鬼滅の刃 柄 背景。 鬼滅の刃考察

鬼滅の刃の着物柄でCSS背景を作ってみた【続編】

鬼滅の刃 柄 背景

index• 【鬼滅の刃塗り絵・線画】公式の無料ダウンロード 公式から無料配布されている鬼滅の刃塗り絵は、描き下ろしミニキャライラストでかわいい塗り絵になっています。 無料ダウンロードして印刷利用できます。 煉獄杏寿郎・ 誕生日祝い塗り絵無料 煉獄さんの誕生日を記念して、「お祝い塗り絵」 イラストが配布されました。 キャンペーンには期限がありますが、塗り絵無料ダウンロードには期限は設けられていないようです。 キャンペーンには期限がありますが、塗り絵無料ダウンロードには期限は設けられていないようです。 (これでスマホ本体にダウンロードされます。 ) その画像を家庭用プリンタか、コンビニマルチコピーに転送して印刷を行います。 コンビニマルチコピーでの印刷方法は、コンビニによって異なります。 各コンビニの案内をご確認ください。 プリ画像の個人作成塗り絵 プリ画像で個人アップの塗り絵線画がアップされています。 個人作成塗り絵線画(キャラクター別) 個人でイラストを描かれている方の「鬼滅の刃」塗り絵用線画です。 塗り絵アプリ 鬼滅の公式ぬりえアプリは発表されていません。 鬼滅をうたったお絵描きアプリなどは著作権侵害の可能性があるのでジャンプ公式の漫画練習アプリを使ったり、他のアプリで塗り絵を楽しんでみてください。 Gペン、丸ペン、トーン素材、背景素材もすべて無料で使える! ストーリー、キャラ作り、セリフ講座など盛りだくさん!! みなさまありがとうございます。 ] の許可項目にてストレージの権限を許可してください。 関連:.

次の

鬼滅の刃をもっと楽しむための大正時代便覧

鬼滅の刃 柄 背景

「大正時代」の日本が舞台となっている。 両方の条件が成り立つ年を逆算すると、 作中は1話時点で大正元年~3年(西暦1912~1914年)辺り、2年後の選抜試験が西暦1914~1916年辺りと推測される。 竈門家襲撃直前に、炭治郎が「正月ぐらいは腹いっぱい食わせてやりたい」と発言している事から、第1話は旧正月前 の2月上旬ごろ。 大正元年は1912年7月30日始まりなので、第一話の時点での最短は1913年2月。 従って狭霧山の隊士選抜試験は1912年5月~1915年9月が範囲となる。 1話時点ですでに大正時代なのだとすると、竈門家襲撃は1913年2月と確定する。 隊士選抜最終試験では、「藤の花が咲く季節じゃないのに」と炭治郎が発言していることから、藤の花が本来咲く時期である4~5月を除外する。 すると選抜試験は1915年6月~1915年9月に行われたと断定できる。 上記の考察が正しいとすると、年号鬼が鱗滝に捕まったのは1868年。 しかし、54話にて警官に帯刀をしているため警戒されていた ことから政府のごく一部の人のみが知っている可能性が高い。 読み切り時の設定から大きく変化していなければ政府が裏で援助している可能性が高い。 というか鬼が各地に多数存在している=各地で大量に人が死んでいると考えられるので、 政府に全く情報が入っていないほうが不自然。 よって、竈門家の情報を予め知っていたわけではなく、偶然立ち寄った可能性が高い。 とはいえ、理由も無く山中の竈門家に偶然立ち寄ったという事も考えにくい為、 追っ手を巻く為に鬼を創った可能性も考えられる。 たまたま逃走ルートに竈門家があったのかも? あるいは本当に竈門家を狙って襲撃したが、家族構成までは把握していなかったので、外出中の炭治郎の存在を知らずに一族全員を根絶やしにできたと思い込んだ可能性もある。 また鬼舞辻無惨は、「太陽を克服した鬼を作り出し、取り込むため」と「青い彼岸花を捜索させる」の二つの目的 で増やしたくもない同類を増やしていることが判明した。 いずれの目的も人を喰らう鬼の存在が世間に露呈しては都合が悪く、また作り出した鬼がすぐに討伐されても意味がない。 そして悲鳴嶼の出身地のように「夜は鬼が入ってこないように対策する」事が当たり前になっているところでは鬼も活動しにくい。 このため鬼舞辻無惨は必然的に「鬼の存在が知られておらず、しかも殺人事件がすぐには露呈しないような人里離れた場所」に新しい鬼を配置することになる。 さらに「青い彼岸花」の捜索範囲を広げるというメリットもあるため、鬼舞辻無惨が「鬼の伝承のない辺鄙な場所の、人里離れた一軒家」を狙うのは自然なことと言える。 しかし、元々の目的地が竈門家もしくは鬼舞辻無惨を追っていたとは明言していない。 仮に目的が竈門家の警護だったと仮定すると、生き残りの炭治郎を保護するはずなので、おそらく違う。 また、鬼舞辻無惨を追っていたのなら、のんびり炭治郎が起きるのを待つのもおかしいので、これもおそらく違う。 よって、別の任務の帰り道だった、もしくは鱗滝さんに挨拶をしてきた帰り道等に「偶然」炭治郎と遭遇しただけの可能性がある。 つまり「あと半日早く来ていれば 略 」=「あと半日早く(ここを偶然通って)いれば 略 」なのかもしれない。 さらに言えば、本当に無惨を追っていたとしてもそもそも発見報告そのものが遅かった可能性もある。 (会う理由は伝えず) 以上、3点しか炭治郎に伝えていません。 実際に「鬼」から情報を得る為には鬼よりも強くなる必要があるので「鬼殺の剣士」になるべきという論理は正しいが、 炭治郎は1話時点では「鬼殺の剣士以外だと鬼を殺せない」ことを知らないので、「鬼殺の剣士になりたい」とは義勇に一言も伝えていない。 