ルーム ランナー。 ジョンソンヘルステックジャパン【Johnson Health Tech日本公式サイト】

【2020年版】ルームランナーおすすめTOP8!人気メーカーはALINCO?

ルーム ランナー

都道府県 :• 全国のルームランナー• 280• 286• 145• 130• 185• 161• 215• 140• 56 カテゴリ :• 全ての売ります・あげます• 190• 283• 楽器 0• チケット 0• パソコン 0• 214• 1,359• 食品 0• 100• 全国以外の都道府県から探す :• 全国のルームランナー• 280• 286• 145• 130• 185• 161• 215• 140•

次の

【2020年版】通販で買える!家庭用ルームランナーおすすめ16選!

ルーム ランナー

ルームランナーの選び方 まず、ルームランナーを選ぶときのポイントを4つご紹介します。 機種によって性能なども変わってきますので、しっかりとチェックしていきましょう。 走行ベルトのサイズをチェック ルームランナーを選ぶ際には、 走行ベルトのサイズを必ずチェックしましょう。 走行ベルトのサイズを確認せずに購入してしまうと、長さが足りなかったり幅が細すぎたりと走りづらく、ストレスがかかってしまいます。 自分のサイズに合わないルームランナーは、怪我の原因にもなりかねませんので注意してください。 65+10cmで算出しても良い) 走行ベルトの幅 ・ウォーキング:35cm以上 ・ランニング:40cm以上 走行ベルトの長さは 「自分の歩幅+10cm」を基準に選びましょう。 65+10cm」という公式に当てはめて計算してみてくださいね。 例えば、以下のように算出します。 65+10cm=110. 75cm このことから、身長が155cmの方は走行ベルトの長さが110cm以上あるものを選ぶと、短すぎて走りづらいということはないでしょう。 また、 走行ベルトの幅は「ウォーキングをする場合は35cm以上」「ランニングをする場合は40cm」以上を目安にしてください。 ランニングになると、毎回同じ位置に足を下ろせるとは限りません。 足をつく位置が左右に揺れてしまうため、幅が狭すぎるとリラックスして走れないので注意しましょう。 大柄の方は、ランニングのスピードも早くなる可能性があるため、なるべく幅の広い走行ベルトを選ぶことをおすすめします。 連続稼働時間をチェック ルームランナーには、それぞれ「連続稼働時間」が決められています。 例えば連続稼働時間が30分に設定されているルームランナーであれば、機械を1度も止めずに走り続けられる時間は30分ということです。 ルームランナーを使って本格的に運動をしたいという方は、 なるべく長い連続稼働時間のルームランナーを選びましょう。 毎日軽く歩きたいという方は30分か60分程度の連続稼働時間でも十分に運動できるはずです。 連続稼働時間は装備されているモーターの性能によって異なります。 そのため、長い連続稼働時間のルームランナーは価格も上がる傾向にあります。 あまり使う予定はないのに長い稼働時間のものを選んでも、費用が無駄になってしまうかもしれません。 自分がどの程度使用するかを検討したうえで選びましょう。 最高速度をチェック ルームランナーの最高速度をチェックしておきましょう。 これ以下の最高速度の場合は、物足りなさを感じてしまうかもしれません。 この2つの目安は、あくまでも目安です。 使い慣れてきたり自分に体力がついてきたりすると、やはり物足りなさを感じてしまうかもしれませんので、できるだけ最高速度が高いルームランナーを選ぶと良いですね。 折りたたみ式かどうかをチェック ルームランナーには折りたたみ式のものもあります。 一人暮らしの方や狭いアパートで暮らしている方など、ルームランナーを広げて置くスペースがないという方におすすめです。 使い終わったら折りたたんで部屋の角に収納できます。 自宅の広さに応じてルームランナーを選びましょう。 ルームランナーおすすめTOP8 ここからは、おすすめのルームランナーをランキング形式でご紹介していきます。 これからルームランナーを購入したいと考えている方はぜひ参考にしてください。 第8位【ALINCO】フラットジョグ 『ALINCO(アルインコ)』の「フラットジョグ」は、グッドデザインアワード2019年度を受賞したルームランナーです。 