愛 は ぽろぽろ の あらすじ。 韓国ドラマ

愛はぽろぽろ(恋はぽろぽろ) キャスト・相関図 感想・あらすじ

愛 は ぽろぽろ の あらすじ

第11話ドンジュンに脳死の可能性が疑われることを知り、大きなショックを受ける彼の家族。 ドンジュンの兄ドンミンは、弟に臓器提供の意思があることを知っていたため、心苦しく感じながらもそのことを父親に伝えるのだった。 アメリカでの生活を始めたチェリンは、それまで心を開けなかった継母ヨンスクを次第に受け入れ始める。 優しさを垣間見せるチェリンの姿を見て、ヨンスクは幸せを感じるのだった。 第12話愛するドンジュンに先立たれ、身重のパンウルが頼りにできるのはドンジュンの家族だけだった。 しかし、ドンジュンの父親ゲヌンは彼女に家を出ていくよう告げる。 ゲヌンにとっては、パンウルの将来と妻のスンボクを思っての苦渋の選択だった。 残酷な申し出を受け入れたパンウルは、短い間ドンジュンと過ごした家を誰にも知られることなく去り、住み込みで働ける職場を探そうと奮闘する。 第13話何者かに連れ去られようとしたチェリンを守るために、腕を撃たれたヨンスク。 アメリカで生活する娘と妻を心配したヨンモクは、はるばる海を渡り彼女たちが共に暮らす部屋を訪れる。 チェリンのかつての恋人だったサンチョルは、BHグループに就職しウヒョクの助手として働くことに。 サンチョルの真面目な仕事ぶりと細やかな気配りに、ウヒョクはただ感心するのだった。 第14話ドンジュンの父親ゲヌンが、ドンジュンの命日にヨンモクが勤務する病院を訪れる。 ヨンモクから、心臓の提供を受けたレシピエントが元気だと聞かされ、ゲヌンは複雑な気持ちを抱きながらも安堵するのだった。 母となったパンウルはゲヌンたちと暮らしながら、子育てをしつつ食堂で働く日々を送っていた。 オリジナルのレシピを考案した彼女は、ある日、食堂に来た客にその料理を振る舞う。 第15話BHグループの社員であるアルムが、パンウルが働く食堂を訪れる。 戦略開発部に属し新たな料理の開発を任されていたアルムは、食堂のメニューに載っているある料理に注目する。 就職活動中だったチェリンはウヒョクに優秀だと認められ、BHグループに入社することに。 出社初日、チェリンが会社でウヒョクに挨拶すると、彼の隣にいたのはチェリンの元恋人のサンチョルだった。 第16話パンウルと彼女の息子ビョルのために帽子を買い、パンウルに手渡すサンチョル。 彼は同じ家で家族同然に暮らすパンウルに対し、密かな恋心を抱いていた。 ドンミンと彼の妻ジヨンも、パンウルたちと同様、ゲヌンの家で暮らしていた。 ジヨンはアメリカ育ちで、自由奔放な性格。 彼女を息子の嫁として迎え入れたスンボクだったが、ジヨンの自己中心的な振る舞いに毎日のようにいらだっていた。 第17話自らが考案したレシピをアルムに盗まれたと確信したパンウルは、その証拠としてアルムの署名を入手しようと奮闘する。 しかし結局、署名は手に入らずパンウルは大きく落胆するのだった。 上司であるウヒョクを恋人にしたいと願うチェリンの前に、彼女の交際相手のソンジンが現れる。 ソンジンへの気持ちが冷め切ったチェリンは、新たに好きな人ができたと彼に告げ別れを切り出す。 第18話妻のジヨンをホテルの部屋に呼び出したドンミン。 これまで仕事を最優先にしていた2人だったが、一刻も早く母親に我が子の顔を見せたいと願うドンミンは、子作りの解禁をジヨンに提案する。 パンウルが働く食堂がいつも以上のにぎわいで、店員である彼女とオーナーが懸命に切り盛りする。 一段落したところでウヒョクが現れ、予期せぬ客の来訪にパンウルは戸惑うのだった。 第19話チェリンの継母ヨンスクが夫の勤務する病院を訪れようとすると、偶然ある女性と再会する。 その女性は、ヨンスクと同じ施設で育ったチョン・ガンジャ。 再会を喜べないヨンスクは、ガンジャに声をかけられても人違いだと告げてその場を去るのだった。 ウヒョクにスカウトされたパンウルは、大企業への入社をスンボクたちに勧められる。 しかし子育てとの両立を考える彼女は、転職に躊躇するのだった。 第20話ウヒョクが本部長として勤務する会社に入社したパンウル。 子育てと仕事で忙しい日々を送り始める彼女だったが、同じ部署に所属するチェリンは彼女のことが気に入らず、ことあるごとにパンウルへ苦言を呈するのだった。 BHグループの会長宅には、家政婦としてガンジャが住み込みで働くことに。 遠慮を知らないガンジャの発言や彼女の派手な服装に、会長の娘のウギョンはあきれてしまう。

