アイス ボーン 太刀 スキル。 【モンハンワールド:アイスボーン】太刀おすすめ防具・スキルまとめ【MHWI】

【アイスボーン】太刀紹介と期待値(無・爆・他属性)

アイス ボーン 太刀 スキル

(ワールドまでと防御力の基礎値が違いすぎる) 私がおすすめするのは EXタロス装備で、探索でマスターランクの 瘴気の谷に行き、 カンタロスの素材を集めるだけで簡単に作成可能です。 (達人珠II【4】は序盤で貰えます) アイスボーンでは各種属性やられ、毒、防御力DOWNなどに苦しめられることが多いため、 モンスターに合わせて耐性系の装飾品を入れ替えて対応するのがおすすめです。 また、武器については 鉄刀【神威】Iが簡単に作成できておすすめで、最終強化(鉄刀【神威】III)まですればストーリークリアまで十分使えます。 中でも ナルガクルガの防具なら3部位装備するとシリーズスキルで「真・業物/弾丸節約」が発動し、 切れ味の消費がかなり抑えられるのでおすすめです。 尚、上記の装備については、 護石と装飾品を変えればライトボウガンでもおすすめの装備になっています。 ただストーリークリア後のエンドコンテンツをスムーズに進めていくなら、 ストーリークリア前にイヴェルカーナの装備を作っておくのもおすすめです。 上記の例では 災禍転福(Lv3で効果発動中、基礎攻撃力+18、属性値に+90、状態異常の蓄積値を1. イヴェルカーナの防具はシリーズスキルで 会心撃【属性】と 冰気錬成が発動し、 属性武器や抜刀攻撃におすすめのスキルになっています。 冰気錬成が発動すると専用ゲージが表示されます。 冰気錬成ゲージがない場合のダメージ例は上記の通りです。 連続攻撃する時間が長いほどダメージ効率は落ちますが、 アイスボーンからは太刀でも新アクションの居合抜刀斬りをよく使うため、相性はそこそこ良いです。 導きの地の森林地帯Lv2でジンオウガ、Lv3でイャンガルルガ、瘴気地帯Lv6でティガレックス亜種に出会えるので、それぞれ狩猟しましょう。 また、ワールドまではスキル構成に渾身を入れるのが主流でしたが、アイスボーンからは弱体化されたのと、 クラッチクローを使うのが前提(モンスターが怒り状態になりやすい)の仕様に変更されているため、スキル構成として 挑戦者を入れるのが主流になりそうです。 12時点の最強装備としては上記の通りで、 高い会心率とシリーズスキルの達人芸により、ある程度長めの白ゲージ武器を使えば匠や業物は不要で 切れ味がほぼ落ちない(例えばモンスターがエリア移動するまで余裕)ので非常に優秀です。 上記の例では主にワールドまでで入手可能な装飾品を使っていますが、 アイスボーンから追加された装飾品次第でさらに強化可能なため、この装備が完成した後はひたすら装飾品集めを行うことになるでしょう・・ また、武器に関しては 導きの地で入手可能な素材からカスタム強化が可能になり、 REAR11の武器なら回復能力付与と会心率強化を同時に付けられるため、天上天下天地無双刀がおすすめです。 尚、挑戦者などの火力系スキルを落とせば、 護石と装飾品で耳栓Lv5や風圧耐性Lv5も付けられるため、対策装備も組みやすいのがメリットです。 野良マルチでヘルフレアで溶ける人がめちゃめちゃ多い・・ Ver. 01で追加されたラージャン装備によって組めるようになった構成ですが、 性能的にはVer. 12の装備と同等なので、持っている装飾品次第でどちらでもOKです。 そのほか、 Ver. Ver. 01からの武器 Ver. 01からは防具関連に変更はありませんが、 武器のカスタム強化枠が追加されたため、 レア11の武器に攻撃力強化I、会心率強化I、回復能力付与Iの3種類を付けれるようになり、再び 天上天下天地無双刀が最強武器候補になりました。 尚、カスタム強化に関しては以下の関連記事にまとめているので参考にどうぞ。 赤龍の封印[3](龍脈覚醒) 抜刀中に属性、状態異常値、会心率が上昇。 攻撃時にダメージを受けるが、攻撃し続けると自動回復効果を得る。 尚、覚醒武器には斬れ味強化を付けると紫ゲージを出せますが、 火力を重視するなら上の図のように攻撃力強化を一つでも多く付けた方が強い(白ゲージの維持は必須)ようです。 00からの最強装備 Ver. 00から猛り爆ぜるブラキディオスと激昂したラージャンの装備が追加され、組める装備の幅が広がり、より火力を出せるようになりました。 例えば 覚醒武器に炎王龍の武技が付いている場合は次の装備がおすすめです。 そのほか、ムフェト・ジーヴァ戦など 弱点特効があまり効果的でない相手の場合は、激昂したラージャンの装備で渾身を付けるのがおすすめです。

