スパロボ dd リセマラ ランキング。 【スパロボDD】最速リセマラ手順&リセマラで狙うべきパーツ!※8月25日追記 早くリセマラを終わらせよう!【スーパーロボット大戦DD】

【スパロボDD】リセマラ当たりランキング【スーパーロボット大戦DD】

スパロボ dd リセマラ ランキング

Contents• Sランク 大当たり リセマラ大当たりは排出確率0. 04~0. 支援ユニットは機体の制限なく精神コマンドを増やせるので幅広い場面で使用できます。 ディドの意志• 男勝りな快活少女• おてんば少女の応援• 献身的なサポート• フェラリオの輝き• 南原博士の孫娘• 第一の少女• カミーユを支え続けた少女• アムロ・レイのパートナー• 高貴なる祈り• 今も残る笑顔• 甲賀流十八代目• 無垢な応援• 魔神の一手• 素直になれない世話焼き女子高生• 理解への対話• 大天使を指揮する艦長• キョウへの誘い• 微笑みのピースサイン• 革命の乙女• 平和の花 Aランク 当たり リセマラ当たりは排出確率0. 08~0. 必殺技ユニットは機体の制限があり、発動可能な機体に装備しなけれな必殺技が発動できないため、序盤の方は少し使い勝手が悪いです。 単分子カッター・スパイラルチェイン• GNソード• 超電磁スピン• NT-D連続攻撃• プログレッシブナイフ連続攻撃• クロスレンジ・アタック• マルチプル・コンバット• ハイパー・メガ・ランチャー• ジーグブリーカー• V-MAX• 高エネルギービームライフル連射• イーヴァリフル・ハイパワー• デビルアロー• ホロニックブレード突撃• ブレストファイヤー• オーラ斬り• 天空剣Vの字斬り• ヘルアンドヘブン• 滑腔砲連射• オウル・ハーガー• 輻射波動機構• ゲッタースパイクブレード• ハラキリ・ブレード Bランク 妥協 メグの激励 ディド は、事前登録特典で入手可能です。 必殺技パーツの重要な要素は当然必殺技の内容ですが、 対応している機体以外では発動することができません。 その点、支援パーツは対応機体とは異なっていても精神コマンドを選択できるので汎用性が高く、無駄にはなりません。 必殺技パーツを狙うなら序盤に入手できる機体をチェック ただ、やはり必殺技は戦況を左右する高火力攻撃なので、発動できる事に越したことはありません。 始めはディーダリオンしか使えませんが、メインストーリーを進めていくとどんどん使用可能な機体は増えます。 メインストーリーはワールド1~4まで存在し、順番に関係なく好きな場所から始められます。 ワールドごとに入手可能な機体を後述します。 自分が欲しい機体がある場合はその必殺技パーツをリセマラで狙い、その機体が入手できるワールドを進めていくと良いでしょう。 排出される対象はレアリティが定められたユニットパーツです。 排出確率は以下の通りです。 ガチャ当たりSSRパーツの入手目安と確率 SSR確定ガチャを除く、ガチャ26回で最高レアSSRパーツが出る確率は以下の通りです。 SSRパーツが1つ以上:54. SSRパーツが2つ以上:18. SSRパーツが3つ以上:4. 名前設定 重複・変更可• チュートリアル• データダウンロード• ガチャ 単発6回、チケット11回• バトルは、マス目上に配置されている味方ユニットを移動させて敵ユニットを攻撃するスパロボシリーズの基本行動そのままの戦闘が楽しめます。 