プルーム テック プラス マウス ピース。 【奥深?】プルームテックプラスの使い方を解説!

プルームテック マウスピース 50個入り ploomtech PloomTECH+ 加熱式タバコ 電子タバコ キャップ 吸い口 アンサーフィールド

プルーム テック プラス マウス ピース

価格:850円(税込み)• カラー:ブラック• 入り数:2個• 対応機種:プルームテック・プルームテックプラス 冒頭で書いたとおり、この マウスピースは累計77万個以上売れた人気純正アクセサリーで、これが2019年7月1日から全国のコンビニで買えるようになったのだ。 純正マウスピースは、2個入りで850円と少し高く感じるかもしれないが、それだけマウスピースが売れているのには 大きく2つのメリットがあるからだ。 マウスピースを付けると吸いごたえがアップする このマウスピースをプルームテックプラスの吸口に取り付けて吸うと「 あら不思議!吸い応えがグッとパワフルにアップする」のだ。 マウスピースを取付けずに吸うのと、マウスピースを取り付けて吸うのでは明らかに、 キック感(煙が喉を通過する際に感じる刺激)が変わり吸いごたえが増すのだ。 本当に付けて吸うのと付けないで吸うので全然変わるので、体験してみてほしい。 ちなみにこれが、僕の愛用しているにマウスピースを取付けた所だ。 プルームテックプラスの吸口を清潔に保つ こんな感じでマウスピースをプルームテックプラスの吸口に取り付けるコトで、 清潔さを維持しながらプルームテックプラスを楽しむこともできる。 プルームテック・プルームテックプラスは吸口部分が丸出しなので、この マウスピースを付けることで衛生的に使用もできるメリットもあるのだ。 とは言っても、 吸口にマウスピースを付けても結局吸口が外に丸出しじゃないか!?と思う人は、 メタルキャップを合わせて使うことをおすすめする。 メタルキャップは、吸口をカバーしてくれるだけでなく見た目もオシャレにしてくれるアクセサリーで僕も使っている。 以下の記事でメタルキャップ全色買ってレビューしているので気になる人はチェックしてみてほしい。

