考えたくない。 働きたくないと考えてしまう3つの心理と働くことの意味とは

【何も考えない方法】仕事や人生など何も考えたくないと思ったら試したい8つの対処法!|KSM×LOG

考えたくない

「完全に顧客を馬鹿にしています」「埒が明かない。 フリーマーケットアプリ「メルカリ」で、一部のユーザーが運営から「本人確認」を理由に利用制限をかけられ、売上金額の口座振込ができずに失効してしまった、という報告が相次いでいる問題。 運営側は「不正な取引がないことが確認され次第、売上金は再付与」していると説明するが、「本人確認」に必要な書類を送っても複数回の再提出を求められるなど、3か月弱に渡って運営側で確認が終わらなかった例もあった。 J-CASTニュースは利用制限をかけられた複数のユーザーに話を聞き、その実情を探った。 突如舞い込んだ「本人確認書類ご提出のお願い」 メルカリが一部のユーザーに「本人確認」を求め、これにより機能が停止させられた、との報告は2018年8月ごろからツイッター上であがるようになった。 注目されたのは10月30日の「しろくま」さんによる投稿で、「8月6日から本人確認の為と利用制限され、速やかに免許証を提出するも、未だ完了せず振り込み申請できません。 何度問い合わせても『完了までお待ち下さい』の一点張り。 そして今日ついに申請期限を迎えます... 」と現状を伝えた。 メルカリでは、商品の販売利益が「売上金」としてアカウントに計上され、アプリ内マネーとして使えるポイントを購入できるほか、「振込申請」を行うことでアプリから口座への振込ができる。 ただし、売上金には「振込申請期限」が設けられており、売上金を計上してから180日間(17年12月4日~18年9月26日の売り上げ分は90日間)経ってもポイント購入や振込申請がなければ、売上金は失効する。 ゼロ円になるのだ。 問題視されているのは、「本人確認」が終わるまで「振込申請」ができない状態になっている点だ。 それも上記の投稿で書かれているように、指定された本人確認書類(運転免許証、保険証など)を送信しても、運営側でなかなか確認が終わらず、利用制限の状態が続いているという報告が多い。 一方で振込申請期限へのカウントダウンは進んでいるといい、指をくわえて待たざるを得ないような状況になっている。 J-CASTニュースの取材に応じた「しろくま」さんの話では、8月6日に購入希望者から「制限がかけられていて買えない」という指摘を受け、自分に利用制限がかかっていることに気が付いた。 運営事務局に問い合わせると、2日後の8月8日に「本人確認書類ご提出のお願い」と題するメッセージが届いた。 同日中に運転免許証の写しを提出したものの、運営側から「顔写真が確認できません」「不鮮明なため確認できません」という理由で再提出を要求された。 もう一度提出するもレスポンスが滞り、いつ本人確認が終わるのかと問い合わせても「確認完了までの具体的な期間はお答えできません」とだけ伝えられた。 この間、振込申請だけでなく出品や購入もできない状態だった。 何が「違反」か... 具体的な指摘なく 「本人確認」は10月30日まで終わらず、売上金6012円分が申請期限を過ぎて失効したという。 ただ、同31日になって本人確認が完了すると、「私本人の売上金として返還されました」としている。 判然としないのは、「本人確認」を突然求めるようになった理由だ。 「本人確認書類ご提出のお願い」という運営からの通知には、以下のように書かれている。 「メルカリでは、不法行為や規約違反行為等の対策を行っております。 誠に恐れ入りますが、該当のアカウントは調査と確認のため利用制限をかけさせていただきました。 皆様により安全にご利用いただくための対策となっておりますので、何とぞご理解いただきたく存じます」 具体的に「不法行為や規約違反行為等」があったのかといえば、「しろくま」さんは「具体的な(違反の)指摘は受けていませんし、その件を質問しても回答は得られませんでした」と話す。 こうしたメルカリの対応に対し、「しろくま」さんは、「利用者に対する扱いが乱暴。 問い合わせ窓口がメールしかなく、2日程かかって届く返答も的外れだし、埒が明かない。 