福岡 銀行 住宅 ローン 金利。 【福岡県の住宅ローン55社】金利比較ランキング どの銀行が安い? 変動/3年/5年固定(新規借入版)

住宅ローン金利一覧

福岡 銀行 住宅 ローン 金利

効果的な繰り上げ返済の方法 たとえば、借入金額3000万円、金利1. 24% しかし、長期で返済すれば、その分、支払う利息も多くなり、総返済額では短期の返済よりも多くなります。 そのため少しでも利息を減らしたいということで、まとまった資金ができたときに、繰り上げ返済を行い、借入元本を減らすのです。 こうすることで、その元本分の利息は支払わなくて済むうえ、返済期間も当初より短縮することができるのです。 最近は、定年退職前までにローンの返済を終わらせたいと考える人も増えています。 では、繰り上げ返済による、利息の軽減と返済期間の短縮は、どの程度期待できるのでしょうか。 借入金額3000万円、金利1. 繰り上げ返済の時期が早ければ早いほど、資金が多ければ多いほど、利息の軽減、期間短縮効果は高くなります。 しかし、実際には、毎年100万円繰り上げ返済できる人はそう多くはないでしょう。 1年に1回50万円、3年に1回100万円などまとまった資金が貯まったら繰り上げ返済を行う人が多いのではないでしょうか。 あるいは、1万円でも繰り上げ返済したいなら、対応可能な銀行もありますので、毎月こまめに繰り上げ返済することもできるようになっています。 では、どんな返し方をするのが、トクなのか、具体的にみていくことにしましょう。 利息の軽減効果は「マメに返す」ほうが、オトク? 借入金額3000万円、金利1. 24%、35年返済の場合で、比較してみます。 1年に50万円、3年続けて繰り上げ返済する「マメ派」と、3年後に150万円を繰り上げ返済する「おまとめ派」。 どちらが有利になるでしょう。 これは、金利が1. 24%という前提のためで、金利が高ければマメ派の繰り上げ返済効果は、より高くなります。 また完済するまで定期的に繰り上げ返済をしていけば、やはり利息の軽減効果は高くなります。 しかし、現在の住宅ローンは、かなりの低金利。 マメに繰り上げ返済しなくては!と焦らなくても、現時点での金利であれば、まとまった資金ができたときに繰り上げ返済をしても、それほど大きな差が出ないでしょう。 金利差が1%以上あるなら、繰り上げよりも借り換えを 仮に1. 24%で繰り上げ返済の効果を計算しましたが、2013年以前の「フラット35」の金利は2. 0~3. 0%程度。 現在と1%程度の差がありました。 もしも現在の金利水準より1%程度高い金利で住宅ローンを借り、繰り上げ返済を考えているなら、繰り上げ返済よりも借り換えをするべきでしょう。 金利2. 5%、借入金額3000万円、35年返済の場合、 毎月返済額 10万7000円 総返済額 4504万円 となりますが、5年後の残債2715万円を、金利1. 5%、30年返済で組み直すと、 毎月返済額 9万3700円 借り換え後の総返済額 3374万円 当初5年分の返済額 642万円 総返済額 4016万円 となり、当初の総返済額からは、488万円も浮かせることができるのです。 さらに、借り換えのときに、25年返済で組み直せば、 毎月返済額 10万8600円 借り換え後の総返済額 3258万円 当初5年分の返済額 642万円 総返済額 3900万円 毎月の返済額は、現在より少し増えますが、総返済額では604万円も浮かせることができるのです。 ローンの借り換えでは、登記費用などの諸費用がかかりますが、それを持ち出したとしても、利息軽減効果は非常に高いといえます。 繰り上げ返済の手数料には注意が必要 繰り上げ返済をする際に注意したいことが3点あります。 まずは、手数料。 繰り上げ返済するときには、基本的に手数料がかかります。 最近はインターネットでの申し込みの場合は無料とする金融機関が増えています。 例えば、三菱UFJ銀行ではネット申し込みなら、どの金利タイプでも無料。 電話5500円、窓口1万6500円(いずれも税込み)となっています。 おおむね、ネット申し込みは無料、窓口を利用すると手数料がかかるケースが多いので、何度も繰り上げ返済をする場合は、事前に手数料をチェックするようにしましょう。 次に、繰り上げ返済をして、住宅ローン控除が使えなくなるケースです。 住宅ローン控除の適用条件に、返済期間が10年以上というものがあります。 繰り上げ返済を頑張って、残りの返済期間が10年をきると、その時点で住宅ローン減税を受けられなくなります。 逆に、繰り上げ返済をすることでローン残高が減り、住宅ローン減税で戻ってくるお金が減るから、住宅ローン減税の適用期間が終了する10年後に繰り上げ返済したほうがトクという考え方もあります(消費税10%対応のため、2020年末までに入居の場合は、適用期間が13年に減税延長される時限措置があります。 さらに、新型コロナウイルスの影響で期限までに入居できない場合、「2021年12月末までの入居」までを特例対象としてます)。 しかし、いずれの場合でも、本人の所得税額、住宅ローンの借入額、金利などの条件によって、結果は違ってきます。 一概にどうするのがトクとはいえません。 金融機関のシミュレーションなどを使って、自分の場合はどちらがトクなのかを検討する必要があるでしょう。 最後にもう1点。 繰り上げ返済は、あくまでも余裕資金で行うことです。 子どもの教育費の目途は立っている、生活費の予備費は準備できているというのなら、余裕資金を繰り上げ返済に回すのもいいのですが、あてにしていたボーナスが減ってしまった、収入が思ったほど上がらなかった、そんなケースが想定される場合は、無理をして繰り上げ返済せず、手元資金として運用しておくほうが賢明かもしれません。 できるだけ早く返してしまいたい住宅ローンですが、繰り上げ返済で家計が回らなくなってしまっては元も子もありません。 さまざまな観点からシミュレーションして、慎重に行うように心がけてください。 【関連記事】•

