時候の挨拶 6月コロナ。 6月の手紙に使える季節の挨拶文・時候の挨拶文の書き出しと結びのまとめ

ビジネス文書の書き出しと例文|個人・会社・お客様への挨拶は?頭語や時候の挨拶まで解説

時候の挨拶 6月コロナ

いよいよ梅雨のシーズンを迎える 6月。 雨が降り続いて洗濯物も乾かない、祝日も無いからお休みも少ない・・・。 どちらかと言えば何かと気持ちがブルーになりがちな月ですよね。 かろうじて6月のポジティブなイメージのあるものとして挙げるならジューンブライドとか、夏のボーナス!(6月が支給日となる会社が多い?)とかでしょうか? ビジネスの上での6月と言えば、配属されてきた新入社員も慣れてきた頃。 そして休みも少なめ=出勤して業務をこなせる時間が多いためか、仕事は比較的落ち着いて取り組める印象ですが、1年で最も株主総会が多く開催される月は6月。 何かとこの総会絡みで遠回しに仕事がバタついてくることや、取引先の方に連絡を取らねばならない機会が増えたりすることもあるのではないかと思います。 そのような場合に備えて すぐに使える6月の季語やあいさつ文の例をご紹介。 スムースに仕事を進めて、気持ちだけは晴れやかな日々を送りましょう!• 6月の季語一覧 ビジネスのあいさつで使える季語はこちら! ビジネスレターの作成にあたり、まずは基本的な形式を押さえておきましょう。 書き出しとなるのが 「頭語」 ・・・ <拝啓><謹啓>など• それに続いて入れるのが 「時候の挨拶」 ・・・ <~の候>など• そして手紙の最後に入れるのが 「結語」 ・・・ <敬具>など 「頭語」と「結語」は必ず組み合わせて使うのがルールでビジネスレターでの「頭語+結語」の組み合わせとしては• 拝啓(頭語)+ 敬具(結語)• 謹啓(頭語)+ 敬白もしくは謹言(結語) などが一般的に良く利用されてます。 6月に作成する手紙として6月を連想させるような言葉でつなぐことで、きちんとした印象のビジネス上ふさわしい文面となるのです。 日本は南北に長い地形ですので梅雨入りの時季も地域によって異なりますし、文面を作成する時点で梅雨の気配が感じられない気候であったり、逆にとっくに梅雨明けしてしまった状態であれば、そぐわない季語となってしまいます。 ちなみに北海道に送る手紙には使わない言葉です。 北海道には梅雨がないですから・・・。 また参考までに・・・ ビジネスの上では「〇〇~の候」が使われる言葉多いですが、そちらに置き換えて 「〇〇のみぎり」という言葉を使うこともあります。 ビジネスで使える6月の挨拶文例5選 「〇〇の候」「〇〇のみぎり」の形式で使う時候の挨拶は 漢語調の表現ともいわれ、キチンとした印象となるためビジネスの上では用いられることの多い言い回しとなります。 漢語調の言い回しを用いた時候の挨拶の例• 入梅の候、貴社におかれましてはますますご発展のこととお慶び申し上げます。 夏至の候、皆様ますますご壮健のことと拝察いたします。 深緑の候、貴社ますますご清栄のこととお慶びもうしあげます。 紫陽花のみぎり、ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。 霖雨のみぎり、皆様ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 またしっかりとした印象というよりは、 親しみのある印象を求める手紙にしたい場合には、下記のような言い回しを用いることで時候の挨拶とすることもできます。 それを 口語的な表現と言います。 口語的な表現を用いた時候の挨拶文の例• 衣替えの季節となりましたが、• 梅雨明けの待ち遠しい今日この頃、• 今年もはや半年を過ぎようとしておりますが、• 雨後の緑が目に鮮やかな季節となりましたが、• 紫陽花の彩りが雨に映える季節となりましたが、 やはり <6月=雨>という印象が強いイメージです。 それだけですと、じめじめしているとかうっとうしいといったマイナスなイメージに感じてしまいますよね? ですが、 紫陽花の美しさや初夏を迎える木々の緑が雨によってさらに際立たせるという内容を作り上げることで、この時期ならではの雨が醸し出す 6月の美しさを感じ取ってもらえる表現にすることが出来るのです! 季語とはそもそも何? 何種類あるもの? 誰が決めるもの?・・・季語の歴史 いつから手紙に季語を入れることになった? そもそも「季語」とは、俳句を詠む際に必ず入れなければならない 季節を表す語句のこと。 日本は四季という自然の移り変わりがあるため、日本人の季節というものに対する感性が磨かれていったことで、 手紙においても四季折々の情景を取り入れる挨拶から始めるという習わしが築かれてきました。 「季語」とはその素晴らしき日本人の季節に対する感性の賜物! 季節の感じ方や受け止め方はまさに十人十色。 そのため誰かが季語という言葉を定義づけるとか、いったい何種類あるのかという考えるのはナンセンスではないでしょうか?.