だんだん疲れてきて、もうメルカリの事を考えたくない気持ちになってきました。 無駄に神経をすり減らし、時間を使いました。 とにかく、色々と雑過ぎるのです」と精神的に疲弊している様子で話している。 何が「違反」か聞いても具体的な回答なく 同様の状況に置かれたメルカリ利用者は、他にもツイッターで声をあげている。 「りくっ」さんは、8月10日に振込申請をしようとしたところできず、その約10時間後に「本人確認書類ご提出のお願い」の通知が届いた。 文面は上記「しろくま」さんのものと同一だ。 「りくっ」さんは8月11日に運転免許証の写しを送ったが、再提出の要請が4度続いた。 「いつ本人確認が完了するか」を問い合わせたものの、「具体的な期間は言えない」との回答。 また、具体的に何かが「不法行為や規約違反行為等」にあたる可能性があるかを尋ねても、具体的な指摘はされなかったという。 結局「りくっ」さんは9000円が失効。 ツイッターで同じように突然の「本人確認」による利用制限がかけられたメルカリ利用者の声を募っており、11月2日時点で「20~30人」から連絡が届いたという。 中には、すでに売上金10万円が失効したと話す人もいたと明かした。 メルカリ運営の一連の対応については、 「全て定型文での対応に終始し、個別具体的な解決方法、期間やおおよその目安などのスケジュール、調査の進捗状況など一切なく、どんな質問にも『不快な思いをおかけして、、、』の謝罪で、顧客の個人情報を収集し、その売上金をほしいままにできる立場の責任と覚悟が希薄のみならず、そもそも顧客資金を扱う企業としての資質が問われている、そんな思いで日々を過ごしています」 と不可解さを感じている。 「完全に顧客を馬鹿にしています」 別のツイッターユーザー「takahiro」さんも、8月8日に「本人確認書類ご提出のお願い」の通知が届き、利用制限を受けた。 8月10日から保険証や免許証を合計3度送ったものの、やはり運営側の確認が終わらない。 いつ終わるかを問い合わせても「しばらくお時間を頂戴しております」という回答。 「不法行為や規約違反行為等」についても具体的な指摘がされたわけではなく、思い当たる節もない。 実際、「他にも何種類かネットオークションなどを使っていますが、全く問題なく利用できています」と話している。 また、利用制限を受ける直前の8月6日に振込申請した売上金約36万円分が、翌7日に事務局によってキャンセルされ、再び売上金として計上されたという。 その直後に利用制限がかかり、この約36万円は振込申請できない状態になった。 「takahiro」さんは「あまりにも横暴かつ職権乱用的な行い」と不満を隠さず、メルカリ運営の一連の対応について、 「基本テンプレ回答、気にいらなければ即一時制限または永久制限。 完全に顧客を馬鹿にしています」 と憤りをあらわにしていた。 そして、約36万円分の売上金は11月6日をもって「有効期限切れにより失効」という通知が同日届いた。 これ以外にも失効が迫っているものがあるという。 不正な取引なければ「売上金は再付与」とメルカリ説明 J-CASTニュースはメルカリ社に対し、「なぜ『本人確認』をするようになったのか」について取材を申し込んだが、 「メルカリでは、皆さまにより安心・安全にアプリをご利用いただけるよう、各機関と連携のうえ健全なマーケットの醸成に努めており、随時お客さまの本人確認やご利用状況の確認を実施しております。 ご質問いただいている内容につきましては、個別で事情が異なりますので、詳細につきましては回答は控えさせていただきます」 と答えた。 どういった利用者に「本人確認書類ご提出のお願い」と題した通知を送り、利用制限をかけたのか。 基準を聞くと、 「ご本人確認につきましては、お客さまの登録情報・利用状況等に鑑みて随時お願いしております。 そのため、すべてのお客さまにお願いしているわけではございません」 としている。 また、失効した売上金への対応をめぐっては、 「ご本人確認のための利用制限中に振込申請期限を迎えて売上金が失効した場合にも、本人確認の結果、不正な取引がないことが確認され次第、売上金は再付与しております」 と回答した。

