レクサス ls 中古 安い。 LS(レクサス)の中古パーツ|新車・中古車のカー用品・中古パーツなら【グーネットパーツ】

レクサスISの中古はお得感高め! クラウンより安く手に入る高級ブランド [中古車] All About

レクサス ls 中古 安い

レクサスは新車で購入するとなると値段がかなり高いので、型落ちなどを中古で購入したいと考える人もたくさんいます。 日本の国産車の品質と耐久性は非常に高いので、中古車でも十分過ぎるくらい使えます。 特に レクサスは世界一のトヨタクオリティの中でも最上級の車ですので、きちんとメンテナンスされている車であれば中古でも何の問題もありません。 ただし、レクサスの中古車を買う時には気を付けなければならない事があります。 レクサス以外の車であれば、どこで買っても何かが変わるという事はあまり無いのですが、レクサスの場合はレクサスが認定しているCPOと呼ばれる中古車でないとレクサスはその車をレクサスの車として扱ってくれません。 CPO以外の中古車では、本来受けられるはずの機能が使えなかったり、サービスが受けられなかったりするのです。 例えば、CPOでは無いレクサスの中古車が故障したとして、レクサスのディーラーに修理を依頼しても断れる事があります。 要するに一言で言えば、レクサスは新車またはCPOの車に乗っていない人はお客様として相手にしないという事です。 少し言い過ぎの感があるかもしれませんが、実際にそのように感じられるような差別化が行われているのです。 G-Linkの機能が使えない。 接客待遇が・・・。 非CPOの中古車の場合、G-Link LiteというG-Linkの機能が一部制限されたものしか使えません。 年間17,000円と事務手数料8,000円が必要になりますし、場合によってはレクサスの車体に搭載されている通信するためのDCMという機械の交換が必要な事もあります。 DCMの交換は10万円くらいするので非常に高額な出費になります。 また、レクサスの車体には特殊な機械が搭載されており、レクサスのディーラーのゲートでそれを読み取る事ができるそうです。 車に乗ってレクサスの店舗に入った時点で、その車がどういう車なのか?どういう人が乗っているのか?などの情報が瞬時に店員さんに伝わるらしく、接客サービスに差を付けられるという話も耳にします。 レクサスオーナーズカードも非CPOの場合には発行されません。 レクサスオーナーズカードには車の情報やオーナーの情報が入っていますので、そのカードを見せれば全国どこのレクサスで全く同じサービスを受ける事ができます。 レクサスのディーラーには レクサスオーナーズラウンジというスペースがあって、そこもレクサスオーナーズカードが無いと入る事ができません。 修理か何かの用事でレクサスのディーラーに行った際に待ち時間の間にラウンジを利用できないので、近所の喫茶店かどこかで時間を潰さなければなりません。 空港にあるゴールドカードなんかを持っている人が利用できるラウンジのようなものです。 他にもいろんな違いがありますが、やっぱり最大の違いは信頼性だと思います。 非CPOでレクサスの中古車を買う時の唯一メリットは価格が少し安いという事です。 車のプロで、その車を見ればどのような状態なのかすぐに分かるという人であれば問題ないのですが、普通の人は目に見えない部分の状態が良好なのかそうでないのかなんて分かりません。 レクサスという高級車を買う時に、どこの誰がどのように乗っていた車なのか?事故歴は無いのか?なんて事を心配したくありませんよね。 多くの人は安全性、信頼性などを考えてあえて高いお金を出してレクサスを買うはずです。 とすれば、やっぱりレクサスが正式に認定しているCPOで買うべきでしょう。 少しくらい高くても安心と信頼を買うと思えば安いものです。 CPOのメリットで詳しく書きますが、CPOは納車前の徹底した点検・整備、納車後の保証やアフターメンテナンスなどが万全に行われますので、そのようなことまでトータルで考えると決して割高だということはありません。 ブランドというのは会社側の人間だけでなく、そのブランドを愛する消費者も一体となって作り上げるものだと思います。 レクサスというブランドを世界的で冠たるものにするために、消費者も協力すべきところはしなければならないし、それに見合った品格・人格を兼ね備えるべきでしょう。 レクサスオーナーの一人として、レクサスの高い技術力・信頼性・安心感・ブランドを守るためにも、できるだけたくさんの人にCPOという制度に乗っかって協力して欲しいと思います。

次の

【レクサス一覧比較】維持費の高い&安い車種ランキングTOP5|NXやLSなどの燃費は?

