ニキビ 頬 原因。 ニキビの場所別!原因と予防方法|東京の美容皮膚科 銀座肌クリニック

あなたのニキビはどのタイプ?できる位置でわかるニキビの原因

ニキビ 頬 原因

大人ニキビが発生しやすい部位の1つとして、頬が挙げられます。 こちらでは頬に出来たニキビをケアする方法について、日常的なケア、皮膚科での専門治療の両面からご紹介させていただきますので、頬のニキビに悩んでいる方は是非ともご一読ください。 ニキビの根本治療に至る最適な方法を解説しています。 一方の頬のみに発生するケース 時折見られるのが、右頬、左頬のどちらか一方にのみニキビが発生するケースです。 この場合、主な原因は寝具の衛生状態であることが一つの原因ですが、よくわかっていません。 普段眠るときの姿勢を思い返して、ニキビの多い頬を下にしていることが多いなら、枕や敷き布団に雑菌が繁殖しており、常に接触しているほうの頬に炎症を引き起こしているわけです。 この場合は寝具を交換するなどして、頻繁にシーツ交換、洗濯をするだけで徐々によくなっていく可能性はあります。 両側に満遍なく発生するケース これは乾燥肌、ホルモンバランスの乱れが原因である可能性が高いです。 そもそも大人ニキビは、ホルモンバランスが崩れて男性ホルモン優位になることで角栓が発生するか、あるいは角質層が乾燥することでバリア機能が低下するという原因、あるいは双方が原因で発生することが大半。 男性ホルモンは緊張状態、不規則な生活リズム、ストレスなどが原因で増加しますので、規則正しい睡眠リズム、半身浴などのリラックス習慣を取り入れることでホルモンバランスは徐々に改善していきます。 医療機関での治療法は? ニキビの治療法は各医療機関によって多岐にわたりますが、避けたほうが良い方法も存在します。 特にオススメ出来ないのが、ケミカルピーリングとレーザー治療。 特にピーリングは角質層を溶解して、肌バリアを一時的に破壊してしまうので、肌の弱い人はやめておいたほうが無難。 今後のニキビ予防を含めた根本治療を目指すなら、男性ホルモンを抑制し、ホルモンバランスを女性ホルモン優位に整えるホルモン治療がオススメ。 ちなみに男性ホルモンの過剰分泌を抑制する治療なので、男女関係なく有効です。