ただし!行動順はターン制ではなく機体ごとのスピード依存なので要注意です! 青色マスが移動可能範囲、橙色マスが攻撃可能範囲となります。 そのまま指示に従って進めていきましょう。 チュートリアルステージを全てクリアすると10連ガチャを引くことができます。 このガチャの排出内容はランダムなので十分リセマラ対象に入ります。 10連ガチャを終えた後、強化の説明を受けてデータダウンロードへ移行します。 データダウンロードを終えた後、指示通りに進めていくと次のステージに進入させられそうになりますが、途中で自由に動けるようになるのでホーム画面に戻りましょう。 プレゼント受け取り チュートリアルが終わると、ログインボーナスなどの受け取り画面になり、自由に動けるようになります。 ホーム画面右側の「ギフトボックス」から事前登録の特典などを全て受け取りましょう。 ガチャ プレゼントを全て受け取ったらフッターメニューよりガチャ画面へ移動しましょう。 Dクリスタルを150個とガシャチケットを合計11枚所持している状態なので、ガチャを合計17回まわすことができます。 リセマラで必殺技パーツを狙うのであれば、以下を見ながら自分の好きな機体がどこで入手可能なのかを確認しておくと良いかと思います。 ワールド1• マジンガーZ — 兜甲児:第1話• メラフディン — 大門恵留:第2話• グラフディン サキミ機 — 上牧早希実:第2話• コン・バトラーV — 葵豹馬:第3話• 鋼鉄ジーグ — 鋼鉄ジーグ:第4話• デビルマン — デビルマン:第5話• アフロダイA — 弓さやか:第7話• ビルバイン — ショウ・ザマ:第8話 ワールド2• メラフディン — 大門恵留:第2話• グラフディン ユンナ機 — ユンナ・ドーソン:第2話• ブラックゲッター — 流竜馬:第2話• ガオガイガー — 獅子王凱:第3話• ボルテスV — 剛健一:第4話• Zガンダム — カミーユ・ビダン:第5話• サイコガンダム — フォウ・ムラサメ:第5話• ユニコーンガンダム — バナージ・リンクス:第6話• 超竜神 — 超竜神:第8話• エヴァンゲリオン初号機 — 碇シンジ:第9話 ワールド3• ARX-7アーバレスト — 相良宗介:第1話• メラフディン — 大門恵留:第1話• グラフディン リナリア機 — リナリア・クオ:第1話• M9ガーンズバック — メリッサ・マオ:第2話• M9ガーンズバック — クルツ・ウェーバー:第2話• エールストライクガンダム — キラ・ヤマト:第3話• ガンダムエクシア — 刹那・F・セイエイ:第6話• 紅蓮弐式 — 紅月カレン:第8話• ガンダムデュナメス — ロックオン・ストラトス:第8話• ガンダムヴァーチェ — ティエリア・アーデ:第9話• ガンダムキュリオス — アレルヤ・ハプティズム:第9話 ワールド4• ガンダム・バルバトス 第4形態 — 三日月・オーガス:第2話• メラフディン — 大門恵留:第2話• グラフディン マイコ機 — 神足麻依子:第2話• スコープドッグRSC — キリコ・キュービィ:第3話• レイズナー — アルバトロ・ナル・エイジ・アスカ:第6話• ヴァルヴレイヴI — 時縞ハルト:第7話• ゼーガペインアルティール — ソゴル・キョウ:第10話.