床から走行面までは約9cmしかなく段差が最小限に作られているため、上り下りのしやすい作りになっています。 折りたたみ式のルームランナーですので、使い終わったら収納することができます。 キャスター付きなので、女性でも楽に動かすことができるルームランナーです。 ウォーキングから軽いジョギングができます。 組み立て不要、折りたたみ式なので、使い始めや片付けにストレスを感じません。 また、走行板の下にクッションラバーが取り付けられています。 歩いたり走ったりしたときの 膝や足首への衝撃を吸収してくれるため、体にかかる負担を軽減してくれます。 ルームランナー初心者の方におすすめします。 第6位【ALINCO】ランニングマシン1115 『ALINCO』の「ランニングマシン1115」は、 音声ガイダンスが流れ、注意喚起やお知らせをしてくれるルームランナーです。 運動中の経過や注意を音声で行ってくれるため、運動だけに集中できます。 また、速度の変化がある時にはあらかじめ音声で教えてくれるため、転倒防止にもなりますよ。 初心者におすすめのルームランナーです。 自動でクールダウンしてくれる「クールダウンボタン」があるので、急にルームランナーが止まることもありません。 自宅で気軽に運動をしたいというご高齢の方にも良いですね。 第5位【ALINCO】プログラム電動ウォーカー 3014 『ALINCO』の「プログラム電動ウォーカー 3014」は、その名の通りプログラムが搭載されています。 「ノーマルコース」「脂肪燃焼コース」「体力増強コース」の3種類で、ルームランナーをあまり使い慣れていない方でも簡単に使うことができるでしょう。 初級・中級・上級モードがあり、 全部で12種類のプログラムを搭載しているため、飽きずに長く使用できるでしょう。 傾斜を3段階で調節できるので、辛い坂道感覚で足に筋肉をつけられますよ。 折りたたみ式で、女性でも簡単に動かせるキャスター付きです。 第3位【PURE RISE】電動ウォーキングマシン 『PURE RISE』の「電動ウォーキングマシン」は、 非常にシンプルなデザインながら、プログラム搭載という高性能なルームランナーです。 カラーバリエーションも豊富で、グレー・ブラック・オレンジ・ピンク・ブルーの5つから選べますよ。 第2位【YouTen】ルームランナー MAX8km 『YouTen』の「ルームランナー MAX8km」は、 前と横で握れる2方向ハンドルを採用しています。 握りやすい方向のハンドルを選べることで、リラックスして運動ができますよ。 また、プログラムが8種類も搭載されています。 「ウォーキングプログラム」や「ダイエットプログラム」などで、目的に合わせて選んでくださいね。 届いてから簡単に組み立てることができるため、すぐに使い始められるところも嬉しいポイントです。 また 耐荷重は130kgと非常に頑丈に作られています。 折りたたみ式でキャスターもついているので、女性でも、自分の部屋で運動をしたいという方も簡単にルームランナーを移動することができます。 安いルームランナーに惑わされてはいけない! 価格の安いルームランナーも多く販売されています。 しかし、あまりにも安いルームランナーは避けましょう。 ルームランナーには、走行者の全体重がかかります。 さらにランニングをする方は、ただウォーキングをするだけよりも相当な負荷がかかります。 部品や設計などを削減して安く作られたルームランナーに人間の体重が勢いよくかかれば、すぐに壊れてしまうでしょう。 また、ルームランナーが壊れてしまったときに、足を怪我してしまうことも考えられます。 ルームランナーは決して安くはありませんが、人間の体重を支えて運動できるように頑丈に作られているのです。 安すぎるルームランナーは危険ですので注意してください。 快適なルームランナーで健康的な体へ 今回は、おすすめのルームランナーTOP10と、ルームランナーの選び方について詳しくご説明しました。 ルームランナーは、自宅で気軽に運動ができる素敵なマシンです。 ご紹介したルームランナーの選び方を参考に、自分に適したルームランナーを選んでくださいね。 自分にとって使いやすければ、自宅での運動もきっと続けられるでしょう。

次の

ルームランナー レンタルなら東京 大阪 全国各地へ配送可能です!