次の

モンハンワールド2chまとめ速報

アイス ボーン 太刀 スキル

MHW モンハンワールド アイスボーンの太刀のスキル構成や優先度の高いスキルや必須スキルがどれなのかをまとめています。 アイスボーンから太刀を使用する方にも向けてスキル構成の実際の使用感や優先度の高いスキルを攻撃部分だけでなく、 生存スキルやマルチ用などに分けて紹介していきます! 筆者はTAなどをできるほどモンハン(アイスボーン)が上手なわけではありませんが、総プレイ時間は1500時間、太刀の使用回数は約1500回。 様々なモンスターに対して太刀を使用してきた時間と回数、最低限のモンハンのやり込みはしています。 今回は太刀のスキル面の優先度の説明のみで具体的な装備構成は紹介していません。 今後、テンプレ系など個別で紹介していく予定です。 使用者が少なく、一般的に太刀に必要なスキルであるとは言い難い「剛刃研磨」など使い勝手の難しいスキルは省きますので太刀に本当に必要だと思ったスキルのみ抑えていきます。 最近では太刀使用者の多くが達人芸型を採用している 野良救難などで他プレイヤーの太刀装備も参考にしていますが、ほとんどが達人芸型のスキル構成です。 満足感のスキルは、所持アイテムの少ない序盤や畑での栽培を忘れがちな人へ非常に便利なスキルです。 EXレックスロアヘルムの下方修正により満足感Lv3を乗せることが少し面倒になりましたが、修正が入ったということは、ある意味秘薬を大量に使いまわすという戦い方でゴリ押しが通用するということでもあります。 (秘薬で回復することが強い) まだまだアイスボーンを始めたばかりのプレイヤーもいますし、太刀の使用率は3割越えと耳にしていますので、今後も達人芸型のスキル構成が増加していくと思います。 他にも睡眠特化型のスキル構成の太刀装備もありますが、現状の防具では、EXカイザーシリーズの防具を使用した達人芸型が最もオーソドックスで強いと言える太刀の装備・スキル構成でしょう。 アイスボーンの超序盤向けの太刀装備のおすすめはこちらの記事で紹介しています。 >> アイスボーン太刀のスキル構成や優先度が高いのはどれ?まとめ 「渾身」スキルに関しては アイスボーンになり使い勝手がかなり悪くなってしまい優先度が下がったと感じるので、おすすめではありません。 他の太刀使用者も「渾身」を採用している人はほとんど見かけません。 一応、アイスボーンの序盤でディノバルドの防具を使用した渾身型の構成の太刀装備も使用してみましたがMHWとはかなり使用感が変化してしまいました。 「剛刃研磨」は効果時間が1分と短かく、「砥石高速」なども欲しくなるので必然的に他のスキルを圧迫してしまいます。 生存スキルや会心に関係する、太刀の必須スキルを入れた装備構成をした後に1スロットが余ったり、4スロットの複合装飾品で悩んだ際は個人的には「整備」をおすすめします。 石の配布が多いので、ログインだけでも割と色々入手できます….

次の

【MHW】アイスボーン:太刀・オススメ装備紹介(ver.11.00後)│Canine Conquers

アイス ボーン 太刀 スキル

MHW モンハンワールド アイスボーンの太刀のスキル構成や優先度の高いスキルや必須スキルがどれなのかをまとめています。 アイスボーンから太刀を使用する方にも向けてスキル構成の実際の使用感や優先度の高いスキルを攻撃部分だけでなく、 生存スキルやマルチ用などに分けて紹介していきます! 筆者はTAなどをできるほどモンハン(アイスボーン)が上手なわけではありませんが、総プレイ時間は1500時間、太刀の使用回数は約1500回。 様々なモンスターに対して太刀を使用してきた時間と回数、最低限のモンハンのやり込みはしています。 今回は太刀のスキル面の優先度の説明のみで具体的な装備構成は紹介していません。 今後、テンプレ系など個別で紹介していく予定です。 使用者が少なく、一般的に太刀に必要なスキルであるとは言い難い「剛刃研磨」など使い勝手の難しいスキルは省きますので太刀に本当に必要だと思ったスキルのみ抑えていきます。 最近では太刀使用者の多くが達人芸型を採用している 野良救難などで他プレイヤーの太刀装備も参考にしていますが、ほとんどが達人芸型のスキル構成です。 満足感のスキルは、所持アイテムの少ない序盤や畑での栽培を忘れがちな人へ非常に便利なスキルです。 EXレックスロアヘルムの下方修正により満足感Lv3を乗せることが少し面倒になりましたが、修正が入ったということは、ある意味秘薬を大量に使いまわすという戦い方でゴリ押しが通用するということでもあります。 (秘薬で回復することが強い) まだまだアイスボーンを始めたばかりのプレイヤーもいますし、太刀の使用率は3割越えと耳にしていますので、今後も達人芸型のスキル構成が増加していくと思います。 他にも睡眠特化型のスキル構成の太刀装備もありますが、現状の防具では、EXカイザーシリーズの防具を使用した達人芸型が最もオーソドックスで強いと言える太刀の装備・スキル構成でしょう。 アイスボーンの超序盤向けの太刀装備のおすすめはこちらの記事で紹介しています。 >> アイスボーン太刀のスキル構成や優先度が高いのはどれ?まとめ 「渾身」スキルに関しては アイスボーンになり使い勝手がかなり悪くなってしまい優先度が下がったと感じるので、おすすめではありません。 他の太刀使用者も「渾身」を採用している人はほとんど見かけません。 一応、アイスボーンの序盤でディノバルドの防具を使用した渾身型の構成の太刀装備も使用してみましたがMHWとはかなり使用感が変化してしまいました。 「剛刃研磨」は効果時間が1分と短かく、「砥石高速」なども欲しくなるので必然的に他のスキルを圧迫してしまいます。 生存スキルや会心に関係する、太刀の必須スキルを入れた装備構成をした後に1スロットが余ったり、4スロットの複合装飾品で悩んだ際は個人的には「整備」をおすすめします。 石の配布が多いので、ログインだけでも割と色々入手できます….

次の