次の

なにも考えたくないんです

考えたくない

教育機関向けにまとめた「こどもたちの生活とこころの様子」によると、次いで「考えたくないのにコロナのことを考えてしまって落ち着かない」「コロナのことは考えないようにしている」など、新型コロナウイルスそのものに対する不安を感じているという子どもが多かった。 また、「いやな夢(悪夢)をよくみる」「誰かと一緒にいてもひとりぼっちだと感じる」など、さまざまなストレスや孤独を感じていることもわかった。 同センターこころの診療部長の田中恭子さんは、いま子どもたちが抱えているストレスについて、災害などのときとは異なる事情がある、と話す。 「災害などの場合は単発のトラウマ体験ですが、今回は、未知のウイルスへの恐怖、人が亡くなったニュース、休校による喪失体験、感染症への差別など、トラウマになりうる要素が複数あります。 何が原因でストレス反応が起きているのかを特定するのが難しいという特徴があります」 日常を奪われるということ そうした状況が長く続いたあとに学校が再開すると、どんな問題が起こることが予想されるのだろうか。 「学習の遅れを取り戻そうと教員や保護者が焦ったり、感染を予防するために子どもたちの行動を制限したりすることが考えられますが、理由がわからないまま抑圧された生活をすることも、子どもにとってはストレスになります」 なぜ学校に行けないのか、なぜ友達と遊んではいけないのか、なぜ宿題をたくさんしなければならないのか。 新型コロナウイルスにはどんな危険があり、どうすれば感染を防げるのか。 海外では、デンマークのフレデリクセン首相など、休校を要請するにあたって子ども向けに記者会見を開いてわかりやすく説明したリーダーもいた。 一方、日本では、子どもに向けた説明がしっかりとされてこなかったのでは、と田中さんは振り返る。 「小学校の高学年や中高生には、大人と同じように正確な情報を伝え、子どもなりに納得できる説明をしてあげてください。 発達段階にもよりますが、低学年であればイラストや動画などを使って簡単に原因と結果を伝えるとわかりやすいです」 「感染予防のためにどういう行動をすればいいのか、子どもたちと一緒に考え、自分たちのルールを自分たちで決めていく機会をもつことも効果的です」 「学校に行きたくない」にどう対応する 「低学年の場合は、ずっと自宅で保護者と一緒に過ごしていたため、新しい社会環境に出ていくにあたって、一時的に分離不安があるかもしれません。 『一時間だけでも行ってみようか』『明日は行ってみようか』などと段階を経て、少しずつ慣れていくよう、ゆっくりと背中を押してあげてください」 一方で、もともと学校に行きたがっていなかったり、いじめを受けていたりした思春期の子どもの場合には、焦って登校を後押ししないほうがいい、と田中さん。 「一斉休校によって学校に行かなくて済むという安心感を得られていた子たちは、みんなが登校し始めても自分はまた行けなくなるんじゃないかと、軒並み不安を募らせています。 子どものペースを尊重して、無理をさせないことが重要です」 「頑張ったね」と褒めて そして大事なのは、「よく頑張ったね」と褒めることだ、とも。 「ここ3カ月あまりは非日常の連続で、行動制限された中で過ごしてきただけでもすごいことです。 たとえゲームをやっていたとしても、『三密を避けて偉かったね』『外出するのをよく我慢したね』と褒めてあげてください」 「ストレスを体験した後、それをバネにして成長することを『ポスト・トラウマティック・グロース(PTG)』と呼びます。 多くの子どもは適応能力がありますから、この経験が自尊心や心の成長につながるように、まずはできていたことを認めてあげてください」 また、保護者も知らず知らずのうちにストレスをためている。 学校再開後も、分散登校のスケジュール管理、在宅勤務が続くことによる仕事と子育ての両立など、コロナ前の日常と比べ、思う通りにいかないことも多い。 「仕事からも育児からも離れて、コーヒーを飲んでほっとするような息抜きの時間をつくってみてください。 そのことを後ろめたく思わないでいいんです」と田中さんはアドバイスする。 「一人ひとり立場や境遇は異なりますが、つらい、しんどい、疲れたといった感情は、そう感じていると認識すること自体がとても大事なことで、人と比べる必要はありません。 イライラを感じたら、ふたをして押し込めようとせず、誰かと共有してみてください」 国立成育医療研究センターは、アンケートの最終報告を6月中旬にも発表する予定。

