きくらげ の 料理。 【みんなが作ってる】 キクラゲのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

きくらげの人気レシピBest10!ランキング1位は定番のあの料理♪

きくらげ の 料理

【生キクラゲ保存方法】• 冷蔵庫の野菜室に入れて保存する。 調理に使わなかった生きくらげは、ビニール袋やラップで軽く包み乾燥を防ぐ。 生きくらげの賞味期限は、上記条件で保存して通常1週間ほどです。 時間に余裕があれば水につけて冷蔵庫へ 水をはったボウルに生きくらげをひたしておくことで、きくらげのプリプリ感がアップします。 購入してから調理までに少し時間に余裕がある場合は、ボウルに生きくらげと水を入れて、冷蔵庫で保管してみてください。 【冷凍保存の方法】• 生きくらげを軽く水洗いする。 石づきを落として、熱湯に約30秒くぐらせる。 食べやすい大きさに切り、水気を切って冷凍する。 調理に使いたいときには、凍ったまま料理に加える。 生きくらげのおすすめレシピ 「はじめて生きくらげを食べるけど、どの料理がおすすめ?」という方に!生きくらげでおすすめの定番レシピを紹介します。 生きくらげの刺身 生きくらげをはじめて食べる方にぜひオススメしたいのが、さっと湯通ししたキクラゲをしょうが醤油でいただくシンプルな「お刺身」。 きのこ家でも特に人気のレシピで、ご飯にのせたり、おにぎりの具にしたりと、とにかくご飯がすすむ一品です。 見た目は昆布の佃煮とも似ていますが、食感は別物。 こりこり、プリプリとした食感が魅力です。 和風、洋風、中華とお好みのドレッシングと組み合わせることができ、生野菜+きくらげで低カロリーながら腹持ちの良いサラダに仕上がります。 レシピでは柚子胡椒を加えたアレンジサラダを紹介します。 お肉とあわせてもおいしいですし、お肉なしでもきくらげのプルプルの食感が食べごたえ満点!満足度アップ間違いなしの組み合わせです。 レシピでは人気のすき焼き風をご紹介しています。 そこで生きくらげのメリットも改めてご紹介。 すぐに調理に使える 乾燥きくらげの場合は、一度水で戻してから使うため、30分ほど下ごしらえの時間がかかります。 その点、生きくらげの場合はブナシメジやエリンギ同様、 カットしてすぐに調理に使えるのがうれしいポイント。 より手軽に料理に取り入れやすくなります。 例えると生の大根と切り干し大根ぐらい違います。 ぷるぷるとした食感が味わえるのは、やはり生きくらげならでは! 中には「乾燥きくらげより、生きくらげの方が好き」という方も。 安心して食べられる国産が主流 主に中国産が主流の乾燥きくらげと比べて、 生きくらげは国産が主流。 安心して食べられる国産食材を探しているという方にもオススメです。 最後に 今回は生きくらげの保存方法や調理方法、おすすめレシピ等についてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか。 乾燥にはないプリプリの食感が楽しめる「生きくらげ」。 乾燥と異なり、水戻し不要で手軽に料理に取り入れることができるのも魅力です。 皆さんもぜひ料理に取り入れてみて下さいね。 きのこ家では岡山県で有機きくらげを栽培・販売しています。 食べきりサイズの150gもありますので、ぜひ一度お試しください。 あわせてこちらも!キクラゲにまつわるオススメ記事.

次の

はじめての生きくらげ~調理&保存方法ガイド~

きくらげ の 料理

長期保存に向く乾燥きくらげと違い、生きくらげは放っておくと傷みます。 生野菜同様、保存は新鮮さを保つためにも 冷蔵庫がおすすめ。 生きくらげの保存は だいたい1週間程度です。 季節や条件によっても若干の変動はありますので、使うときには生きくらげの様子を確認してからにしましょう。 また、冷蔵庫の中は意外に乾燥しやすいです。 きちんとビニールで包んで保存していても、いざ使おうと思ったときにはしわが寄っていたり、元気がなかったりします。 そんなときには、生きくらげをそのままドボンとお水に漬けてしまうのがおすすめです。 お水に漬けた生きくらげを冷蔵庫でひと晩、保存するだけ。 しおれた生きくらげがお水を吸ってふくらみ、プリッとハリのある姿に戻ります。 もちろん、お水に漬ける前とは、食感も段違いです。

次の

【みんなが作ってる】 生きくらげのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

きくらげ の 料理

きくらげは生でも食べられる? きくらげは「きのこ類」ですので、生で食べると食中毒を起こしやす言われています。 きのこ類は、スーパーなどに売っている食用きのこであっても、ごくわずかな毒が含まれています。 しかし食用きのこの毒は熱に弱いため、加熱することで毒を消すことができます。 そのため、きのこ類を加熱すると食べることができるのです。 生で食べられるきのこは数少なく、「生食用」などと書かれていない限りきのこは加熱して食べるようにして下さい。 きくらげもきのこ類ですので、湯通ししたり加熱して食べて下さいね。 生きくらげの下処理の仕方 生きくらげは、プリッと厚みがあって美味しそうですよね。 生きくらげを料理に使うには下処理が必要です。 生きくらげの下処理の方法は次の通りです。 その石づきを包丁で切り落とします。 湯通しの時間は30秒くらいで大丈夫です。 すぐに炒めものや煮物などに使う場合は、この工程は省いてもOKです。 生きくらげを下処理をしているとき、白い粉のようなものがついていることがあります。 カビと勘違いしてしまう人もいると思いますが、白い粉のようなものはきくらげの胞子なので、食べることができます。 スポンサーリンク 生きくらげの賞味期限 スーパーで野菜コーナーを見てみると、野菜には賞味期限が記載されていないものがほとんどですよね。 きのこ類も野菜と同じように、賞味期限は定められていません。 乾燥きくらげなら長期保存が可能ですが、生きくらげはそのまま冷蔵庫に入れても長持ちしません。 下処理して使う量に小分けにして、ラップに包んで保存しておけば、冷蔵庫で約10日、冷凍庫で冷凍保存すると約3ヶ月保存することができます。 冷蔵庫で保存するときは、下茹でをしたきくらげの水気をしっかりキッチンペーパーで拭き取り、乾燥を防ぐためにラップかビニール袋に入れて冷蔵庫に入れます。 水分が残っていると水滴によってキクラゲが痛みやすくなってしまいます。 冷凍庫で保存する場合は、使う分だけ小分けしてラップに包んでおくと便利です。 生きくらげを買ってきたら、そのまま野菜室に入れずに下処理して保存することで日持ちするようになります。 買ってきたらなるべく早く下処理して保存しましょう。 生きくらげの下ごしらえと保存方法 まとめ 生きくらげは、買ってそのまま野菜室に入れてしまうと、あまり日持ちがしません。 すぐ使わないときは、湯がいて下ごしらえをしてから冷蔵庫に入れたほうが長持ちします。 また、しばらく使う予定がないときは、下処理をして冷凍保存がおすすめです。 きくらげと言うと乾燥きくらげが一般的ですが、乾燥きくらげのコリコリした食感に対し、生きくらげはプリプリして美味しいですよ。 あまりスーパーでは、生きくらげを見かけませんが、売っていたらぜひ食べてみてくださいね。 乾燥きくらげでは味わえない食感の生きくらげもおすすめですよ。

次の