この時点では義勇は炭治郎の心情を知り得ないはずので、この手紙の一文は齟齬をきたしている。 (ド本命) 追記:あえて「善逸に鎹雀が割り当てられた理由」を推測してみると…… 「聴力に優れており、音によって感情を推察することが可能な善逸ならば、チュン太郎の言葉を理解できるはず」という期待の元、チュン太郎が割り当てられたのかもしれない。 あるいは歴代の雷柱、鳴柱、音柱にそれができた実績があったのかもしれない。 しかし本編の描写を見る限り、善逸は音によって相手の強さや状態を測る事は得意であるものの、感情の読み取りはあまり得意ではない描写がある しのぶさんの音を「規則性がなくてちょっとこわい」と表現しており、しのぶさんの内に秘めた怒りを見いだせなかった。 むしろ嗅覚に秀でた炭治郎のほうが動物との意思疎通に長けている描写がある。 結果論だが、鎹雀はむしろ炭治郎に割り当てられるべきであった。 再追記: しのぶさんが毒を使うようになったのは、姉の仇「童麿 上弦の弐 」を倒す事を目的としていたことが判明した。 敵討ちに際しては「自らの犠牲を顧みず、藤の毒に侵された状態で仇に喰われる」事を前提としていたため、未来あるカナヲを毒使いにするのは躊躇われたのかもしれない。 また、しのぶさんは非力を補うために毒使いになったという経緯があり、身体能力に長けているカナヲには少々ミスマッチな呼吸である。 むしろカナエ姉さんの呼吸法である花の呼吸を修めさせることにより、後を継いでほしかったのかもしれない。 調合作業は蝶屋敷のアオイ達に任せてもよい作業であるにも関わらず、そういった描写が無いことから、調合作業には藤の花の毒に侵される健康リスクがある可能性がある。 また、自身の体を藤の花の毒で満たす事を目的とする彼女にとって都合がよかったのかもしれない。 当道座に属していたと思われる半天狗は、時代の断定が難しい。 奉行の髷の形が時代劇でお馴染みの大銀杏であることから、江戸時代後期と思われるが、時代を断定する根拠に乏しいからである。 補足:当道座について 世界に類を見ない盲人の互助組織である当道座は、江戸時代以前から存在する。 なお江戸時代以降は当道座の官位は金で買えるようになったため、江戸時代は金に汚い盲人が増えた時期とも言える。 当道座には自治権があったものの、殺人等の重罪については幕府側に裁断権があったため、半天狗の裁判描写は史実どおりのリアルである。 殺された盲人が「奉行所に行く」と言っていたのはおかしいが、それほど教養高かったわけではない盲人が当道座の司法権に無知であることは不思議なことではない。 玉壷 お館様の病状の変化は、柱が入隊した時の回想および本編中の描写によってある程度分かる。 悲鳴嶼:顔はキレイなまま• 宇髄:左目周辺のみに病巣あり• 不死川:額全体に病巣あるも右目に到達していない 目は左目のみ白濁• 時期によって病巣が移動しているように見える。 あるいはただの作画ミスか• 時透:病巣が完全に両目を覆い、右目下の病巣は頬に到達• 累撃破時:病巣が完全に両目を覆い、目は白濁し失明• 魘夢撃破時:病巣が左頬および首の左側に到達• 堕姫撃破時:病巣が頬を覆い、吐血• 柱稽古時:病巣が首に到達し、寝たきり 本作には時代に合わせた科学技術および知識が登場する。 しかし感染症等のリスクが高く、パスツールによる細菌学が確立するまでは普及していなかった。 日本には明治初期に伝来した。 日本で輸血が始まったのは1919年であり、珠代様の医学知識は当時の日本人の科学水準を超えていることになる• 補足:但し、提供者の血液型を調べる必要がなく、輸血行為そのものも行わないため、それほど高度な医療技術と言うわけでもない。 補足:当時の日本は体温計の輸入をドイツに頼っていた。 しかし第一次世界大戦が起こったことで供給が長く途絶えたため、この時期の体温計は貴重品であった。 補足1:卵と砂糖がふんだんに使われているため原価も高く、生菓子であるため消費期限が10日程度であるため庶民が気軽に食べられるものではない• 補足2:結核などの消耗性疾患に対する一種の栄養剤という側面があった• 明治末期から大正にかけては電球の普及期であり、都市では電気化が進められていた。 アニメでは街に電線が普及している描写あり• また「営養」の文字も同じくよく使われた。 これが「栄養」に統一されるのは大正後期から戦後にかけてである。 また「栄養価」の概念はビタミンBの発見後となるため、この時点では使われていない可能性が高い。 心臓機能が停止した際の手法としては感覚的に分かり易いため、村田が本能的に心臓マッサージを試みたのは医療史とはそれほど矛盾しない。 ここではそれに加えて、関係のありそうな多作品を羅列する。 補足:「特に護廷十三隊の話題が打ち合わせ中によく出て来ていた」と高野編集証言有り• オマケ漫画という点でも設定が酷似している• 補足:志々雄が持つこの刀は伊之助と同じく意図的に刀を刃こぼれさせており、火産霊神(カグヅチ)という技名は、鬼滅の刃のタイトル案の一つでもある。 大型甲鉄艦の艦名が「煉獄」なのも関係あるかもしれない。 不死川と同様に胸元を大きく開いており、作中ではスケベマタギと呼ばれている• 悲鳴嶋は盲目を反響定位 エコーロケーション。 ただしカナヲが驚いていた通り、現実には関節外しは我慢できないレベルの痛みが伴う 追記: 公式ファンブックにて隊士の身長・体重が確定。 大正時代前半の平均身長は、男子162センチ・女子151センチである。 まだ背が伸びる余地のある同期組ですら全員が成人平均身長に達している。 