次の

考えたくないことを、誰がどう考えるか? ―「ネガティブ・ケイパビリティ」と危機対応学―

考えたくない

働くことの意味 「働きたくない」と考える人は、 働くことの意味も考えるはずです。 いきなり 『勤労の義務』について書いてますが、 それは定番ですから、斜め読みしてもいいので 最後まで読んでみてください。 何か腑に落ちることがあるかもしれません。 勤労の義務 小学校か中学校で習いましたよね? 日本国憲法で定められている 『国民の三大義務』 覚えていますか? ・教育の義務(26条2項) ・勤労の義務(27条1項) ・納税の義務(30条) この中で勤労の義務は第27条で、このように定められています。 すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負う。 賃金、就業時間、休息その他の勤労条件に関する基準は、法律でこれを定める。 児童は、これを酷使してはならない。 小難しい言い回しだし、義務なのか権利なのか 一読しただけではどっちなのか分かりません。 ただ、勤労の義務を盾にして 強制労働させることは、憲法第18条で 禁止されているのでできません。 そして働かないからといって 罰則があるわけでもありません。 また、「勤労は国民の義務だから」と 働いている人はほとんどいないでしょう。 そもそも、「働きたくない」と考える人に 『勤労の義務』を引き合いに出す時点で 馬鹿げてるというか間違ってますね。 ただ、働く(=勤労)という事が なぜ憲法で義務にされているかは 何となく知っていても損はありません。 現行の憲法(日本国憲法)ができたのは戦後です。 『戦争で焦土と化した日本を、国民自身の手で 働いて再建させようという発想で提案された』 といわれています。 この先を私も調べましたが、諸説あり過ぎて折れました。 気になる方はご自分でどうぞ。 ただ、「働きたくない」に対する 答えがここにあるとは思えません。 勤労の義務について調べれば調べるほど 働きたくなくなるかもしれませんので悪しからず。 お金が必要 自分も含めて、ほどんどの人が お金が必要という理由じゃないでしょうか。 お金はやっぱり生きていく上で必要です。 日本に住んでいる以上、 100%お金を使わずに生活することは無理、、、 とまでは言いませんが、 きっとお金を掛けて 暮らした方がよっぽど楽です。 食べ物を自給自足して、 水を井戸水にして、 薪で料理や暖房にして、 電気を使わずに暮らしても、 衣食住の衣が足りません。 物物交換か支援者に提供してもらうしかないでしょう。 そもそも、自給自足するための土地や 生活する建物はどうしたんだ? という話です。 貯めこんだお金で買うか、 奇特な支援者に提供を受けたかでしょう。 それも元を辿ればお金が必要な話です。 テレビで、ピークを過ぎた芸能人が 「半・自給自足で、、、」みたいなことを 言ってるのを見かけますが、 そんな人達はバブルの頃に無茶苦茶稼いだような 人達ですよきっと。 ベースとして必要だった土地・建物・設備を 手に入れる財力があって始めて成立する話です。 それをゼロから始めようと思ったら、 ホームレスからわらしべ長者で 運をたぐり寄せていくしかありません。 どう考えても、生活していく上で お金は必要なんです。 だから働くんです。 やりがい・生きがい やりがい・生きがいのために働いてる という人もいますね。 私はあんまり好きじゃないタイプです。 自分がやりがい・生きがいで 働いていないもんだから、 こういうタイプの人に合うとゾクッとします。 ただ、仕事のやりがいや、仕事することが 生きがいだという人が存在するのは事実です。 こういう方の中には3パターンあると思います。 1つめは、人並み以上の生活ができる 安定した報酬を得ている人で、 「働くのは金のためじゃない」と言える人。 2つめは、自分の生活を犠牲にして 世のため・人のために「お金にならない仕事」を 率先してしている人。 3つめが、やりたくない仕事・好きじゃない仕事を しているけど「金のため・生活のため」と言うのは カッコ悪いから「生きがいなんだよ」と言っちゃう人。 「やりがい・生きがいだ」と言う人の多くは3番でしょうが、 2番の人がいるから世の中が周ってることもあります。 特に社会的弱者に対する支援・福祉は そういう方に支えられています。 自分にはとても真似が出来ないので 本当に頭が下がります。 本当にスゴイなと思います。 1番の人はよくテレビ・メディアで 取り上げられますが、嫌いなのはこういう人です。 きっと自分には無いというか 今後もあり得ない姿だから 嫉妬に近い感情で嫌いなんでしょう。 お金のために働かざるを得ない人、 そして「働きたくない」と考える人にとって、 決して交わることのない人だと思います。 働きたくないと考えてしまう心理 働きたくないと考えてしまうのは、 今の自分や仕事に対して、 全然納得できていないんでしょうね。 生来の怠け者で、死ぬまで遊んで 暮らせると本気で考えてる人なんて 居そうで滅多にいません。 ほとんどの人は、生きていく上でお金が掛かるし 自分でお金を稼がなきゃいけないことくらい 分かったうえで「働きたくない」と考えちゃうんです。 どんな心理で「働きたくない」と 考えてしまうのか、落ち着いてみてみましょう。 自分に当てはまることが もしかするとあるかもしれません。 