次の

住宅ローン金利一覧

福岡 銀行 住宅 ローン 金利

住宅ローンの価格(値段)は金利である 住宅ローンをはじめとして借金をするときの価格というのは「金利」です。 金利が高いローンはそれだけ高い価格で借りる借金で、金利が低いローンは安い価格で借りれる借金ということになります。 詳しくは、「」などでも説明されているので、借金(ローン)の仕組みがよく分からないという方はぜひご一読ください。 さて、こうした時、住宅ローンという高額の借金はわずか0. 1%という金利の差でも大きな違いを生みます。 仮に3000万円の住宅ローンを35年返済で組んだ時、0. 1%の金利差はおおよそ50万円もの差を生みます。 1%なら500万円も差がでることになります。 福岡銀行や西日本シティ銀行の住宅ローン金利は高い さて、2015年1月の住宅ローン金利を見てみましょう。 (変動金利タイプ) 福岡銀行(ふくぎんの住宅ローン):1. 325%+保証料(0. 2%) 西日本シティ銀行(NCB建築名人):1. 325%+保証料(0. 2%) 横並びですね。 ところがこれがネット銀行だとどうなるか? ・:0. 57%(保証料無料) どうでしょう?その差は歴然としています。 保証料まで含めると1%近い金利差があるわけです。 前述のシミュレーションの通り、仮に35年ローン、3000万円の住宅ローンだとすると、ローンを借りる先の違いだけで、500万円もの差を生むことになるわけです。 地元の銀行だから、という理由で安易に地方銀行などで住宅ローンを組むことはお勧めしません。 ネット銀行であれば、福岡に住んでいてももちろん利用することができます。 ちなみに、イオン銀行の場合、イオンモール内にイオン銀行の店舗があり、そちらで相談をすることもできます(金利はもちろん、上記の金利水準です)。 あと、ソニー銀行の場合はソニー生命が代理店としてソニー銀行の住宅ローンの取り扱いもしているので、それもそちらで相談可能です。 なぜ、ネット銀行の住宅ローンは安いの 大きな理由はコストの低さです。 大きな銀行はたくさんの支店を抱えており、それだけの経費がかかります。 一方のネット銀行は店舗(支店)をほとんど持つ必要がないため、体制としてスリムです。 そのため余計なコストがかからない分、必要な利益の額も小さくなります。 その分を顧客に対して金利引き下げという形で還元しているのが実態です。 実際に住宅ローンに限らず、定期預金や各種手数料(ATM手数料、振込手数料)なども多くのケースでネット銀行が普通の銀行と比較して有利です。 この点について述べると長くなりますし、本筋と外れますので、このあたりでやめますが、気になる方は「」などのサイトが役立つかと思いますのでご覧くださいませ。 住宅ローンはしっかりと吟味して利用しよう 住宅ローンは「借りれるところならどこでもいい」というものでは決してありません。 選ぶ銀行によって大きく結果が変わってきます。 普通の人にとって住宅購入は生涯の中でも最も大きな買い物であり、その時に組む住宅ローンは最大の借金となるはずです。 そうしたローンを比較もせずに安易に選ぶのは間違いです。 ぜひともしっかりとした比較をした上で住宅ローンを利用してください。 ちなみに、住宅ローン選びについては「」のサイトが住宅ローンの仕組みや選び方などを詳しく紹介していて参考になりますので、住宅購入を検討している方はぜひご一読ください。 また、直近のネット銀行の住宅ローン金利については「」で時系列紹介されているので最新の住宅ローン金利を比較して安い銀行を利用しようと考えている方はこちらもご利用ください。