作中で小柄とされたしのぶさんですら平均身長に達している。 特に柱に至っては、当時としては相当なフィジカルエリートである。 竈門炭治郎 165センチ 61キロ 竈門禰豆子 153センチ 45キロ 我妻善逸 164. 5センチ 58キロ 嘴平伊之助 164センチ 63キロ 不死川玄弥 180センチ 76キロ 栗花落カナヲ 156センチ 46キロ 冨岡義勇 176センチ 69キロ 煉獄杏寿郎 177センチ 72キロ 宇髄天元 198センチ 95キロ 時透無一郎 160センチ 56キロ 胡蝶しのぶ 151センチ 37キロ 甘露寺蜜璃 167センチ 56キロ 伊黒小芭内 162センチ 53キロ 不死川実弥 179センチ 75キロ 悲鳴嶼行冥 220センチ 130キロ 「姉エミュ エミュレート。 emulate。 すなわち本物を真似てその動作をトレースし、真似ること。 」 以下、作中の描写• カナエ姉さん存命中のしのぶさんは怒りやすく、やや攻撃的な言動。 カナエ姉さん死亡後のしのぶさんは柔和な表情と態度。 甘露寺「しのぶちゃん怒っているみたい。 珍しいわね。 カッコイイわ」発言から普段から柔和な表情と態度であると推測。 表面上は「鬼も人もみんな仲良くすればいいのに」という発言。 表面上は「鬼を拷問することで罪は赦される」という言動。 「姉の想いを継ぐ」「姉が好きだと言ってくれた笑顔を絶やすことなく」という二つのしのぶさんの発言。 本音では「鬼を許せない」という相反する想い。 口調はカナエ姉さんと酷似しているが髪型は似せていない。 大正時代の食事事情• 1巻で炭治郎は三郎爺さんの家で食事をご馳走になっている。 シイタケ・人参・大根の煮物とみそ汁と沢庵、そして白米と茶。 傘貼りをしており、かつ独り身であることから、多少の現金収入があると思われる• アニメ版で藤襲山に最終選別試験に向かう炭治郎に鱗滝が焼き魚と鍋を用意してくれた。 中身はシメジ・シイタケ・ネギ・青菜・豆腐 あるいは鶏肉? であり、白米こそなかったが、炭治郎が「あんなごちそうは久しぶりでした」と言っていることから、ハレの日の特別な食事であった。 浅草で屋台について:関東大震災によって東京の外食需要が壊滅したことで屋台が地方に散るまで、屋台は東京固有の文化であった。。 山かけうどん アニメでは1杯目を落としてしまったため2杯目と3杯目を注文した を炭治郎が食べた。 メニューは「たぬき」「きつね」「山かけ」「天ぷら」「しっぽく 玉子焼き、かまぼこ、しいたけ、くわいの類をのせたもの 」「あんぺい しっぽくに葛醤油をかけたもの 」。 メニューの最後はアニメでは炭治郎で隠れて確認できないが、おそらく「けいらん 卵とじ 」と思われる。 アニメ版の鼓屋敷の任務直前のオリジナルエピソードに、炭治郎は善逸に海苔を巻いた握り飯を渡しており、善逸はもらった握り飯を半分にして炭治郎に返している。 鼓屋敷の任務後に訪れた藤の家紋の家では炭治郎・善逸・伊之助の3人分の食事が用意された。 描写上は煮物と白米が確認できる。 ここで屋敷の婆さんは三人に天ぷらを振舞ったようである。 特に天ぷら初体験は伊之助にとって強烈だったらしく、「反復動作」の条件に用いるほどである。 蝶屋敷での機能回復訓練で、かんたん三姉妹がそれぞれ「キャラメル」「あんぱん」「からからせんべい 江戸時代に山形県で生まれたせんべい生地で民芸玩具を包んで焼いたもの。 昭和に普及したオマケつきの菓子の原型 」を炭治郎に手渡していた。 蝶屋敷では炭治郎はおにぎりを食べながらかんたん三姉妹と会話をしていた。 無限列車では、煉獄が「うまい!」を連呼しながら牛鍋駅弁 箱入り駅弁は明治末期には普及していたが贅沢品 を11個平らげていた。 無限列車での炭治郎の夢の中で、茂 三男 と花子 次女 が籠にさつまいもと思われるものを抱えていた。 また食事は各人の膳に椀が2つと小皿 茂が炭治郎のたくわんを奪おうとしていたことから、おそらくたくわんと思われる が1つ。 禰豆子は山菜 ふきのとう? を収穫し、竹雄 次男 がすり鉢で何かをすっていた。 雪深い頃であり、ふきのとうが採れる時期なので、味噌づくりのために茹でた大豆をすりつぶしていたのかもしれない この描写から竈門家は炭焼きの現金収入のほか、少しの畑と山菜である程度自給自足していたものと思われる。 煉獄屋敷では千寿郎が炭治郎に茶と菓子を振舞った。 吉原遊郭のときと屋では、鯉夏が炭治郎にお菓子 おそらく飴玉 をあげていた。 荻本屋では、まきをの部屋にうどんが置かれていた。 蝶屋敷では意識不明の炭治郎に、"隠し"の後藤が見舞いにカステラを持ってきていた。 かんたん三姉妹からは再びあんぱんが見舞われた。 その後、かんたん三姉妹はそろってかぶき揚げをボリボリ食べていた。 刀鍛冶の里では、炭治郎はマツタケご飯、みそ汁、たくわん、焼き魚、あと何かのおかずを食べていた。 炭治郎は握り飯を玄弥に持っていこうとしていた。 そして甘露寺は丼だけで24杯、大皿だけで9枚、ついでに大型のヤカン ヤカンの形が少々現代的だが、少なくとも明治時代の軍隊では近い形で使われている。 炭治郎は飲まず食わずの訓練直後、小鉄少年におにぎりと梅干しと玉露を要求していた。 訓練後、玄弥と話すときにはせんべいとお茶を持って行った。 半天狗との戦いにおいて、炭治郎の遺伝記憶が描写された。 この時、炭吉の妻すやこ 当時、女子の名前に「子」を使うのは皇室や公家などの貴人に限られていた。 明治時代になり、庶民の間で「~子」が流行する。 