次の

【スパロボDD】【ランク】公式攻略wikiのリセマラランクって単に火力高い順で意味なくね?「●●●●●●」なんかも加味するべきだろ

スパロボ dd リセマラ ランキング

参戦作品• ワールド1:デビルマン(原作漫画版)、鋼鉄ジーグ、マジンカイザー、超電磁ロボ コン・バトラーV、聖戦士ダンバイン• ワールド2:超電磁マシン ボルテスV、機動戦士Zガンダム、機動戦士 逆襲のシャア、機動戦士ガンダムUC、真(チェンジ!! ワールド3:「フルメタル・パニック!」シリーズ、機動戦士ガンダムSEED、機動戦士ガンダム00、コードギアス 反逆のルルーシュ• どの機体もかっこいいので、お気に入りのキャラを見つけよう! オリジナル機体(キャラクター)• ディーダリオン(ディダ)• メラフディン(大門恵留)• アンルギオン• マービュオン 新バトルシステム搭載! 本作のバトルシステムは従来のスパロボシリーズとは異なり、敵味方のフェーズには分かれてはいない。 つまり、ユニットごとに行動する順番が回ってくるシステムとなっている。 パーティ編成は4体となっており、前述の通り 全キャラ仲間にできるので、自分だけのオリジナルパーティーを作りあげることができる。 なお、ステージごとに出撃制限に設定されているユニットは、編成に含まれていてもバトルに出撃できないので注意しよう。 スパロボ好きにはたまらないシステム この手のゲームでは見逃せないのが、やはりパーツ編成システム。 本作にはパーツユニット(装備)が存在するので、 自分だけの装備編成を構築しよう。 さらに、支援スキルなどもあり、キャラクターによる応援演出は必見。 その他にもさまざまな育成・強化システムがあるので、戦略性もさらにアップしている。 タイプは 攻撃、防御、命中、回避、バランスの5種類だ。 さらに、複数のタイプを持った機体も存在するので、パーティー編成の際に役立てよう。 ステージや敵によってパーティーを組み替え、最強パーティー作りを目指そう! 機体のサイズに注意 『スパロボDD』の機体にはサイズが設けられている。 それにより、戦略の幅が広がるのでサイズを意識してみよう。 サイズが相手より大きければ、攻撃時に与えるダメージが大きくなり、受けるダメージが小さくなる。 なお、相手のサイズに関わらず、 サイズが小さいほど攻撃を回避しやすくなるのだ。 スパロボDD|評価・レビューまとめ.

次の

【グラクロ】リセマラ当たりランキング(最新版)

