飛び石 の しゅん。 あのアスレの神がキャラ崩壊!!!マイクラ実況者の一発芸Mod大会!!【コラボ】

#企画参加 #ら民 どうしてこうなった…

飛び石 の しゅん

しゅん視点 「ちょ何何っ?!」 ぐれぶる君の叫びが隣で聞こえ、ぐれぶる君の方を向く。 向いた方……もとい"ぐれぶる君"は、知らない男に抑えつけられていた。 だが、服の容姿からして、B国であろう。 しゅ「くっそ、、」 そんな事を考えていたら俺も捕まえられ、完全に身動きの取れない体制にされてしまった。 俺らを抑えつけているのは、5人か6人位の男達だった。 そしてその中の主犯であろう男が、口を開く。 ?「お前らを俺らの元に連行する。 そして、こちら側に来てもらう。 」 ダウ「な、何を言って……っ…!」 こちら側と言うのは、、、言わなくても分かる。 らっだぁさん達を、裏切ると言う事…。 しゅ「何故?」 「お前らのその身軽なアスレチック能力は戦いにおいて凄く使い勝手のあるものだからだ。 その為だ。 」 「…分かったな。 行くぞ。 」 ぐれ「い、嫌だっ……それって裏切るって事じゃんか…っ!そんな事したくないっ!」 ぐれぶる君が抵抗しようとすると、主犯では無い男が、ぐれぶる君の首にスタンガンの様な物を当てた。 ぐれ「?!ぅ " あ " い "、い" だ い、、っ、」 ぐれぶる君は悲痛な叫びをし、悶えた。 案の定、電気のようなのが走ったため、スタンガンだと分かった。 ダウ「やめろ!ぐれぶる君を放せ!」 ?「それならついて来るんだな。 」 ダウ「ついて行くからっ、、」 ?「ふふっ、分かった。 」 ぐれ「え、っ、ダウン、さ、んっ?!」 ダウ「仕方ない……今は対抗出来ない、から…っ…」 ぐれ「…っ……分かっ、た。 」 俺らはそのまま手を引かれ、B国に来た。 そこでは、裏切った場合俺達だけでは無く、らだ国にも攻撃を仕掛ける、だとか言われ、よく分からん薬を何本も打たれた。 仲間にした奴に薬打たないで欲しいんだが。 ってか何の薬だよ…。 はぁ、さっきから生きた実感が無いなぁ 俺はらっだぁさん達を裏切ったのか。 苦しい、苦しいよ。 助、けて、 許してよっ……… しゅ「……っ…ごめん、なさい…。 」 最悪だ。 もう、知らない。 」 ぶっ「う〜んそうだね。 どうしたんだろ。 」 こる「どうしよ。 電話してみる?」 プルルルルル 『お掛けになった電話番号は、現在使われておりません。 』 ら民「「「………」」」 ライト「これ……マズくないすか?」 ライトグリーンさんがそう言うのも分かる。 何故なら、三人全員電話が繋がらないから。 おい「はい……らっだぁさんに連絡しましょう。 」 プルルルルル らだ『はぁい。 もっしぃぃ。 』 おい「ら、らっだぁさん。 実は……」 〜事情説明中〜 らだ『なるほど……。 それじゃあしゅんちゃんのGPS見てみようか。 』 リタ「いやその前に合流しましょ?!」 らだ『そうねw」』 〜一同はアスレ広場に合流〜 らっだぁさんはしゅんさんのGPSを確認した所、なんと…しゅんさん達は、B国にいるのであった。 ライト「っ!?ここって!」 ぶっ「B国?!なんでそんなところに……」 らだ「とにかく、ヤバイってことは分かった。 運営陣合わせてB国に行こう。 おいよさん達はら民を呼んでおいて!後ついでに武器も用意しといて!」 おい「分かりましたっ!」 おいよ視点 結局集まったのは運営が、 らっだぁさん、きょーさん、緑君、コンタミさん、レウクラウドさん、近海さんの全員。 近海さんは指示で運営に残る。 ら民が、 おいよ、ぶっち、こるぺん、ライトグリーン、ネクストリターン、イナズマベイタ、にこにー、こばこだ、たかのぶ、あんぱんの十人。 たかのぶとあんぱんは指示で運営に残る。 izayoi です。 またもや新しいのが出来てしまいました。 あと、非常に申し訳無いのですが、今続いている小説 前のも含む は続くか分かりません…!作者の気が向いたり、リクエストがあったりしたら、書くかも知れないです。 最後に、ここまで閲覧、ありがとうございました!.

次の

#1 みんなでゾムさんを助けよう!