が籠に入れたサトイモとサツマイモを持っていた。 ただし、サツマイモの伝来は江戸時代以降であり、しかも南方の温暖な気候を好むため、寒冷地方にあると思われる竈門家では栽培が難しい• 甘露寺の回想では、幼少時に最低でも丼15杯の何かを屋台で平らげていた。 空の丼が隣の相撲取り のものでなければさらに9杯、合計で24杯を平らげている。 相撲取りの3倍食べるということは、彼らは5~8杯ほど食べている計算になる。 甘露寺と伊黒が、おそらく蕎麦屋と思われる店で食事をしているシーンでは、蕎麦8枚、天丼11杯、その他煮物・みそ汁・箸休めの小皿などがあった。 小食な伊黒の前には茶のみであった。 再び蝶屋敷で入院中の炭治郎は握り飯を二つ食べていたが、後藤から「そんなに食べて大丈夫か」と心配されていることから、これ以上にもっと食べていたのかもしれない。 同じく蝶屋敷で入院中の玄弥は、アオイとかんたん三姉妹の介護を受けながら白米・煮物・玉子焼きを食べていた。 柱稽古開始時に宇髄の嫁3人が握り飯を作っていた。 冨岡義勇の回想で、膳をひっくり返すシーンがある。 白米・茶・みそ汁・稲荷寿司状の何か。 冨岡義勇と和解 する目的で炭治郎はざるそば早食い対決をけしかけた。 悲鳴嶼の柱稽古では、炭治郎が焼き魚と炊飯を担当していたようである。 悲鳴嶼の回想では、白米・みそ汁・たくわん 程度の貧相な食事で子供たちを養っていたようである。 不死川実弥はおはぎ大好き。 善逸の回想では、じいちゃんと獪岳に飯をよそっていたシーンがあった。 3人の膳には白米のほかに漬物と焼いた鮭の切り身があった。 伊黒の回想では、座敷牢に豪勢な食膳が最低でも12膳並べられた。 内容は揚げ物と白米が多く、「成長して喰える量が増えるまで生かされていた」という目的と合致する。 もちろん 公式とは矛盾するのであくまで妄想でしかない事に留意されたし。 なお、大正時代の旧自治体名ではピンとこない地名も多いため、現代の自治体に合わせている。 竈門家:秋田県北秋田市。 雪深い山地に囲まれ、マタギの里として有名な阿仁を有する。 色白な美人が多い事でも有名。 ただし、佐賀県の民謡を子供に謡う母・葵枝は佐賀県から嫁いできた可能性あり。 蕎麦文化の東京で、わざわざ炭治郎がうどんを注文するのは稲庭うどん が懐かしかったのかもしれない。 我妻善逸:群馬県前橋市。 群馬県は養蚕が盛んであったため、生産物の輸送のために早くから鉄道が敷かれた。 善逸はかまぼこ隊では唯一、汽車についての知識があり、花街を理解していたことから、都会化された地方都市の出身と推測される。 さらに北関東は雷銀座と呼ばれるほど雷が多いことで有名な地域であることもポイント。 但し、統計上で一番というわけではなく、雷は日本海側北陸のほうが多いらしい• 嘴平伊之助:奈良県天理市。 教祖を神とする極楽教のモデルが天理教 とするならば、伊之助の母が保護されうるのは天理市とその周辺の自治体か。 奈良県には山も多いため、もちろん猪も出現する。 不死川家:石川県金沢市。 不死川実弥の独特な口調である「ねェ」や「がァ」などの語尾を伸ばす方言として有名なのは金沢弁である• 宇髄天元:三重県伊賀市。 忍者の里として有名なのは伊賀と甲賀である。 このうち幼少時から厳しい訓練を行う事が有名なのは伊賀忍者である。 時透無一郎:和歌山県熊野市。 紀伊の材木産業は江戸時代から続いている。 一族が代々杣人をしているという描写から判断。 胡蝶家:富山県富山市。 薬学に強い地域といえば、富山の薬売りである。 生家は売薬で財を成した裕福な家なのかもしれない。 富山県は大正時代にチューリップの生産を産業化したため、花の呼吸とも相性がいいかも。 冨岡義勇:新潟県村上市。 江戸時代から鮭の増殖に成功したことから鮭が名産である。 本編中で一度、外伝中で一度、任務を共にしていることから、胡蝶しのぶと出身地・担当地区が近い可能性が高い。 甘露寺蜜璃:京都府京都市。 いかにも公家風の苗字に、新政府軍を称える「トコトンヤレ節」を好んで歌うことから、京都出身と考察。 「トコトンヤレ節」は民間でも好まれた軍歌であるが、賊軍地域出身であれば好んでは歌わないだろう。 伊黒小芭内:山口県岩国市。 アルビノが固定化された「岩国のシロヘビ」が天然記念物として有名。 悲鳴嶼行冥:鳥取県伯耆町。 鬼の伝説を持つ自治体は数あるが、人食い鬼として最古の歴史を持つのは伯耆町の鬼住山である。 煉獄杏寿郎:鬼殺隊本部の近く。 煉獄杏寿郎の夢の中で伊之助が「おいどん」という一人称を使っており、さつまいもを好み、また煉獄父が本格麦焼酎を好んで呑んでいたことから九州南部か?しかし鬼殺隊の本部が九州地方南部にあるというのもいまいちピンとこない。 産屋敷邸では娘二人が関東地方で歌われる数え歌 上総山や吉原が出てくる歌詞 で毬遊びをしたいた。 栗花落カナヲ:東北の農家。 すさまじい虐待を受けていたカナヲの生家を判断するヒントはなかった。 しかし凶作時に娘の身売りが問題になるのは東北地方の農家である。 足元は裁っ着け袴 袴のすそを絞ることで歩きやすくしたもの。 忍者の足元のイメージ を基本としているが、その固定方法には個性があり、炭治郎や冨岡は足の裏側に恐竜のヒレのような形で布を余らせている。 もしかすると脛当てが固定されているのかもしれない。 不死川実弥はこれを複数のベルトで固定している。 しのぶさんや煉獄は布ではなく脛当てを当てているように見える。 悲鳴嶋は足袋を履かずに草履のみ、また足元は布を巻いて絞っている。 