ルーム ランナー

ランニングマシン・ルームランナーと言えばトレーニングジムでのエクササイズの定番ですが、最近は自宅で使える家庭用のランニングマシンが人気です。 ジムで使われているような業務用ランニングマシンはウン十万円から百万円以上する場合もありますが、家庭用なら安いものは1万円程度から購入できます。 自宅用のランニングマシンがあれば、「外に走りに行くのは面倒!」という方や「外だと夏は暑いし、冬は寒いし、、」という方でも家に居ながら 手軽にランニングができます。 もちろん、スピードを調節できるのでウォーキングにも使えます。 ですが、いざ自宅用にランニングマシンを買うとなるとどれを選べばいいかわかりませんよね。 価格もそれなりにしますし場所もとるので失敗だけはしたくないです。 そこで今回は、 自宅用ランニングマシン・ルームランナーの選び方とおすすめを紹介します。 ランニングマシンの選び方のポイント ランニングマシン・ルームランナーの選び方でまず注意していただきたいのは、安すぎるランニングマシンはNG!という点です。 業務用と違い、家庭用のランニングマシンは安いものなら1万円くらいから購入することができます。 ですが、ランニングマシンを安いからと価格だけで選ぶのは危険です。 なぜなら、 安価で粗悪なランニングマシンはとても壊れやすいからです。 これはなぜでしょうか? 実は、ランニングマシンの上で人が走るということはマシン自体に相当な負荷がかかります。 安いランニングマシンは当然ながら部品などのコストを削って安くしているわけですからその分耐久力が劣ります(もちろん高いものが全て良いというわけではありませんが)。 つまり、 安いランニングマシンでは負荷に耐えられないのですぐに壊れてしまうというわけです(もちろん安いもの全てが悪いわけではないですが、その可能性が比較的高いということです)。 また、安いランニングマシンは走行ベルトが小さい、馬力が足りない、騒音が大きいなど多くのデメリットがあります。 なので、安いからという理由だけでランニングマシンを決めるのは絶対にやめましょう。 基本的には 3万円以下のランニングマシンに手を出すのは避けた方が無難です。 価格以外にも、ランニングマシンを選ぶ上で重要なポイントはたくさんあります。 特に重要なチェックポイントは、• 走行ベルトのサイズ• 最高速度• 連続使用時間• 耐荷重 です。 それぞれ詳しく見ていきます。 走行ベルトのサイズ ランニングマシンを選ぶ際は走行ベルトのサイズがしっかり確保されているかが重要です。 基本的に、家庭用のランニングマシンは極力場所をとらないために業務用よりも走行ベルトのサイズが小さく作られています。 ですが、走行ベルトのサイズが小さすぎると、走る際に窮屈ですし足を踏み外す危険性もあります。 最低でも長さ120cm・幅40cm以上のものを選ぶようにしましょう。 最高速度 ランニングの時の速度は人によってバラバラだと思いますが、出せる最高速度が速いに越したことはありません。 安価なランニングマシンだと最高速度が8kmなど、小走り程度のスピードしか出せないものもあるので注意が必要です。 男性・女性関わらず、最低でも最高速度が10km以上のものを選んだ方がいいでしょう。 本格的にランニングしたい方は最高速度が15km以上のものがおすすめです。 連続使用時間 ランニングはある程度長い時間連続して走ることで初めて効果があります。 なので、連続使用時間がどれくらいかというのはとても重要です。 安いランニングマシンは馬力が少ないので、連続使用時間も短い場合がほとんどです。 連続使用時間は最低でも30分以上はあるものを選ぶべきです。 耐荷重 ランニングマシンを選ぶ際は耐荷重(何kgの重さまでマシンが耐えられるか)にも注意しましょう。 