中古車 ワーゲンバス。 タイプII(フォルクスワーゲン)の中古車を探すなら【グーネット中古車】

軽ワンボックスのワーゲンバス仕様カスタム専門店まとめ

中古車 ワーゲンバス

都道府県 :• 全国のワーゲンバス• 青森 0• 秋田 0• 山形 0• 福島 0• 新潟 0• 富山 0• 福井 0• 長野 0• 和歌山 0• 鳥取 0• 島根 0• 岡山 0• 山口 0• 徳島 0• 香川 0• 愛媛 0• 高知 0• 佐賀 0• 大分 0• 3 カテゴリ :• 全ての中古車• レクサス 0• 三菱 0• ベンツ(メルセデス) 0• BMW 0• アウディ(audi) 0• ミニ 0• ボルボ(Volvo) 0• プジョー 0• アルファロメオ 0• 全国以外の都道府県から探す :• 全国のワーゲンバス• 青森 0• 秋田 0• 山形 0• 福島 0• 新潟 0• 富山 0• 福井 0• 長野 0• 和歌山 0• 鳥取 0• 島根 0• 岡山 0• 山口 0• 徳島 0• 香川 0• 愛媛 0• 高知 0• 佐賀 0• 大分 0•

次の

ワーゲンバス|中古車|ジモティー

中古車 ワーゲンバス

1950年から製造および販売が開始されたフォルクスワーゲンのワンボックスカーがタイプ2だ。 タイプ2という名は、フォルクスワーゲンの2型であることを示す通称名。 日本では、「タイプ2」や「ワーゲンバス」と呼ばれることもある。 正式の総称名は、「トランスポーター(Transporter)」で、各世代によって「T1」「T2」と分類される。 ベースはビートル!独特な愛嬌は全世代から大人気 フォルクスワーゲン タイプ2は、キャブオーバー型ワンボックススタイルに丸型のヘッドライトと大型のエンブレムを装着。 ライト形状やカラーリングのコンビネーションが生み出す独特な愛嬌は、多くの人の心を掴み現在でも男女問わず人気を得ている。 1950年に登場した第1世代(T1)のタイプ2は、フォルクスワーゲン タイプ1(通称、ビートル)のフラットな基本骨格を利用。 タイプ1と同じくリアにエンジンを搭載し、後輪を駆動させるRR方式を採用しており、フォルクスワーゲンのヒット商品となった。 バリエーションは、バンだけではなく、小型バスタイプ、ピックアップトラックなど多岐にわたる。 映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」にも登場したタイプ2 1967年に安全基準の向上と排ガス規制のマスキー法に対応した第2世代(T2)が登場。 リアにエンジンを搭載する基本骨格は第1世代から引き継がれた。 ちなみに、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」でテロリストがマーティを追いかけ回していた車は、第2世代(T2)のタイプ2である。

次の

フォルクスワーゲン(VW) の移動販売車(キッチンカー)製作

中古車 ワーゲンバス

ワーゲンバス生産終了 ブラジルでワーゲンバスの製造が2013年で終了したのはご存知でしたでしょうか? つい最近まで新車で買えるというのを知らなかった方も多かったかもしれません。 新車並行車を販売しているショップさんもありました。 当社のはまだまだ作り続けます。 本国ドイツで1979年に生産が終了した後もブラジルでは長きにわたり製造が続けられていました。 各国で違いますがブラジルだと「Kombi(コンビ)という名前で呼ばれていました。 ちなみにアメリカではMicrobus(マイクロバス)」、ドイツではBulli(ブリー)」、 日本だとワーゲンバスが一般的でしょうか。 ブラジルのタイプ2は写真をご覧になればわかるかもしれませんが 水冷エンジンを載せるためにフロントにラジエータグリルが付いています。 エンジンは1. 4Lの水冷直列4気筒でガソリンでもエタノールでも使えるようになっています。 ブラジルと言えば世界2位のバイオエタノール生産国として有名ですね。 グリルがボディ同色になっていますとまた違った雰囲気になります。 生産終了の理由は? 生産終了の理由は同国で販売される新車にABSとエアバッグの装着が義務付けられたためです。 時代の流れには逆らえませんでした。 基本設計があまりにも古くこれ以上の改良は断念したようです。 生産終了に伴い『ラストエディション』を600台限定で販売 生産終了にともない水色と白に塗り分けられた最終モデルが600台限定で販売されました。 価格は85,000レアル(現在のレートで392万) 標準仕様の「スタンダード」で50,000レアル(現在のレートで230万) サイドとリアには生産年数の「56」という数字が入ります。 56年で155万台以上生産されました。 内装も白と水色のコンビ。 3人掛けの3列シートの計9人乗車です。 0から600までの限定車シリアルナンバーがつきます。 オーディオはUSBまで装備されています。 NEWワーゲンバス市販化決定!? オリジナルのワーゲンバスは生産終了してしまいましたが、新たなワーゲンバスに乗れるかもしれません。 ドイツのというサイトが紹介しています。 そのサイトによれば2011年のジュネーブ国際モーターショーで発表したコンセプトBulli(ブリー)の市販バージョンを開発中とのこと。 ちなみにブリーはドイツ語でブルドックの意だそうです。 ツートンカラーとVWエンブレムがオリジナルのワーゲンバスを思い出させます。 2011年の第81回ジュネーブ国際モーターショー フロントシートもベンチシートになっていて3人づつ前後に計6人乗りとなります。 発表されたコンセプトカーはリチウムイオン電池を搭載する電気自動車。 一回の充電で走行可能距離は300km。 」 とありますので市販化する車輌は電気自動車ではない可能性もあります。 元祖ワーゲンバスと比べると一目瞭然ですがそんなに大きくありません。 全高を抜かせばVWゴルフより小さいです。 2001年に一度発表されていた 実はこのコンセプトカー以前に一度発表されています。 フォルクスワーゲンが2001年のデトロイトオートショーで新型「ブリー」として展示されました。 2001年デトロイトモーターショー 3列シートの6人乗り。 エンジンは3. 2LのV6を想定。 こちらの形のほうがオリジナルのフォルクスワーゲンバスに近いですね。 2011年のものより大きく丸みをおびています。 サーフボードを載せているところがワーゲンバスの雰囲気を出していますね。 当初は発表の2001年から3年以内に市販化という話でした。 後に開発の一時延期が発表されアメリカでの販売は2007年なると発表が出ました。 フォルクスワーゲン社が発表したリリースによれば 「アメリカ向けに専念したしたコンセプトではサイズその他で世界市場で競合できない。 」とあり当初より小型化して販売されることが予想されました。 ところが2007年になっても量産化されず、ようやく2011年のジュネーブショーにて熟成された上で改めて新型「ブリー」として登場したという流れです。 今度こそニューワーゲンバスが出るかもしれないですね。 デザイン的には賛否両論あると思いますが、新車で乗れるワーゲンバス楽しみです。 個人的にはやはり丸目で登場して欲しいです。

次の