その他、甘露寺だけは草履ではなく草鞋 わらじ を採用している。 これは伊黒からもらった縞々の靴下との兼ね合いもあるのかもしれないが、飛んで跳ねて戦う甘露寺のスタイルでは、足首をきちんと固定できて軽量な草鞋のほうが向いているのかもしれない。 そしてカナヲはスカートにブーツという非常に先進的な出で立ちである。 雷の呼吸の育手である「じいちゃん」こと桑島慈悟郎は、作中で元柱であることが記されており、 各所の考察では「雷柱」であると表現されることが多かったが、ファンブックにおいて「鳴柱 なりばしら 」であることが判明した。 あえて「雷柱」ではなかった理由としては、下記が考えられる。 かみなりばしら、の文字数が多すぎるため。 霞柱 かすみばしら の3文字が最大?• らいばしら、では一聴して何のことだか分かり難いため 但し、炎柱 えんばしら の例もある• いかずちばしら いかづちばしら とも読めてしまうため混乱を避けた。 じいちゃんは雷の呼吸の中でも、音の呼吸寄りであったため、鳴の字を好んだ。 雷の呼吸の始祖が偉大すぎるため、「雷柱」は欠番となった。 実際に、本編中で雷柱の語は登場しない• 桑島慈悟郎の在位期間中、先任の雷柱が居た。 メタ的観点から「電柱」みたいで作者がダサイと感じた可能性。 本作は連載がそれなりに長期になったため、多少なりとも序盤の設定の粗が発生している。 また本作は大正時代と戦国時代と江戸時代を描く都合上、時代考証がやっかいな作品でもあるため、時代考証にそぐわない事もある。 もちろん、多少の粗が出てくるのはどの作品でも起こり得る話ではあり、フォローできる箇所は上記までの考察で補っているのだが、考察でフォロー出来ないレベルのものをここに列挙していく。 隊士選抜最終試験はブラック過ぎ。 隊士候補生に再試験の道があってもよいのでは? あと手鬼はエンカウント即死レベルで難易度が高すぎる。 育手はもちろん多数いるのだろうが、合格率を考えると村一つ消滅する程度に犠牲が出ているはずである。 柱稽古では最低でも数十人の隊士が確認できる。 注意:「藤の花が狂い咲く麓まで逃げれば生き残れるが不合格」、等のリタイアに関する説明は本編中にはなく、試験の目的も明らかにされておらず、隊士候補生には「この中で七日間生き抜く」以外の合格条件も語られていない。 炭治郎が浅草で骨折していたにも関わらず、次の任務を与えるのは非人道的。 新人隊士の実力が足りないなら足りないで、OJTとして先輩隊士について修行する等の配慮があってもいいはず。 元・十二鬼月を含む3鬼に対して新人癸隊士3名というのはあまりにも可哀想なのでは?• 桜餅を食べて甘露寺の髪色が変わるのはともかくとしても、それでもピンクと緑の比率がおかしい。 人間の髪は部位によって伸びる速さに差はないはずなので、彼女のように「腰まである長い後ろ髪も、10cm程度の短い前髪ももみあげも、いずれも先端から2割程度の長さの色が異なる 同様の事は鬼化によって毛先だけ赤く変わったと思われる禰豆子や、服毒を続けたことによって毛先だけが紫になっているしのぶさん、さらに言えば覚醒後に毛先が赤髪になった炭治郎も似たような状況なのだが。 」というのはありえない。 またザリガニの体色のように食物によって髪色が変わるのだとすると、緑髪が生えていた期間には彼女は桜餅ではなく桜の葉を食べまくっていた事になってしまう。 どちらかというと生物学的な説明よりも桜餅の呪い、というほうが納得できそうな設定である。 時代考証が少々雑。 戦国時代にさつまいもがある• 炭吉の妻すやこが公家風の名前。 ~子は平安以降、貴人の娘に付ける名前である。 当時のルールでいえば「すや」のほうがしっくりくる。 ただし、家が畳敷きでそこそこ広い家であることから、彼女が公家出身である伏線である可能性もゼロではない• 炭吉が痣のある鬼狩りに急須でお茶を提供。 補足:日本独自の横手急須は18世紀に上方で発明された。 補足:江戸時代前期までは贅沢品扱いであり、気軽に庶民が飲めるものではない。 炭治郎が炭吉の記憶をたどる走馬灯において、縁壱夫婦の家の床が部分的な板敷であることが確認できる。 12巻の回想に出てくる炭吉の家よりも貧しい暮らしをしていたことが分かる。 江戸時代の町人の髷が例外なく後期の型• 補足:時代劇でおなじみの銀杏髷は、本来江戸時代後期のスタイルであり、江戸時代初期と思われる狛治の回想に出てくるのはおかしい• ただし大正時代の時代描写については比較的まとも。 特にアニメ版はうどんのメニューや電信柱など、時代設定描写がより良くなっている 作中、不死川実弥は非常に口汚いヤンキー口調で話している事が多い。 他の柱の前、あるいは柱稽古での訓練中においてもそれは変わる事はなかった。 しかしお館様との会話 炭治郎曰く、「知性も理性も全く無さそうだったのに、すごいきちんと喋り出したぞ」と評されている 、あるいは悲鳴嶋に助太刀された際 「はい、すいません」としおらしい返事をしている を見る限り、本質的には素直で真面目な人格なのではないかという分析がある。 幼少時代の人格を見るに、このヤンキー口調は鬼殺隊に入隊後に身に着けたものではないかと推測できる。 ではなぜヤンキー口調が必要だったのか? それは人間の感覚で「泥酔しているときに口汚い言葉で挑発される」という状況を作りやすいからではないだろうか? まず彼の稀血体質 その血は鬼を酩酊させることができる は、鬼を挑発するのに都合がよく、また鬼にとっては十全の力を発揮できなくなる。 