俺ガイル ss 戸塚。 『俺ガイル』一色いろはがヒロインのおすすめSS・二次小説作品まとめ【随時更新】

俺ガイル

俺ガイル ss 戸塚

", "雪ノ下雪乃" and more. The novel "陽乃姉さんと雪乃姉さんは弟の八幡を溺愛中!" includes tags such as "俺ガイル", "比企谷八幡" and more. The novel "俺ガイルss 犠牲なくして勝利なし" includes tags such as "やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 ", "雪ノ下雪乃" and more. ~戸塚とワイン~ ある日、千葉市内の一室で大人になった八幡という男ととても可愛らしい戸塚という人がワインを飲みながら暖炉の前でくつろいでいた。 このssは誰もが幸せになれるハッピーエンドになります。 原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 タグ: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 俺ガイル 比企谷八幡 雪ノ下雪乃 由比ヶ浜結衣 雪ノ下陽乃 下部メニューに飛ぶ 23 of the novel series "俺ガイル ゆきのんヒロインSS". 俺ガイル 下着は着けない方が八幡くんの好みなのよね? 俺ガイル短編集(作者:タンデム ) 原作:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。. 俺ガイルSS 126 比企谷八幡は常に冷静だが、時に感情的だ 俺ガイルSS 114 比企谷家の未来 俺ガイルSS 105 雪乃「比企谷くんを救うことになった。 "俺ガイル 下着は着けない方が八幡くんの好みなのよね?" is episode no. 短編集 誤字脱字があったらすみません 時系列を気にしている人がいますが、思いついたら書いているだけなので結構バラバラです。 【俺ガイル・八雪ss】雪ノ下雪乃は比企谷八幡の部屋に住む。 23 『昨日、〇〇区のマンシ... 記事を読む.