次の

お役立ちコンテンツ「ビジネスメール・手紙の挨拶文例」 コロナ禍における文頭・文末の挨拶表現 ー6月の挨拶ー

時候の挨拶 6月コロナ

「時候の挨拶」「季節の挨拶」とは? 「時候・季節の挨拶」は季節の移り変わりを表現する礼儀文 「時候の挨拶」「季節の挨拶」とは、季節感を大切にしてきた日本における、手紙の冒頭に用いる礼儀文のことをいいます。 「時候・季節の挨拶」には「漢語調」と「口語調」の2通りがある 「時候・季節の挨拶」には「漢語調」と「口語調」の2通りがあります。 「漢語調」は例えば春であれば「陽春の候(ようしゅんのこう)」というように季節を表す言葉に「の候」をつけます。 「候」とは暑さ寒さなどからみた季節を表す言葉です。 「口語調」は例えば夏であれば「毎日暑い日が続いておりますが」というように話し言葉で季節感を表します。 漢語調の挨拶は格調高く文書を作成したい時に使い、ビジネス文書でよく使われます。 口語調の挨拶は一般的には個人間の手紙に使われますが、ビジネスでも例えば顧客に対してソフトで親しみやすい文書を送りたい時などに使うこともできます。 ここでは漢語調の時候・季節の挨拶を使う場合について説明します。 口語調の時候・季節の挨拶については月別の記事で紹介していますので、あとで紹介するリンク記事を参考にしてください。 「時候・季節の挨拶」を使うビジネスレターの書き方 「拝啓」から始まり「敬具」で終わるのが一般的 プライベートな手紙では「時候・季節の挨拶」から手紙を書きだすことが多いようですが、ビジネスの手紙や公的な手紙の場合は「拝啓」から始めて次に「時候・季節の挨拶」を入れ、「主文」のあとに「結びの言葉」を入れ、「敬具」で終わるのが一般的です。 手紙は「前文」「主文」「末文」の大きく3つで構成されます。 「時候・季節の挨拶」のあとに「繁栄を喜ぶ言葉」と「感謝の言葉」を入れる ビジネスレターの場合は、「拝啓」「時候・季節の挨拶」を書いたら、そのあとに「繁栄を喜ぶ言葉」と「感謝の言葉」を入れるのが一般的です。 ここまでが「前文」です。 「繁栄を喜ぶ言葉」は「貴社ますますご繁栄のことと心からお喜び申し上げます。 」などで、「感謝の言葉」は「平素は格別のご厚情を賜り、厚くお礼申しあげます。 」などがよく使われています。 「前文」のあと「本文」に入ります。 本文は「さて、」「つきましては、」という言葉から始めるのが一般的です。 結びの言葉は「指導を願う言葉」または「繁栄を祈る言葉」+「締めくくりの言葉」 本文を書き終えたら、結びの挨拶の「末文」に入ります。 末文では「指導・愛顧を願う言葉」または「繁栄を祈る言葉」を書き、そのあとに「締めくくりの言葉」を書きます。 「指導・愛顧を願う言葉」は「今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 」などで、「繁栄を祈る言葉」は「末筆ながら貴社の一層のご発展をお祈り申し上げます。 」などがよく使われています。 「締めくくりの言葉」は「まずは書中にてお知らせいたします。 」などが一般的です。 またこの時、前文と末文で同じ言葉が重ならないように注意します。 「時候・季節の挨拶」を使うビジネスレターの型(例文) 「時候・季節の挨拶」を使うビジネスレターの型の例文を紹介します。 〇〇で示した季節ごとの挨拶は次に紹介するリンクの記事で月ごとに紹介しています。 「新緑の候」「歳末の候」などのように季節に応じた言葉を書きます。 拝啓 〇〇の候、貴社ますますご清栄のことと心からお喜び申し上げます。 平素は格別のご厚情を賜り、厚く感謝いたしております。 さて、(主文) つきましては、(主文) 今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 まずは書中にてお知らせいたします。 「繁栄を喜ぶ言葉」の慣用表現• 貴社にはますますご繁栄のことと心よりお喜び申し上げます。 貴社にはご清栄の段、何よりと存じます。 〇〇様にはいよいよご健勝にてご活躍のこととお喜び申し上げます。 「感謝の言葉」の慣用表現• 平素はご支援を賜り厚くお礼申し上げます。 平素は格別のご高配をいただき心から感謝申し上げます。 平素はご愛顧を賜り心からお礼申し上げます。 「指導・愛顧を願う言葉」の慣用表現• 今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 これからも一層のお引き立てをくださいますよう、伏してお願い申し上げます。 今後におきましても変わらぬご高配を賜りたく、心からお願い申し上げます。 「繁栄を祈る言葉」の慣用表現• 末筆ながら貴社の一層のご発展をお祈り申し上げます。 末筆ながら貴社のますますのご活躍を心からお祈り申し上げます。 末筆ながら貴社の一層のご繁栄を心より祈念いたします。 「締めくくりの言葉」の慣用表現• まずは書中にてお知らせいたします。 まずは取り急ぎご案内申し上げます。 まずは取り急ぎご挨拶申し上げます。 「時候・季節の挨拶」月ごとの例文 1月から12月までの月ごとの「時候・季節の挨拶」を使った例文は次の記事を参考にしてください。 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 まとめ 「拝啓」から始めて「敬具」で終わり、さらに「時候・季節の挨拶」も入れたビジネス文書は、格調が高く相手に丁寧な印象を与えることができます。 また「前文」「本文」「末文」と構成を考えて作成することで、必要な要件を簡潔にまとめることができます。 ビジネス文書にも季節を取り入れる日本文化の「型」が生きていますので、ぜひ取り入れてみてください。

