インスタライブ アーカイブ。 インスタライブを保存・録画する方法【iPhone/Android/PC】|アプリ村

インスタライブのアーカイブの詳細や保存方法!見方や見れない場合の対処法について徹底解説

インスタライブ アーカイブ

この時、すぐにダウンロードできるようなら「 Live Video is Ready」 ダウンロードに時間がかかるようなら「 Loading」と表示されます。 「 Loading」と表示された場合は、OKをタップして「 Live Video is Ready」と表示されるまで1分ほどお待ちください。 これでカメラロールにアーカイブが保存されます。 画面収録 iPhoneでインスタライブを録画したい場合は、標準機能の画面収録を使って録画しましょう。 画面収録をしても相手にバレる心配はありません。 これまで画面収録を使ったことがない場合は、まずコントロールセンターに画面収録を追加してください。 ここからの手順はホームボタンの有無で若干異なります。 iPhone 8 以前のホームボタンがある機種をお使いの場合は、画面下から上に向けてスワイプするとコントロールセンターを表示できます。 iPhone X 以降のホームボタンがない機種をお使いの場合は、画面右上から下に向けてスワイプするとコントロールセンターを表示できます。 コントロールセンターが表示されたら、画面収録ボタンを長押ししてマイクがオフになっていることを確認しましょう。 マイクがオンになっていると内部音声だけでなく周囲の雑音も拾ってしまいます。 あとは「収録を開始」をタップしてインスタライブの画面を開くとライブ配信を録画できます。 録画を終了したい場合は画面上部の赤色のステータスバーをタップして「停止」で終了できます。 Androidから行う場合 Android編ではインスタライブの保存アプリと画面録画アプリの使い方をご紹介いたします。 in Grabber インスタライブの保存アプリ「in Grabber」はコメントなしで保存できる優れものです。 ただし、配信者がライブ終了後にアーカイブを公開していない場合は保存できません。 ここからはライブのアーカイブが公開されていることを前提に使い方を解説してまいります。 アプリを開くと利用規約への同意を求められるので「CONTINUE」をタップしてください。 次に年齢を設定して再び「CONTINUE」をタップします。 ログインできたら画面下の「Search」をタップして、アーカイブを公開してくれているユーザーを検索しましょう。 フォローしている人数が少なければ画面左下の「Posts」からアーカイブを探していただいても構いません。 そうするとIGTVにシェアされているライブが表示されるので、ダウンロードボタンをタップしてください。 これでギャラリーにライブが保存されます。 AZ スクリーン レコーダー 「AZ スクリーン レコーダー」はAndroidの代表的な録画アプリです。 ですが、Android端末の仕様上、内部音声のみを録画することはできません。 内部音声のみを録画したい場合は分配ケーブルなどが必要になります。 ここからは上記の点を踏まえて読み進めてください。 アプリを起動したら「GO TO ALLOW THIS」をタップし「他のアプリ上に重ねて表示」を有効にします。 続いてホーム画面に戻り画面右下の録画ボタンをタップして、メディアやマイクへのアクセスを許可してください。 これでAndroidの画面をいつでも録画できるようになります。 録画の開始や停止は画面上部から通知バーを引き出すと手軽に行えます。 PCから行う場合 PC編ではインスタライブのアーカイブを保存できる「IG Stories for Instagram」を使った保存の仕方をご紹介いたします。 こちらはリアルタイムで録画する方法ではありませんが、コメントなしで保存できるのが特徴です。 アーカイブが公開されない可能性があるので録画しておきたい方は、• Windowsをご利用の場合は「」• Macをご利用の場合は「」 をお使いください。 どちらも各OSに標準搭載されています。 追記 インスタの仕様が変わり、ストーリーではなくIGTVにアーカイブが残るようになったため、IG Stories for Instagramでは保存できなくなりました。 IGTVにシェアされているアーカイブの保存方法は、を参照ください。 それでは「IG Stories for Instagram」の使い方を解説していきます。 追加できたらにアクセスしてください。 保存したいライブの配信者をフォローしており、その配信者がライブをストーリーにシェアしていた場合は、フィードの先頭にライブアイコンが表示されているのでクリックしてください。 もし、相手をフォローしていない場合は検索してプロフィールページからアイコンをクリックしましょう。 これで公開中のライブがPC上に保存されます。 自分のインスタライブを保存する方法 自分のインスタライブを保存する方法は簡単です。 ライブ配信終了後の画面で「動画をダウンロード」をタップしてください。 そうするとカメラロールやギャラリーにライブが保存されています。 ライブを見逃した方向けにアーカイブを残したい場合は、「IGTVでシェア」をタップしてください。