次の

頬下ニキビの原因はいったい何?突き止めて対策を実行せよ

ニキビ 頬 原因

なぜ、それがほっぺニキビの原因になるのか、詳しくお伝えしていきます。 1日3回以上洗顔をしていたり、肌のべたつきが気になって、保湿ケアを避けてしまっていませんか? 頬はもともと皮脂が出にくい場所で、水分が蒸発しやすく、肌が乾燥しやすいと言われています。 肌が乾燥すると、皮膚の表面が硬くなり、皮脂が毛穴に詰まりやすくなって、ニキビができてしまうと考えられます。 ほっぺのニキビが思春期ニキビの場合、男性ホルモンの働きにより、皮脂が分泌されやすい年代のためベタつきやすく、スキンケアが十分にできていなかったり、間違った洗顔などによって肌が乾燥してしまうことが考えられます。 また、ほっぺのニキビが大人ニキビの場合、10代の頃に比べ、肌の水分も油分も徐々に少なくなるので、肌が乾燥しやすくなります。 睡眠不足やストレス、生理周期の影響などによって、ホルモンバランスが乱れることも頬にニキビができる原因の一つだと言われています。 ホルモンバランスが乱れると、皮脂が過剰に分泌されて、毛穴がつまりやすくなり、それによりニキビができてしまうことがあるといわれています。 ほっぺのニキビが思春期ニキビの場合、第二次性徴に伴い、男性・女性関係なく、男性ホルモンの働きが活発になる影響で、皮脂の分泌量も増えニキビができやすい肌状態になることもあるとされています。 直接頬に触れるものによる刺激も、ほっぺにニキビができる原因となり得ることがあります。 寝るときに使用する枕や布団、洗顔時に使用するタオル、メイクで使用しているスポンジやブラシ、スマートフォンなど、毎日何気なく使っているものも、不衛生だと肌に刺激となってしまうこともあります。 また、癖でよく頬づえをついたり、顔に触れるのもニキビの原因になることもあると言われています。 これらは、思春期ニキビ・大人ニキビに共通して言えます。 揚げ物や肉、スナック菓子、ジャンクフードなどの糖分・脂肪分の摂り過ぎは、皮脂が出やすくなりニキビができる原因となってしまうことがあります。 また、ほっぺの大人ニキビでお悩みの方は、アルコールの摂り過ぎにも気をつけましょう。 アルコールには糖分が多く含まれているものが多く、さらにアルコールを分解するためにすこやかな肌を保つのに欠かせないビタミンが消費されてしまいます。 そのためビタミン不足に陥りやすく、ニキビなどの肌悩みを引き起こしやすくなることがあるといわれています。 2.頬(ほっぺ)ニキビ対策|スキンケア見直しポイント ほっぺのニキビで悩んだら、まずはスキンケアを見直しましょう! スキンケアはニキビケアの要です。 特に、ほっぺのニキビの場合は、正しくクレンジング・洗顔を行い、保湿のお手入れを行うことが大切です。 ニキビの刺激になってしまわないように、いつも以上に丁寧にお手入れを行うように意識しましょう。 ここでは、ほっぺにニキビができてしまったときのお手入れ方法をご紹介します。 クレンジングと洗顔を行う際におさえておきたいポイントをご紹介します。 【クレンジング】 ニキビができてしまったときは、いつもよりも早めにメイクを落とすように心がけましょう。 1日肌につけていたメイクは、皮脂や汚れと混ざり肌に刺激となってしまうことがあります。 クレンジング剤はできるだけ各メーカーが推奨する適量を使用し、洗い流していきましょう。 化粧を落としながらも、肌すべりがよく刺激になりにくいオイルタイプのクレンジング料を使用するのがおすすめです。 【洗顔】 洗顔は、朝と晩の1日2回行いましょう。 洗顔料を弾力のあるもちもちの泡ができるまで泡立て、泡で顔を包み込むように洗っていきます。 皮脂を洗い落とすことを意識し過ぎて、ゴシゴシと洗ってしまうと刺激となってしまい、かえってニキビを悪化させてしまうことも考えられますので、気をつけましょう。 