退職 お礼。 【退職の挨拶メールが届いた】返信どうする? 取引先や上司・同僚などパターン別に例文つきで解説

センスに自信がない人も! 失敗しない退職時のお菓子選び|転職Hacks

退職 お礼

退職お礼のギフト相場はどれくらい? 職場の人が退職する際に「餞別(せんべつ)」といって、今までの感謝の気持ちをこめて金品を贈ります。 餞別は「はなむけ」ともいい、旅立ちや門出に送る品物という意味があります。 退職における餞別の相場は、同僚であれば3,000円~5,000円、上司であれば5,000円から20,000円程度が一般的です。 職場でまとめて渡す場合や会社からの場合もあり、職場の慣習にならうのが良いです。 基本的に餞別にはお返しや返礼はありません。 しかし、退職祝いのお礼や挨拶の時にお菓子を持参する慣習の職場も多く、退職者は今までの感謝の気持ちをこめてギフトを職場に持参します。 退職時に菓子折り等を持参することは絶対に必要というわけではありませんが、感謝の気持ちは伝えやすいと考えます。 退職お礼のギフトは、部署へまとめて渡す場合と個人で配る場合があります。 部署でまとめて渡す場合は人数にもよりますが、お菓子の場合であれば10人程度であれば2,000円、20人程度であれば3,000円、20人以上であれば5,000円程度が相場と考えられます。 個別に配布する場合は、最低でも一人200円~500円程度はかかります。 商品によって、金額も異なります。 あくまで相場になるので、職場の慣習に合わせるのが良いでしょう。 関連相談• 退職お礼の品物を選ぶ際の注意点 お世話になった人にお菓子以外のものを渡したいという気持ちがありますが、贈る際にはいくつかの注意が必要です。 ハンカチや刃物は選ばない プレゼントの定番としてハンカチを頂くことがありますが、これは退職ギフトとしてはマナー違反です。 なぜなら、ハンカチには「手巾」という表現があります。 よほど本人が欲しがっている場合や親しい人でハンカチを集めている人以外には、ハンカチは退職には縁起の悪い品物になるので避けましょう。 同様に「刃物」には「切る」という意味があります。 包丁やハサミなどの刃物類には「縁を切る」という考えが強く、こちらも縁起の悪い印象を与えます。 退職には「新たな門出」に向けての出発になりますので、上記を踏まえ喜ばれる品物を選択しましょう。 配偶者が見ても不快にならない品にする 退職のギフトは感謝の気持ちを伝える品物を選択しますが、贈った相手の配偶者が不快に思わないものが望ましいです。 例えば、男性が女性にアクセサリーや化粧品等の品物を贈ることや、女性が男性に腕時計や財布を贈るというようなことは避けましょう。 また、「4」や「9」の数字に関連する品物や数は避けるようにします。 「死」や「苦」を連想され、マナーとしては不適切です。 関連相談• 退職お礼にお菓子を選ぶ際のポイント お菓子を持参する場合は、人数分より少し多めの個数を準備しておくとよいでしょう。 日持ちのするお菓子を選ぶ お菓子を選ぶ場合どのようなものが良いか迷うことが多いと思います。 見た目やブランドも考慮したいところですが、生菓子のようなものは避けましょう。 渡した当日や翌日に賞味期限のあるようなものは避け、マドレーヌやクッキー等の日持ちのする商品を選択します。 出勤状況や個人の状況も考慮し、渡した当日に食べるのか不明ですし、もらった人が好きな時に食べられる配慮が必要です。 個包装になっているか確認する 品物を選択するもう一つのポイントは、切り分ける必要がないものです。 個別包装になっている場合は、個人の机に置いておくことができますが、ロールケーキや大型のお菓子であれば保管に困ることや分ける手間がかかります。 常に休憩時間が全員同じという職場は少ないと思いますので、個人の都合に合わせて食べられるものや持ち帰れるものを選びましょう。 さらに、好き嫌いの分かれるお菓子も避けましょう。 1種類のお菓子だけでなく、個別包装で数種類の味が選択できるものであれば好みに応じて楽しむことができます。 関連相談• 上司への退職お礼品選びでNGなものとは 上司への退職ギフトにもいくつかの注意点があります。 感謝の気持ちを伝えるために用意したものでも、相手に対して失礼になる品物もあるので気をつけましょう。 万年筆などの筆記用具 上司への贈り物として万年筆を避ける理由は、「もっと勉強しなさい」という意味としてとらえられるため、上司に贈るには不適切です。 カバンや筆記用具にもこのような意味があり、部下に贈るのであれば問題はないですが上司への贈り物としては失礼になります。 靴下など下半身に身につけるもの 下着や肌着は「生活に困っている人へ贈るもの」という解釈があります。 靴や靴下は「足で踏みつけるもの」として認識されていますので、上司への贈り物としては避けるべきです。 また、現金に関しても「生活の足しにしてください」という意味があるので目上の人に対しては失礼にあたります。 関連相談• 退職お礼で使える万能なのし書き「心ばかり」 お礼の品を持参する場合に「熨斗(のし)」をどうしたらいいのかと悩む人も多いと思います。 「御礼」とするには堅苦しく感じられますが、何もないというのもマナーとして疑問を感じます。 そのような場合は「心ばかり」という万能な表現があることを知っておきましょう。 「心ばかり」とは、「ほんの気持ちです」という表現になりますで、「たいしたものではありませんが・・・」という意味になります。 品物は高価なものではないですが、気持ちをとてもこめていますよ、という自分をへりくだってする表現になります。 「心ばかり」とは「ちょっとしたもの」に使う表現です。 高価な品物や祝い金には不適切な表現になりますので、そのような場合には注意が必要です。 関連相談• 退職お礼はいつどのように渡すのがベスト? せっかく菓子を持参しても、どのタイミングで誰に渡せばよいのか悩むこともあります。 退職時の挨拶には「今までお世話になりました」という意味があるので、直属の上司に渡します。 渡すタイミングとしては、できるだけ職員のいる時間帯が良いです。 朝礼の習慣のある部署であれば朝のうちに渡し、休憩時間に多くの人数が集まるのであればその時間の前がいいでしょう。 その理由としては、退職する人からもらいましたという報告を職場の人に認識してもらいやすいからです。 品物を渡す相手は上司になりますが、職場の人に感謝の気持ちを伝える場でもあるので、できるだけ多くに職員のいる時間帯にしましょう。