スパロボ dd リセマラ ランキング

2019年8月21日に向けにサービス開始した『スーパーロボット大戦DD』通称『DD』 シリーズを掲げたアプリは今までにも『 クロスオメガ 』通称『スパクロ』が既に出ていたが、中身は『』のようなラインディフェンスゲームでの名を借りただけの物だった。 『スパクロ』がサービス開始した当時(2015年)はまだはアプリとして一般的でなかったというのが原因だったらしいが、最近ではシリーズの楽しさは残りつつお手軽として人気が出た『』や、でありながら本格派『誰ガ為の』など、向けに数多くのが世に出てきたりしている中、が先陣きれていればゲーム史が変わったのではと思ってしまう。 個人的にはの弱点である操作性をあまり必要とせず、タッチ操作とも相性が良い事はで証明されていたので、とても向けだと思っていた、 そんな中、ようやくサービス開始した『DD』に私は非常に期待していた。 だが、 だがである。 非常に残念な所があるのを無視出来ない作品であり、万人に全くお勧め出来ない。 そんな『DD』の残念な所と面白い所、色々と感想を書いていきたい。 本作の魅力 カオス感を堪能出来るいつもの の魅力の一つと言えば、やはりのロボットアニメのキャラや機体が一堂に会するという事だ。 本作では初参戦として『(原作漫画版)』『』『』『』があり、ストーリーはまだ序盤しか配信されていないが、各作品ともしっかりしたカオスなクロスオーバーを見せている。 そして、 と言えば『』のアキト救済のような 原作キャラの死亡や不幸を回避したり、フラグ折ったり、ハッピーエンドにさせる力をもっているのでオルガなどの救済がどうするのかも気になる所だ。 また、本作の主人公は『』ファンおなじみのさんによるオリジナルロボットで、大変格好良い。 このディーダリオンという主役ロボ、ストーリーの上ではロボットというよりのような特撮の巨大ヒーローみたいな役回りになっていて、そこは『』を彷彿とさせる。 そして、純粋に強いので育成のオススメキャラでもある。 『』でさえベン叔父さんの死をわざわざ映像化しなくなった時代。 近年の『』では、シリーズを重ねてきたためか新規参戦以外の作品の発端が描かれることはあまり多くない。 原作終了組が半数以上の事すらある。 原作を知らない新規プレイヤーでも楽しめる作りになっているのはもちろん、長年の『』ファンとしては、シリーズを通じて感じられるノスタルが1周回って新鮮ですらある。 正直、家庭用ゲーム機ので出しても違和感ないくらい豪華であり、むしろ家庭用ゲーム機でやりたい。 出して欲しい。 『DD』に絶望してアインストールした人でもストーリーは良かったと言っている人が多いぐらいの出来なので、ここは本当に堪能して欲しい。 イベントでもストーリーが欲しい! 散々褒めたストーリーだが、残念なお知らせがある。 本作の最初のイベントであった 『Zの鼓動』が先日まで開催していた。 このイベント、ストーリーがヒトカケラすらないのだ、 イベントボスとしてや飛行要塞グールが出現するのだが、何の為戦っているのか分からないまま、何回も何回も周回してにして累計ポイントで豪華報酬を貰うイベントなのだが、 正直まるで楽しくない。 オート戦闘出来るので、事務的に無心でポチポチすれば良いのだが、楽しさを遙か彼方に置いてきた感じである。 別にを撃墜するのが趣味ではない。 これからもイベントはあるだろうが、ストーリーは最低限お願いします。 (11月追記)イベントも何だかんだ3回ほど開催したが、どれもこれもストーリーなしで、報酬の為に虚無の周回をする毎日。 1回目のイベントよりも報酬が貰えるラインは優しくなり、周回数は下がったが、そんな事よりもストーリーが欲しい。 本家と変わらない出来の戦闘アニメ 戦闘システム自体は向けに簡略化されており、出撃機体数は4体までだし、ユニットを動かす順番は、ターン製ではなくスピードによって決定され、武器や必殺技、精神コマンドは戦闘準備の段階でそれぞれ1つに固定される。 ただ、戦闘アニメに関しては本家シリーズと変わらないと断言して良いだろう。 — vGCxzofgajr0BQc ボイスもついており、大変盛り上がる。 飽きれば本家と一緒でスキップ出来るので宝具をいつまでもカット出来ない『FGO』よりユーザーに優しいとも言える。 ただ、原作BGMが流れない。 厳密にいうと上記でも書いた 『Zの鼓動』というがメインの期間限定イベントの中で、の劇中曲が1曲だけ流れたが、その一曲だけだ。 やはり、原作BGMが流れないと戦闘アニメは良いのにイマイチ盛り上がらない気がする。 本作の文句 課金石をビックリするぐらい配布しない 機体自体はストーリーをクリアすると手に入るが、ユニットパーツという所謂必殺技がガチャで手に入る。 パッとしないソシャゲにありがちな所謂装備ガチャだ。 ただ、本作は当然課金石でガチャを引かないと駄目なのだが、本当にビックリするぐらい課金石を配布しない。 この前、メンテが延長しまくって一日ぐらいメンテした時に250個配って大変驚いたぐらい配らない。 ストーリークトをクリアすると石は貰えるが、1回クリアしてしまうと当然もう貰えない。 