次の

福岡銀行の住宅ローン@審査、金利、借り換えの特徴

福岡 銀行 住宅 ローン 金利

福岡で住宅ローンを組むなら福岡が地盤の銀行よりも!? 福岡県在住で住宅ローンを組む場合、九州及び福岡が地盤の福岡銀行・西日本シティ銀行・筑邦銀行などが候補になる。 その他にゆうちょ銀行・メガバンク(三菱東京UFJ・三井住友・みずほ)、ネットで完結できるインターネット専業銀行やネットに注力している都市銀行も候補になる。 ネット銀行を除いた上述の銀行は全て福岡県内に支店があるため、住宅ローンの相談は元より契約まで対面で進められる。 普通の人は人生で最初で最後の大きな買い物だけに、直に銀行員から納得するまで話しが聞けるのは対面の最大のメリットといえる。 後述するネット銀行だとサイト・メール・電話でのやりとりとなるが、時間の都合などの制限を受けにくいメリットがある。 どちらも一長一短のため、どちらのスタイルが自分に合うかを考えてから金利の比較をしてもいいだろう。 まず下図では、対面でのやりとりが主の銀行で住宅ローンを組んだ場合の変動金利、固定金利3年・5年・7年・10年、全期間固定型の場合の金利を比較した。 さらに融資限度額・繰上返済手数料の他に、団体信用生命保険(契約者が死亡したらローン残がゼロになる保険)を契約した場合の上乗せ金利、福岡県内の店舗・支店数も併せて比較した。 金利が2段の箇所の下段には、当初金利だけ大幅引き下げされるローンの金利を記載した。 - 福岡銀行 西日本シティ 筑邦銀行 ゆうちょ みずほ 三井住友 三菱UFJ フラット35 融資限度額 1億以内 1億以内 6千万以内 8千万以内 1億以内 1億以内 1億以内 8千万以内 変動金利 0. 固定金利10年だと若干の差はあれど、これだと金利を比較するのも馬鹿らしいぐらいだ。 ただ、メガバンクであれば福岡の各銀行よりも低金利で、みずほ銀行が総じて低金利で、固定3年であれば三菱UFJが極めて低金利になる。 一方で福岡が地盤の銀行が良いなら、繰上返済では西日本シティ銀行がネットでの返済なら手数料が無料、筑邦銀行が年2回までは手数料無料にしている点で一応は差がある。 また、上図では割愛したが、融資手数料・保証料でも大きな差はないため、あとは審査で自分に有利な金利(すなわち低金利)を提示してくれた銀行を選ぶという手もある。 その際には福岡の3つの銀行よりも低金利の、みずほ銀行も検討の候補に入れたいところだ。 全期間固定もしくは30年以上の金利だと、三菱UFJ・フラット35・みずほ銀行の金利が優秀だ。 フラット35は団信に加入すると別途で保険料が発生するため、三菱UFJが上図の中では最低金利で、みずほとフラット35は同程度の金利ともいえる。 ただ、三菱UFJ・みずほは福岡県内に支店が多いとはいえず、多少の不便を被る可能性がある。 その点、フラット35は福岡県では上述の銀行と後述するネット銀行の他に、北九州銀行・福岡ひびき信用金庫・飯塚信用金庫・大川信用金庫・遠賀信用金庫・九州労働金庫などでも契約できる。 金利か店舗網かは悩みどころでもある。 - 住信SBI ソニー 楽天 じぶん ARUHI イオン 新生 三井住友信託 融資限度額 1億以内 1億以内 1億以内 1億以内 8千万以内 1億以内 1億以内 1億以内 変動金利 0. その中でもとキャンペーン中のが一歩リードしている格好だ。 固定金利3~10年ではソニー銀行・が優秀で、他のネット銀行と比較して最大で0. 2~0. 3%の差がある箇所もあり他行との金利差は小さくはない。 一部繰上返済の手数料(ATMの出金手数料なども)が無料なのもポイントだ。 さらに、全期間引き下げでなく当初期間引き下げプラン(上図の下段の金利)でも問題ないなら、・・なら一段と低金利になる。 ただ、固定期間の終了後は通常より高金利になり返済額が増えるため、返済額が増える時期が子供の教育費などを考えて支障が無いか等は考えておく必要がある。 全期間固定もしくは30年以上の金利だと、住信SBI・ソニー銀行・(実質はフラット35)・三井住友信託が低金利だが、これらの銀行の金利水準からすれば三菱UFJ・みずほ・フラット35も悪くない。 その中でも最低金利なのは三井住友信託で、固定30年ではあるが他の銀行より一段と低金利になる。 ちなみにネット銀行といえどもソニー銀行・じぶん銀行を除いて、福岡県内・博多市内に支店があるためネットではなく対面での相談・契約も可能だ。 とはいえ多くの銀行の支店は博多市内に集中しているため、全ての福岡県民が来店するのに便利かと言われれば当然ながら疑問符は付くが。。。 以上が福岡県での住宅ローン金利の比較だが、対面で固定金利3~10年なら三菱UFJ・みずほ銀行・三井住友などが有力候補となり、福岡が地盤の銀行は少々厳しい。 他方でネット銀行でも良いならソニー銀行・楽天・新生・三井住友信託が浮かび上がる。 また、借入期間が長期ならフラット35以外に三井住友信託も検討したいところだ。

次の