次の

愛はぽろぽろ(恋はぽろぽろ) キャスト・相関図 感想・あらすじ

愛 は ぽろぽろ の あらすじ

第11話ドンジュンに脳死の可能性が疑われることを知り、大きなショックを受ける彼の家族。 ドンジュンの兄ドンミンは、弟に臓器提供の意思があることを知っていたため、心苦しく感じながらもそのことを父親に伝えるのだった。 アメリカでの生活を始めたチェリンは、それまで心を開けなかった継母ヨンスクを次第に受け入れ始める。 優しさを垣間見せるチェリンの姿を見て、ヨンスクは幸せを感じるのだった。 第12話愛するドンジュンに先立たれ、身重のパンウルが頼りにできるのはドンジュンの家族だけだった。 しかし、ドンジュンの父親ゲヌンは彼女に家を出ていくよう告げる。 ゲヌンにとっては、パンウルの将来と妻のスンボクを思っての苦渋の選択だった。 残酷な申し出を受け入れたパンウルは、短い間ドンジュンと過ごした家を誰にも知られることなく去り、住み込みで働ける職場を探そうと奮闘する。 第13話何者かに連れ去られようとしたチェリンを守るために、腕を撃たれたヨンスク。 アメリカで生活する娘と妻を心配したヨンモクは、はるばる海を渡り彼女たちが共に暮らす部屋を訪れる。 チェリンのかつての恋人だったサンチョルは、BHグループに就職しウヒョクの助手として働くことに。 サンチョルの真面目な仕事ぶりと細やかな気配りに、ウヒョクはただ感心するのだった。 第14話ドンジュンの父親ゲヌンが、ドンジュンの命日にヨンモクが勤務する病院を訪れる。 ヨンモクから、心臓の提供を受けたレシピエントが元気だと聞かされ、ゲヌンは複雑な気持ちを抱きながらも安堵するのだった。 母となったパンウルはゲヌンたちと暮らしながら、子育てをしつつ食堂で働く日々を送っていた。 オリジナルのレシピを考案した彼女は、ある日、食堂に来た客にその料理を振る舞う。 第15話BHグループの社員であるアルムが、パンウルが働く食堂を訪れる。 戦略開発部に属し新たな料理の開発を任されていたアルムは、食堂のメニューに載っているある料理に注目する。 就職活動中だったチェリンはウヒョクに優秀だと認められ、BHグループに入社することに。 出社初日、チェリンが会社でウヒョクに挨拶すると、彼の隣にいたのはチェリンの元恋人のサンチョルだった。 第16話パンウルと彼女の息子ビョルのために帽子を買い、パンウルに手渡すサンチョル。 彼は同じ家で家族同然に暮らすパンウルに対し、密かな恋心を抱いていた。 ドンミンと彼の妻ジヨンも、パンウルたちと同様、ゲヌンの家で暮らしていた。 ジヨンはアメリカ育ちで、自由奔放な性格。 彼女を息子の嫁として迎え入れたスンボクだったが、ジヨンの自己中心的な振る舞いに毎日のようにいらだっていた。 第17話自らが考案したレシピをアルムに盗まれたと確信したパンウルは、その証拠としてアルムの署名を入手しようと奮闘する。 しかし結局、署名は手に入らずパンウルは大きく落胆するのだった。 上司であるウヒョクを恋人にしたいと願うチェリンの前に、彼女の交際相手のソンジンが現れる。 ソンジンへの気持ちが冷め切ったチェリンは、新たに好きな人ができたと彼に告げ別れを切り出す。 第18話妻のジヨンをホテルの部屋に呼び出したドンミン。 これまで仕事を最優先にしていた2人だったが、一刻も早く母親に我が子の顔を見せたいと願うドンミンは、子作りの解禁をジヨンに提案する。 パンウルが働く食堂がいつも以上のにぎわいで、店員である彼女とオーナーが懸命に切り盛りする。 一段落したところでウヒョクが現れ、予期せぬ客の来訪にパンウルは戸惑うのだった。 第19話チェリンの継母ヨンスクが夫の勤務する病院を訪れようとすると、偶然ある女性と再会する。 その女性は、ヨンスクと同じ施設で育ったチョン・ガンジャ。 再会を喜べないヨンスクは、ガンジャに声をかけられても人違いだと告げてその場を去るのだった。 ウヒョクにスカウトされたパンウルは、大企業への入社をスンボクたちに勧められる。 しかし子育てとの両立を考える彼女は、転職に躊躇するのだった。 第20話ウヒョクが本部長として勤務する会社に入社したパンウル。 子育てと仕事で忙しい日々を送り始める彼女だったが、同じ部署に所属するチェリンは彼女のことが気に入らず、ことあるごとにパンウルへ苦言を呈するのだった。 BHグループの会長宅には、家政婦としてガンジャが住み込みで働くことに。 遠慮を知らないガンジャの発言や彼女の派手な服装に、会長の娘のウギョンはあきれてしまう。