ほっぺのニキビができる原因の章でもお伝えした通り、もともと頬は皮脂が出にくい部分のため乾燥しがちな傾向にあるとされています。 乾燥対策をしっかりと行えるように、保湿成分が充実して配合されているスキンケアアイテムを取り入れてみましょう。 ここでは、肌なじみのよい保湿成分を一部ご紹介します。 化粧品のパッケージの裏に成分表記が書かれていることが多いので、保湿成分をチェックしてみてください。 3.頬(ほっぺ)ニキビを対策するための生活習慣 スキンケアを行ったうえで、さらに生活習慣を見直してみましょう。 繰り返しできてしまいがちなほっぺのニキビができないように、日ごろから意識したい3つの習慣をご紹介します。 また、自律神経のバランスも整いやすくなるため、皮脂が過剰に分泌されるのを防ぐことも期待できます。 成長ホルモンは、入眠後3~4時間に活発に分泌されるといわれています。 入眠後すぐに熟睡できるように、ゆっくりと湯船に浸かったり、靴下を履いたりして、体を温めるように意識しましょう。 パソコンやスマートフォンを寝る直前まで使用してしまうと、脳が刺激され、深い眠りの妨げになることもあります。 特にスマートフォンは寝る直前まで使用してしまいがちなので、横になったら操作しないよう心がけましょう。 特に不足しがちな、ニキビによいと言われる栄養素を5つご紹介しますので、これらの栄養素をバランスよく摂るように意識しましょう。 食事で摂るのが難しい方は、サプリメントを上手に活用することも検討してみてはいかがでしょうか。 ニキビだけでなく、肌のコンディションには精神面も大きく影響すると考えられています。 定期的に体を動かしたり、趣味に没頭したり、忙しくてもゆっくりと湯船に浸かったり、ストレスを溜め込まないように意識してみましょう。 4.頬(ほっぺ)ニキビを跡に残さないための注意点 ほっぺにニキビができてしまったら、跡が残らないように次の2つのポイントを意識してみてください。 特に大人ニキビは、跡になりやすいと言われているので、注意しましょう。 手で触れないようにするだけでなく、髪がかかってしまいやすい方は髪を結んだりしてニキビに触れないようにしましょう。 手や髪に付いている雑菌が刺激となり、ほっぺのニキビの状態が悪化してしまうことも考えられます。 また、ニキビを潰してしまうとそこから雑菌が入ってしまったり、ニキビ周りの皮膚まで傷つけてしまったりすることも考えられるので、気になっても潰さないように気をつけましょう。 日焼けをすることで、メラニン色素が増えて色素沈着を起こしてしまうこともあります。 また、日焼けをすると皮膚が硬くなりやすく、毛穴が詰まり、新たにニキビができてしまうということにもなりかねないので、ニキビを対策する意味でも日焼け対策は大切です。 ニキビができている時は、より肌に刺激を与える成分が少ない「紫外線吸収剤フリー」・「ノンケミカル」に着目して日焼け止めを選ぶのがおすすめです。 5.頬(ほっぺ)ニキビを隠す方法 頬のニキビを隠すには、コンシーラー(部分用ファンデーション)を上手に活用しましょう。 特にほっぺのニキビは、赤みが出やすいためコンシーラーはイエローやベージュ系の色を選ぶとよいでしょう。 ほっぺのニキビを隠すことでニキビが悪化してしまわないように、ニキビ専用のものや油分が少ないコンシーラーの使用がおすすめです。 6.治らない頬(ほっぺ)ニキビは病院へ 「ほっぺのニキビが治らない!」 「ほっぺのニキビがかゆい!」 「ほっぺのニキビが痛い!」 そんな場合は、病院で専門家の医師に相談しましょう。 7.まとめ いかがでしたか? 繰り返してしまっていたほっぺニキビの原因は様々ですが、意識できる習慣もたくさんありそうですよね。 「もうほっぺのニキビを繰り返したくない!」 その気持ちを忘れずに、まずはスキンケアや生活習慣を見直すことから始めてみましょう。