まず、一回ガチャ引くのに課金石が25個いるのに基本的な入手方法がストーリーと課金以外にはデイリーミッションしかない。 ただ、ミッションクリアしても1個しかもらえない。 単純計算で月に1回ガチャを引くだけしか貰えない事を意味する。 遂にアップデートでログイン報酬が良くなった。 【「デイリーミッション/デイリーログインボーナス」報酬変更について】 いつも をご利用頂き、誠にありがとうございます。 2019年10月30日 水 より、「デイリーミッション」「デイリーログインボーナス」の報酬を変更します。 詳細はアプリ内お知らせをご覧ください。 このゲームのガチャの最高レア確率が3%しかないため、まぁ当たらない。 どうしても当てないのいけない時は必ずセーブする。 9800円で760個しか石が買えず、30連しか出来ない。 天井の仕様がないこのゲームで30連で最高レア当たる気がしない。 これで課金してガチャ引こうと思う人がどれだけいるのだろうか。 オススメの課金石の使い方はアイテムショップに並んでいる、パックを買う事だ。 SSR確定チケットが付属している事があるので、確実に最高レアが手に入る。 また、最近はステップアップガチャをよくするようになったが、注意点がある。 新規追加された武器を狙おうと思っても闇鍋具合が酷いステップアップガチャしかないので、一点狙いは難しい。 何であんな新規武器を当てさせる気がないステップアップを開催するのか理解ができない。 命中率99%が信用できない これは本家からそうなんですが、こちらの攻撃は90%台でも外すし、敵の攻撃は10%台でも連続で被弾したりする。 ただ、本家はセーブからのソフトリセットによる「やり直し」が気軽に出来るが、こちらはオートセーブなので出来ない。 ストーリーであればスタミナ制がないので何度でもリトライ出来るが、このゲームで最も周回する事になる曜日ダンジョンでは1日3回と回数制限がある。 ちなみに『ポケマス』と違い、クリア出来なくても挑戦するだけで回数が減ってしまう。 それをクソみたな命中率で被弾して失敗するとイライラしてしまう。 また、このゲームは曜日ダンジョンの難易度がやたら高く、こちらを気持ち良く育成させてくれない。 このゲームの育成要素は3つ• 機体改造• ット養成• ユニットパーツ強化(必殺技強化) それぞれ鍛え上げながら曜日ダンジョンをクリアしていくのだが、曜日ダンジョンの難易度が1から10まであり、1つランクが上がると難易度がもの凄く上昇する。 例えば、機体改造難易度4で手に入る素材は10段改造までだが、パーティ参加最大数である4体まで10段改造が終わっても機体改造難易度5に挑戦して勝てない。 詰むのである。 どういうしてるんだ。 曜日ダンジョンは曜日毎に敵の特化が変わるのだが、例えば命中特化型が出てくる曜日なので固い装甲ので耐えながら戦うかと思っても、命中が化け物なだけで、攻撃も防御もHPも低くなく、寧ろ高く、運動性もあるのでこちらの攻撃を避けたりして、まぁ勝てない。 なのでット養成に挑戦するが、ット養成強化の素材が全然落ちないので育成が全然進まない。 また、精神コマンドを増やす精神の本が完全に課金要素で泣いたり、各キャラに対応したユニットパーツをガチャで引いた時に入手できる「オーブ」を使うとットをかなり強化する事が出来るが、ユニットパーツ毎に最大50凸あるという無尽蔵の課金要素であるため、上を見るときりがない。 そもそもなんて全く当たらない。 そんな状況の中で、ストーリーで新機体が手に入ったり、ガチャで新しいユニットパーツが追加されても、1から育てるのが大変過ぎて課金してまで新しいのを手に入れようと思わないのがガーとして結構な致命傷な気がしてならない。 ブレイクシステム 本作は武器の種類にビーム、実弾、打撃、斬撃、特殊の5種類ある。 敵が持つブレイクゲージというバリアにはこの5種類の内のどれかが弱点であり、ゲージを壊さないとダメージが大幅にカットされ、非常に鬱陶しい。 しかも壊した後も一定時間経つと復活するため、ひじょーーーーに鬱陶しい。 このゲームのリセマラをするなら武器の種類が被らないユニットパーツ複数狙う事をお勧めする。 また、ブレイクシステムというよくわからないバリアはあるのにATフィールドやオーラバリアなど原作にあるバリアが何一つ再現されていないため、一部ユニットが大分損している。 最後に 色々書いたが、本作はまだサービス開始して1ヶ月しか経っていない。 私も色々文句は言っているが同時期にサービス開始した『ポケマス』より何だかんだ遊んでいるので、課金する気は全くおきないがこれからが楽しみである(ただ、ここ最近セールスランキングが100位越え常連になってきていて、サービス継続出来るのか心配になってくる) ただ、本作のお陰でに興味を持ち、huluで一気見してしまう程はまってしまったので、DDには感謝している。 このままサービス終了しても私の中での思い出は消えないだろう。 自分の知らない名作に出会える。 それこそが『』の最大の魅力とも言える。 ありがとうDD、これかもよろしく。 最後になりましたが、フレンド募集中です!!!!.

次の