次の

「プルーム・テック」のマウスピースがコンビニでも販売開始へ

プルーム テック プラス マウス ピース

低温加熱式たばこ【最強デバイス】現る!• 最先端ポッド型VAPEが登場!• コロナ対策にもオススメですよ!• そんなお前はカッコいいと思うぜ!• メガヒット商品の理由を徹底検証 皆さん、こんばんは、げんちゃんです。 本日、先週より入院してました嫁も退院して、やっと落ち着いてキーボードを叩き始めた次第です。 毎朝早起きして子どもたちのご飯を作り、家を出る前に洗濯物を干し、下の子を保育園まで送って出社という生活を1週間ほど送ったわけですが、いやー大変ですねー。 嫁はもちろんですが、世の中の主婦の方の大変さがちょっぴりわかりました。 やはり実際にやってみないと大変さはわからないですね。 さて、今回のお題は、 エスより評判が良い(私のなかで) プルームテック・プラスの ケースについてです。 従来のプルームテック同様に、ハードケースとソフトケースが発売されていますが、それぞれの特徴をお伝えしたいと思います。 家事と同じく実際の使用感をベースにお伝えしますので、これから購入予定の方は参考にどうぞ。 好みは別れると思いますが、ソフトケースのデザインは私、大好きです。 生地の素材も良いですし、ワンポイントとして使われている革も素敵、形状も立体的なデザインで言うことなしです。 金色とかの糸で刺繍みたいに入っていると格好良かったんじゃないかな、と思いました。 収納力 どちらも一通り必要なものは収納できるようになっていますが、実は収納力に大きな違いがあります。 ハードケースは冒頭の画像でもわかるように、それぞれのスペースに収納するものを想定して作られているため、収納力は想定通りにしかなりません。 使い易さという点でもハードケースの方が使い易いです。 ソフトケースは、仕切りがないせいか本体をガサガサ探さないといけないことが多々あったのですが、ハードケースはキレイに整理整頓されていますので、すぐに出し入れが出来ます。 タバコを吸える時間は限られていますからね・・・すぐに出し入れが出来るのは重要なポイントだと思いますよ。 特にソフトケースは、中に詰め込みすぎたのも原因の1つですが、探している間にデバイスが落っこちるというトラブルも発生しましたからね。 また、サイズも若干ハードケースのほうがコンパクトなので、バッグの中でもかさ張らないというメリットもあります。 ハード&ソフトケースまとめ どちらのケースも、最低ライン必要なものは収納 (リングつき本体でもOK)出来ますし、長所や短所もありますので甲乙つけがたいところですが、 総合的に考えると「ハードケース」がオススメですかね。 ソフトケースは、デザインに加点してるのはあくまでも私の好みですし、最大の魅力である収納力という点では、デバイス落下事故の経験もあるので、今は詰め込み過ぎない方が良いと思っています。 その点ハードケースはデザインこそイマイチですが、バッグにも入れやすい形状ですし、やはり整理整頓されているので使いやすかったです。 落としても大丈夫という安心感も良いですよね。 価格は400円ほど高いですが、喫煙所などにも持ち運ぶモノなだけに、使い易さと安全性は捨てがたいと思いました。 なんだかんだ書きましたが、結局のところ判断基準はデザインだったりするので、最終的には皆様の好みに委ねることになってしまいますが、慣れるとメガネケースも悪くない・・・とだけ最後にお伝えしておきます。 あとがき ようやく早起きから開放されたと思い深夜の執筆をしておりますが、暫くの間早寝早起きをしていたせいか、既にめちゃくちゃ眠いです。 書きながら三回くらい寝てました(笑) まだ嫁も本調子ではないので、暫くは色々手伝ってあげないと行けないな・・・と思いましたが、とりあえずいてくれるだけでホッとするんですから、たいした存在感だなと改めて思いました。 さて、明日は夕飯でも作ろうかなー。