この判断力を失った状態で、あのような挑発を受ければ腹も立つだろうし、頭に血が上るだろう。 この状態異常を作り出すために、ヤンキー口調を始めたのではないだろうか? 十二鬼月の討伐結果 上弦の壱:黒死牟(こくしぼう) 討伐者:悲鳴嶋・不死川実弥 討伐補助:不死川玄弥・時透無一郎 両名とも殉職。 黒死牟の全方位攻撃を封じ、文字通り命を懸けて討伐の隙を作った。 上弦の弐:童磨(どうま) 討伐者:伊之助・カナヲ しのぶ毒による強力なデバフが掛かっていたため、実質的には討伐補助である 討伐補助:しのぶさん 柱三人に匹敵すると言われる上弦を、実質的にたった一人の犠牲で討伐した。 無限城編において、現状での勲一等の功績である 上弦の参:猗窩座(あかざ) 討伐者:炭治郎 2対1であるものの、堂々たる討伐と言って良い 討伐補助:冨岡 上弦の肆:半天狗(はんてんぐ) 討伐者:炭治郎 討伐補助:甘露寺 敵戦力を分散させ、遅滞戦を見事に勝ち抜いた 、玄弥 力及ばなかったものの、上弦をかなり追い詰めた 、禰豆子 最も被害が重く、また決死の覚悟を見せた 新・上弦の肆:鳴女(なきめ) 討伐者:鬼舞辻無惨 討伐補助:愈史郎 実質的な無力化および傀儡化 、甘露寺、伊黒 上弦の伍:玉壺:(ぎょっこ) 討伐者:時透 作中で初となる、上弦の鬼を単独撃破を達成した 討伐補助:なし 上弦の陸:妓夫太郎(ぎゅうたろう)&堕姫(だき) 討伐者:炭治郎・伊之助・善逸 同時撃破が必須であるため、息を合わせて三人で撃破した 討伐補助:宇髄 実質的に負けに等しいものの、戦力を削る事に貢献した 新・上弦の陸:獪岳(かいがく) 討伐者:善逸 作中、二人目となる上弦の単独撃破。 ただし獪岳が鬼として経験不足であったため、他の上弦に比べれば戦績は劣る 討伐補助:なし 下弦の壱:魘夢(えんむ) 討伐者:炭治郎・伊之助 実質的には実力による勝利というよりも、二人の幻惑耐性が高かったことが勝因 討伐補助:煉獄 無間列車を縦横無尽に駆け回り、一人の犠牲も出さなかった 、禰豆子 炭治郎の覚醒のきっかけとなった 、善逸 目立った活躍こそないものの、一般人の安全を見事に守った 下弦の弐:轆轤(ろくろ) 討伐者:鬼舞辻無惨 討伐補助: 下弦の参:病葉(わくらば) 討伐者:鬼舞辻無惨 討伐補助: 下弦の肆:零余子(むかご) 討伐者:鬼舞辻無惨 討伐補助: 下弦の伍:累(るい) 討伐者:冨岡 実質的な単独撃破である 討伐補助:炭治郎・善逸・伊之助・しのぶさん いずれも結果的には塁撃破の露払い 下弦の陸:釜鵺(かまぬえ) 討伐者:鬼舞辻無惨 討伐補助: 上記において共通するのは、鱗滝左近次と桑島慈悟郎という、いずれも60歳を超えているであろう二人の発言・行為であるという点である。 本編中、鬼殺隊サイドで江戸時代 の空気を知っている二人が切腹について言及していることになる。 しかし鬼殺隊の現役隊士から切腹について言及されることはなかった。 それどころか不死川実弥からは「切腹するから何だというのだ。 死にたいなら勝手に死に腐れよ」とその価値を認めない発言をお館様にする始末であり、煉獄もその発言に同意している。 煉獄は代々続く鬼狩りの一族の出身であるが、その彼ですら切腹の価値を高く見ていない。 これはこの時代における世代間のジェネレーションギャップである。 人命を尊び、また人命を守るために自らの命を投げうつ現役隊士たちにとって、「死んで責任を取る」というのは受け入れられない価値観の可能性がある。 アニメ23話の大正コソコソ噂話において、産屋敷輝哉は97代当主であることが判明した。 産屋敷家の97代前はいつだったのかを妄想してみる。 まず、前述の通り、柱合会議時点での西暦は1916年ごろと推測される。 また、平安時代において、鬼舞辻無惨は20歳になる以前 794年に平安時代が開始のため、このシーンは最早で794年。 最遅の場合は1192年である。 に、善良な医者を病が治らない癇癪から殺害している。 このことから鬼舞辻無惨の生年は774年~1172年の間のいずれかになる。 鬼殺隊はこの時期の前後に成立したことになる。 お館様の「この千年」という発言を厳密に信用するのであれば、鬼殺隊の結成は916年の前後が正しくなる。 そしてその場合、産屋敷家の歴代当主の平均在位期間は7年から11年といった計算になる。 これは歴代の当主は30歳足らずで亡くなるという設定と合致する。 その刀は自らの肉から作られている黒死牟の刀であるが、七支刀のように刃を増やすことができることが判明した。 しかしその刀の刃の向きは、いわゆる逆刃刀のように本身とは逆についている。 この刀の向きでは、黒死牟はこの刀を刺突にしか使う事ができない。 通常通りの刀の振り方をする場合、敵に当たるのは刃のない側になってしまうからである。 またその刀身は明らかに4尺を超えており、大太刀または野太刀に分類される長刀 「なぎなた」ではなく「ちょうとう」 である。 この形状であればおそらく本来の使い方は、刺又 サスマタ の要領で複数の敵を制圧・刺突する事と思われる。 連携攻撃を仕掛ける鬼殺隊の両方に遠距離から刺突を加えるために作り上げられた武器の可能性がある。 但し、同時に剣技の範囲が延長されているので、剣技範囲延長の効果がメインかもしれない。 上記の例もある事から極端に珍しいケースと言うわけではない。 それでもあえて不自然でないケースを妄想してみる。 ケース1:縁壱のみが正妻の子であり、厳勝が妾の子 ただし後に本編中でこれは否定された。 