レクサス ls 中古 安い

レクサスは新車で購入するとなると値段がかなり高いので、型落ちなどを中古で購入したいと考える人もたくさんいます。 日本の国産車の品質と耐久性は非常に高いので、中古車でも十分過ぎるくらい使えます。 特に レクサスは世界一のトヨタクオリティの中でも最上級の車ですので、きちんとメンテナンスされている車であれば中古でも何の問題もありません。 ただし、レクサスの中古車を買う時には気を付けなければならない事があります。 レクサス以外の車であれば、どこで買っても何かが変わるという事はあまり無いのですが、レクサスの場合はレクサスが認定しているCPOと呼ばれる中古車でないとレクサスはその車をレクサスの車として扱ってくれません。 CPO以外の中古車では、本来受けられるはずの機能が使えなかったり、サービスが受けられなかったりするのです。 例えば、CPOでは無いレクサスの中古車が故障したとして、レクサスのディーラーに修理を依頼しても断れる事があります。 要するに一言で言えば、レクサスは新車またはCPOの車に乗っていない人はお客様として相手にしないという事です。 少し言い過ぎの感があるかもしれませんが、実際にそのように感じられるような差別化が行われているのです。 G-Linkの機能が使えない。 接客待遇が・・・。 非CPOの中古車の場合、G-Link LiteというG-Linkの機能が一部制限されたものしか使えません。 年間17,000円と事務手数料8,000円が必要になりますし、場合によってはレクサスの車体に搭載されている通信するためのDCMという機械の交換が必要な事もあります。 DCMの交換は10万円くらいするので非常に高額な出費になります。 また、レクサスの車体には特殊な機械が搭載されており、レクサスのディーラーのゲートでそれを読み取る事ができるそうです。 車に乗ってレクサスの店舗に入った時点で、その車がどういう車なのか?どういう人が乗っているのか?などの情報が瞬時に店員さんに伝わるらしく、接客サービスに差を付けられるという話も耳にします。 レクサスオーナーズカードも非CPOの場合には発行されません。 レクサスオーナーズカードには車の情報やオーナーの情報が入っていますので、そのカードを見せれば全国どこのレクサスで全く同じサービスを受ける事ができます。 レクサスのディーラーには レクサスオーナーズラウンジというスペースがあって、そこもレクサスオーナーズカードが無いと入る事ができません。 修理か何かの用事でレクサスのディーラーに行った際に待ち時間の間にラウンジを利用できないので、近所の喫茶店かどこかで時間を潰さなければなりません。 空港にあるゴールドカードなんかを持っている人が利用できるラウンジのようなものです。 他にもいろんな違いがありますが、やっぱり最大の違いは信頼性だと思います。 非CPOでレクサスの中古車を買う時の唯一メリットは価格が少し安いという事です。 車のプロで、その車を見ればどのような状態なのかすぐに分かるという人であれば問題ないのですが、普通の人は目に見えない部分の状態が良好なのかそうでないのかなんて分かりません。 レクサスという高級車を買う時に、どこの誰がどのように乗っていた車なのか?事故歴は無いのか?なんて事を心配したくありませんよね。 多くの人は安全性、信頼性などを考えてあえて高いお金を出してレクサスを買うはずです。 とすれば、やっぱりレクサスが正式に認定しているCPOで買うべきでしょう。 少しくらい高くても安心と信頼を買うと思えば安いものです。 CPOのメリットで詳しく書きますが、CPOは納車前の徹底した点検・整備、納車後の保証やアフターメンテナンスなどが万全に行われますので、そのようなことまでトータルで考えると決して割高だということはありません。 ブランドというのは会社側の人間だけでなく、そのブランドを愛する消費者も一体となって作り上げるものだと思います。 レクサスというブランドを世界的で冠たるものにするために、消費者も協力すべきところはしなければならないし、それに見合った品格・人格を兼ね備えるべきでしょう。 レクサスオーナーの一人として、レクサスの高い技術力・信頼性・安心感・ブランドを守るためにも、できるだけたくさんの人にCPOという制度に乗っかって協力して欲しいと思います。

次の

レクサスで一番安いモデルは?いくらから買えるか解説!