次の

退職の挨拶はどこまで?お礼としてプレゼントを渡すべき?おすすめは?|おかえり

退職 お礼

お餞別(御餞別)とは、もともと遠くに行く人にはなむけと贈るお金や贈り物のことをいいます。 現在では、定年仕事を退職する人や、転勤などの人に対して贈る習慣となっています。 遠方に行く人にお別れの意味を込めておくるお金がお餞別です。 そのお餞別を入れる祝儀袋にはルールがあります。 退職祝いは慶事にあたるので紅白の水引で蝶結びの、のしやのし袋を用意しましょう。 のし袋に水引が印刷されているものもありますが、目上の人に渡すときや一万円以上を包むときには、ちゃんとした水引ののし袋を用意してくださいね。 のし袋の折り方は下の折り返しを表にするのがマナー のし袋では、折り方に注意しましょう。 のし袋の表書きを終えて中身を入れたら、まず上から折って最後に下を折り上げます。 完成したとき、下の折り返しが上(表)にきていることを確認しましょう。 反対になっていると、弔事を意味するので気をつけてください。 また、お酒やお菓子などを退職祝いとしておくるときにも、のしをつけてよいです。 では次にのし袋・封筒の書き方を見ていきましょう。 のし袋の表書きは一般的に「御祝・御礼・祝定年退職・御退職御祝」 正しくお金を贈るためにも、のし袋・封筒の書き方を知っておきましょう。 のし袋の表の書き方は、一般的に「御祝」「御礼」「祝定年退職」「御退職御祝」になります。 ただし場合によって上記の書き方は、退職する人の心情的に「祝」の一文字が似つかわしくない可能性があります。 あるいは退職する人が、職場を離れることを喜んでいるというように受け取られるケースもあるので注意しましょう。 退職する人への感謝の気持ちを表す「御礼」や、のし袋の中身を指し示すだけの「記念品」という書き方がおすすめです。 このとき、のし袋に「餞別」と書くことがありますが、「餞別」は上司や目上の人に向けての書き方ではありません。 退職する人の事情を考える必要があります。 迷ったら、無難に「御礼」としましょう。 複数名で退職祝いを贈るときの書き方とは? 社内数名でお餞別を贈る場合は、祝儀袋に連名で記載します。 表書きの名前は役職や勤続年数によって異なるので注意してください。 立場が上の人から順に、右から記入するのが正しい書き方です。 連盟として氏名を書く際にも立場を気にするようにし、失礼な書き方にならないようにしなくてはなりません。 このときは、送り主の一覧は別紙にして退職する人に渡しましょう。 一人ずつが出した金額も一覧に書いておくと、相手がお返しを用意するときに便利です。 退職祝いで渡すのし袋・封筒の書き方は「御礼」で!複数で贈るなら連名にしよう のし袋・封筒には、基本的にお金を入れます。 お金を退職祝いとしておくるかどうかは、退職する人と自分の関係やこれまでの付き合いを考えて慎重に決めましょう。 また、目上の人への退職祝いでは「御餞別」と書くのは間違ったマナーです。 無難な「御礼」と書くようにしましょう。 もし退職祝いに渡すのし袋・封筒の表書きの書き方に悩んだら、今回紹介した方法を参考にしてみてください。 良い最後にするためにも、退職祝いはマナーを守って贈るようにしましょう。

