、関西国際空港や成田国際空港のように他のターミナルから徒歩10~15分程離れている場合があるので、空港到着時間がギリギリだとチェックインに間に合うかどうか厳しくなります。 便の変更は航空会社のホームぺージや予約センター(電話)、空港カウンターで可能。 ただし、便変更出来るチケットは普通運賃の場合。 一方、早めに予約することで割引が効いたものが割引運賃。 普通運賃は搭乗日当日でも便の変更が可能。 しかし、割引運賃は便の変更が不可。 多くの人は、割引の無い普通運賃ではなく、何らかの割引でやすくなったチケットを購入しているので、便を変更することは出来ません。 電話して「チェックイン締切時間に間に合わないかもしれません」と到着が遅れる旨を伝えましょう。 また、同時に下記の内容を伝えることも大切です。 予約番号(確認番号)• 空港到着予定時刻• すぐに連絡が取れる電話番号• 預ける荷物の有無• 遅れる理由 ANAやJALといった一般航空会社の場合、状況次第ではチェックイン締切時間を特別に遅らせてもらえる可能性もあります。 もちろん、電話をしたからと言って必ずしも便宜を図ってもらえるわけではありませんが、電話を1本入れておいた方がチェックインカウンターに遅れて到着しても何等かの対処方法を提案してくれる可能性が高くなります。 電車の場合は改札口の駅員さん、バスの場合は運転手さんに声を掛ければすぐに遅延証明書を貰えます。 遅延証明書を貰う理由は、飛行機に遅れてしまった場合でも追加料金無しで次の便に変更したり、全額払い戻し出来る可能性が高いからです。 ANAやJAL、スカイマークは公共交通機関の遅延が原因の場合は、遅延証明書を持参していれば予約便の変更か払い戻しをしてくれます。 チェックイン締切を過ぎても空港へ急げ!出発前に到着すれば振替してくれる可能性がある 各航空会社のチェックイン締切時間を過ぎても、あきらめずに空港のチェックインカウンターへ向かいましょう。 通常、チェックイン締切時間を過ぎると搭乗出来ません。 ただし、場合によっては航空会社の善意で次以降の空席がある便に追加料金無しで振替してくれる可能性があります。 もちろん、全てのケースで振替してくれるわけではありませんが、高い航空券を無駄にしないためにも、試してみる価値はあります。 航空会社には、公式HP等で公表はしていないものの、非公式のルールとして「フラットタイヤルール」というものがあります。 このルールは、やむを得ない場合に限り、飛行機に遅れてしまった歳に追加料金無しで次以降の便に振り替えをしてくれるというもの。 このルールが適用されるのは、予定便の出発予定時刻前までにチェックインカウンターに到着した場合のみ。 振替が無理なら、予約した航空券は持っていても意味が無いので、払い戻ししましょう。 一方、出発予定時刻を過ぎると、戻ってくる金額はほんの僅かとなってしまいます。 払い戻し手続きは、空港カウンターだけではなくホームページや予約センターでも可能です。 払い戻しするなら出来るだけ早く払い戻ししましょう。 LCCのチケットは購入後、便の変更は不可。 さらにANAやJALのように善意で次の便に振り替えしてくれる可能性もゼロ。 チケットも払い戻し不可となっているので、購入代金は戻ってきません。 LCCでチェックイン時間に間に合わなかった場合は他の便を改めて購入するしかありません。 電話を1本入れて出発予定時刻前までにカウンターに行けば振替の可能性がある• チケットを払い戻すなら予定便の出発前に!! 電車やバスの遅延で遅れる場合は安心。 また、寝坊で遅れてしまう場合も、予約センターに1本電話を入れて急いで空港へ向かえば、次の便に振り替えしてもらえる可能性があります。 チェックイン締切に間に合わない場合でもあきらめず空港へ向かいましょう。 また、振替もできないとなったら、後は急いでチケットを払い戻すのみ。 チケットは予定便の出発前と出発後では戻ってくる金額が大きく変わってくるので、必ず出発予定時刻前に払い戻し手続きを済ませることが大切です。

次の