何のために働いてるか分からない 毎日、朝出勤して夜遅く帰って、 飯食ってビール1本飲んで寝る。 朝起きたら、また会社行って仕事して、、、 の繰り返しで、自分が何のために 働いているか分からないと考えると 「働きたくない」と考えてしまいます。 働き始めた頃や、好きな仕事じゃない、 プライベートで楽しいことが無いとか、 彼氏彼女や自分が守るべき家族が居ないと こういう考えに陥りやすいです。 これは、もう「誰でも通る道」と思って 諦める以外ないでしょうね。 私もいつの間にか考えなくなりました。 「毎日同じことの繰り返しじゃないか」 なんて考えない事です。 仕事でもプライベートでも小さな目標を作って、 さらにその小さな目標を細分化して、 一つ一つクリアして目標を 達成する達成感を味わうようにすると、 変化のない日常に彩りが加わります。 今「何のために働いているか分からない」と 思っている人は試してみてください。 頑張っても給料が変わらない 働いても働いても、給料が上がらないとか サービス残業ばっかりとかだと、 働きたくないと思う気持ちも分かります。 先輩・上司は自分より沢山貰ってるのに、 「仕事の内容や時間は自分の方が負担が大きい」と 感じると働きたくないと思うのも無理はありません。 これは、先行者利益というか、 極端に言えば、雇う側と雇われる側、 上司と部下という構図の下の方に 自分が居る以上はやむを得ないことです。 自分が羨んでる彼は、その昔あなたと 同じ経験をしていたかもしれません。 ただ、その頃と今の日本・業界の景気は 違いますから彼らの方が「恵まれていた」かもしれません。 そればっかりは、生まれた時代のせいですから 言っても仕方ないことです。 ハッキリ言ってしまえば運です運。 逆説的になりますが、今の先輩・上司・経営者を 超えたかったら、彼らを使う立場にならなきゃいけません。 私もその昔、卒業してすぐに勤めた会社が 家族経営の小さな小さな会社でした。 会ったこともない役員がいて、社長の奥さんは ろくに仕事もしないのに、口ばっかり出す。 実際のところは知らないけど、会ったことない役員も 社長の奥さんも、自分より沢山の給料をもらっていた事でしょう。 本当にイライラしたし、「クソっ~!!」と 憤ることもしばしばでした。 ただ、こればっかりは嘆いても 憤ってもなんの解決にもなりません。 自分の親が会社経営者じゃなかったことを 悔やんでも何の意味もありませんからね。 結局3年と少しでその会社を辞めましたが、 30代半ばになってみると、「そんなもんだよな」と 納得ではないけど、諦めに近い感情になりました。 この「頑張っても無駄だ」という 刹那的な感情も若気の至り的な側面があります。 そのうち考えなくなるので 「自分はまだ若いんだな」と思ってください。 また、いつまでもこういう考えが 頭を巡るのであれば、「働きたくない」という 気持ちを抑え込んで、逆に働きまくって 先輩・上司・経営者を見返してやりましょう! 経営者になるしかありません。 人間関係が面倒くさい 「仕事は嫌いじゃないけど人間関係が、、、」 という人は多いし、会社を辞める理由でも 人間関係が原因の人はとても多いです。 仕事に限らず、どんなところにいても 人間関係は付いて回りますからね。 確かに、毎日会社に行って人間関係に 悩むことは無くなりますが、 逆に仕事に関して今よりもっと悩むでしょう。 上記の仕事は、言うなれば一人親方で 仕事をすることになります。 売上があれば収入は多いですが、 売上が下がれば直接的に収入が下がります。 その心労はやってみなきゃ分からない 多大なストレスです。 言葉は悪いですが、指示されたことを やって固定の給料が貰える方が楽だったと 気づくと思います。 たとえ「人間関係が面倒くさくても」です。 ネットでも雑誌でも、気軽に副業や 独立起業、投資を勧めていますが、 見出しに書かれているように 「誰でも簡単に」 稼げるんだったら、 日本中が金持ちだらけになってますよ。 そんな甘くはありません。 人間関係が理由で「働きたくない」と考える人は 今の人間関係に目をつむるか、転職するかです。 勢いで辞めて、少しかじったことのある 上に挙げた仕事で独立するなんて絶対ダメです。 副業で「稼げても、稼げなくてもどっちでもいい」のと 自分や家族の生活が懸かっているのでは、全然違いますからね。 【まとめ】働きたくない 働きたくないと考えるのは普通のことです。 「甘え」とか「おかしい」とか 「病気かも」なんて考えなくていいです。 ただ、言えることは「働きたくない」から 「働かない」ことを選択したとしても、 すぐ「働いた方が楽」と感じるようになるでしょう。 働いて、お金を貰って、やりくりしながら生活して、 それが生きるってことです。 この「働く」をよけてしまうと、 必要なお金を親や自治体・国から 貰うことになります。 「それでもいいから働きたくない!」 と考えますか? そのお金は誰が払ってるんですか? 働いている人が払っているんです。 親が働いて貯めたお金や、働いた人が 納めた税金で暮らすことになります。 それって嫌じゃないですか? 働きたくないし補助も受けない!という人は どうぞ自由にしてください。 でも、働きたくないから補助で生きる!という人は 考え方を改めた方がいいでしょう。 冷静に考えれば理解できるはずです。 みんな働きたくない中働いているんです。 働きたくないけど働く方向で動き出してみましょう。

次の