双子である以上母親は同じである• ケース2:縁壱のみが幼名または輩行仮名 通称 のままであり、厳勝のみが元服後に与えられた名前• 回想において、二人の名前が呼ばれる描写がなく、また縁壱は数え年10歳にならずして死亡したと思われていたため、幼名のみを名乗り続けていた可能性はある。 継国が互いに呼び合うシーンがない事から、幼名とも元服後の名前とも区別はつかない。 もし厳勝の幼名にも「壱」の字が与えられていたのであれば、上記の疑問は氷塊する。 そしてこれが継国家の伝統として末裔である時透家に伝わっていたとすると、双子兄弟の両方に「一」の字が含まれている事とも整合性がつく。 ケース3:次男を長男の身代わりの魔除けとする目的で命名の順番を狂わせた。 ただしこの場合、厳勝にも2番目以降の名前、例えば「縁次」などの名前を付ける必要がある。 ケース4:作者が縁壱=長男と思わせる叙述トリックに使いたかっただけ 彼について判明していることは下記の通り。 縁壱絶命 400年ぶりとの発言あり• 縁壱も同日誕生。 痣者である厳勝は鬼化時点で25歳未満。 戦国時代当時は数え年なので満年齢では24歳未満 作中では「鬼舞辻無残が死ぬとその他の鬼が死ぬ」と産屋敷によって明らかになっている。 これが「鬼の始祖が死ぬと、その眷属の鬼も同時に死ぬ」という意味であるならば、珠世様が死んだ場合に愈史郎も死なないとおかしいのではないか?という疑問が出てくる。 ここではなぜ愈史郎が珠世様と同時に死ぬことがなかったのかについて妄想してみる。 説1:愈史郎が死ぬことは確定しているが、それは悲鳴嶋のように即座にではなくある程度時間が経ってから?• 説2:愈史郎は珠世様の血によってではなく、別の手段 例えば「青い彼岸花」 によって鬼化させられたから?• 説4:愈史郎は珠世様の血によって鬼化したが、珠世様の支配を外した、またはそもそも支配を受けないよう設計されたから?• 説5:珠世様はそもそもまだ死んでいない?• 説6:そもそも消滅するのは鬼舞辻の口外の呪い等を掛けられている鬼限定? 最新の20件を表示しています。 さらに言えば主人公の嗅覚能力とかぶってしまうので作中に出してないだけの可能性もあります。 考察文が主観的すぎるのも問題ですが、今回は考察テーマの提案そのものが不要と判断します。 管理人 -- 2019-12-04 20:47:57• 編集者に対しての度を過ぎた罵倒コメント1件を削除処理しました。 管理人 -- 2019-12-04 21:01:56• 伊黒の出身地妄想あまりにも適当すぎて笑った。 蛇なんかどこにでもいるのにハブが有名だから沖縄とかもう笑うしかない。 このまま突っ走って変な記事書き続けてくれ -- 2019-12-05 15:06:29• 精査によりページ構成を整理しました。 管理人 -- 2019-12-05 22:51:26• 【既存の考察者】伊黒の出身地妄想を岩国市に変更しました。 執筆当時は鏑丸がシロヘビであるという事に気づかなかった事と、公式の設定で八丈島出身であることに引きずられていたため、同じ島国である沖縄が浮かんだようです。 -- 2019-12-06 21:50:33• 前回の精査抜け一部修正しました。 管理人 -- 2019-12-15 05:43:09• 伊黒家は蛇鬼が出稼ぎ に出ていた可能性もあるのではないでしょうか -- 2019-12-26 22:21:35• 【既存の考察者】あの巨体でそれはありえないです。 -- 2019-12-26 22:44:15• そこは便利な血鬼術というものが。 島じゃなくても50人裕福に暮らすには近辺の人やたまたま寄った人を襲うだけでは追いつかないかなーと。 移動系の血鬼術であれば金品持ち帰るのも楽そうですしね。 まあ可能性レベルの話です。 -- 2019-12-27 17:02:27• 【既存の考察者】何度も申し上げますが、作中で根拠のない予想は「妄想」です。 「日本の男子命名規約とか言うわけわかんない上に時代考証出来てないの」がナシらしいので…… -- 2019-12-27 23:10:54• 記事の編集ではなくコメント欄なんだから自由でいいのでは…… -- 2019-12-28 01:07:32• 新規の人はなんで名乗らないの? -- 2020-01-01 14:29:03• 伊豆諸島には鬼が島伝説があるのでそのせいでは?源為朝が伊豆諸島に流刑になったあと鬼ヶ島に行く話で『保元物語』に載ってます。 -- 2020-01-24 23:07:25• なお為朝が行った鬼ヶ島は大男(鬼の子孫)ばかりの青ヶ島で、女護島の隣です。 また為朝には佐賀で角が7本ある大蛇を退治したという話もあったりと、蛇と鬼絡みの伝説を持ちます。 この人を軸にいくつかの伝説を連想ゲーム的に組み合わせたように思います。 -- 2020-01-26 19:02:11• 鬼の毒の致死量についてですが、間違っていたのは考察者ではなくワニ先生なので -- 2020-02-06 19:31:30• そもそもワニ先生のうっかりが多すぎて考察する意味がない説 -- 2020-02-06 20:02:46• 玉壺は無一郎の単独撃破ではなく小鉄と無一郎の共闘では? -- 2020-03-20 14:50:17• 吉宗以降流人が増えて犯罪も増えたという記録があります。 元々犯罪が起こりがちだったなら蛇鬼が隠す必要がないのでは -- 2020-04-05 02:43:43• 黒死牟は、不死川、悲鳴島じゃなく無一郎じゃない? -- 2020-04-18 14:16:42 コメント:.