次の

6月の季語とあいさつ文例文!ビジネスで使える例文集!季語がないとどうなる?

時候の挨拶 6月コロナ

あっという間に7月も中盤に差し掛かるところでございます。 皆様、お元気にお過ごしでしょうか。 この梅雨の間に各地で起こっております水害…被災された皆様へ心よりお見舞い申し上げます。 ゲリラ豪雨、線状降水帯、爆弾低気圧…様々な雨に関わる天気用語を昨今耳にしますが、水害にも繋がるこれらの天候状態、本当に怖いですね。 ただどこに住まいを構えていても起こりえること…どなたさまもどうぞ情報収集をこまめに行い、災害に備えてくださいませ。 『備えあれば憂いなし』 実際の避難持ち出し用のモノの準備は勿論、避難ルートの確認やご家族との連絡方法の確認、心の準備もするということが大事なように感じます。 コロナについてもまだまだ油断のならない状態が続いておりますが... とはいえ自粛の解除も迎え、旅に行きたい!とのお客様のお声を寄せて頂くこともしばしば。 弊社として出来ること…を役員始め、従業員全体で考えて頑張っております! 画像でご覧を頂いております、飛沫防止パネルの設置。 またバスへの出入りでご利用頂ける、手指用アルコール消毒液のボトルステイ。 これはお子様でも、小柄な女性でも、楽にご利用頂くことができます。 先日は『タウンニュース』様にも取材をして頂き、紙面へも掲載して頂きました。 公共交通機関ですと不特定多数の方との接触が考えられ不安…というご一行様にも、見知った方々皆様でソーシャルディスタンスをとった上で、安心安全に移動が出来るとご好評を頂いております。 新様式に則った、安全で安心な旅を... 旅のご相談などございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。 また7月中旬にかけ、新ちらしを発行予定でございます! 新生活様式を考慮した、弊社のツアー!どうぞ楽しみにお待ちください。

次の