次の

【戸塚彩加SS】八幡「と、戸塚……か!?」

俺ガイル ss 戸塚

【朗報】俺ガイルのオーディオブックが1冊無料でもらえます みんな知ってる使ってる「Amazon」 Amazonでは、本を声で聴く「」というサービスもやっています。 知っていましたか? いや知らなかったって人、オーディブルのに登録すると、好きな本が1冊無料でもらえます。 安い本も高い本もどんな値段の本でも、無料でもらえます。 無料体験中に退会で料金は一切不要 無料体験期間中に「やっぱ退会したい…」そう思うかもしれません。 「お金ってかかるの…?」 いいえ、無料体験期間中に退会した場合、お金は一切かかりません。 また、無料体験中にもらったオーディオブックは、退会後も引き続き視聴可能です。 98 俺修羅6. 02 15分後 ??「おまたせしましたー」トテトテ 八幡「おう、戸t……」 ??「ごめんなさい。 23 文加「私、全寮制の女子高に通ってて、中々男の人と会う事がないんです」 八幡(女子高か、生徒手帳でも見せてもらおうかな) 文加「あ!今、生徒手帳は持ってませんからね?」ムー 八幡「まだ疑ってたな……ごめん」 文加「ふふ、兄から比企谷さんの事を色々聞かされてどんな人か興味を持って……」 八幡(さすがに戸塚は俺の悪口とか言ったりしないよな?美化のされすぎも困るが) 文加「それで比企谷さんとデートしたいなって思ったんです」 八幡「デートって言ってもそういうのはあまり……俺、別にモテるわけじゃないし」 八幡(そういや雪ノ下とは恋人のフリしたし、由比ヶ浜とは花火を見に行ったか) 文加「モテるとかそんなの関係ないです。 50 八幡(わざとかな?) 八幡「学割か……俺も今思いついたからな。 気にすんな」 文加「やさしいですね。 06 バッタリ 八幡「あ」結衣「あ」 八幡「げっ」 結衣「あー!ヒッキーが女の子とデートしてるー!」 雪乃「人を見るなり『げっ』だなんて相変わらず失礼な生き物ね。 92 八幡「んなわけあるか。 この人は戸塚の双子の妹で……」 雪乃「そんな事を言って通じると思うの?戸塚くんを脅迫でもしてるのでしょう」 結衣「えー!ヒッキーキモすぎ!!」 結衣「そこまでしなくてもデートならあたしがするのに……」ボソ 文加「……」 八幡「だから、女装させてるわけでも脅迫もしてないって」 雪乃「言い訳は聞きたくないわ。 比企谷くん……色々あってあなたの事は少し見直したのだけれどもこれまでね」 八幡「これまでって……」 雪乃「もちろん通報するのよ。 16 八幡「あの2人も決して悪い奴らじゃないからな?」 文加「やっぱりやさしいですね」ニコ 八幡「そっ、そうじゃなくて!」 文加「ところであの2人とはどういう関係ですか?」 八幡「戸塚から聞いてないか?部活で一緒なだけだ」 文加「そうでしたね。 22 八幡「それは光栄なんだけど顔が近……」 文加「なので比企谷さんとお付き合いしたいと思います。 17 文加「今思い出しました。 10 翌日、放課後 戸塚「八幡!」トテトテ 八幡「おう」 戸塚「昨日はありがとう!妹もすごく喜んでたよ!」 八幡「そうか?」 戸塚「でもごめんね?黙ってて。 びっくりした?」 八幡「そりゃびっくりするよ。 65 戸塚「いいよ、由比ヶ浜さん。 13 八幡「なんだ?」 結衣「部活には来てくれる?」 八幡「どうしてそんな事聞くんだ?」 結衣「昨日の事でもう来なくなったりして……」 八幡「勘違いみたいなもんだって言ったろう?普通に行くよ」 結衣「うん、また3人で険悪になったりするのはいやだから」 八幡「それは俺も勘弁して欲しいな」 結衣「ゆきのんもさ、昨日の事で謝りたいって言ってたし」 八幡「まぁ、いいんだけどな。 28 奉仕部部室 ガラ 結衣「やっはろー」 八幡「うーす」 雪乃「2人ともこんにちは」 雪乃「それと比企谷くん。 73 雪乃「それで比企谷くん。 昨日の彼女は誰かしら?」グググ 八幡(なんか拳が全力で握られてる……返答次第で殴ったりとかしないよな?) 八幡「その時も言ったけど戸塚の双子の妹で名前は戸塚文加さんだそうだ」 八幡「戸塚から俺の事を聞いてデートしたいって」 雪乃「付き合ってるわけではないのね?」ググ 八幡「そうだな。 00 八幡「それはどうでもいいんだよ。 69 数日後、奉仕部部室 雪乃「はい、どうぞ。 戸塚くん」カチャ 戸塚「ありがとう、雪ノ下さん」 八幡(今、戸塚は奉仕部部室にいる) 八幡(戸塚の都合を見て連れて来るように言われた) 八幡(そして、一芝居とは雪ノ下が挑発じみた事を言ってボロを出させようとすることだった) 八幡(クラスは別だから雪ノ下が自分は一番傷が浅く済むという。 53 八幡「……」 戸塚「それにしてもおいしいね!僕、紅茶はあまり飲まないけどこの紅茶は凄くおいしいってわかるよ」 雪乃「ふふ、そういってもらえると嬉しいわ。 私にはお詫びとしてこんな事しかできないから」 雪乃「それに戸塚くんにも色々とお世話になってるから一度はこうして招待したかったの」 戸塚「はは、それは大げさかな?」 結衣「そんな事ないよー。 77 ガシャ! 戸塚「ごっごめん!」 結衣「わわ!さいちゃん大丈夫!?」 八幡「怪我はしてないか?」 戸塚「うん。 大丈夫だよ」 雪乃「……」 戸塚「これで怪我したらテニスも出来なくなるしドジすぎるね。 80 八幡「……なぁ、雪ノ下」 雪乃「ええ、あれは怒ってると思うわ……」 結衣「さいちゃんが?」 雪乃「コップが割れたというよりわざと割ったように見えたわ」 八幡「……」 八幡「なんかもうどっちでも良くなってきたな。 ヘタに刺激するのもなんだし」 結衣「へ?」 八幡「雪ノ下も悪かったな。 42 結衣「ヒッキーとあやちゃんで2人きりにさせたくないでしょ?」ユサユサ 雪乃「そう考えると……比企谷くんが不審な行動をしないか見張る必要があるわね」 八幡「不審な行動ってなんだよ」 雪乃「では、4人でディスティニーランドにでも行きましょうか?」 結衣「やったー!ありがとー!ゆきのーん」ギュウウ 雪乃「暑苦しい……」 八幡(つーか由比ヶ浜に対して甘すぎだ) 結衣「ヒッキー!さいちゃんでもあやちゃんでもいいからちゃんと伝えてね!」 八幡「お前、もうただ遊びに行きたいだけだろ」 おわり 最近の投稿• カテゴリー• 633• 631• 619• 446• 408• 108• 144• 147• 174• 155• 189• 189• 2 アーカイブ• 128• 118• 242 メタ情報•