次の

鬼滅の刃

鬼滅の刃 柄 背景

『鬼滅の刃』は吾峠呼世晴週刊少年ジャンプで連載中の『人間vs鬼』のバトル漫画! 時は大正時代。 炭を売る心優しき少年・炭治郎の日常は、家族を鬼に皆殺しにされたことで一変する。 唯一生き残ったものの、鬼に変貌した妹・禰豆子を元に戻すため、また家族を殺した鬼を討つため、炭治郎と禰豆子は旅立つ! !血風剣戟冒険譚、開幕!! 鬼滅の刃 一巻裏表紙より引用 家族の仇を討つため、鬼に変わってしまった妹を元に戻すために主人公・竈門炭治郎が剣の道を歩んでいくという王道ストーリー! 主人公が修行を重ね、鬼を倒していくというシンプルなストーリーはいかにもジャンプらしい漫画! 読んでいて心が熱くなる漫画!何度も読み返してます! 独特の世界観を持つバトルシーンがいい! 鬼滅の刃は他の漫画とは雰囲気が異なり、全体的に哀愁の漂うお話になっています。 ストーリー中には鬼に家族を奪われてしまった人達ばかりが登場するためか、全体的に暗い雰囲気が漂っているんです。 しかし、その暗い雰囲気の中で主人公たちのひたむきで前向きな姿勢と、努力を積み重ねて己を鍛えていく姿を見ていると胸が熱くなります! そんな哀愁の漂うストーリー中でも バトルシーンは少年漫画らしい熱い展開になっていて、剣士の身体能力を向上させる『呼吸』によって放たれる『剣技』の描写は素晴らしく、独特の世界観を創り出しています! スピード感と迫力のある流れはかなりテンポよく読むことができるので、時間のない人でも楽しめる作品だと思います! 鍛錬の積み重ねで強くなっていく主人公を応援したくなる漫画でもある ジャンプの漫画といえばドラゴンボールの悟空のように修行を重ねて強くなっていくものが多いですよね。 鬼滅の刃の主人公である炭治郎も修行・鍛錬を重ねて強くなっていくものの、修行期間が長い!主人公は序盤で2年もの修行を行っています。 漫画の第1巻はほぼ修行の話だけ!修行が地道すぎ!だがそこがいい! 主人公はストーリーが進む中で繰り返し訓練を行なっていくのですが、壁にぶつかり、心が折れそうになりながらも前向きな姿勢を見せるひたむきな主人公には心が惹かれます。 主人公の人柄の良さと、とても人間らしい描写があるせいか、ついつい応援したくなるような気持ちになるのです。 悟空のような能天気なテンションにはあまり共感できないところがありますが、鬼滅の刃の主人公の炭治郎は心が折れそうになりながらも頑張るので、共感できる部分も多くて感情移入しやすいのかもしれません。 鬼=絶対的な悪ではない。 悪とは何かを考えさせられるところも 鬼滅の刃に出てくる「鬼」は基本的に人に害を与えるので悪ではあるのですが、もともとはみんな人間だったんです。 人間だった人の弱みにつけ込んだり、負の感情を増長させたりして、鬼の親玉が人間を鬼へと変貌させていくというストーリー。 スターウォーズで例えるなら、こんな感じ。 何かのきっかけが人間を鬼へと導いてしまうストーリーは人間の絆の裏面を描いているようであり、非常に考えさせられるところがあるので、少年を脱した大人でも十分に読み込める漫画です。 鬼の過去が不憫すぎて涙なしでは見れません 4000万部突破&2019年の覇権アニメと呼ばれる鬼滅の刃は観る価値大アリ! 鬼滅の刃は巷でも話題の漫画となっていて、アニメが放送させてからは爆発的な人気ぶり! 19巻までの発行部数が4000万部を超え、単行本は売り切れ続出! オリコンランキングの上位を「鬼滅の刃」が独占するなどの異常事態も発生! アニメも非常に描写のクオリティが異常に高く、漫画の迫力をさらに引き出す仕上がりになっています! 鬼滅の刃は漫画・アニメ共に、大人もこどもも楽しめる作品になっているので、しばらく漫画を読んでいない人でも十分に楽しめるはず! 作品をスマホで見れるようにすれば、ちょっとした待ち時間でも楽しむことができるので、時間が空いた時には是非チェックしてみてください!!.

次の