飛び石 の しゅん

しゅん視点 「ちょ何何っ?!」 ぐれぶる君の叫びが隣で聞こえ、ぐれぶる君の方を向く。 向いた方……もとい"ぐれぶる君"は、知らない男に抑えつけられていた。 だが、服の容姿からして、B国であろう。 しゅ「くっそ、、」 そんな事を考えていたら俺も捕まえられ、完全に身動きの取れない体制にされてしまった。 俺らを抑えつけているのは、5人か6人位の男達だった。 そしてその中の主犯であろう男が、口を開く。 ?「お前らを俺らの元に連行する。 そして、こちら側に来てもらう。 」 ダウ「な、何を言って……っ…!」 こちら側と言うのは、、、言わなくても分かる。 らっだぁさん達を、裏切ると言う事…。 しゅ「何故?」 「お前らのその身軽なアスレチック能力は戦いにおいて凄く使い勝手のあるものだからだ。 その為だ。 」 「…分かったな。 行くぞ。 」 ぐれ「い、嫌だっ……それって裏切るって事じゃんか…っ!そんな事したくないっ!」 ぐれぶる君が抵抗しようとすると、主犯では無い男が、ぐれぶる君の首にスタンガンの様な物を当てた。 ぐれ「?!ぅ " あ " い "、い" だ い、、っ、」 ぐれぶる君は悲痛な叫びをし、悶えた。 案の定、電気のようなのが走ったため、スタンガンだと分かった。 ダウ「やめろ!ぐれぶる君を放せ!」 ?「それならついて来るんだな。 」 ダウ「ついて行くからっ、、」 ?「ふふっ、分かった。 」 ぐれ「え、っ、ダウン、さ、んっ?!」 ダウ「仕方ない……今は対抗出来ない、から…っ…」 ぐれ「…っ……分かっ、た。 」 俺らはそのまま手を引かれ、B国に来た。 そこでは、裏切った場合俺達だけでは無く、らだ国にも攻撃を仕掛ける、だとか言われ、よく分からん薬を何本も打たれた。 仲間にした奴に薬打たないで欲しいんだが。 ってか何の薬だよ…。 はぁ、さっきから生きた実感が無いなぁ 俺はらっだぁさん達を裏切ったのか。 苦しい、苦しいよ。 助、けて、 許してよっ……… しゅ「……っ…ごめん、なさい…。 」 最悪だ。 もう、知らない。 」 ぶっ「う〜んそうだね。 どうしたんだろ。 」 こる「どうしよ。 電話してみる?」 プルルルルル 『お掛けになった電話番号は、現在使われておりません。 』 ら民「「「………」」」 ライト「これ……マズくないすか?」 ライトグリーンさんがそう言うのも分かる。 何故なら、三人全員電話が繋がらないから。 おい「はい……らっだぁさんに連絡しましょう。 」 プルルルルル らだ『はぁい。 もっしぃぃ。 』 おい「ら、らっだぁさん。 実は……」 〜事情説明中〜 らだ『なるほど……。 それじゃあしゅんちゃんのGPS見てみようか。 』 リタ「いやその前に合流しましょ?!」 らだ『そうねw」』 〜一同はアスレ広場に合流〜 らっだぁさんはしゅんさんのGPSを確認した所、なんと…しゅんさん達は、B国にいるのであった。 ライト「っ!?ここって!」 ぶっ「B国?!なんでそんなところに……」 らだ「とにかく、ヤバイってことは分かった。 運営陣合わせてB国に行こう。 おいよさん達はら民を呼んでおいて!後ついでに武器も用意しといて!」 おい「分かりましたっ!」 おいよ視点 結局集まったのは運営が、 らっだぁさん、きょーさん、緑君、コンタミさん、レウクラウドさん、近海さんの全員。 近海さんは指示で運営に残る。 ら民が、 おいよ、ぶっち、こるぺん、ライトグリーン、ネクストリターン、イナズマベイタ、にこにー、こばこだ、たかのぶ、あんぱんの十人。 たかのぶとあんぱんは指示で運営に残る。 izayoi です。 またもや新しいのが出来てしまいました。 あと、非常に申し訳無いのですが、今続いている小説 前のも含む は続くか分かりません…!作者の気が向いたり、リクエストがあったりしたら、書くかも知れないです。 最後に、ここまで閲覧、ありがとうございました!.

次の

あのアスレの神がキャラ崩壊!!!マイクラ実況者の一発芸Mod大会!!【コラボ】

飛び石 の しゅん

道路を走っていて、突然にバチッとフロントガラスに物が当たった経験があるのでないでしょうか。 そのほとんどが飛び石です。 飛び石は、文字通り、前車に何らかの理由で弾かれた小石が、後続車に向かって飛んでくる現象です。 筆者も、高速道路走行中にフロントガラスに飛び石をくらった経験があります。 直後は5mmほどのヒビが入り、「リペアでなんとかなるかな?」とも思ったのですが、走行中にどんどんヒビが広がり、約10分後にはフロントガラスの半分、50cm以上に拡大してしまいました。 慌てて最寄りのインターで降りて、直近ので対応をお願いしましたが、このようにほんの小さな小石が、10万円前後の修理代となってしまうのが飛び石の恐ろしいところ。 さてこの飛び石、受けやすいクルマの特徴というのはあるのでしょうか? 飛び石被害で酷い場合は、トラックやダンプカーなどが砂利の多い場所を走行した後、一般道のスピードではタイヤの溝に挟まっていた小石や小石を含んだ泥が、高速道路の走行時に一気に放たれることがあります。 この飛び石は、春や秋の雪の無い一般道路でも、スタッドレスタイヤが小石を跳ね上げることがあるようです。 高速道路で80km~100kmほどのスピードで走行している際に前車から後方に向けて放たれるわけですから、どんなに動体視力の良いドライバーでもかわすことはほぼ不可能。 仮にかわそうとしたところで、高速道路で急なハンドル操作を行えば、他のトラブルにつながりかねません。 そういった飛び石への対処は、別の方法を模索するしかありませんね。 前走車のタイヤから小石が放たれるケースでは、小石は放物線を描く軌道になるとイメージできます。 一方、ボディから落とされる小石は、何度かはね上がります。 ですから、車間を詰めて走っていた場合はアイポイントが路面に近いモデル=車高の低いスポーツモデルは、飛び石の被害に遭う蓋然性は高まります。 フロントガラスへの直撃は、小石の重さとタイヤから放たれる ボディから落ちる スピードの関係で飛んでくる場所が変化します。 そのため、なるべく車間距離は大きくとったほうが確率は下がるでしょう。 もちろん、飛び石の軌道はケースバイケースですし、一概にどんなクルマが…とは言い切れない部分もありますが、いずれにせよ車高の低いクルマ、ノーズ先端の低い乗用車、フロントガラスが大きいモデルなどは注意して損はないと思います。

次の