レクサス ls 中古 安い

レクサスのエントリーモデルの位置づけにある車で、車両価格で3,700,000円代からとレクサスにしては非常にリーズナブルです。 のちほど詳しくご紹介しますが、CT200hはハイブリッドのハッチバックの車で、トヨタプリウスなどと近い車です。 それもそのはず、エンジンやモーターなどのハイブリッドシステムの部分はプリウスとほぼ同じであり、レクサス版プリウスと言っても差し支えありません。 (プリウスの詳細は以下の記事をご参照ください。 ) CT200hには4種類の仕様違いのモデルが存在しており、それぞれ価格は次のようになります。 グレード 車両価格 税込み 標準仕様 3,770,000円 version C 3,990,000円 F SPORT 4,400,000円 version L 4,770,000円 標準仕様に対し、version Cは内装などの装備を充実させたグレードです。 またF SPORTには走りに特化した味付けがされており、version Lは最高級の豪華なインテリアが特徴です。 レクサスのほとんどの車種が5,000,000円〜1,000,000円することを考えると、CT200hの価格設定はレクサスとしては購入しやすいものとなっています。 他のレクサスの価格については以下の記事で紹介しているので、詳しく知りたい方はこちらもご参照ください。 それではCT200hの詳しい説明や、グレードごとの違いについてご説明しましょう。 CT200hの主要諸元 ではまずCT200hの主要諸元を見ていきましょう。 項目 標準仕様 その他3仕様 車両型式 DAA-ZWA10 -AHXEB DAA-ZWA10 -AHXBB ボディタイプ 5ドアハッチバック 乗車店員 5名 駆動方式 FF エンジン 2ZR-FXE型 1. 大きく分けると最廉価の標準仕様と、それ以外の3グレードに分かれます。 エンジンやモーターは完全に共通で、最高出力やトルクなどにも違いはありません。 また車体も同一で全長や全幅も同じですし、4WDなどの駆動方式の違いもありません。 しかしこの2種類の大きな違いは車両重量と燃費で、標準仕様に比べてそのほかの3仕様は装備の違いから重量が40kg〜60㎏も増加しています。 この重量増の影響が燃費に表れており、標準仕様に対してその他3グレードはリッター4km弱悪くなってしまっています。 主にどんな装備の違いでこの重量差がでているのでしょうか グレードごとの装備の違い 細やかな装備の違いを挙げるとキリがないので、主要装備の違いをまとめると次のようになります。 エクステリアの違い 外観上は大きく違いのない4グレードですが、F SPORTのみ専用のフロントグリルデザインが採用されており、スポーティさ強調しています。 またリアスポイラーもF SPORT専用となっており、外観上はF SPORTのみ違いがあるといった感じです。 またそれに合わせてリアのみブレーキ径も大きくなっています。 前述した重量の違いはタイヤの影響が大きく、15インチと16インチ、17インチでは見た目から大きさが違います。 インテリアの違い インテリアでの大きな違いはシート生地に表れており、最高グレードのversion Lのみ本革シートが標準採用されています。 それ以外の3グレードでは通常のファブリック生地のシートですが、最高グレードともなるとシート生地だけでなく内装のラグジュアリーさが増します。 レクサスにしては小型の車ながら、さすがレクサスと思えるでき栄えです。 またF SPORTにはオプションになっていますが専用の本革シートも用意されています。 ちなみに他のレクサスについては内装レビュー記事がございますので、興味のある方はこちらもあわせてご参照ください。 CT200hのおすすめグレード CT200hを選ぶ際にコストパフォーマンスだけを考えるのなら標準仕様一択ですが、装備の違いと価格差を考えると、version CかF SPORTが良い選択と言えるでしょう。 version Cはversion Lほどのインテリアの豪華さはありませんが、そのほかの装備はversion Cではオプション装備になっているものが多く、必要に応じて選択ができます。 version Cとversion Lの価格差は700,000円もありますので、コストとクオリティを両立させることができるでしょう。 F SPORTは走行性能に特化したグレードですが、エクステリア、インテリアは専用のものも多く、ラグジュアリーなversion Lと一味変わった魅力があります。 またversion LとF SPORTのみ標準装備の物も多いので、価格差が300,000円ある分お得な装備が多数あります。 version Lは確かに装備の充実した最高グレードではありますが。 ここまでの価格となるともう一つグレードの高い車種でも選択肢に入ってきます。 