次の

【Instagram】インスタライブの過去の放送を見る方法(タイムシフト視聴)

インスタライブ アーカイブ

この時、すぐにダウンロードできるようなら「 Live Video is Ready」 ダウンロードに時間がかかるようなら「 Loading」と表示されます。 「 Loading」と表示された場合は、OKをタップして「 Live Video is Ready」と表示されるまで1分ほどお待ちください。 これでカメラロールにアーカイブが保存されます。 画面収録 iPhoneでインスタライブを録画したい場合は、標準機能の画面収録を使って録画しましょう。 画面収録をしても相手にバレる心配はありません。 これまで画面収録を使ったことがない場合は、まずコントロールセンターに画面収録を追加してください。 ここからの手順はホームボタンの有無で若干異なります。 iPhone 8 以前のホームボタンがある機種をお使いの場合は、画面下から上に向けてスワイプするとコントロールセンターを表示できます。 iPhone X 以降のホームボタンがない機種をお使いの場合は、画面右上から下に向けてスワイプするとコントロールセンターを表示できます。 コントロールセンターが表示されたら、画面収録ボタンを長押ししてマイクがオフになっていることを確認しましょう。 マイクがオンになっていると内部音声だけでなく周囲の雑音も拾ってしまいます。 あとは「収録を開始」をタップしてインスタライブの画面を開くとライブ配信を録画できます。 録画を終了したい場合は画面上部の赤色のステータスバーをタップして「停止」で終了できます。 Androidから行う場合 Android編ではインスタライブの保存アプリと画面録画アプリの使い方をご紹介いたします。 in Grabber インスタライブの保存アプリ「in Grabber」はコメントなしで保存できる優れものです。 ただし、配信者がライブ終了後にアーカイブを公開していない場合は保存できません。 ここからはライブのアーカイブが公開されていることを前提に使い方を解説してまいります。 アプリを開くと利用規約への同意を求められるので「CONTINUE」をタップしてください。 次に年齢を設定して再び「CONTINUE」をタップします。 ログインできたら画面下の「Search」をタップして、アーカイブを公開してくれているユーザーを検索しましょう。 フォローしている人数が少なければ画面左下の「Posts」からアーカイブを探していただいても構いません。 そうするとIGTVにシェアされているライブが表示されるので、ダウンロードボタンをタップしてください。 これでギャラリーにライブが保存されます。 AZ スクリーン レコーダー 「AZ スクリーン レコーダー」はAndroidの代表的な録画アプリです。 ですが、Android端末の仕様上、内部音声のみを録画することはできません。 内部音声のみを録画したい場合は分配ケーブルなどが必要になります。 ここからは上記の点を踏まえて読み進めてください。 アプリを起動したら「GO TO ALLOW THIS」をタップし「他のアプリ上に重ねて表示」を有効にします。 続いてホーム画面に戻り画面右下の録画ボタンをタップして、メディアやマイクへのアクセスを許可してください。 これでAndroidの画面をいつでも録画できるようになります。 録画の開始や停止は画面上部から通知バーを引き出すと手軽に行えます。 PCから行う場合 PC編ではインスタライブのアーカイブを保存できる「IG Stories for Instagram」を使った保存の仕方をご紹介いたします。 こちらはリアルタイムで録画する方法ではありませんが、コメントなしで保存できるのが特徴です。 アーカイブが公開されない可能性があるので録画しておきたい方は、• Windowsをご利用の場合は「」• Macをご利用の場合は「」 をお使いください。 どちらも各OSに標準搭載されています。 追記 インスタの仕様が変わり、ストーリーではなくIGTVにアーカイブが残るようになったため、IG Stories for Instagramでは保存できなくなりました。 IGTVにシェアされているアーカイブの保存方法は、を参照ください。 それでは「IG Stories for Instagram」の使い方を解説していきます。 追加できたらにアクセスしてください。 保存したいライブの配信者をフォローしており、その配信者がライブをストーリーにシェアしていた場合は、フィードの先頭にライブアイコンが表示されているのでクリックしてください。 もし、相手をフォローしていない場合は検索してプロフィールページからアイコンをクリックしましょう。 これで公開中のライブがPC上に保存されます。 自分のインスタライブを保存する方法 自分のインスタライブを保存する方法は簡単です。 ライブ配信終了後の画面で「動画をダウンロード」をタップしてください。 そうするとカメラロールやギャラリーにライブが保存されています。 ライブを見逃した方向けにアーカイブを残したい場合は、「IGTVでシェア」をタップしてください。