次の

プルームテックプラスおすすめアクセサリー3選!ケース・リング・マウスピースで1セット

プルーム テック プラス マウス ピース

今回新たに販路となるコンビニエンスストアは、セイコーマート、デイリーヤマザキ、ファミリーマート、ミニストップ、ローソン、ローソンストア 100が中心。 カラバリはブラック、ホワイト、レッド、パープル、ミックスグリーン、ブラウン、グリーン、レギュラー、ピンク、ティーオレンジの10色展開だが、コンビニエンスストアではブラックのみの取り扱いとなる。 本体の先端に装着するだけで吸いごたえアップ! 「プルーム・テック・マウスピース」の使用法は簡単だ。 たばこカプセルを装着した「プルーム・テック」および「プルーム・テック・プラス」本体の先端に取り付けるだけである。 2個入りが850円(税込)で販売されているが、本体に特典として付属していたり、試供品としてタバコ店で1個だけのものが配布されていることもあるようだ。 なお、2019年7月現在、店頭には「プルーム・テック」用としか表示されていないパッケージも並んでいるが、「プルーム・テック・プラス」でも問題なく使用できるので安心してほしい 通常「プルーム・テック・プラス」を吸うと、装着したたばこカプセル部分が吸い口となり、吸い込むとカプセルの太さと同じ気流の蒸気を吸い込むことになるが、「プルーム・テック・マウスピース」を取り付けることにより、平たく潰れた感じの吸い口となる。 これによって、気流は押しつぶされた形になり、より舌の狭い範囲に集中して蒸気が当たるようになる。 舌の一部に集中することで味は濃く感じるし、そのままの気流で喉に飛び込むので、自然とキック感も強くなる。 それが吸いごたえアップの原理だ。 取り付けは簡単だが、取り外そうとすると、たばこカプセルごと抜けてしまいがちだ。 たばこカプセルもまたマウスピースにしっかりはまってしまうので、外すのにひと苦労。 ちょっとずつひねりながら抜くのがコツだ 「プルーム・テック・マウスピース」(左)は「プルーム・テック・プラス」(右)に比べ、吸い口が狭くなる。 舌の狭い範囲に集中して蒸気が当たることで、味を強く感じる 取り付けたところ。 あまりかっこよくはない。 今はあまり使う人を見なくなった"ヤニ取りフィルター"のような趣きだ マウスピース、吸い口、ドリップチップが重要な理由 たかが吸い口とあなどってはならない。 例えばVAPE(電子タバコ)の場合、吸い口はドリップチップと呼ばれ、それのみで多様な製品が販売されているほど、重要な役割を果たしている。 長い、短い、素材、形状などで、より口にくわえやすいように工夫されているのだ。 形状により、唇との密着感も変わってくる。 余計な空気が入り込まない形状ならば、「プルーム・テック・マウスピース」と同じ原理で、蒸気を味濃く楽しめるのだ。 ちなみに気流を細くして味の濃さを出すという手法は流行のようで、先だって行われたBATの「グロー(glo)」のネオスティックのリニューアルも同じ原理を採用している。 ネオスティックの場合は、口にくわえるフィルター部分の穴を小さくし、気流を集中させることで喫味を強くすることに成功している。 紙巻きタバコにして、タール5〜6mg程度の吸いごたえがあるので、満足する人も多かったのだが、普段からきついタバコを吸っている人にとっては、それでもまだ物足りないと感じることも多いだろう。 そんな時に「プルーム・テック・マウスピース」が役に立つのだ。 実際に吸ってみると、確かに吸いごたえは1〜2mgほど感覚的にアップする印象だ。 味わいもより濃く感じるし、円形よりも平たい形のほうが、唇との間に隙間を作りにくく、蒸気をしっかり味わえる。 実際に取り付けて吸ってみると、キック感と味は強くなるが、香りの広がりは抑えられた ひと通り現行フレーバーを吸ってみたが、レギュラーの「メビウス・ロースト・ブレンド・フォー・プルーム・テック・プラス」では燻味が強くなりすぎて合わず、「マイルド・ブレンド」のほうが適しているように感じた。 メンソール系では、「メビウス・コールド・ミント・フォー・プルーム・テック・プラス」では辛味が強く感じすぎるので、「クリア・ミント」のほうが適していると感じた。 実際に吸ってみると、マウスピースと組み合わせても、「プルーム・テック」はやはり軽い。 マウスピース付き「プルーム・テック・プラス」を知ってしまった後では、いくつかフレーバーを試しても、非常に軽く感じてしまった。 「プルーム・テック」は本体が細い分、見た目のキセル感がアップする 見た目が気にならなければ非常に有用 ニオイのないまま、吸いごたえ強めになった「プルーム・テック・プラス」をさらにガツンとした吸いごたえに変化させてくれる「プルーム・テック・マウスピース」は、非常に有用だと思う。 ただ個人的に気になるのが、「プルーム・テック・マウスピース」を装着することで非常にひょろ長いシルエットになり、くわえた様子にキセル感(もしくはサックスのリード感)が出てしまうこと。 もう少し本体と一体化するデザインにしてもよかったのでは また、公式アナウンスでは清潔さを保てるということだが、それは疑問だ。 なぜなら、直接くわえるのはマウスピースなので、そこはむき出しになってしまうから。 マウスピースを使うたびに付けたり外したりするということだろうか。 「プルーム・テック・マウスピース」は1袋に2個入っているので、ちょこちょこ取り替えて、使用済みのものを洗って乾燥させて使えば、清潔度は保てる。 ただ少しめんどうだ。 よほど気にする人でない限り、たばこカプセル交換時に代えればいいと思う。 もちろんちゃんと洗いさえすれば、半永久的に使用可能である。 <関連記事>.

次の