次の

【戸塚彩加SS】八幡「と、戸塚……か!?」

俺ガイル ss 戸塚

文化祭終了後 雪ノ下「いやー姉さんは徹頭徹尾畜生だったわね」 八幡「血は争えねえなこれ」 雪ノ下「せやろか」 八幡「日々の罵倒」 雪ノ下「愛があるからセーフ……ッ!ノーカン……ッ!ノーカン……ッ!」 八幡「愛を再確認したところで2005年度の日本シリーズを振り返ってみましょう」 雪ノ下「なんでよ!阪神は関係ないでしょう!」 ガラッ 由比ヶ浜「やっはろー!」 雪ノ下「こんにちは由比ヶ浜さん。 やっと人が来たわ」 八幡「オイ、しれっと俺を人のカテゴリから外してんじゃねえよ。 無駄にするのも何だし配ってるんだ」 八幡「わざわざ俺に聞かなくてもお前なら配る相手もたくさん居るだろ」 葉山「チケットはかなりの枚数貰っているから気にしなくても大丈夫だよ」 八幡「そういうことじゃなくてだな……ぼっちの俺がチケットなんて貰ってどうしろっていうんだよ」 姫奈「一緒に行けば良いじゃない! 二人で仲良く行けば良いじゃないっ!!」 葉山「ははは、ヒキタニくんも相変わらずだね。 …………姫奈も、ね」 八幡「おい、こいつの保護者はどこ行ったんだよ。 この際、由比ヶ浜でも構わんが」 葉山「うーん、優美子は近くに居ないな。 結衣も見当たらないね」 姫奈「『俺と用事、どっちが大切なんだ隼人っ』『八幡……もちろん君だよ』 ぐふふ……」 八幡「……わ、わかった。 貰えるなら貰っておく」 葉山「あ、ああ、……じゃあ10枚ぐらいで良いよね?」 ~~~奉仕部室~~~ いろは「うわ、なんですかこの紅茶。 生徒会室のより断然美味しいですね」ゴクゴク 雪乃「それはどうも………」 八幡「…で、結局なんの用なんだ?」 いろは「あ、はい。 生徒会のお仕事を手伝ってもらおうかと思ったんですよ」 雪乃「ごめんなさい、ここは問題解決の手助けを方針に活動している部であって何でも屋ではないの」 いろは「そうですかー………じゃあ、生徒会活動を成功させたい!これでいいですか?」 結衣「あ、それならいいかも!」 八幡「いいかも!じゃねぇよ……まぁ、確かにそれならOKかもな。 どうだ雪ノ下?」 雪乃「……構わないわ。 ここ最近重要な案件も回ってきてないし。 それで、私達は何をすればいいのかしら?」 いろは「えーと、一人だけでも少しの期間生徒会室に行って手伝ってくれたらいいんです。 既にめぐり先輩が手伝ってくれてますし」 八幡「お前、一人既に協力者がいるっていうのにまだ誰か使役する気か……そんなんじゃお前のイメージが落ちんぞ」 いろは「でも出来ないものは出来ないんですよ。 だから誰かお願いします!」 八幡「開き直りやがったなこの野郎………んじゃ、俺行くわ」 雪乃「え?」 結衣「え?」 八幡「え?」 八幡「桂馬かっけー・・・。 」ボソッ 結衣「ヒッキー何読んでるの?」 八幡「え?あ、マンガ。 」 結衣「それは見てわかるし!」 八幡「神のみぞ知るセカイってやつだよ。 」 結衣「ふーん・・・おもしろい?」 八幡「ああ。 これ読んでると恋愛したくなるぞ。 」 結衣「ヒッキーきも・・・。 」 雪乃「由比ヶ浜さん。 今日はもう帰りましょうか。 何だか身の危険を感じるわ。 」 八幡「なんでお前が身の危険を感じてるんだよ。 てかあれだ、恋愛したくなるって言ってもこのマンガは普通の恋愛マンガとは違うんだよ。 明日も全部持ってきてやるから読んでみろ。 」 雪乃「なぜ私があなたの勧めるマンガを読まないといけないのかしら。 」 結衣「えー、いいじゃんゆきのん!あのヒッキーが良いっていう恋愛マンガだよ!?」 雪乃「それがどうしたというのかしら・・・。 」 結衣「ヒッキー攻略の参考になるかもしれないよ?」ヒソヒソ 雪乃「!?そうね。 わかったわ。 比企谷君、明日必ず持ってきなさい。 」 八幡「お、おう・・・。 」 学校が冬休みに入り、俺は有意義な時間を過ごしていた。 まずは撮り溜めていたアニメを全て見た。 その上でリアルタイムでの視聴もかかさない。 12月末には1クールが終るため、俺は一気に1話から視聴をし、記憶が新鮮なうちに最終話を見ることができた。 自分の計画性の高さに末恐ろしさを感じる。 後は積まれていた本を片っ端から読んだ。 まとまった時間があると読書も進むし、またストーリーを忘れることもなくて効率がよろしい。 他にも受験勉強をしている小町を構ってみたり、ゲームをポチポチやってみたり、昼まで寝てみたりと冬休みを満喫していた。 つまりだらけていた。 クリスマスは特につつがなく終わり、大晦日には紅白や特番を見て「あ~もう今年も終わるのか」と実感し、 新年へのカウントダウンを小町として、新年を迎えた瞬間にどっちが先に年越しそばを食切るかという勝負をして、俺は勝者となった。 新年早々勝つとは今年はいい年になりそうだ。 モバP「俺、結婚するんだ」 凛「……そう」 誰と? そう訊けなかった。 自分が情けない。 モバP「結婚してもこれまで以上に頑張るからな」 凛「……プロデューサーらしいね」 モバP「海外ロケのついでにささやかに結婚式を挙げる予定だ」 凛「前に言ってたよね。 サイパンだっけ」 モバP「凛は撮影の予定はないけど一緒にくるか?」 凛「いや、いいよ。 幸せにね」 モバP「ありがとう」 凛「じゃ、帰るから」 モバP「凛は明日は休みか。 俺は明後日からサイパンだしな。 次に会うのは来週だな」 凛「土産……期待してるから」 覚えてる限りそれが最後の会話。 航空機墜落のニュースは連日日本を騒がせた。 事故後ようやくプロデューサーの結婚相手がちひろさんだと知った。

次の