次の

退職のごあいさつ、これまでのお礼にプチギフトを! おすすめのアイテムと選び方

退職 お礼

お餞別(御餞別)とは、もともと遠くに行く人にはなむけと贈るお金や贈り物のことをいいます。 現在では、定年仕事を退職する人や、転勤などの人に対して贈る習慣となっています。 遠方に行く人にお別れの意味を込めておくるお金がお餞別です。 そのお餞別を入れる祝儀袋にはルールがあります。 退職祝いは慶事にあたるので紅白の水引で蝶結びの、のしやのし袋を用意しましょう。 のし袋に水引が印刷されているものもありますが、目上の人に渡すときや一万円以上を包むときには、ちゃんとした水引ののし袋を用意してくださいね。 のし袋の折り方は下の折り返しを表にするのがマナー のし袋では、折り方に注意しましょう。 のし袋の表書きを終えて中身を入れたら、まず上から折って最後に下を折り上げます。 完成したとき、下の折り返しが上(表)にきていることを確認しましょう。 反対になっていると、弔事を意味するので気をつけてください。 また、お酒やお菓子などを退職祝いとしておくるときにも、のしをつけてよいです。 では次にのし袋・封筒の書き方を見ていきましょう。 のし袋の表書きは一般的に「御祝・御礼・祝定年退職・御退職御祝」 正しくお金を贈るためにも、のし袋・封筒の書き方を知っておきましょう。 のし袋の表の書き方は、一般的に「御祝」「御礼」「祝定年退職」「御退職御祝」になります。 ただし場合によって上記の書き方は、退職する人の心情的に「祝」の一文字が似つかわしくない可能性があります。 あるいは退職する人が、職場を離れることを喜んでいるというように受け取られるケースもあるので注意しましょう。 退職する人への感謝の気持ちを表す「御礼」や、のし袋の中身を指し示すだけの「記念品」という書き方がおすすめです。 このとき、のし袋に「餞別」と書くことがありますが、「餞別」は上司や目上の人に向けての書き方ではありません。 退職する人の事情を考える必要があります。 迷ったら、無難に「御礼」としましょう。 複数名で退職祝いを贈るときの書き方とは? 社内数名でお餞別を贈る場合は、祝儀袋に連名で記載します。 表書きの名前は役職や勤続年数によって異なるので注意してください。 立場が上の人から順に、右から記入するのが正しい書き方です。 連盟として氏名を書く際にも立場を気にするようにし、失礼な書き方にならないようにしなくてはなりません。 このときは、送り主の一覧は別紙にして退職する人に渡しましょう。 一人ずつが出した金額も一覧に書いておくと、相手がお返しを用意するときに便利です。 退職祝いで渡すのし袋・封筒の書き方は「御礼」で!複数で贈るなら連名にしよう のし袋・封筒には、基本的にお金を入れます。 お金を退職祝いとしておくるかどうかは、退職する人と自分の関係やこれまでの付き合いを考えて慎重に決めましょう。 また、目上の人への退職祝いでは「御餞別」と書くのは間違ったマナーです。 無難な「御礼」と書くようにしましょう。 もし退職祝いに渡すのし袋・封筒の表書きの書き方に悩んだら、今回紹介した方法を参考にしてみてください。 良い最後にするためにも、退職祝いはマナーを守って贈るようにしましょう。

次の