次の

【大人ニキビ】ができやすい原因・場所・習慣【洗顔方法&直し方もチェック】|地曳久美子|ビューティニュース|VOCE(ヴォーチェ)|美容雑誌『VOCE』公式サイト

ニキビ 頬 原因

できてしまうとなかなか治らない、頬のニキビ。 繰り返すニキビに悩む男性も多く存在します。 頬は特に大人ニキビができやすく、治りにくい部分です。 なぜ、頬のニキビはできやすく治りにくいのでしょうか。 ここでは、頬ニキビの原因や改善方法について解説します。 頬にニキビができる原因 ニキビができる部位によって、その原因も違ってきます。 頬にできるニキビの原因は何でしょうか?その特徴も一緒に見ていきましょう。 頬ニキビの特徴 頬のニキビは、大人ニキビができやすい部位です。 大人ニキビとは、20歳を超えてからできるニキビで、思春期に皮脂の過剰によってできるニキビとは原因も違うのです。 吹き出物とも言われます。 大人ニキビは原因が生活習慣に大きく関わっていて、しかも1つではないために複雑で特定が難しいもの。 頬のニキビは顎と並んで大人ニキビができやすい部位なので、繰り返しニキビができる可能性があります。 また、頬のニキビは目立つ上に炎症を起こしやすいのも特徴です。 間違ったスキンケアや放置することによって炎症がひどくなり、ニキビ跡や最悪はクレーター肌になることもあるので、早い段階でケアをしていきましょう。 同時に、ニキビができなくなるように根本ケアも考えていきましょう。 頬ニキビの原因 頬は皮脂の分泌量が少なく、乾燥しやすい場所です。 皮脂の量が少なければニキビはできないのでは?と思いがちですが、頬が乾燥することで肌のバリア機能が低下し、刺激を受けやすくなり肌表面に古い角質が溜まり、ニキビができやすい状態に。 他にも、複雑に絡み合う原因があるので自分に当てはまるものがないかチェックしてみましょう。 肌の乾燥• 胃腸の不調• 食生活の乱れ• 睡眠不足• 間違ったスキンケア• ヒゲ剃りで傷つけている• 枕や布団など触れるものが合わない• ストレス 頬は乾燥しやすいから 大人ニキビの大きな原因として、 乾燥が挙げられます。 頬は顔のなかでも乾燥しやすい部分なので、大人ニキビができやすいのです。 頬はおでこや鼻といったTゾーンをはじめとするほかの部位に比べて、皮脂の分泌量が少ない場所といえます。 皮脂の分泌量が少ないと肌を守ってくれる皮脂膜が作られにくく、肌内部の水分が蒸発してしまうのです。 その結果肌の潤いが失われ、頬が乾燥してしまいます。 乾燥が進むと肌を守るために皮脂が過剰に作られ、毛穴を詰まらせてニキビを悪化させてしまうこともあるため注意が必要です。 また、肌が乾燥すると古い細胞を押し出して新しい細胞に生まれ変わらせるターンオーバーの乱れも引き起こします。 乾燥によって肌のターンオーバーは遅くなり、その結果肌表面には古い細胞がいつまでも滞在することになってしまうのです。 古い細胞が剥がれ落ちずに残ってしまうと角質が厚くなり、毛穴の中に皮脂が詰まりやすくなってしまいます。 毛穴の中に皮脂が溜まることでニキビができてしまうので、乾燥はニキビを悪化させる大きな原因といえるでしょう。 頬と接触する外的要因にも注意 頬のニキビには乾燥だけでなく、 外的要因も関わっていることが多いです。 頬は広いパーツなので何かが触れることも多く、触れたものの刺激や汚れによってニキビができやすくなることがあります。 例えば、枕カバーやタオルケットなどの寝具が清潔でない場合、頬のニキビが悪化しやすいです。 同様にフェイスタオルやバスタオルなどに付着した雑菌が、触れることで頬に付着してしまうこともあります。 また、頬杖をついたり考え事をするときに頬に触れたりといった行為にも注意が必要です。 手には目に見えない雑菌が多く存在しているため、手で頬に触れると雑菌が移動し、ニキビができやすくなってしまいます。 ニキビのある頬に触れることで刺激を与え、できてしまったニキビを悪化させてしまうこともあるのです。 さらに男性は、髭剃りが頬ニキビの原因となっていることも。 髭剃り時に使うカミソリの刃が頬に触れることで頬に刺激を与え、ニキビを悪化させてしまうケースが多くあります。 カミソリの使用によって皮膚表面が傷つき、肌のバリアを傷つけニキビができやすい環境を作ってしまっていることもあるのです。 頬ニキビのケアと対策 このように、頬ニキビには外的要因と内的要因が混在し、複雑に関係し合っているので、どれか1つだけが原因とは限りません。 しかし、内的要因を解決していかなければ、頬ニキビを繰り返すことになってしまいます。 ニキビを根本的にケアするためには、どちらからもアプローチすることをおすすめします。 