次の

愛はぽろぽろ(恋はぽろぽろ) キャスト・相関図 感想・あらすじ

愛 は ぽろぽろ の あらすじ

2019. 2016年に韓国MBCで本放送が行われた作品で、心温まるハートフルドラマです。 ヒロインのパンウルを演じるワン・ジヘはいつも明るい役をこなしている女優ですが、今回のパンウルもさばさばした性格でシングルマザーのたくましさも上手く演じています。 男性役ウヒョクのカン・ウンタクはプライドの高いツンデレ男子で、ムカつく言葉もイケメンだからこそ許されるセリフです。 ここでは、韓国ドラマ『愛はぽろぽろ』のあらすじやネタバレ感想、キャスト相関図、見どころ、最終回結末、といった話題をご紹介しながら、作品の面白さに迫っていきますので、どうぞお楽しみに! 愛はぽろぽろ あらすじ 水産市場で働く元気で明るいパンウルには将来を約束した恋人がいました。 ある日、父親がひき逃げ事故で亡くなってしまいます。 恋人ドンジュンの子供を妊娠していたパンウルは結婚するのですが、ドンジュンまで事故で失ってしまいました。 婚家を追い出されたパンウルは一人で出産しシングルマザーとして頑張る毎日を過ごしています。 そして義父の迎えでドンジュンの家暮らすことになったパンウル。 姑とも仲良くなり、息子ビョルと幸せな日々を送っていました。 食品会社の御曹司ウヒョクと出会い、最初はぶつかり争ってばかりの2人ですが、お互いに惹かれあっていきます。 実はウヒョクの心臓は亡くなったパンウルの夫ドンジュンが移植したのでした。 そのせいかパンウルは時々ウヒョクがドンジュンとダブって見えます。 ウヒョクを愛しているチェリンはパンウルに意地悪をして2人の仲を裂こうとします。 チェリンはパンウルの父をひき逃げした犯人だったのです。 「 愛はぽろぽろ-各話あらすじ」はこちらから ご覧になりたい話数を押していただけると各話の詳しいあらすじが表示されます。 見どころポイント 『愛はぽろぽろ』の最大の見どころは、心臓を移植したウヒョクの性格の変化。 冷酷で家族以外は愛さないウヒョクが、心優しいドンジュンの心臓を移植され、どんどん性格が変わって行く姿です。 そして一つの心臓は、体は変わっても同じパンウルを愛することになるのです。 これは運命としか言えません。 韓国ドラマでおなじみのひき逃げ、そしてそれを隠蔽するために画策する女性たち。 わがままで自分の気に入ったものは手に入れなければ気がすまないチェリンと、そんな娘を守ろうとする母ヨンスク。 実はヨンスクはパンウルの実母だったのです。 元夫をひき逃げした義娘を守るヨンスクはその事実を知った時にどうなるのでしょう。 みんなに愛されるパンウル。 最初はおばさんパーマだったパンウルが次第に美しい女性へと変貌して行く様子にもご注目ください。 愛はぽろぽろ 評価レビュー 韓国ドラマ「愛はぽろぽろ」の評価レビュー&感想です。 ストーリーの良し悪し、出演者の演技力、物語の展開、脚本の面白さなどを総合的に評価しています。 しかしドロドロした暗い雰囲気ではなかったのは主役のパンウルの明るさでしょうか。 若手の俳優が揃っていたからかもしれません。 このドラマで一番良かったのは何と言ってもサンチョル。 あんな男性と結婚したら絶対に幸せになること間違いなしです。 途中ウヒョクと別れた時、もしかしたらパンウルはサンチョルと結ばれるのかもしれないと思った時もありました。 しかしそれでは心臓移植したウヒョクとドンジュンの縁を無視することになるのでありえないのでしょうね。 ウヒョクも優しいかもしれませんが、サンチョルの優しさは本当に素敵です。 相手に決して負担をかけないようにずっと見守っているこんな謙虚な男性がいるなんて驚きです。 