例えば、耐荷重が60kgの場合女性であれば大丈夫かもしれませんが、男性が使うのはアウトでしょう。 しかも、ランニングマシンには走る衝撃も加わるので体重以上の負荷がかかります。 耐荷重は余裕を持って100kg以上のものを選ぶと安心です(女性しか使わないのであれば80kg程度でもOK)。 おすすめのランニングマシン3選 上で解説した選び方のポイントをふまえて、おすすめのランニングマシンを3つ厳選しました。 価格が高いと思うかもしれませんが、性能、走りやすさ、安全性、耐久力などを考慮すれば、 ここで紹介するランニングマシンぐらいしっかりしたものを選ぶ方が良いです。 せっかく買ったのに使いにくかったりすぐ壊れたら困りますからね。 笑 アルインコ ルームランナー AFW1011 筋トレグッズや健康器具を幅広く展開する 「ALINCO(アルインコ)」のランニングマシン。 こちらのモデルは性能と価格のバランスが良いのが魅力です。 最高速度は16kmで本格的にランニングしたい方も十分満足できます。 折りたたみ可能なので収納したい時にも便利です。 全6種類の豊富なプログラムも内蔵されているほか、自分で作成したプログラムで運動できる「ユーザープログラム」機能もついています。 Amazonのレビューでも評価が高く、 数あるランニングマシンの中でも特におすすめの一台です。 ジョンソンヘルステック Horizon Adventure1 Plus 高品質フィットネス機器メーカーとして有名な 「Johnson Health Tech(ジョンソンヘルステック)」のランニングマシン。 こちらは家庭用のランニングマシンとしては最高レベルの機能性を誇るモデルです。 価格はかなり高いですが、それでも百万円以上する業務用と比べると相当リーズナブルな価格で 業務用に近い性能を実現しています。 連続使用時間は99分と家庭用ランニングマシンとしてはトップクラス! 最高速度16km、耐荷重125kgといずれも申し分のないクオリティです。 傾斜調節機能やハンドグリップ心拍数測定機能など機能面も抜群。 簡単に買える金額ではありませんが、それだけの満足度は得られるまさに 最高峰のランニングマシンです。 とことんこだわったランニングマシンが欲しい方におすすめです。 ダイコー ルームランナー DK-240T エクササイズマシン専門メーカー 「ダイコー(DAIKO)」のランニングマシン。 こちらは性能はもちろん安さを重視したいという方におすすめ。 その他にも、9パターンの速度自動変更プログラム、簡易体脂肪測定機能、ハンドグリップ式心拍測定機能などが搭載されています。 まとめ ランニングマシンの価格は本当にピンキリですが、 あまりに安いものは選ばない方がいいです。 走行ベルトのサイズ、最高速度、連続使用時間、耐荷重をしっかり確認したうえで、「本格的に走りたいのか?」「軽いランニングで十分なのか?」などご自身の目的に合わせて選びましょう。 上で紹介したランニングマシンなら十分満足していただけると思いますよ! ちなみに、ランニングマシンを買うならあわせて ランニングマシン用のマットを購入することをおすすめします。 557,959件のビュー• 520,611件のビュー• 305,986件のビュー• 258,671件のビュー• 255,596件のビュー• 248,469件のビュー• 220,927件のビュー• 201,803件のビュー• 201,481件のビュー• 188,540件のビュー• 177,102件のビュー• 173,385件のビュー• 160,913件のビュー• 155,134件のビュー• 123,885件のビュー• 121,842件のビュー• 119,175件のビュー• 118,218件のビュー• 117,803件のビュー• 117,062件のビュー.

次の