頬ニキビの原因がわかったところで、ケアと対策について詳しく見ていきましょう。 頬ニキビは長い目で根気強く取り組むことが大切です。 だから、皮脂が少ないはずの頬にもニキビができるのです。 本来自然に剥がれ落ちるはずの古い角質が肌表面に残ってしまうのは、肌の新陳代謝であるターンオーバーがうまくいっていないから。 ターンオーバーが乱れる原因は、肌の乾燥にあります。 男性は洗顔やヒゲ剃りの後に化粧水や保湿クリームをつける習慣のない人が多いでしょうが、肌の乾燥はすべての肌トラブルの元でもあるので、洗顔や入浴、ヒゲ剃り後には保湿クリームなどで乾燥を防いでください。 乾燥を防ぐことで、皮脂の過剰分泌も防ぐことができます。 偏った食事やアルコールは肌の乾燥をまねき、腸内環境を著しく悪くしてしまいます。 頬ニキビ対策には、外食やお弁当でも意識して和食系を選び、緑黄色野菜や青魚を積極的に摂りましょう。 できれば1週間に1度は休肝日をつくり、48時間はアルコールを摂取しないのが理想です。 頬ニキビは、胃腸の不調サインと思って、食生活を見直してみましょう。 頬ニキビに良い栄養は、以下の通りです。 タンパク質……肉、青魚、納豆、豆腐• ビタミンA……レバー、うなぎ、卵、乳製品• ビタミンC……パプリカ、ブロッコリー、レモン、いちご• よく言われる肌のゴールデンタイムとは、22時〜翌2時の間。 忙しい現代人にとって、22時までに寝るのは難しいかもしれませんが、頬ニキビ対策のためにはできる限り毎日6時間以上の睡眠を確保し、遅くとも0時までにはベッドに入るようにしましょう。 また、頬ニキビ対策としては、睡眠の質も高めたいところです。 そのためには、いくつかコツがありますのでご紹介します。 夕食は寝る3時間前までに済ませる 仕事などで遅くなり、いつも寝る直前に満腹になるまで食べてから寝ていませんか? 満腹のまま寝ると、胃腸の消化活動が活発なままとなり、浅い眠りになってしまうのです。 寝る前はできるだけ消化が終わっている方がいいので、就寝の3時間前までに食事を済ませておくのがぐっすり眠るコツです。 どうしても夕食が遅い時間になってしまったら、油っこい食事ではなく、和食やうどん、野菜スープといった消化のよいものにしましょう。 また、ナイトキャップも眠りが浅くなってしまうため、就寝の直前に飲むのは控えましょう。 朝日を浴びる 何時に寝たとしても、朝起きたらカーテンを開けて朝日を浴びましょう。 それによって体内時計がリセットされ、夜の入眠をスムーズにしてくれます。 寝る1時間前にはパソコンやスマホをやめる パソコンやスマホから出るブルーライトは、目から入って交感神経を刺激してしまいます。 交感神経が優位になると眠りにくくなるため、寝る1時間前には画面を見ないようにしましょう。 ストレスを溜め込まない ストレスと睡眠は密接に関係しているといわれています。 なかなか寝付けない、夜中に目が覚めるといった場合は疲れやストレスの解消を心がけてみましょう。 ニキビ跡ができてしまうと、シミのように色素沈着したり、頬にクレーターのように凹んだ穴が空いてしまったりするので注意しましょう。 泡を立てる目安は、顔を洗う手が直接顔に当たらない程度です。 ニキビができている時は、余計に慎重に洗いましょう。 そして、30回程度よくすすぎます。 すすぎ残しがあると、石けんの成分が顔に残り、ニキビや肌荒れの原因となってしまいます。 よくすすいだ後は、清潔なタオルで顔を押さえるようにして水を吸い取らせましょう。 ゴシゴシこすらないように注意します。 洗顔の後は、30秒以内に化粧水をつけるのがおすすめです。 アルコールが入っていない、保湿成分が多い化粧水や保湿クリームがよいでしょう。 そして、化粧水のあとは乳液やクリームで水分が逃げないように蓋をします。 ポイントですが、基本は化粧水で水分を補い、最後の仕上げに乳液やクリームを最小限に重ねるというスキンケアをすると良いでしょう。 枕や毛布、掛け布団は顔に触れますので、いつも清潔にしていることが大切です。 汚れた枕やふとんが頬にかかることで、毛穴に雑菌が繁殖しやすくなり、ニキビの原因になってしまいます。 枕は横向きで寝ると頬に必ず触れますし、一晩中頬に付けている状態ですので、枕にはタオルを巻いて使用し、できれば毎日タオルを取り替えてください。 冬は、毛布や掛け布団が頬にかかっていることもよくあります。 洗ったり、交換するのはなかなか難しいですが、顔に当たる部分に清潔なタオルを当てるなどして、直接頬にかからないように気をつけましょう。 まとめ 頬ニキビの原因は複雑に絡んでいることがわかりました。 ケアの方法もいろいろありますので、すべて一度に行おうとせず、できることから始めましょう。

次の