サンチョルに素敵な女性を見つけてほしかったです。 絶対にチェリンと結ばれるのは許しません。 チェリンと言えば性格は最悪なのですが、スタイル抜群で見ていて羨ましかったです。 何を着ても似合っていて横から見ると完璧なSラインでした。 毎回変わるファッションも楽しんで見ていました。 どうしてチェリンはあそこまでウヒョクにこだわるのか不思議でした。 そしてあれだけ嫌われていても自分の男になると信じて疑わない性格はここまで来ると理解不能です。 韓国は育った環境や両親の有無で人を左右することがまだまだ大きいです。 一般人が金持ちと結婚できるのはとても大変なことのようです。 だからこそ、それを見事に果たして幸せになるドラマは見ていて楽しいのかもしれませんね。 愛はぽろぽろ キャスト登場人物 韓国ドラマ「愛はぽろぽろ」のキャスト&主な登場人物一覧です。 主人公(ヒロイン)から脇役まで、登場人物の詳細をリスト表示。 主演俳優・女優および共演者情報など、出演者プロフィールが一目でわかります。 ウン・パンウル(ワン・ジへ) 絶対味覚を持と調理人を目指す明るい女性。 恋人ドンジュンの子供を妊娠するが、ドンジュンは亡くなってしまった。 父も亡くなり6年後、シングルマザーになったが明るく前向きに生きている。 パク・ウヒョク(カン・ウンタク) BHグループの御曹司。 常に冷静で他人に厳しく、相手のミスを許さないタイプ。 しかしドンジュンの心臓を移植してから性格が変わっていく。 パンウルが気になるようになる。 ハン・チェリン(コン・ヒョンジュ) 裕福な家の一人娘でバンウルの父親をひき逃げした女性 サンチョルと付き合っていたがウヒョクに一目ぼれする。 自分中心のわがままな性格でパンウルに嫉妬して意地悪をする。 キム・サンチョル キム・ミンス チェリンの元恋人。 ウヒョクの秘書。 優しく穏やかな男性でドンジュンとは友人だった。 次第にパンウルに惹かれて行く。 ユン・ドンジュン(カン・ドンホ) バンウルの元恋人で弁護士を目指していたが事故で亡くなってしまう。 心臓をウヒョクに移植した。 ウン・ジャンホ(キム・ミョンス) パンウルの父。 パンウルが妊娠したことを知りドンジュンに会いに行く途中チェリンの車に跳ねられてしまう。 ユン・ゲヌン キム・ハギュン ドンジュンの父。 中学校の教師で優しい性格。 ドンジュンの子供を産んだパンウルを受け入れる。 イム・スンボク ソヌ・ウンスク ドンジュンの母。 ドンジュンを裕福な糧の娘と結婚させたかったので、最初からパンウルを毛嫌いする。 ハン・ヨンモク チェリンの父。 各国大学総合病院の院長。 チェリンの母が亡くなった後ヨンスクと再婚した。 ナ・ヨンスク チェリンの継母。 チェリンに母と認めてもらえなかったがひき逃げの後はチェリンに頼られるようになる。 オ・ヘウォン ウヒョクの母。 BHグループの会長。 ウヒョクを頼っている。 ソヌ・ワン(チョン・チャン) チェリンの伯父でヨンモクの弟。 歯科医を辞めミュージカル俳優となった。 愛はぽろぽろ 基本情報 放送局:SBS制作 韓国題:사랑은 방울방울 韓国放送開始日:2016年11月28日 話数:全120回 脚本:キム・ヨンイン 代表作「頑張れチャンミ」「家族の誕生」など 演出:キム・ジョンミン 代表作「朝鮮ガンマン」「王女の男など 最高視聴率:8. 3% 心臓移植によって性格が変わることはありえるのでしょうか。 出征の秘密、交通事故など暗い要素たっぷりの『愛はぽろぽろ』ですが、パンウルの前向きな性格がこのドラマを爽やかで明るく仕上げています。 涙あり!笑いありのラブストーリーです!•

次の