次の

インスタライブの「アーカイブ」の保存の早送り/見れないときの対処法を解説!

インスタライブ アーカイブ

インスタ「アーカイブ」とは? 今回のアップデートで新機能の「アーカイブ」という機能が追加されました。 今回はこの「アーカイブ」という機能について詳しく解説していきます。 「アーカイブ」は一般的な意味で保存記録などの意味があります。 メールだとフォルダを分けて保管しておくなどの意味があります。 今回インスタでの「アーカイブ」という意味は、投稿したい記事を保存しておいてあとで投稿出来るという機能です。 今までに投稿してきた記事も「アーカイブ」すると別の場所に非公開で保存しておけます。 昔の記事を消したいけど思い出として置いて置きたい場合などに、オススメです。 この機能は自分の投稿のみ使えます。 アーカイブに保存しておいた投稿は他の人が閲覧出来たり、検索出来たりしないので安心して下さい。 それでは早速使い方を解説していきます。 インスタ「アーカイブ」する方法 インスタで投稿を「アーカイブ」する方法は二通りあるので分類に分けて解説していきます。 ホーム画面で投稿を長押し プロフィール画面で投稿した記事を「長押し」して上にスライドして下さい。 すると「アーカイブ」が表示されます。 タップすると勝手にアーカイブに追加され、タイムラインには公開されません。 「……マーク」をタップする まず「投稿ボタン」をタップして記事をタイムラインに公開しましょう。 すると「アーカイブ」と表示されます。 タップするとアーカイブされます。 アーカイブした記事は皆には表示されません。 タイムラインから消えてしまいます。 「アーカイブ」した記事を再投稿するには 「アーカイブ」した記事を再度投稿するには、ホーム画面でまず右上の「アーカイブボタン」をタップします。 次に再度投稿したい記事をタップします。 長押しで上にスライドでも大丈夫です 右上の「・・・マーク」をタップしましょう。 「プロフィールに表示」をタップしましょう。 すると再度タイムラインに表示されます。 「消えてしまった」と不安になる方や一度「アーカイブ」した記事は二度と投稿出来ないと言われている方もいますが、そんな事はありませんので安心して下さい。 アーカイブした投稿を「消す」または「編集」するには ホーム画面で右上の「アーカイブボタン」をタップしましょう。 次に編集または消したい投稿をタップしましょう。 右上の「・・・マーク」をタップしましょう。 すると削除または編集を選択出来ます。 「アーカイブ」機能が使えない時は? この機能は最新にアップデート後に使えます。 それでも使えない場合は再起動して再度アプリを開いてみましょう。 編集後記 今回はインスタの新機能「アーカイブ」についての使い方など詳しく解説させていただきました。 再投稿出来ないなど、間違った情報が出回っていますので注意して下さい。 アーカイブした記事は再投稿出来ます。 上記手順で試して見てください。

次の