最高級のハッチバックを買うか、そこそこの高級セダンを買うかは個人の考え方次第ですが、ハッチバック車にしては高すぎるのも事実です。 MEMO なお正しいやり方で値引き交渉をすればもう少し安い価格でCT200h購入できます。 このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。 詳しく知りたい方は、下記の『』のページをご覧ください。 レクサスの一番安いモデルの実態 CT200hはレクサスの入門用としてラインナップされているモデルで、それまでレクサスが高すぎて購入できなかった層や、レクサスにあこがれのある若者向けの車です。 レクサス CTはプリウスをベースに開発されている この車がレクサスで一番安い理由としては、トヨタ プリウスをベースに開発されているからです。 レクサスの他のモデルはかなりの部分が専用設計となっており、年間販売台数も少ないことから1台当たりにかかる開発費が高額です。 しかし CT200hはエンジンやハイブリッドシステムだけではなく、車体のプラットフォームもプリウスと共通なので、開発費が抑えられているのです。 しかしそれでもプリウスの最上級グレードが3,284,280円であるのに対し、CT200hの最廉価グレードで3,770,000円ですので、ほぼ同性能の車としては割高感が出てしまいます。 なおプリウスの価格の詳細は以下の記事で解説しているので、こちらも参考にしてみてください。 レクサス CTは中途半端な立ち位置 それ以上にCT200hの最大のデメリットと言っても良いのは、その中途半端な立ち位置と言えるでしょう。 CT200hは確かにレクサスブランドの車ではあるのですが、最廉価モデルということや、ハッチバックであることから、どうしても「高級なプリウス」というイメージがついて回ります。 実際プリウスと比較しても、デザインの優秀さやインテリアの完成度はCT200hのほうがはるかに上なのですが、それでもレクサスとして見ると少々物足りなさもあります。 レクサスとしてみると今一つで、プリウスと比較してしまうと値段の高さが目立つ、微妙な立ち位置になってしまっているのです。 レクサス最安モデルの中古はさらに安い CT200hはレクサスで最も安いとはいえ、3,700,000円越えとなると一般車としては高額な部類に入ります。 トヨタブランドであれば、中型セダンのカムリなども手に届く値段です。 そのためCT200hを新車で購入するのだって一般家庭ではなかなか厳しいものですが、中古車となれば話は変わります。 認定中古車なら程度のよい中古車が買える CT200hの中古車には レクサスディーラーが管理する「認定中古車」がありますが、程度のよい中古車を新車の半額近い2,000,000円程度で買うことができます。 一例として挙げるこの1台は、走行距離52,000kmとそこそこの長さではありますが、中古車としてはまだまだ長持ちするレベルです。 年式も6年落ちではありますが、認定中古車はレクサスディーラーの高度な点検整備を受けているので、ひどいトラブルなどはあまり考えられません。 認定中古車の詳細は以下の記事で解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらもご参照ください。 認定中古車ならCT200hより上の車種も対象になる また認定中古車であれば、CT200hよりワングレード上のHS250hも検討対象に入ってきます。 2011年式で初期型のHS250hですが、走行距離39,000kmほどの良い状態の1台が2,025,000円と、CT200hとほとんど変わらない値段で購入できます。 HS250hはセダンタイプの車ですので、CT200hとは周囲からの見られ方も多少違うでしょう。 これより上のクラスであるISやGSでも、現行型はさすがに高いのですが前型車であれば2,000,000円代からでも購入できます。 (以下の画像が現行型GSです。 ) 一例を挙げれば、ISの2010年式で2,160,000円、GSの2012年式で2,780,000円などは、非常にお買い得なモデルと言えるでしょう。 (現行型のIS、GSの詳細は以下の記事をご参照ください。 ) 一般の中古車ショップならさらに安く買える 認定中古車以外にも 一般の中古車ショップなどでレクサスが売られていますが、ディーラーでの保証や点検整備が無い分、価格は2割程度安くなります。 (詳細は以下の記事をご参照ください。 ) しかしクオリティの面から言えば、認定中古車に及ぶものではないでしょう。 新車で最新モデルを買う方が良いようにも感じますが、そのせいでレクサスになかなか乗れないのもつまらない話です。 まずはエントリーとしてCT200hや、認定中古車のレクサスも検討してみてはいかがでしょうか? これからレクサスを買おうと思っている方は、試乗記事もございますのでこちらもあわせて参考にしてみてください。

次の